fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
スターフィールド  

【Starfield】太陽系は我らがふるさと

   ↑  2023/12/11 (月)  カテゴリー: XBOX
starfield.jpg
月面基地や火星への植民。
オレがガキの頃から語られてきたが、いまだに実現は遠い夢物語だ。
夜空のすぐそこにあるようで、まだまだ月は遥か遠い。ましてや外惑星の外側のやつなんかは形を思い浮かべるのさえも難しい。
231211001.png
しかしそんな認識もスターボーンになればがらりと変わる。
メインストーリーの序盤で火星を訪れたときの実家のご近所感。
天の川銀河はあまりに広い。一寸先(一グラヴドライブ先)は自分にとっては辺境。そっから先になるともう星系の名前すら覚えるのも困難だ。
231211004.png
その広大な宇宙にあって勝手知ったる太陽系の安心感。
月面、火星の大地、土星(着陸できないけど)、「あ、ここ知ってる!」な風景のオンパレード。
基地や植民はまだ叶わぬとはいえ、火星にバイキングが着陸してからもう48年、月面着陸に至っては半世紀以上の月日が経っているのだ。
その間に月の地表も火星の大地も画像や映像を通じてたっぷりと刷り込まれている。
月の石だってどこだかで観た! 感想は「ああ、石だな……」だけだったけど。
231211002.png
だけど宇宙にあふれる星のほとんどは石しか転がってないってのは、銀河をくまなく巡ったスターボーンなら分かっているはずだ。
要はその石に価値があるかどうか。そういった意味では太陽系にはろくな鉱石が埋まっておらず、人々から辺境扱いされるのもむべなるかだが。
231211005.png
かつての人類の故郷。そして今ではなんもない田舎扱いの太陽系。
その中で往年と大きく姿を違えているのは我らの地球だったりする。
地球が人の住めない環境になって宇宙に活路を求めていった。『Starfield』の基本設定だが、本作に限らず最近はこの居住に適さなくなった地球を捨てて逃れる設定のゲームが増えているような気がする。
231211003.png
異常気象があまりにも度を越し自分の身にわかりやすく迫るようになったからか、ここ最近の気象変動に多くの人がほのかな危機感を覚えるようになってきているのが、その背景にあるんじゃないかと思う。
地球が『Starfield』内のそれみたいに、廃村となったかつての実家みたいな姿になってしまうのかどうか。ここからの10年がその大きなターニングポイントになってくるかもしれない。

関連記事

この記事に含まれるtag : スターフィールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3168.html

2023/12/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Starfield】太陽系は我らがふるさと

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback