fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

【セロファーンズ】郷愁の70年代ゲーセン

   ↑  2021/02/20 (土)  カテゴリー: PS1
210220008.jpg
リイシュー、リマスター、新装版。文学や音楽、映画にコミックなどで、過去の名作やカルト作が装いも新たに現代のカタログに名を連ねることがある。
それを手にするのは、かつてそれに親しんだ人や、古典に新たに触れようとする若者など様々であろうが、デジタル技術の進歩と足並みを合わせるビデオゲームの場合は、こと当時のファンばかりを対象とした郷愁エクスプロイテーションの度合いが強いような気がする。
210220004.jpg
この度、最新ハード向けに『カプコンアーケードスタジアム』と題された過去のアーケードゲームの詰め合わせが発売されて、この郷愁エクスプロイテーション商売も数周目に突入した感がある。
恐らくこの世代が完全に耄碌する年になるまで、この手のなつかしゲームビジネスは、ハードやデバイスを時代時代に合わせてぐるぐると回り続けるのであろう。
210220002.jpg
「なつかしのアーケードタイトルが復活!」的なことを最初に売りにしたのは、思い出せる限りでは初代プレイステーションの『ナムコミュージアム』シリーズ。もう今から20数年前まで遡る話だ。
この『ナムコミュージアム』に収録されているのはは、『パックマン』や『ラリーX』など業界にある程度のルールや倫理が確立された頃のタイトル。
それ以前となると、もうこれがアポカリプス世界も真っ青の無法地帯。
パクリなんてのは良心的な方。コピー基盤や海賊基盤が大手を振ってまかり通る凄まじい状況であった。
210220007.jpg
その後はちゃんとした企業に成長する各メーカーも、この頃にやっていたのはアタリの『Breakout(ブロック崩し)』のパクリかコピー。
この意匠とか版権とか知ったこっちゃねえのアナーキーな状態は、『スペースインベーダー』のブームの辺りまで続くこととなる。
そんなナムコやコナミでもフォロー不可能なアーケードビデオゲーム黎明期をテーマにした郷愁エクスプロイテーションゲームが、この1997年発売の初代プレイステーション用ゲーム『セロファーンズ』だ。
210220005.jpg
とは言ってもその頃の怪しげなゲームをそっくりそのままリイシューするなんてわけには当然行かないわけで、本作に収録されたのは当時の雰囲気をできる限り再現した、70年代末風レトロ調新作ゲーム12本。
その半数近くが『ブロック崩し』のそのままズバリや亜流系であるのがさすがと言うか何と言うか、なんちゃって『Breakout』が乱立したあの時代を偲ばせてくれる。
210220006.jpg
そして70年代後期は、まだエレメカが主軸だったゲームセンターにビデオゲームが新参者としてやって来た時代。
その本来の主役であるエレメカの疑似ゲームも『セロファーンズ』を彩ってくれている。
画面の焼き付けやブレなどもいちいち再現した太古のゲーセンのヴァーチャル再現空間。
とは言え97年当時でさえ郷愁抜きでプレイするには、どれもあまりに原始的すぎてツラいゲームばかり。
プレイステーションネイティブ世代はハナっからお断りな、郷愁エクスプロイテーション系タイトルの原始のひとつである。

関連記事

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2986.html

2021/02/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【セロファーンズ】郷愁の70年代ゲーセン

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback