fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ボーダーランズ  FPS  

【Tiny Tina’s Assault on Dragon Keep: A Wonderlands One-Shot Adventure】タイニー・ティナとドラゴンの城塞 ~ワンダーランズで一発限りの大冒険!

   ↑  2021/12/29 (水)  カテゴリー: XBOX
211229006.jpg
オタク的趣味とされていたジャンルがどんどんメジャー化してゆく中で、テーブルトークRPGはかつてのひっそりとしたオタクホビーの姿を未だに留めている印象がある。
では本場の欧米の場合は果たしてどんなポジションにいるのかというと、こちらからはなかなか感覚的に捉えづらいものがあるのだけれど、少なくとも本作での体育会系寄りなミスター・トーグへの塩対応を見る限り、世を拗ねた排他的なオタク集団のイメージもまだまだ健在なようだ。まあ全部リリスが悪いのだが。
211229001.jpg
オリジナルは2013年に『Borderlands 2』の追加シナリオDLCとしてリリースされた『Tiny Tinaとドラゴンの要塞』。
これは本編のストーリーと直接的に連結する他のDLCシナリオと違って、ティナをゲームマスターに初代『Borderlands』の面々が参加するTRPG中の事象というメタな構造。
舞台となるのもいつもの惑星パンドラではなく中世っぽいファンタジー世界。出てくる敵もオークに騎士にアンデッドとそれっぽい連中だ。もっともそれ相手にやることと言えば相変わらず銃をぶっ放すのだが。
211229002.jpg
それの発展形が来春発売が予定されている『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』。
外伝ながらもボーダーランズシリーズ久々の新作として登場するこのタイトルに先駆けて、『Borderlands 2』内のDLCを独立した一作として新たにお色直しリリースしたのが本作『タイニー・ティナとドラゴンの城塞 ~ワンダーランズで一発限りの大冒険!』。
211229003.jpg
基本的にはオリジナルのDLC版とまったく一緒。
独立したタイトルになっただけに、基点の街にブラックマーケットや金庫といった諸施設が設置されているなど細かい変更点はあるにせよ、それ以外はストーリーから何からほぼそのままだ。
一回のレベルアップでスキルポイントが二つ得られてビルドのペースが早くなったりと調整は加えられているが、アイテムを本編から持ち込むことができず、気の利いた装備品の入手機会やそのバリエーションも限られてしまっているのは、DLC版と比較して決定的にもどかしいところである。
211229004.jpg
だからDLC版をプレイ済みの人がこのスタンドアローン版をやる意義は薄かったりするのだけど、まあ8年前のタイトルということで程よく忘れている部分もあるし、元々が『Borderlands 2』の追加シナリオのなかでもボリュームや質が高い一品。
オタクのしょうもない部分を徹底的に茶化したミスター・トーグ関連の各クエストはどれも笑えるし、その本性を露わにしたリリスの「オタク版永田洋子」ぶりも最高だ。
211229005.jpg
リリスの鬱陶しくて面倒くさいキャラが確立された作品として、そして何より『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』の前祝いとして、我らがタイニー・ティナがわがままに仕切るTRPGの世界に再び身を投じてみるのも充分ありかもよ。

関連記事

この記事に含まれるtag : ボーダーランズ FPS 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3066.html

2021/12/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Tiny Tina’s Assault on Dragon Keep: A Wonderlands One-Shot Adventure】タイニー・ティナとドラゴンの城塞 ~ワンダーランズで一発限りの大冒険!

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback