FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ゾンビ  

【Dead Rising】史上最悪のパパラッチ

   ↑  2020/04/06 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
dead rising xb1
勧告を無視して封鎖地帯に勝手に入り込むマスコミ関係者。
今の時代だったらSNSとかで「こいつは徹底的に吊し上げていい」マークをべたべた貼り付けているようなものだが、『デッドライジング』の主人公フランク・ウェストに限って言えば、14年前から充分アンモラルであった。
報道写真とメディア倫理の関係は「ハゲワシと少女」の遥か以前から存在し、ジャーナリストであれば一度は真剣に向き合わざるを得ない問題であるが、フランク・ウェストはおそらくそんなもの一願だにもしなかったであろう。
たとえ「ハゲワシと少女」の写真を目にしたとしても、奴が吐きそうな言葉は「なんでこいつはワシがガキに喰いつくまでシャッターを待てなかったんだい? ヌルいな!」程度であることは容易に想像がつく。
200406002.jpg
2のチャック・グリーン、3のニック・ラモス、後のシリーズ作の主人公たちの設定は基本的に小善人だ。そしてそれは作品そのものの薄味に繋がっている。
4においてフランク・ウェストは正規にナンバリングタイトルの主人公復活を果たすが、あのフランクはフランク・ウェストのパロディみたいな存在。やはりフランクは1作めのとことんゲスなパパラッチ野郎に尽きる。
200406003.jpg
『デッドライジング』は周回プレイを前提としたゲームデザイン。プレイヤーは必然的にゲームのイントロダクションに何度もつきあわされるハメになる。
しかしこのイントロダクションが、古今東西のあらゆるゲームのそれの中でも、傑出したものであることだけは間違いない。
ヘリコプターから映る下界の風景は、これから起こる狂気の乱痴気騒ぎなど微塵も感じさせない、アメリカのどこにでもあるような、どうでもいい田舎町の遠景だ。
そのヘリコプターに乗り合わせるのは、ゲーム史上最低最悪の座に輝く主人公フランク・ウェスト。
そしてフランクは、ヘリが町の中心部に侵入するや否や、その最低最悪ぶりを、早々と全開で披露することになる。
200406004.jpg
抵抗虚しくゾンビに八つ裂きにされる男性を激写しては「ナイス!」
爆発炎上するガソリンスタンドをフィルムに収めては「パーフェクト!」
ゾンビの群れに追い詰められた女性が建物の屋上から転落死する瞬間をパチリとやっては「ファンタスティック!」
ゲームのプロローグ部分が一種のチュートリアル的な意味を兼ねているのならば、ここでプレイヤーたちは、このゲームの真の目的が、いかに他人の悲劇を面白おかしく写真に捉えることであるかを教えられる。
そしてプロローグ部分が、ゲーム主人公の自己紹介パートであるのならば、フランクはその行動で己のことを雄弁にこう語っている。「オレ、フランク・ウェスト。史上最悪のパパラッチ。みんな、よろしくな!」
200406005.jpg
この良識のかけらもないイントロダクションがあるからこそ、プレイヤーは以後、ウィラメッテ・ショッピングモールというこの世の地獄の中で最も不要なものがモラルであることを、早々と理解することができるのだ。
ここで起こるあらゆる悲劇も、喜劇も、生も死も、フランク・ウェストという史上最低野郎の、カメラマンとしての欲求を満たすための餌でしかない。
愛する人を失った悲しみや、そして人の断末魔にさえ、フランクはカメラのレンズを向けて、そしてにこやかにこう大声を上げるのだ。「ナイス!」と。

関連記事

この記事に含まれるtag : ゾンビ 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2889.html

2020/04/06 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Dead Rising】史上最悪のパパラッチ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback