fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ウルティマオンライン  

【ウルティマオンライン】はじうお。

   ↑  2021/08/22 (日)  カテゴリー: PCゲーム
210822006a.jpg
プレイヤーの前にタスクを積み重ねて常に刺激を与え続けなければ退屈と判断されてしまうビデオゲームは、のんびりとしたスローライフとは水と油の関係だ。
しかし時にはゲーム本来の中毒性や刺激とは真逆であるそんな要素を、あえて前面に押し出さなきゃならないこともある。
『ウルティマオンライン』は四半世紀を超えるオンラインRPGのエバーグリーンタイトル。
20年以上に及ぶ歴史の中で様々なバージョンのパッケージが発売されてきたが、その中でもひときわ異色なデザインが、2006年に登場した初心者向けパッケージ『はじうお。』だ。
210822001a.jpg
それ以前や以後の拡張や初心者向けパッケージはウルティマのシンボルをフィーチャーした重厚なデザインが基調なのだが、『はじうお。』はその流れをまったく汲まないのんびり牧歌的な雰囲気をアピールしたパッケージ。
だがそんなイメチェンにも理由はある。
かつてはMMORPGの絶対王者として君臨した『UO』ではあったが、登場から10年近い時が経ち、その間に『リネージュ』や『ラグナロクオンライン』『FF11』に『大航海時代Online』といったライバルが次々と現れ、基本的なビジュアルデザインが古いままの『UO』は徐々に人口が減少し新規プレイヤーも頭打ちになっていた。
210822004.jpg
そんな中でライバルとの差異化のために打ち出したのが、『UO』ならではのプレイキャパシティの広さを背景にしたのんびりプレイなのであった。
周りに惑わされず自分のペースで好きなようにゆったり遊べる。そんなポイントをアピールしたこのパッケージには、ブリタニア移住ガイドと題された80ページほどのガイドコミックの他に、これでしか手に入らないレアアイテム12種、その名ものんびり生活グッズ。
210822002.jpg
しかしいくら初心者にロハスなのんびりライフを啓蒙したところで、そもそもそんなプレイスタイルは本来あれもこれもやり尽くした廃人の終着の浜辺みたいなものだ。
ぶっちゃけ新規プレイヤーにとっては、MMORPGの序盤なんて忙しくさせてもらってなんぼのところがある。
案の定このパッケージも購入者の大半はレアグッズ目当てのベテランプレイヤーが占めることとなり、新規住民がなかなか増えない『UO』の問題解決にはそれほど寄与しなかったのであった。
210822003.jpg
『はじうお。』に関する迷走で触れておかなければならないのは、著名人を起用した同パッケージのキャンペーンだ。
及川奈央、テレンス・リー、中谷彰宏、東原亜希の4氏が登場したこのキャンペーンイベント。
それぞれゲーム内で及川奈央には恋愛講座、テレンス・リーには戦闘術、中谷彰宏には人生講座、東原亜希にはキャラクターのファッションコーディネートを講釈してもらうという素っ頓狂な企画だ。
いや、及川奈央や東原亜希はまだいいとして、テレンス・リーの与太話を今後の『UO』のプレイにどう活かせというのだろうか。
当時はそんな疑念を抱いたが、今あらためて考えてみると、ロールプレイのひとつの在り方を目の前で学べた気がしなくもないけれど。
210822005.jpg
そんな地方市町村の若年層移住促進キャンペーンのようなパッケージの発売から、もうすでに15年。
もはや少子高齢化問題すらも達観したかのように、細々とながらもいまだサービスを継続中である。

関連記事

この記事に含まれるtag : ウルティマオンライン 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3033.html

2021/08/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【ウルティマオンライン】はじうお。

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback