fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
スターフィールド  

【Starfield】惑星探索とホークウインド

   ↑  2023/10/08 (日)  カテゴリー: XBOX
starfield.jpg
ベセスダRPGの楽しみ方は十人十色。期待に違わぬ最新作『Starfield』、皆さんはいかにこだわっていられるだろうか。
いまのオレはもっぱら片っ端から惑星の探索に赴いては脱臼を繰り返す日々を送っている。『Starfield』の主人公、骨弱すぎ! もっとカルシウム採れ!
(唐突にポップするCM【アドバンスド・ニュートリションのパック詰めミルクでほね元気!】)
231008002.jpg
オレはずぼらな性格してるくせして何故かオープンワールド系ゲームでメインストーリーに関係ないようなポイントも虱潰しにするのが大好きだったりして、『Starfield』でも端の方の惑星から調査済みのタグをつけて回ることに案の定熱中しちゃっている。
「このゲームには1000もの星があるんですよ。そんなこと始めて大丈夫ですか?」と心配されるかもしれないが、安心してください。そのうち飽きて別のプレイに走ります。
231008001.jpg
こういう探索行は単独に限る。
得も言われぬせつなさを感じさせる不毛の惑星なんかに、バレットだの熱狂的なファンだのを同行させたら、連中のクソやかましいトークに興醒めもいいところだ。
大気の存在する惑星から無重力の衛星まで、様々な星を巡るうちに巡り会う地平線から光射す恒星に巨大なぼんぼりのようなガスジャイアント。
過酷な環境でたくましく働く採掘者に行く先々で弟の方が瀕死になっていて回復パックをねだる姉弟(なんなんだあいつらは!)。
231008005.jpg
その道中で唯一寂しさを感じるとしたら、それは音楽の不在だ。
『Starfield』は全般的にサウンドトラックが控えめで、それは時として環境音や自然音を引き立たせていることもある。
だけどカーステを鳴らしていなければ車の運転もおぼつかないオレにしてみれば、やっぱりこの閑靜な環境は落ち着かない。
231008004.jpg
そんなときはやはりカスタムサウンドトラックの出番だ。
オレが『Starfield』で鳴らし続けているのは英国の大ベテランロックバンド、ホークウインド。
1970年のデビュー以降30枚以上のオリジナルアルバムを世に放ち、主要メンバーが80歳を超えた現在でも現役バリバリ。ついこの間も最新フルアルバムをリリースしたばかり。
231008006.jpg
さすがに50年以上も活動を続けているだけに表面的な音楽性は微妙にふらふらしているのだが、一貫しているのはスペースサイケデリックというコンセプトだ。
往年のサンリオSF文庫の表紙カタログと見紛うかのような彼らのアートコンセプト。そして年季の入った人たちだけにいささか古めのSF観は、『Starfield』のちょっぴりベタなSFワールドにぴったりハマる。
ホークウインドのアルバムの中でも最も名高い2nd「宇宙の探求」の冒頭を飾る大名曲の邦題は"混迷の地球を逃れたい"。
これなんかはスターフィールド宇宙の成り立ちを簡潔に説明したかのようなタイトルだ。
231008003.jpg
30枚超のオリジナルスタジオアルバムに加えて大量のライブ盤を擁したホークウインドの作品カタログは『Starfield』の膨大なプレイ時間をもたっぷり余裕を持って埋めてくれる。
反復するギターリフとぴゅんぴゅん挿入されるスペーシーなシンセサイザー音に身を委ねながら彷徨う大宇宙。
マイ宇宙船もホークウインドの大ヒット曲にちなんでシルバーマシーンと改名した(♪シルバーマシーンで宇宙の向こうまで突き抜けよう)。
宇宙はサイケだ。そしてスターボーンはスペーストリッパー。I got a silver machine!

関連記事

この記事に含まれるtag : スターフィールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3151.html

2023/10/08 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


前回はjagataraで今回はホークウィンド、渋いですね

 |  2023/10/10 (火) 19:18 No.1597

コメント:を投稿する 記事: 【Starfield】惑星探索とホークウインド

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback