FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (新しい記事より順に表示)

total 428 pages  次のページ →  

【Disneyland Adventures】夢の三密王国

   ↑  2021/05/17 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
210517007.jpg
2年続けての緊急事態宣言下で過ごす5月。
まあ制限が色々と緩和され、そして何よりもみんなが悲壮な覚悟で家に閉じこもっていた昨年と比べると非常時感はだいぶ薄いのだけれど、それでも本来なら1年でもっともアクティブに活動していたはずのシーズンが色褪せたものになっていることは確かだ。
普段はいくら人混みが苦手だなんて嘯いていても、あれはもうそこら中が人まみれだったからこそ言えていた贅沢みたいなもんで、街なかに野球場、テーマパーク、この季節に人でごった返していた場所が閑散としていると、そうも言ってられない。
210517002.jpg
こういう気分は家に引きこもってプレイするゲームにも反映されるもんで、面白いことに去年のこの時期は『デッドライジング』を引っ張り出して遊び込んでいた。
人で溢れかえったショッピングモールの光景に飢えていたからなのだろうが、しかし冷静に考えればあいつらは"かつて人であった輩たち"だ。
オレはもっとこう、夢と希望でキラキラした人の群れに囲まれていたい!
そんな人々(それがたとえその場限りの夢や希望であったとしても)が集う場所。そう、ディズニーランド!
210517004.jpg
そんなディズニーランドも今では入場制限を課せられ、休日の夕方であっても舞浜駅からの乗客の数もめっきり減っちゃっているが、しかしこのXboxの中で営業するデジタルのディズニーランドなら、そんな野暮とは無縁だ。
あたり一面キラキラした人たちの群れ群れ群れ。わぁい密、あかり密大好き!
210517006.jpg
そしてここに集った三密を構成する無数の人の中でも、いまのオレは極めて特別な存在。
年パス所持者なんて目ではない、奔放な振る舞いを許されたVIPなのだ。
ミッキーにアリエルに野獣にバズ、あらゆるディズニーキャラたちがオレだけに特別なお願いを頼んでくる。
どうでもいいパシリに使われているだけのような気もするが、しかしアレを持ってきてくれコレを探してくれのシンプル極まりないお遣いは、この造り込まれたデジタルディズニーランドを右に左に動き回るための手っ取り早い目標であることは確かだ。
210517005.jpg
この『ディズニーランド・アドベンチャーズ』もマイクロソフト系の定番として、すっかり息の長いタイトルとなったが、もとを正せばXbox 360のKinect専用としてお目見えしたゲーム。
Xbox One版以降はコントローラでもプレイできるようになっているが、特にアトラクション系ミニゲームなどはKinectの体感入力にすべてを依存した造りとなっているので、コントローラプレイだと単調というか味気のなさが目立ってしまう。
210517003.jpg
だがアトラクション系ゲームは本作に於いてはあくまで枝葉。その幹はなんたって人で溢れたディズニーランドを自在に駆け回ることだ。
少々やんちゃに走り回ったってやんわり嗜める人もいない。
ここには梅雨がやって来る気配もない。365日いつでも五月晴れ。
人混みは自由と希望の表れ。ここはディズニー夢の国。今日もコントローラを手に密を満喫するぜ。

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3013.html

2021/05/17 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Indiana Jones and the Emperor's Tomb】インディ・ジョーンズ/始皇帝の秘宝

   ↑  2021/05/07 (金)  カテゴリー: XBOX
210507008.jpg
ルーカスアーツの版権系ゲームといえば、そりゃやっぱりスター・ウォーズ関連なのだが、実は初期のルーカスアーツを支えた映画原作系ゲームはSWではなくてインディ・ジョーンズだったりする。
1989年に登場した『Indiana Jones and the Last Crusade: The Graphic Adventure』は、ポイント&クリック式ADVの基礎を固めたような一作だし、近年ではWiiでリメイクされたその続編『Indiana Jones and the Fate of Atlantis』も評価の高い作品だ。
210507001.jpg
しかし独自の宇宙史や世界観が設定されて、正史を埋めるストーリーやら外伝やらでいくらでも幅広い展開が可能なスター・ウォーズに対して、インディ・ジョーンズの場合は何よりまず主人公がインディ縛り。さらには時代や対立する敵も限定されてしまい、マンネリは避けられないハンディを抱えている。
SWゲームがスペースコンバットや反重力レース、さらにはFPSに格闘ゲームと自在にジャンルの幅を広げるその一方で、インディのゲームはそんな事情からか次第に影が薄くなってしまうのだった。
210507004.jpg
最近のハードでの展開も、思い当たるのは『Lego Indiana Jones: The Original Adventures』くらい。
それだってXbox360時代のゲームだし、そもそもレゴだから純粋なインディ・ジョーンズのゲームと呼ぶにはイマイチ憚られるところもある。
Xbox系でさらに遡ると行き当たるのは、この『Indiana Jones and the Emperor's Tomb』。初代Xboxでリリースされた作品だ。
210507005.jpg
初期のインディゲーム(なんか紛らわしいな、この呼び方)は非アクションのADVのスタイルを採っていたが、本作が出た時期には、もう遺跡探索系のアクションアドベンチャーというジャンルが確立されていた。
そう、二丁拳銃にホットパンツ。そしてインディ・ジョーンズと同じく考古学者を建前とする女傑ララ・クロフトと一連のトゥームレイダー諸作である。
秘宝の眠る古代遺跡。邪な理由からそれを狙う悪の組織。仕掛けだらけの迷宮。一難去ってまた一難のアスレチックアクション。
210507002.jpg
トゥームレイダーが映画のインディ・ジョーンズシリーズから大きな影響を受けていることは明白だし、インディ・ジョーンズ的なあれやこれやをどうやってゲームに落とし込むからトゥームレイダーのコンセプトは始まっていると言っても過言ではない。
という事はインディ・ジョーンズのゲームがアクションアドベンチャーのスタイルを採ろうととすれば、それは必然的にトゥームレイダーそっくりそのまんまになっちゃう事態は避けられないわけで、本作も「ララをインディに置き換えただけですよ」でほぼ説明できるくらい、トゥームレイダー感溢れまくるプレイフィールになっている。
210507003.jpg
まぁ「映画とゲームの違いはあれど、遺跡荒らしのヒロイックアクションは基本的にうちがオリジン」を主張されたら納得する他はないのだが、分が悪いのは二丁拳銃でさくさく歩を進めるララに対して、ダラダラとした素手ゴロの肉弾戦が中心となる本作のインディは、テンポが悪くて爽快なスピード感という点でだいぶ劣っているところだ。
インディならではの武器といえばあのムチだが、このゲームではそれが一アイテム的な存在に留まっていて(ムチよりも素手でぶん殴ったほうが威力がある)、インディを代表するガジェットの印象は薄い。
210507006.jpg
それでもやはりお馴染みのスコアと共にあのキャラが躍動するのはそれなりに盛り上がってしまうもので、ナチスや青幇などの対立組織に、セイロンに始まりプラハ、イスタンブール、香港を経て中国本土と目まぐるしく変わるロケーションなど、ツボはきっちりと押さえてありシネマゲームとしての完成度は平均点以上だ。
Xbox OneとXbox Series X|Sに互換対応しているが、残念ながらXboxの国内ストアでは未発売。
本作に限らずインディ・ジョーンズのゲーム化作品は日本での展開がつくづく恵まれていなかったりする(数少ない国内発売作であるスーパーファミコン版はプレミア化して価格が高騰中)。

<国内ストア未発売 / 日本語未対応 / Xbox Series & Xbox One互換対応>

この記事に含まれるtag : シネマゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3012.html

2021/05/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Irony Curtain: From Matryoshka with Love】マトリョーシカより愛をこめて

   ↑  2021/05/05 (水)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210505008.jpg
ポーランドのメーカーArtifex Mundiは、モバイル系を中心に絵柄の共通したアイテム探しアドベンチャーゲームを量産しているメーカーの印象が強い。
リリース作品の9割以上をそれらが占めているから、このイメージは基本的に間違ったものではないのだが、それでもさすがにアイテム探ししか出していないというわけではない。
ここの企業ロゴを見るたびに、オレはいつもLucas Artsのロゴに似ているなぁと感じていたのだが、そのLucas Arts製ゲームの影響を直接的に受けてると思しきポイント&クリック式ADVも送り出していたのであった。
210505005.jpg
舞台は戯画化された冷戦下の1950年代。
東西を分ける分厚い鉄のカーテンによって、両陣営の人々が相手側に理想と嫌悪を勝手に膨らませていた時代。
持てる者がすべてを司る資本主義国家に暮らすエヴァンも、遠き世界の共産主義に憧れを抱いていたクチだ。
210505003.jpg
そんなエヴァンに接触してきたのは、共産主義大国マトリョーシカの美貌の女性工作員。
プロパガンダの一環として国家指導者との面会をセッティングされたエヴァンは、いささか荒っぽい方法でマトリョーシカに入国を果たす。
東西友好を目指す彼を待っていたのは超絶官僚主義作法の数々。
回りくどい手順に申請書。居丈高な役人たち。監視カメラに盗聴器。配給を待つ人々の行列。行く先々について回って離れない軍関係者。
210505004.jpg
人民のためとは名ばかりの官僚国家の現実に直面するエヴァンであったが、まぁ基本的に彼はルーカスアーツ系ADV主人公の流れを汲む楽天的ですっとぼけたキャラクター。
やがて入り組んだ権力暗闘とさらなる革命の兆しに否応無しで巻き込まれることになっても、持ち前のポイント&クリックADV的機智によって乗り越えてゆくのだった。
210505006.jpg
4~5時間程度の総プレイタイムながらも、この『Irony Curtain: From Matryoshka with Love』はポイント&クリックADVとしてはかなりの大作。
ダウンロードする際に、この手のゲームでは異例な8GBもの空き容量を要求された時には驚いたが、入念に描き込まれたビジュアルと豊かなアニメーション。そしてボリュームたっぷりのボイスアクトを目にすれば、それも納得のサイズだ。
210505001.jpg
昔ながらなポイント&クリックADVの様式そっくりそのままだけに、革新性には乏しいけれど、その分きっちりと伝統を受け継いで堅実かつ丁寧に作り込まれた一作。
このスタイルのゲームは、日本でのビジュアルノベルの展開と同様に、独立系のメーカーが少ないコストとリソースで参入できるジャンルとして定着しているが、その中にあって『Irony Curtain』の(このジャンルとしては異例の)大作感は、なかなか貴重なものなのかもしれない。

<日本語未対応>

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3011.html

2021/05/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Full Throttle Remastered】リマスター版フルスロットル

   ↑  2021/05/03 (月)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210503009.jpg
俗に言うアドベンチャーゲームは、コンピュータゲーム隆盛の礎となったジャンルだが、その中でマウスデバイスの普及によって一般化してきたのがポイント&クリックと呼ばれるシステムだ。
コマンド入力によって画面内のオブジェクトを指定してきたそれまでから、カーソルなどでダイレクトにアプローチするシステムへの変化。
プレイアビリティはもちろんのこと、演出やストーリーテリングに至るまで、この進化はアドベンチャーというジャンルに大きな変革をもたらした。
210503002.jpg
このポイント&クリックシステムを基盤としたADVジャンルの変遷において、ひとつの様式を確立してムーブメントの中心を担ったのが、現在はディズニーの傘下に収まっているルーカスアーツ(Lucas Arts)である。
1988年の『Maniac Mansion』を皮切りに『Indiana Jones and the Last Crusade: The Graphic Adventure』『Loom』と、80年代末から90年代にかけてルーカスアーツは次々と同系統の作品を送り出し、1990年の名作『The Secret of Monkey Island』で、その様式はひとつの完成形に至った。
210503008.jpg
劇映画やカートゥーンアニメからの影響をビデオゲームのインタラクティブ性に巧みに組み込んだ一連の作品は数多くのフォロワーを生み出し、そしてそれは一種の様式美も交えて現在に至るまで脈々と受け継がれている。
『Full Throttle』は、そんなルーカスアーツのアドベンチャーゲームが熟成を迎えていた時期に発売された一本。
すでに完成されていたスタイルが、ビデオゲームテクノロジーやADV内外のジャンルの進化による恩恵を受けてに、さらなる高まりを見せてくれたタイトルである。
210503003.jpg
バイカー。それはこのゲームがリリースされた1995年ですら前時代的なイメージが既にあった種族。
ましてやホバーカーが一般化しつつある近未来なら、なおさらなことである。
だがどんな時代にも古き良きスピリットを頑なに守る人々は必ずいるものだ。
ベンはそんな人たちの中でもさらに崇高な男。昔ながらのバイカー集団のリーダーだ。
210503006.jpg
そしてそんな男たちに応える企業だってある。
コーリーモーターズは会長の理念のもと、昔ながらのチョッパーバイクを造り続ける大企業。
しかしそんな理念先行の企業経営、快く思わない獅子身中の虫も当然出てくるわけで、孤高を尊ぶベンも否応なしにそのお家騒動に巻き込まれていくのであった。
210503004.jpg
『Full Throttle』はコミカルな作品が主流を占めるルーカスアーツADVにあって異色の硬派系タイトル。
主な舞台となるのは荒野を貫く一本道。出てくる人物は男女揃って洗練とは程遠いダスティロードの住人たち。
およそ殺風景なロケーションに登場人物だが、物語とそれを支えるゲームのシステムは骨太かつリッチだ。
アクション要素、丁寧なボイスキャスト、映画を彷彿とさせるムービーに滑らかに動くアニメーション。
ポイント&クリックADVのさらなる成熟の形がここにはある。
210503005.jpg
本作のスタイルをさらに押し進めた98年の大傑作『Grim Fandango』でルーカスアーツのADVはひとつの到達点を極める。
そして『Full Throttle』で発露したティム・シェーファーのバイカー/ハードロック趣味は、やはり後のHR/HMゲーム『Brutal Legend』へと繋がるのであった。
現在Xboxストア等で配信されているのは、ビジュアルやインターフェースをブラッシュアップしたリマスター版。
210503007.jpg
バックボタン一つで新旧のグラフィックを即座に変更できるのは、リマスター版ルーカスアーツADVの多くに共通した仕様だが、『The Secret of Monkey Island』の時と違って新旧グラフィックの差をさほど大きく感じないのは、『Monkey Island』から『Full Throttle』に至るまでの5年間のルーカスアーツADVの洗練が表れているからであろう。

<日本語未対応>

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3010.html

2021/05/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

映画【ウィング・コマンダー】

   ↑  2021/04/30 (金)  カテゴリー: 映画・DVD
210430002.jpg
ピカチュウやソニックを始めとして、今でこそゲームを原作とした映画は傑作良作佳作に事欠かなくなっているが、これが90年代はそりゃあヒドいものだった。
コントローラを握ったこともないようなプロデューサーが雑に版権を買い上げて、仕事と名が付けばなんでもやるような監督に放り投げて誰も得しないような映画が一本でき上がる。
『スーパーマリオブラザーズ』のような、本来なら大切に扱われてしかるようなタイトルでさえも、デニス・ホッパーのクッパ大王に着地してしまうのだから、もう何をか言わんやである。
210430006.jpg
この頃の国内外のゲーム原作映画でそれなりに良かったのは「ときめきメモリアル」だが、まぁあれは原作とは全然関係ないような普通の青春映画だし、ときメモのキーワードに釣られて劇場に足を運んだ人間にとっては、あんな眩しい等身大の青春物語は嫌がらせ以外の何ものでもなかったであろう。
とにかく映画会社のオフィスでふんぞり返っているようなプロデューサーに任せたらロクなことはない。だったら自分でどうにかしちゃおう。
そんなある意味間違っていない考えに至ったのは、スペースコンバットゲームの金字塔『Wing Commander』を創り上げたゲームクリエイター、クリス・ロバーツだ。
210430003.jpg
ロバーツは1968年の生まれ。この世代のゲーム業界人は映画をクリエイティブの原体験にしている場合が多く、また当時のゲームというジャンルの世間的評価の低さと相まって、映画に対するコンプレックスを隠せない人も結構いたりする。
クリス・ロバーツも正にそんなタイプの人であった。
210430007.jpg
ウィングコマンダーシリーズは第3作の『Wing Commander Ⅲ: Heart of the Tiger』から、マーク・ハミルをキャストに迎えて映画顔負けの実写ムービーパートを盛り込むようになったのだが、それを監修しているうちに「やっぱりオレは映画を撮るべき人間なのだ」という自我が芽生えてしまったのであろうか。
1996年の『Wing Commander IV: The Price of Freedom』でゲームとしてのシリーズに一旦区切りをつけると、彼は自らウィングコマンダーの映画化に敢然と打って出たのであった。
メガホンを握るのは? もちろんクリス・ロバーツその人である。
210430004.jpg
しかしゲームのカットシーンと2時間弱の劇映画は、やはり勝手が違った。
オリジナルの設定をベースに、タイガークロウに新たに赴任してきたルーキーパイロットが活躍するストーリーは、原作ゲームのファンには取っ付きのよいものかもしれないが、劇場に足を運ぶ観客の大半を占めるウィングコマンダーを知らない人たちにとっては明らかにパンチ不足。
山場に欠け良く言えば平坦、悪く言えばただダラダラとしている物語展開に、見どころが決定的に不足しているSFXシーンと、事前に多くの人が予想したとおり、スター・ウォーズもどきのB級SF映画に落ち着いてしまったのであった。
210430005.jpg
フレディ・プリンゼ・ジュニアやリチャード・ディレインなど、イマイチ華に乏しい主役級のキャスティングも、映画界にさまよい込んだばかりなクリス・ロバーツの限界を物語っている感がある。
原作ゲームと同様母艦となる空母タイガークロウの艦長役を「名探偵ポワロ」のデヴィッド・スーシェが務めているのが、唯一目を引く配役であろうか。
210430009.jpg
興行的にも批評的にも惨憺たる結果に終わった映画版「ウィング・コマンダー」であったが、この作品を足がかりにクリス・ロバーツは映画界に軸足を移し、制作会社を立ち上げて以後はプロデューサーとして数本の映画に関わることになる。
日本でのDVDソフト化も、まだソフトの大半がジュエルケースでリリースされていた市場勃興期に一度だけ為されたのみ。
この国内版ソフト、ゲーム版『ウィングコマンダー』のことを詳細に解説したデジタルパンフレットが収録されていることが、数少ないポイントであろうか。


(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3009.html

2021/04/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |