fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ミステリ  アドベンチャーゲーム  

【Night Call】ナイトコール

   ↑  2021/06/14 (月)  カテゴリー: XBOX
210614008.jpg
多種多様な階層や国籍の人々が束の間乗り込んでは去ってゆくタクシーは、人間の博覧会のようでもある。
故にタクシーは狭い車の中という限定されたシチュエーションにも関わらず、今までに様々なフィクションの舞台となってきた。
映画ではジム・ジャームッシュの「ナイト・オン・ザ・プラネット」。コミックでは御大手塚治虫の「ミッドナイト」。ノンフィクションでは梁石日の「タクシードライバー日誌」。他にも小説やドキュメンタリーと、数え上げればキリがないほどだ。
210614002.jpg
バラエティ豊かな人たちとパートタイムで触れ合うタクシー運転手。パリの街を流すフサインもその一人だ。
あらゆる境遇の人を乗せなきゃならないのはタクシー運転手の宿命だが、その夜ばかりはいささか度を越していた。
パリを騒がせる連続殺人鬼の犠牲者。そしてフサインもその犯人に襲われて辛くも一命を取り留める。
210614003.jpg
手がかりも乏しく警察もお手上げ状態の連続殺人事件。
犯人と関わりを持つ唯一の生存者となったフサインに対して、担当の女刑事は捜査への協力を強要する。
街に一般客に混じって点在する5人の容疑者。彼らを客として乗せた時に、事件に関する何らかの糸口が見つかるかもしれないし、あるいはフサインをあの時の生存者と知ってアクションを起こしてくるかもしれない。
210614004.jpg
だがタクシー運転手はフサインにとっては生業だ。
車を走らせるだけでもガソリン代がかかるので、一般客を乗せる普通のタクシー営業は不可欠である。
パリは花の都。深夜営業限定でも、いや、だからこそ次々と入れ替わる客の顔ぶれはいずれも個性的でバラエティに富んでいる。
210614001.jpg
タクシーの後部座席は自分の人生について口を開かせる不思議な魔力がある。
フサインのタクシーに乗り込む人々。饒舌な人は矢継ぎ早に、寡黙な人はぽつりぽつりと、ドライバーの不思議な人柄に惹かれてか、一様に各々の過去や境遇やいま直面している問題について話し出す。
カップル、旅行者、ホームレス、詩人、学者、政治評論家、不良、胡散臭い心霊術家、さらには猫やこの世ならざる者といった人間以外の連中まで。
その多彩な身の上話に付き合う内に、フサインのタクシーは次第に様々な人生の断片のオムニバスとなってゆく。
そんな人の生き様のTIPSを収集することが、実はシリアルキラー探し以上に『Night Call』の最大の目的だったりするのだ。
210614005.jpg
そのプレイフィールはどことなくチュンソフトの傑作ADV『サウンドノベル 街』を想起させるところがある。
『街』においてプレイヤーの役割は、神様的な視点からの他人の運命の管制官であったが、『Night Call』のそれは、もっと地べたの目線からの編纂者的な立場だ。
深夜の街で彼のタクシーを待つのは約90人ほどの人物。皆それぞれに事情を抱えてタクシーの中で吐露しては降りてゆく。
それを引き出すのはささやかなセリフの選択。そして時には沈黙こそが、相手のさらなる言葉を呼び込む最良の選択だったりする。
210614006.jpg
全員の生き様をコンプするのは1回のプレイでは到底無理だが、『Night Call』には再プレイの耐えられるように、予め3つの事件3人のシリアルキラーが用意されている。それでも足りなければ自由に街を流せるフリーロームモードの出番だ。
そしてすべての乗客たちと巡り合った頃には、彼らそれぞれの人となりや生き様、そのどれもが無性に愛おしく感じてくるかもしれない。
タクシー運転手の視点のゲームでは近未来を舞台にした『Neo Cab』も印象深い作品だったが、現代が舞台の『Night Call』はモノクロのビジュアルやハードボイルド小説的な乾いた文体のテキストも相まって、ノワール色が非常に色濃い一作だ。

<日本語未対応>

関連記事

この記事に含まれるtag : ミステリ アドベンチャーゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3019.html

2021/06/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Night Call】ナイトコール

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback