FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
音楽ゲーム  

【Lofi Ping Pong】ローファイ・ピンポン

   ↑  2021/04/19 (月)  カテゴリー: Switch
210419005.jpg
熱のこもった卓球のラリーが、まるで楽器でリズムを刻んでいるように聴こえてきたからであろうか。
あるいはメトロノームなんかの正確なリズム音を耳にして、つい卓球のラリーの音を連想したからなのか。
AndroidやiOSを経てこのたびSwitchに移植された『ローファイ・ピンポン』。
このゲームの発想の始まりが果たしてどこから来たのかは、ちょっと興味を惹かれるところだ。
210419003.jpg
とにもかくにも、この『ローファイ・ピンポン』を一言で表現するなら、卓球風ビジュアルのリズムゲーム。
1,2,3のカウントと始まるラリー。
プレイヤーのすることは、左、中央、右、3つのスクエア上をボールが通過したときに、タイミングよくそれぞれのボタンを押すだけ。
案外と卓球で球を打ち返しているフィーリングは乏しい。その手応えは完全にリズムゲームのそれだ。
210419002.jpg
しかしタイトル通りローファイなサウンドトラックが鳴り響く中、それに合わせて黙々とリズムを刻んでいると、カン、コン、カン、コンという硬質で甲高い打球音が、シンプル極まりないリズムキープとシンクロして独特の没入感を与えてくれる。
それにぼんやりと身を委ねていると、この妙にクセになる単純作業には卓球のビジュアルが不可分に思えてくるから不思議なものである。
210419001.jpg
反応すべきボタンは3つだけなのだが、ラリーのスピードと相まってストロークの間隔が短く、またステージが進むと球の数が増えたり分身魔球が出てくる。そして何よりワンミスで最初からやり直しになるバランスなど、見た目に反して難度の高さは結構なものだ。
またコンセプトにもなっているローファイなビジュアルや、幕間進行のちょっと尖りすぎたテイスト、まったくこなれていないユーザーインターフェースなど、クセの強いインディーゲームらしくユーザーフレンドリーに欠ける部分も多かったりするが、ワンコイン前後で買える一風変わった音楽ゲームとしては、それなりにまとまっている一作ではないだろうか。

関連記事

この記事に含まれるtag : 音楽ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3006.html

2021/04/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Lofi Ping Pong】ローファイ・ピンポン

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback