fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
FallOut  

【Fallout 4】コンコードとウォールデン池

   ↑  2022/03/05 (土)  カテゴリー: XBOX
fo4.jpg
「森の生活」の舞台となったウォールデン池のほど近くにあるコンコード。
ヘンリー・D・ソローを始めとして、ラルフ・W・エマーソンや「若草物語」のルイーザ・メイ・オルコットなどと縁が深い、アメリカ文学史においてキーポイントとなった街だ。
そして『Fallout 4』のプレイヤーにとっても、コンコードは覚えのある地名だろう。
ゲーム最序盤、プレストン・ガービーとその愉快な仲間たちに出会う重要イベントが起こる街だ。
220305004.jpg
人口1万数千程度と小さな規模のコンコードだが、ここは文学のみならず歴史的にもその名が知られている。
この地で植民地民兵とイギリス正規軍の衝突が起こり、それはアメリカ独立戦争の発端となった。
アメリカ独立史の再履修が裏テーマである『Fallout 4』において、主人公が民兵のリバイバル集団であるミニッツメン派閥に手を貸し、レイダー集団と最初の本格的戦闘が起こるイベントの流れは、この史実に倣ったものであろう。
220305002.jpg
そしてそのコンコードから南にちょっと行った所。『Fallout 4』にもウォールデン池はしっかりと存在する。
しかしソローが思索にふけった池周辺の緑の森は、核の業火によって枯れ木が立ち並ぶ殺風景に変わり果て、かつてあれだけ綺麗だった池の水も澱みきって放射能に汚染されている有様だ。
この情景をもしソローが見たら、おそらく卒倒するどころの騒ぎではあるまい。
220305001.jpg
ほとりには観光用に建てられた再現ソロー小屋と、その隣には土産物屋。
もちろんそのどちらも荒れ果てていることに変わりはない。
池の下水溝から地下に入れば、そこはレイダーの巣窟。中にはソローについて仲間に何やらひとくさりしている名前付きのユニークレイダー。
220305003.jpg
こんな時代に「森の生活」を読んだことのある人間の存在は貴重どころではないが、いかんせん彼もレイダー。
ソローについて議論を交わす暇すらなく、ただ殺し合うほかはないのであった。
アメリカ再独立史『Fallout 4』においてトランセンデンタリズムが再び萌芽するのは、あと数十年くらい待たねばなさそうである。

*関連記事
【Walden, a game】ウォールデン、 ゲーム(森の生活)

関連記事

この記事に含まれるtag : FallOut 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3085.html

2022/03/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Fallout 4】コンコードとウォールデン池

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback