fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
オープンワールド  

【Leisure Suit Larry: Box Office Bust】最低最悪

   ↑  2009/04/16 (木)  カテゴリー: XBOX 360
090416002.jpg
北米産エロゲー(日本のエロゲーとは、だいぶニュアンスが違う。艶笑コメディゲームとでも言うべきなのだろうか)のパイオニア的作品、Leisure Suit Larryシリーズ。
そんなクラシックタイトルが、約10年ぶりに復活して登場したのが、XBOXなどで'04年にリリースされた『Leisure Suit Larry: Magna Cum Laude』。
忘れかけていたシリーズの唐突な復活には、だいぶ驚かされたけれど、その中身はオリジナルに対する敬意と愛情がたっぷり詰まった素晴らしい出来映えだった。
「アメリカン・パイ」や「アニマルハウス」を想起させる明るい学園エロコメディで、オレのフェイバリットゲームの一つだ。
そしてシリーズ最新作が5年の間をあけて登場。しかしその発売元は、オリジナルのラリーシリーズの頃からのリリース元、SierraからCodemastersに変わっている。開発元もTeam17 Software(代表作はワームズ)に移行。
090416006.jpg
ところがこの新体制での最新Leisure Suti Larry。発売前の段階でも情報やスクリーショット、トレイラーの類がさっぱり出てこない。間際になってやっつけ仕事ぷんぷんのいい加減なトレイラーが、やっと出てくる有様だ。
そして妙にバリューな価格。この時点で地雷臭がぷんぷん漂っている。さらにIGNでは史上最低のレビュースコアを獲得する始末。
だけど腐ってもラリーシリーズだ。多少の不出来は飲み込んでしまえるだろう。レビューサイトの薄ら気取ったゲームエスタブリッシュメントどもに、そもそもラリーシリーズの素晴らしさが分かるわけがないし。……そう考えていたオレが甘かった!
090416004.jpg
前作『Magna Cum Laude』の舞台であったキャンパスは、狭いながらも実に生き生きとした世界だった。活力に満ちた”生きた”オープンワールドだった。
そこにうろつく人々は、例えエキストラ扱いでさえも、みんな血が通ったキャラクターだった。建物の細部に至るまでも、きちんと作り込まれ、そこをうろついてあらゆるものにアプローチするだけで楽しかった。まさに理想的なオープンワールドゲームだったのだ。
ところがこの『Box Office Bust』の舞台はなんだ!この薄っぺらく寒々しい書き割りじみた世界は何事だ!そしてこの世界を徘徊する、マネキンのようなキャラクターたちは何なんだ!
"生きていない"オープンワールドに放り出されたフリーローミングゲームほど、やっていてやるせないものはないぞ!
090416007.jpg
そして前作から妙に等身が伸びたラリー。顔つきもちょっぴり端正になって、声も以前のコミカルな声質から変貌している。
つまりラリー最大の武器である愛嬌が影を潜めて、何処にでも居るようなどうでもいい奴に変わっちまっているのだ。
どんなエロい発言や下品な行動をとろうと、ラリーには持って生まれた愛嬌があったから、それらが全て許されていたのだ。それが全部喪失している。
そして女の子をこます事に人生の全てを注ぎ込んでいた筈のラリーが、本作では単なる映画撮影所の使いっ走りに身を落としている。本作のメインストーリーは、撮影所内での雑用に終始する内容。
一応女の子をナンパすることもできるけど、それらは全部サブミッション扱い。
ラリーの行動原理はすべてナンパの為じゃないのかよ!ラリーシリーズってナンパにナンパを積み重ねていくゲームじゃなかったのかよ!そもそもこのゲーム、ちっともエロくないし!
090416003.jpg
と、ここまでは、この作品がいかにラリーシリーズとして駄目であるかを述べてきた。
まだこの段階では、シリーズのクオリティに達していない駄作程度の出来かもしれないと、或いは思われている方もいるかもしれない。
ではここからは、この作品がいかにゲームとして根本的に駄目かを述べていこう。でもあまり冷静に述べてはいられないけれど。
まずこのキャラクターの挙動は一体何事!? このジャンプなんかは何かの冗談なんだよね? この格闘アクションモードも何かの間違いなんだよね?
お使いのレベルにすらなっていないクエストの数々は一体何なの? 近所の中学生にでも考えさせたの、これって?
くすりとも笑えないギャグの数々、パロディとして成立していないパロディ、このシナリオ書いた奴って、きっとラリってたんだよね? しらふじゃなかったんだよね?
他にも色々あるけれど、きりがないからこの辺にしておこう。本当にきりがないんだよ!
090416005.jpg
オレは、こう見えてもけっこう駄目なゲームに対する許容力が高いほうだ。作品に対してただ悪罵を並べるなんて真似は、なるべくするまいと心がけている。
でもこの『Box Office Bust』だけは、そんな悠長なことは言っていられない。これはオレがここ十年の間にプレイしたゲームの中で、ぶっちぎりで最低の作品だ。
これがパッケージソフトとして人様から金を取っている事自体、手の込んだタチの悪いジョークとしか思えない。
オバマ大統領が今一番真っ先にやるべき仕事は、ファーストドッグのお披露目なんかじゃなくて、エアフォースに命じてTeam17 Softwareを空爆させる事だと思うよ! バンカーバスターの使用も許可するべきだよ!
だけどオリジナルのラリーや『Magna Cum Laude』は本当に素敵なゲームだったんだ。これはラリーシリーズじゃない。こんなのがLeisure Suit Larryを名乗っているなんて、そんな不敬が許されて堪るか!

<海外版>

関連記事

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-843.html

2009/04/16 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Leisure Suit Larry: Box Office Bust】最低最悪

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback