fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
RPG  

【Torchlight 3】列車男とアルパカ

   ↑  2021/03/02 (火)  カテゴリー: XBOX
210302010a.jpg
一般にハック&スラッシュ(ディアブロクローン系)と呼ばれるジャンル。ゲーム好きな人の中でもかなりコアな層に好まれているような印象がある。
しかしコアな人々というのは得てして守旧的な体質であったりするわけで、それとどこまで因果関係があるのかは分からないが、ハクスラはイノベーションとはなかなか縁遠いジャンルであったりもする。
210302003a.jpg
なにせ『Diablo 4』がシームレスに移動できるオープンワールドになるというだけで、「余計なことすんな」と反発する人も少なくないほどだ(「それって『Sacred』じゃねえか」ってツッコみはひとまず置いといて)。
『Borderlands』のようにハクスラのエッセンスを取り込んで成功したゲームもあったりするが、それが新時代のハクスラとして新たな本流となるわけでもない。
コアな好事家が愛するのは、相変わらず昔ながらの見下ろし画面に豆粒のようなキャラのトラディショナルなスタイルだ。
210302001a.jpg
しかしこうもスタイルが画一化されると、よそのゲームとの差異化がなかなか難しかったりする。
なにせ一般のRPGのようにストーリーによって特徴づけるわけにもいかない。
ぶっちゃけハクスラ系ゲームの物語や設定を気にかけてる人なんて、そんなにいないんじゃないか。
少なくともオレは敵の殲滅とドロップアイテムの選別に忙しくて、ストーリとか頭に入ったことないぞ!
210302002a.jpg
もはや神格化された『Diablo』がデンと控え、さらに『Titan Quest』や『Sacred』などの大関クラスが並ぶ中、新規のIPが割って入るには間口が狭そうにも思えるが、それでも『The Incredible Adventures of Van Helsing』や『Victor Vran』などニューカマーが途絶えることはない。
そんなハクスラ新鋭勢にあって、もっとも気を吐いているのが『Torchlight』シリーズ。
まあこれの一作目については、国内Xboxユーザーにとっては芳しくない思い出もあったりするだが、とりあえずそのシリーズ最新作『Torchlight 3』は、こうして無事日本のXboxストアにもお目見えしている。
210302006a.jpg
他所との違いを打ち出すのが難しいこのジャンルにおいて、もっとも手っ取り早いのはクセのある個性的なクラスを用意することだが、その辺りにおいて『Torchlight 3』は抜かりがない。
普通この手のゲームのパッケージアートは、選択可能なキャラクタークラスが均等に配置されていたりするもんだが、本作の場合は他の連中を差し置いて中央の一番目立つところに陣取るおっさんが一人。
本作の実質的な主人公、レールマスターさんである。
210302005a.jpg
レールマスターさんの基本的なスタイルは、ダンジョン内に線路を敷いて列車を運行させること。
「ちょっと何を言っているのか分からない」と思う人もいるかもしれないが、それは常識的な反応だ。
このキャラをそれなりに使い込んだオレだって、何を根拠にそうなっているのか未だにさっぱり分からない。
とにかくこのおっさんの歩む後ろには常に線路と列車が付き従っている。
そしてその列車は迫撃砲やショットガン、火炎放射器などを搭載し、敵からの攻撃も受け付けない大火力戦闘列車なのだ。
210302008a.jpg
さらに『Torchlight』シリーズではお馴染みの随伴ペット。
これも種類と特性がどーんと増えてこだわり甲斐もより一層のものとなっている。
特にアルパカの登場。ああ、アルパカ可愛い。魑魅魍魎が蠢くダンジョンに連れて行くには、なんとなく憚れるところもある呑気な生き物だが、しかしその争い事なんか一切向きそうもないルックスとは裏腹に、ご主人さまのために果敢に戦ってくる。
ああ、可愛い。でもあんまり無理するな。
210302004a.jpg
『Torchlight 3』には、キャラクタービルドの幅をさらに広げてくるレリックと呼ばれるサブスキルがあるのだが、これの取得状況によっては回転する刃なんかを発動させたりもできる。
おっさん、列車、アルパカ、物騒な回転刃。なんだかワケの分かんない一行だ。こんなのに押し入ってこられるダンジョンの魔物たちは堪ったもんじゃないだろう。
これに加えてペットによっては他の動物やその霊体、レールマスターも先祖の霊を召喚できたりするから、もうソロプレイでも道中はめちゃくちゃ賑やか。
ハクスラ恒例大量に湧いて出てくる敵と相まって、行く先々は常に大乱戦の保証付きだ。
210302007a.jpg
小気味よいテンポ、タイトなロケーションとボリューム(これに関しては評価が別れるかもしれないが)、豊富なビルド要素、そして上記のような本作ならではの特性と、強豪ひしめくハクスラ界隈にあって『Torchlight 3』をチョイスする理由をしっかりと持った、安定と充実のシリーズ3作目。
何よりも素晴らしいのは横並びの主人公キャラたちを拒否した、潔いほどの線路敷設おっさん推しっぷりだろう。
アイラブレールマスター withアルパカ!

関連記事

この記事に含まれるtag : RPG 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2988.html

2021/03/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Torchlight 3】列車男とアルパカ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback