fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
XBLA  アドベンチャーゲーム  

【Stacking: The Lost Hobo King】マトリョーシカとホーボーの王国

   ↑  2020/06/17 (水)  カテゴリー: XBOX 360
200617001.jpg
Double Fineの旧作『Stacking』と『Costume Quest』のXbox 360版(Xbox One互換)の唐突な日本国内配信。
ストアには英語の説明文のままの本体のみで、XBLAには付き物の体験版がまったく見当たらないことから、イレギュラーというかなんらかのアクシデントの匂いもぷんぷんする。
そしてダウンロードコンテンツであるこの追加シナリオ『The Lost Hobo King』も残念なことに国内ストアでは未配信のまま。
しかしこのDLC、規模はささやかだがこのゲームのバックグラウンドである20世紀初頭の格差社会に溢れたあの人たちにスポットライトをあてたものだったりする。
200617002.jpg
悪徳資本家バロンとの戦いに終止符を打った、誇り高き煙突掃除夫の小さな息子、チャーリー・ブラックモア。しかし彼の冒険は終わらない。
バロンたちとの最後の戦いに仲間を引き連れて加勢してくれた、ホーボーのレヴィに誘われて、新たな地に問題解決に赴くのであった。
ホーボーとは何かって? まぁレヴィの風体を見れば分かるように、早い話がホームレスだ。
20世紀初頭、世界を覆った大恐慌の中で職を失った者たちは列車にただ乗りしての、その日暮らしの生活に追いやられた。
渡り鳥のような生活を送る彼らは、いつしかホーボー(Hobo)と呼ばれるようになり、そのボヘミアンなライフスタイル(彼らは決して望んでボヘミアンになったわけじゃないだろうが)は、後世の人間によって神格化され、様々な文学や音楽のインスピレーションとなった。
200617004.jpg
ホーボーを描いた作品の中で一番有名なのは、ロバート・アルドリッチの大傑作映画「北国の帝王」であろう。
リー・マーヴィン演じるカリスマ浮浪者エース・ナンバーワンと、アーネスト・ボーグナイン演じる冷酷無比な車掌シャックが、無賃乗車の是非を巡って延々と男臭い死闘を繰り広げる、オレにとってオールタイムベストワンの映画だ。
「星は俺のために輝き、大統領だって俺には一目置く。俺は行きたいところに行けるんだ。ニューヨークの大金持ちでも、俺ほど自由じゃねえ」
映画の中でA・ナンバーワンはそう嘯いたが、チャーリー・ブラックモアの頼りになる相棒レヴィも、見かけは飄々としているが、きっとそんな気概に満ち溢れた男なのだろう。
本編のラストで、資本家たちとの戦いに浮浪者軍団を率いて雪崩れ込んできた彼の頼もしい姿に、心を震わせた者たちだって、きっと多かった筈だ。
200617003.jpg
『Stacking』の追加ダウンロードシナリオ、『The Lost Hobo King』は、チャーリー・ブラックモアがレヴィに連れられてやって来た浮浪者たちの王国で、失われた王冠を取り戻すために一肌脱ぐお話。
その規模は極めてささやかなもの。本編の一章分より、ややタイニーなスケールだ。
やることもあくまでも本編の延長。ぱかっ、ぱかっと他のマトリョーシカに乗り移りまくり、メインクエストをクリアしつつ、ユニークドールを収集し、ハイジャンクと呼ばれるサブクエストをついでにこなして行く。
200617005.jpg
だけどこれが相変わらず楽しい。本編がほどほどのボリュームだったってのもあるだろうけど、この舞台と登場マトリョーシカを取り替えただけの追加クエストは、本編をじっくりとやり込んだ後だって全く飽きが来ない。
それくらい、このいい大人たちのための、ジオラマの中でのマトリョーシカ人形ごっこは、全く色褪せないカラフルでユニークな遊び心に満ちているのだ。
この『The Lost Hobo King』、Xboxで購入するにはアレをアレしたりして手間がかかるが、Steam版は『Stacking』本体に最初からバンドルされているので、プレイするには間違いなくそっちのほうが手っ取り早いかも。

関連記事

この記事に含まれるtag : XBLA アドベンチャーゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2919.html

2020/06/17 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Stacking: The Lost Hobo King】マトリョーシカとホーボーの王国

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback