fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
FPS  

【RAGE 2】RAGEの魂百まで

   ↑  2020/06/25 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
200625010.jpg
まずはオプションでの視野角調整必須。
これを前提としなければいけないほど、このシリーズのデフオルトの視野角は異常なまでに狭い。とにかく最初に視野角をいじらなければ、3D酔いでプレイすらままならないだろう。
いきなり気の利かなさが全開の『RAGE2』。『DOOM』でお馴染みのid Softwareが挑んだオープンワールドFPS超大作として鳴り物で登場し、期待を裏切って多くの人をずっこけさせた『RAGE』の続編だ。
200625003.jpg
アフターアポカリプスに跋扈する蛮族どもと武装カー。いかにもマッドマックスな世界にSFフレーバーをふりかけたはいいが、フリーローム、武装カーレース、そして『DOOM』の魂百までを思わせた閉所ダンジョンFPSといった諸要素がまったく共鳴しなかった前作『RAGE』は、底抜け超大作の称号が相応しいようなゲームだった。
映画に例えると「フィフス・エレメント」のような予算をかけた超B級。冷静に振り返れば70点くらいの作品なんだけど、膨れ上がった前評判との落差が余計にそのズッコケぶりを際立たせていた。
200625004.jpg
ならばとid Softwareが今回共同開発先として白羽の矢を立てたのが『Just Cause』シリーズのAvalanche Studios。
前回不得手ぶりを露呈してしまったフリーロームの作法を補うには、またとないパートナーかもしれない。
こうして体制を整えて汚名返上とばかりに放った今度も超大作『RAGE2』。
Avalanche効果もあってか、オープンワールドゲームとしてはぎこちなさが取れて格段にとっつきの良い作品に仕上がった。
だがしかし、打率.230本塁打20本の高年俸外国人選手を思わせるビッグバジェットのB級超大作臭は、いい意味でも悪い意味でも抜けきれておらず、ここでもなんとかの魂百までとやらを感じさせてしまうのであった。
200625009.jpg
無印『RAGE』でフックとなったのは、三枚刃ブーメランのウイングスティックを始めとして、セントリータレットや爆弾ラジコンカーといったアップグレード可能な各種ガジェットだったが、『RAGE2』でではそれらの種類が大幅に削減されている。
代わって表に出てきたのが衝撃波やバリア、瞬間移動に近いダッシュなどの超能力(ナノトライト)。
これらと多彩で火力過剰な各種武器を組み合わせて世紀末蛮族やミュータントを蹂躙して回るのはたしかに楽しい。
前作で無駄に時間を強いられた武装カーレースモードをざっくりと削って、やりたい放題な特殊能力銃撃戦にフォーカスした路線変更は、それなりに成功していると言えるだろう。
200625007.jpg
それでも前作同様のB級臭が拭えないのは、システムや設定、ストーリーにロケーション、プロップに至るまで、ありとあらゆる要素に既視感がつきまとっているから。言い換えればオリジナリティの欠如だ。
唯一前作から受け継がれたブーメラン武器ウイングスティックのみが『RAGE』ならではの象徴的ギミックとなってはいるが、これとてぶっちゃけ雰囲気だけのスキル。それにいまなんとなくブーメラン繋がりで「そういえば昔『ダークセクター』ってゲームあったっけな……」と思い出してしまった。
200625008.jpg
そしてこれはXbox One版だけに顕著なのかもしれないけど、ゲーム全体のありえないまでの不安定さ。
マップマーカーが消滅したり、進行具合がリセットされたりと、もはや致命的なバグレベルのものが散乱している。
さらにはステータス画面の異常なまでの重さ。マップからインベントリ、インベントリから武器パワーアップとタブを移動しようとするだけで長々と硬直が入るのはさすがに閉口した。
こうした様々な至らなさが、まさに大作になりきれない大作たる所以。RAGEは2になっても相変わらずRAGEのまんまなのであった。

関連記事

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2921.html

2020/06/25 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【RAGE 2】RAGEの魂百まで

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback