fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
狩猟  オープンワールド  FPS  

【theHunter: Call of the Wild】野性の呼び声

   ↑  2021/03/29 (月)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210329011.jpg
モンハンシリーズの最新作『モンスターハンターライズ』が発売され、ゲーム界隈は狩猟解禁を迎えて盛り上がっている。
そのモンハンと同じ狩猟というワードを掲げながらも、北米を中心に根強い人気を誇る狩猟シムは、モンハンとはあらゆる意味で真逆のゲーム性を持ったジャンルだ。
210329001.jpg
オンラインプレイをデフォとするモンハンに対して、狩猟シムは一部にマルチプレイを備えたものがあったりはするが、その基本は孤独でストイックだ。
少なくともオレは銃と装備を抱えてバーチャルの野山に分け入るときに他人と時間を擦り合わせようとは思わない。
この時間は誰にも煩わされないオレだけのひとときなのだ。
210329009.jpg
狩猟シムもずいぶんと息の長いジャンルだが、前々世代機あたりに於いては大手アウトドアショップの名を冠していたActivisionの『Cabelas』シリーズが幅を利かせている時期があった。
このシリーズがまた大雑把な造りのゲームを濫造しまくって随分と市場を荒らしまくっていたが、それもいつの間にやら姿を消した。
『theHunter』はそれと入れ替わるようにして登場したブランド。
本作『theHunter: Call of the Wild』はその最新タイトルだ。
210329003.jpg
『Cabelas』シリーズのような乱獲系もあったが、伝統の狩猟シムは基本的に地味なものである。
猟銃や狩猟ガジェットを手に野山に入り、動物の痕跡を執念深く追跡して慎重に接近し、時間に時間をかけてようやく一頭を仕留める。
凝ったイベントとも爽快なカタルシスとも無縁だが、それがとにかく時間を忘れるほど没頭する。
210329006.jpg
その証拠にいまオレは鹿の足跡を追って、もう30分もひたすら野山を彷徨いている。
聞こえるのは鳥のさえずりと小枝を踏み分ける自分の足音だけ。
時おり遠くから獣の鳴き声が聴こえてきては、立ち止まってハッと耳を澄ます。
『theHunter: Call of the Wild』をプレイしてる間のほとんどの時間はこんな行程だ。
そしてオレはそんなひとときにヴァーチャルな大自然との一体感を感じている。
現実の狩猟に熱中する人が一番惹かれているのも、もしかしたら同じような感覚なのかもしれない。
210329004.jpg
アンブッシュポイントでひたすら獲物を待ち続けるのも、これまた愛おしいひとときだ。
眼下の平原に目を凝らすのもほどほどに、ぼんやりと山の稜線を眺めてはどうでもいい物思いに耽り、時々思い出したように鹿笛を吹いたりする。
鹿笛でおびき寄せても獲物はすぐ来るわけじゃない。10分後か20分後か、いずれにしろ気の長い話である。
210329008.jpg
狩猟シムはグラフィックの進化の恩恵をもっとも受けているジャンルの一つだ。
ひと昔前の同ジャンルゲームに比べると、いま歩く野山の臨場感は段違いで、ただトレッキングをしているだけでも没入感がハンパではない。
程よい分布で配置された遺跡などのモニュメントは、そんな山歩きのいいアクセントになってくれる。
210329007.jpg
動物は臆病な生き物だ。そうやってただ普通に歩き回っているだけでは、姿そのものを見ることなど滅多にありはしない。
歩き回るうちに足跡や糞などを見つけ、その足取りを追うこと数十分。他のゲームなら回りくどくてイライラさせられるだけの行程かもしれないが、狩猟シムの場合はホントにこれが苦にならない。
そうしてやっと捉えた鹿の姿。音を立てないよう風下からそっと近づき、ライフルのスコープにその姿を捉え、息を止めて照準を安定させ、慎重に慎重を重ねてようやく引き金を絞る。
210329005.jpg
弾を命中させても追跡は終わらない。
急所を確実に射抜いていない限り、獲物はその場から慌てて逃げ出すであろう。
再び後を追うその手がかりは足跡と血の跡。やがて目に入ってくるのは地面に倒れ伏した鹿の姿。
その生気が消し飛んだガラス玉のような目を見て、仕留めた充実感以上に強く襲ってくるのは、心の底からの「すまないなあ」という気持ちだったりするのだから不思議なものだ。
210329002.jpg
マルチプレイやミリタリー系のFPSでは得られることのない、一発の弾丸と一回の引き金を引く行為の重さ。
それを求めてさまよい歩くフィールドは、仕事や家庭の現実は元より、ゲーム仲間とのしがらみからも解き放たれた孤独の自由を満喫できる空間だ。
数日に渡って一気にやり込むタイプのゲームではない。1週間、あるいは2週間のほんの半日だけ現実を忘れて没頭する。
そんなメリハリのついたアプローチの仕方が、この地味極まりないゲームをさらに輝かせてくれるだろう。

<Xbox版国内ストア未配信・日本語未対応>

関連記事

この記事に含まれるtag : 狩猟 オープンワールド FPS 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2998.html

2021/03/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【theHunter: Call of the Wild】野性の呼び声

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback