fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
シミュレーター  

【Accident】交通事故応急救護シミュレーター

   ↑  2023/11/15 (水)  カテゴリー: XBOX
231115007.jpg
応急救護。確か自動車教習所で必須の講習だったはずだが、なにせ遠い昔の話だし、なにより人生で一番斜に構えた年頃。
いや、オレに限らず同世代の生徒たちは、こと応急救護に関しては一様にへらへらした薄笑いを浮かべながら「なんでこんなことやんなくちゃなんないのかなあ」なんて態度で臨んでいた。
しかし学校と名のつくところで教えてくれることは、すべからくきちんと学んでおいた方がいいと気づくのは歳を重ねて手遅れになってからだ。
231115005.png
年々減少の傾向があるとはいえ、昨年だけでも交通事故の発生件数は30万件。この社会で生きている限り、いつどこでそんなシチュエーションに出会すかわからない。
そんなときあなたは落ち着いて正しい行動を取れるだろうか?
眼の前に広がるのは多重事故の悲惨な光景。
はからずもその現場に遭遇したオレは、まず何をしていいかわからず「はわわわわわ」とパニクるのであった。
231115004.png
『Accident』は交通事故の応急救護をテーマにしたシミュレーター。
過去の事故案件をVRで追体験するの建前のもと、世界各地で起こる様々なシチュエーションに対面する。
事故の被害者が一命を取り留めるかどうかは、すべてあなたが適切な処置を行えるかどうかにかかっているのだ。
道路を外れてドライバーごと木に串刺しになってる車、極寒の気温下で意識を失っている被害者、人を載せたままエンジンルームから燃え上がる炎。はわわわわわ、お願いだから救急と消防早く来て!
231115001.png
しかしそんな頼みの綱への通報すらままならないことだってある。圏外、バッテリー切れ、そもそもスマホ持ってない等々。
テネシーの夜の路上で起こった人身事故のときは、バッテリー切れのスマホを手にしながら電話ボックスの前で「はわわわわわ、どうしたらいいんだよう!」とひたすらパニクってた。
そして目の前にある箱に改めて気づいて「……そう言えば遠い昔、ここから電話とか掛けてたっけなあ」と思い出した頃には、もう被害者は手遅れになっていた。ホントごめん!
231115002.png
まず救急機関に連絡。そして事故車のエンジンを切る。続いて後続に異常を知らせる三角板の設置。
ステージを重ねれば、この初動は嫌でも覚えていく。しかし事故の状況は常にテンプレとは限らない。
列車との衝突、はわわわわわ! 今にも崖から転がり落ちそうな事故車、はわわわわわ! 襲撃を受けてあちこちに銃器が散乱する囚人護送車、はわわわわわ!
231115003.png
被害者の指が千切れてる。どうしたらいいの? 教えてエマージェンシー!
「まず指を探して綺麗に洗って清潔に冷所に保管してください。頑張って!」
はわわわわわ! 無理、無理、あんまりこっちに丸投げしてないで、いいからお前ら早く来い!
231115006.png
ちなみにデフォルトのスティック感度はかなりセンシビティで対象をポイントするにも一苦労なんだけど、そのままにしておいた方がはわわわわわ感が増していいぞ(なにがいいんだか)。
救急車が到着して以降の事故の原因を推察するパートはやや蛇足を感じるのだけれど(このパート、ホームズのADVをちょっぴり想起させた)、そういった部分も含めて全体的に学習要素を追求した生真面目さな造りが目立つシミュレーターだ。

<未日本語化>

関連記事

この記事に含まれるtag : シミュレーター 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3162.html

2023/11/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Accident】交通事故応急救護シミュレーター

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback