FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
実写ゲーム  Steam  

【Dracula VS The Ninja On The Moon】月のドラキュラ忍者大戦

   ↑  2021/04/22 (木)  カテゴリー: PCゲーム
210422002.jpg
実写映像をゲームに用いることには様々なメリット、デメリットがある。
その利点や欠点は時代時代によって変遷してきているのだが、アマチュアによる映像発信が簡単になった最近では、バカな仲間さえいればローコストでゲームを一本でっち上げられる、とてつもなく横着なメリット(ユーザーにとってはデメリット以外の何ものでもないが)を生み出している。
210422004.jpg
そしてこれを一歩押し進めた手口だってある。
YouTubeに置いても誰も見向きもしないような一昔前のゴミインディー映画。
こんなのにだってインタラクティブと称する要素をほんの少しだけ付け足してSteamやEpicのストアに置けばいい。
この手のムービーに辟易としている映画オタと違って、ネタに困っているゲーム界隈の実況者やブロガーがホイホイ食いついてきて、ゴミ箱の底に転がっていた映像があっという間にリザレクトできるのだ。
210422006.jpg
『Dracula VS The Ninja On The Moon』は、まさにそんな手口のそのものズバリな一本。
ベースとなったのは約10年前に作られた、ローファイという表現すらJAROに誇大広告で訴えられたら弁解できなさそうな、箸にも棒にもかからないインディーフィルム。
忍者が特訓の末に月に向かってドラキュラと対決するのがそのあらすじだが、いや、このあらすじ書いていてなんか違う。間違ってないんだけどなんか間違ってる。
まぁとにかくエド・ウッドを敬愛するのは分かるが、それを直接的に目指してそこにすら辿り着かないどころか、はるか手前で着地するのはやめろ!と諭したくなるような映画である。
210422005.jpg
こんなシロモノにも、どっかで拾ってきた謎の海賊版ビデオテープという設定をつけて画面をクリックする必要をほんのちょっぴり盛り込みFMVゲームと名乗れば、立派なSteamストアの商品になっちゃうんだから、あら不思議。
しかしそんな僅かながらのインタラクティブな要素も、カーソルの色が黒くてどこにあるのかさっぱり分からない根本の問題で早々と破綻しているのであった(なお、画面右下の設定アイコンは単なる飾りらしい)。
210422003.jpg
トラッキングを調整して映像を正しい方向に導けというのが、『Dracula VS The Ninja On The Moon』がゲームを自称している上での唯一の建前であるが、これすらほぼウソ。
トラッキングをコントロールするシステム自体がそもそも備わっておらず、調整の指示が出るたびにとりあえず画面を一回クリックすれば、映画は頼みもしないのにつつがなく進行する。
まあ最低限の操作する要素(と言ってもクリックだけだが)を盛り込んでいるのは、「Switchで遊んでてもいいしKindleで本読んでいてもいいけど、とりあえず画面の前からは離れるなよ」なんてメッセージみたいなもんかもしれないが。
210422007.jpg
元々がただでさえチープな映像なのに、それが海賊版VHSの設定のもと、さらに劣化した画質で再生されるのはとんだ災難だが、まあ真面目に画面を凝視している人なんておそらく皆無だろうから、その辺は割とどうでもいいとこなのであろう。
トータルで30分強のインタラクティブトラッシュムービー体験。
これで見終わった後に虚無しか残らないのであれば救われないが、幸いにしてオレは「もうSteamでしょうもないゲームを漁るような非生産的な生活は改めて、明日からもうちょっと真面目に生きます!」なんて前向きな反省の気持ちで救われております。

関連記事

この記事に含まれるtag : 実写ゲーム Steam 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3007.html

2021/04/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Dracula VS The Ninja On The Moon】月のドラキュラ忍者大戦

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback