fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
レーシング  テストドライブ  

【バーンアウト・パラダイス】と【Test Drive Unlimited】

   ↑  2009/03/19 (木)  カテゴリー: XBOX 360
バーンアウト・パラダイスは、とても優れたゲームだと思うし、オイラ自身それなりに結構楽しめてはいるのだけれど、同じオープンワールドを自由に走り回る形式のゲームにも拘わらず、テストドライブ・アンリミテッドのときみたいに、時間を忘れて長々とドライブするという遊び方は全くしない。
これはマップの大きさ、スケール感、密度によるものも大きいのだろうけど、何よりもこの二つのゲームの本質的な違いが理由なのだろう。
法定速度を守って呑気にドライブしていても、全く違和感がないTDUに対し、バンパラは常にアクセルのベタ踏みを要求される世界だ。
隙の全く無いゲームシステム、緻密なオープンワールドの空気が、オイラにアクセルを床にめり込むまで踏み込めと強く迫る。
そんなエンジンのけたたましい響きとタイヤの焼け焦げる臭いに追い立てられる時間は、確かに楽しいものではあるけれども、オイラにとってはある程度の時間を遊ぶと、その隙の無さ、緻密さに息苦しくなり、どっと気疲れしてくるものでもある。
09031901.JPG
この息苦しさ、気疲れは、コール・オブ・デューティー4を遊んだときのそれに近いものがある。
「それはあんたが隙の無いゲームと合わないだけなんじゃないの?」と言われればそれまでだけど、バンパラにしろCoD4にしろ、自分になんとなく合わない程度の理由ではスルーできないくらいの、圧倒的な完成度と面白さを誇っているから厄介だ。
バンパラもCoD4も、遊んでいるときは周りを忘れて熱中するくらい楽しんでいる。でもそれも二、三十分が限界。
そしてモニターから目を離して大きく息をついた後、今度は開放的な空気を求めてTDUやフロントラインに駆け込むのだ。
カスタムサントラから流れるクレイジーケンバンドに鼻歌を合わせながら、パールハーバー界隈を呑気にドライブしたり、ラジコンヘリのプロポを抱えて鉄塔の上に登り、「うわあ、下はドンパチドンパチ大変だぁ。」と呑気に高みの見物を決め込んだりするのだ。
そんな時、オイラは「ああ、こっちこそがオイラのホームグラウンドなんだ」と強く感じている。
09031902.JPG
ビジターの緊張感もいいものだ。そしてそれは帰ってくるホームグラウンドがあるから一層映えるものだ。逆にホームグラウンドの開放的な素晴らしさも、ビジターの張り詰めた空気を体験した直後だと、これまた一層映える。
その証拠に、バンパラを遊んだ後のTDU、そしてTDUを遊んだ後のバンパラは、いずれも輪を掛けて楽しい。
パラダイスシティでアクセルを床まで踏み込んで他車を蹴散らしながら走った直後の、オアフでの交通法規、法定速度、信号遵守のドライブは、それこそ脳汁が漏れるほど面白いんだって。本当だよ。
関連記事

この記事に含まれるtag : レーシング テストドライブ 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-473.html

2009/03/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【バーンアウト・パラダイス】と【Test Drive Unlimited】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback