fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
シネマゲーム  

【ゴッドファーザー2】ファミリー最古参、ビル・バルディ

   ↑  2009/04/30 (木)  カテゴリー: XBOX 360
序盤のチュートリアルに沿っていると、やがて自分のファミリー最初の人材をスカウトするチャプターに入る。
指示に従って街中のバスケットボールコートみたいな所に行ってみると、そこで数人のガラの悪い男たちがうんこ座りでたむろしていた。
洋の東西を問わず、こんなところで油を売っているような連中は、あっちの筋の予備軍と言うことに相場が決まっているらしい。
いかにもチンピラ風情のファションの奴らに混じって、スーツを決めていい年扱いてうんこ座りしている男。そいつがオイラの最初のスカウト対象らしい。
名前はビル・バルディ。寡黙な爆破のプロフェッショナルだ。
09043001.JPG
この”花火師”ビルこそが、ドミニクファミリーの栄えある最古参メンバーになるわけだ。
オイラの忠実なる腹心、トミー・チッポラがファミリーに加わるまでは、このビルだけがオイラの唯一の相棒であった。
序盤の展開で、常にオイラの傍らに居たのはビル・バルディーであった。本業の爆破作業に留まらず、オイラのボディーガード、街中で荒事を起こすときに、周囲の民間人にプレッシャーを与えて通報を阻止する役目、そして対立組織との戦争の時には唯一の兵士として、大車輪の働きをしてくれた。
しかし、序盤でスカウトできる人材(特にコルレオーネ邸周辺でスカウトできる奴)は、実は総じてその能力は低かったりする。ビルの場合もそれは例外ではない。さらにビルの場合は、ヘルスポイントの上限が低いという致命的な問題も抱えていたりする。
09043006.JPG
少数精鋭を旨とするドミニクファミリーだが、他にも能力的に劣る人間をうっかりファミリーに迎え入れてしまったケースもままあった。
「ボス、目の前に金庫がありますが、手を出せません。どうしましょう?」「仕方ねえ、じゃあもうそこらで金庫破りを適当にスカウトしてくるか。」なんて流れによるものがほとんどだが、ファミリーの定員はきっちり決まっているため、そんなその場しのぎでスカウトしたような人材は、後々単なる邪魔者になってきたりするのだ。
その様な場合に便利なのがマーキングという機能で、組織図からこの不要な人材にチェックを入れると、あら不思議。以降、そいつは何故か味方の銃撃に当たり判定がついちゃったりするのだ。
そんなわけで、味方の流れ弾(狙って撃っているのに流れ弾とはこれ如何に?)により命を落としていく不要人材たち。経団連の連中に教えてやりたいくらいの人材整理法だ。
09043002.JPG
こうしてオイラのファミリーは、数多の尊い犠牲を出してきたのだが、ここで「じゃあそのビル・バルディも同じ手で始末しちゃったんですね?うひひ」なんて嬉しそうに語っているそこのお前!食肉加工工場行きのトラックに空きがあるから、ちょっと乗っていくか?なぁに遠慮はするな。おいトミー!こいつを吊すフックを持ってこい!
例えいくら能力が低かろうが、序盤の右も左も分からないオイラを助けるために、粉骨砕身してくれたビルに、そんな真似ができるか?
確かにビルの表面的な席次は、いまだソルジャーのままだ。「対立組織のシマ襲ってこい。」と命じれば、100%病院送りにされて帰ってくるビルを、さすがにカポやアンダーボスの座に就けるわけにはいかない。
09043003.JPG
だけどな、例えばつぼ八あたりを借り切って、ドミニクファミリーの忘年会を開いたと仮定しよう。
オイラの下座には当然アンダーボスのトミーが座るのが筋だろうが、この場合トミーは席を空けてもう一つ先の下座に座るのだ。オイラが命じたわけではない。トミーはそういうことをわきまえている奴なのだ。だからオイラはトミーに全幅の信頼を寄せている。
そしてオイラはこう言う。「おい、ビル。俺の隣に座れ。この席は最古参のお前の席だ。」と。
オイラにおべっかを使うでもなく、トミーが酌してくれたビールのグラスを黙々と傾けるビル。
「なぁビル。今のお前の立場は一回のソルジャーだが、いずれはお前をファミリーの相談役に就けようと思ってるんだ。でもそうすると、あのトム・ヘイゲンの野郎が邪魔だなぁ。」
「しーっ、ボス。その話は今はやばいですよ。」とオイラを諭すのはトミーの役目だ。ビルは黙して語らない。
「でもなぁ、あんな野郎をマイケルから押しつけられて、実はほとほと困ってるんだよなぁ。人に汚れ仕事ばかり押しつけやがるし。頭くるよな、あの禿げちゃびん。」
「いやあ、禿げはお互い様じゃないですか?」「何を、トミー。お前だからそんな台詞が許されるんだぞ。あははははは。」などと、ドミニクファミリーの忘年会は今日も和やかな空気に包まれるであった。妄想力はゲームのスパイスだ!
「マフィアがつぼ八で忘年会って時点で、あんたの妄想力もたかがしれますね。」などとぬかしたそこのお前!
建設現場の基礎のコンクリがちょっと足りないみたいだから、お前混じってみるか?なぁに遠慮はするな。おいトミー!こいつを乗せるセメントミキサー車を持ってこい!
09043004.JPG
そんなビルに敬意を払って、うちのファミリーには爆破技能を有する奴はあえて迎え入れないようにしている。
対立組織との抗争にケリをつけるフィニッシャー、敵組織の邸宅を爆破する役目は、当然ビルの専売特許となるわけだ。
ビルの仕掛けた爆弾で粉々に吹っ飛ぶトニー・ロサトの屋敷。カーマイン・ロサトはとっくに始末しているし、これで恩ある(筈だよな?設定的に)クレメンザの仇はきっちり取れたことになるのだろう。
燃え続けるロサト邸を眺めながら口々に、「いやぁ、さすがはビル。いい仕事をするぜ。」「でかい花火だな。最高だぜ。」とビルの仕事を褒め称える構成員たち。
そんな時、いつも表情を変えないビルの口元に、ほんのりと満足げな笑みが浮かんだのを、オイラは見逃さなかったのだ。
関連記事

この記事に含まれるtag : シネマゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-827.html

2009/04/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【ゴッドファーザー2】ファミリー最古参、ビル・バルディ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback