fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ホラー  

【The Medium】ザ・メディウム

   ↑  2021/02/17 (水)  カテゴリー: XBOX
210217008.jpg
「わたし見えちゃうの」的なことを嘯く人は多いが、しかしその見えているこの世ならざる世界がどのようなものなのかは、真に迫ってなおかつ説得力のある説明にはなかなかお目にかかれなかったりする。
しかしマリアンは本物の霊能力者だ。
彼女が頻繁に訪れる冥界は、いま存在するこの世と対になってプレイヤーの前に同時進行で出現する。
210217002.jpg
街なかなどでよく虚空に向かって語りかけている人を見かけたりするが、それがきちんと意味を持った行動であったことを、この『The Medium』で提示される並立世界によってようやく理解できるはずだ。
現実世界では誰もいない空間と会話しているように見えるマリアンだが、冥界の方の彼女の前には確かにこの世ならざるものが存在しているのだ。
あの世とこの世の二重奏。その手の込んだ超常のビジュアルを前に、スペック次第ではパソコンすら「こんなのムリ!」と悲鳴を上げることだろう。
210217007.jpg
しかし最適化を施されたXbox Series X|Sならば、そんな異世界から目を背けようとする愛機に煩わされることなく、この深い悲しみの物語に浸れるであろう。
"見えちゃう人"マリアンを取り巻く物語は、彼女の義父が営んでいた葬儀場、その義父との永遠の別れ。これ以上はないほと静かな哀しみのシチュエーションから幕を開ける。
210217006.jpg
たとえ自らに深く関わる事柄であろうと、知らないほうが幸せなことはたくさんある。
そして普通の人は知らなくていいことから本能的に身を避ける。しかし知ることに敏感な能力を持ってしまった人は、果たしてどうしたらいいのだろうか。
義父がこの世に残したそんな心配と忠告も叶わぬまま、一本の謎の電話をきっかけに、マリアンは知るべきではないおのれの宿命を巡る因果に手繰り寄せられてゆくのであった。
その舞台となるのは、社会主義国時代のポーランドが国民のために建設した保養施設。そして大量殺人事件を経て今では巨大な廃墟となった場所。
210217005.jpg
本作の開発元Bloober Teamは、近年では『Layers of Fear』や『Blair Witch』などホラー系のアドベンチャーゲームを手掛けてきたポーランドのデベロッパー。
序盤に彷徨う真に迫る森の描写や精神世界での朦朧とした悪夢のようなビジョンなど、『The Medium』で強く印象に残るパートは、これら過去作で得てきた蓄積を大きく感じさせる。
そしてBloober Teamの近作と同様、この『The Medium』もアクション性がほとんど無いトラディショナルなアドベンチャーゲームだ。
210217003.jpg
3人称視点でのキャラクターの挙動や固定画面による細かいカット割りなど、本作のベーシックは、極めて守旧的なADVのスタイルを貫いている(主人公マリアンのキャラクター造形なんかは、ゼロ年代の名作ADV『Syberia』をどことなく想起させる)。
そうした意味では、二分割画面を別にすれば『The Medium』は革新性に乏しいオールドスクールなゲームだ。
しかしBloober Teamが総力を上げて作り込んだ重厚なグラフィックと、それを背景にした迫真の表現力は、そんなイノベーティブに欠けている面を補って余りある。
210217004.jpg
ホラーADVというジャンル区分が便宜的なものにすら思えるほど、物語は旧態で地味な伝統的ADVのスピード感を保ちながら、雫が少しずつ器を満たすように悲しみを増し、そしてマリアンが日毎見ていたあの夢の景色へと回帰してゆく。
元々大向う受けしないジャンルのゲームとしては、不相応なくらい話題作の看板を背負わされてしまったきらいもあるが、その期待に違わない、少なくともジャンル愛好家を唸らせるには充分すぎるくらいの力作だ。

*関連記事
【Blair Witch】インタラクティブブラックヒルズの森
【Layers of Fear】芸術無罪


関連記事

この記事に含まれるtag : ホラー 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2985.html

2021/02/17 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【The Medium】ザ・メディウム

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback