FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ストラテジー  

【三國志Ⅳ】第一次過渡期三國志

   ↑  2017/12/04 (月)  カテゴリー: 3DO
171204009.jpg
コーエー三國志。長きに渡る同社のドル箱で、ナンバリングタイトルは13を数える。
30年以上にも及ぶ歴史には、様々な変遷やユーザー層の入れ替わりもあった。
個人が思い入れを持つシリーズ作も、これまた様々だろうが、オレの場合は1994年に発売された『三國志Ⅳ』。
Ⅳが一番好きって言うと、たいていの場合「え、なんで?」と疑問が返ってくるのだが、しょうがねえだろ、3DOで出た三國志はこれ一本しかないんだから。
171204007.jpg
コーエー三國志はその長い歴史の中で過渡期を幾度も迎えているが、この『三國志Ⅳ』は第一次過渡期とも言える作品。
その過渡はゲーム内容だけに留まらない。これが出た1994年はコーエーにとって最大のお得意様となっていたコンシューマ市場が、大きな変遷を迎えようとしていた時期でもあった。
ゲームハードの過渡の影響もあって、『三國志Ⅳ』は旧世代機であるスーパーファミコンから、新世代機のサターンとプレイステーション。そしてその中間に位置する3DOと32Xにまでまたがってリリースされたのであった。
もちろん32X版も3DO版と同様、これが同ハードで出た唯一の三國志である。
171204001.jpg
その過渡におけるもう一つの産物が、恐らくROMカセット機との差異をつけようと思ったのか、実写ムービーの導入だ。
この要素は同時期に出た『信長の野望 覇王伝』や『ウイニングポスト』でも試みられていたが、『三國志Ⅳ』の場合はさすが中華大陸。スケールが違う。
オープニングムービーは長江に浮かぶ軍兵を満載した大船団。CGなんかではない。ガチ船にガチエキストラ。
それもそのはず。この映像の大元は中国の国営放送局が国家プロジェクトの扱いで制作した連続ドラマ「三国志演義」。
エキストラの数だけでも官渡における袁紹軍の動員を凌ぐ、世界の歴史ドラマ史上でも屈指の超大作。
171204004.jpg
それがどんな縁があってコーエーゲームに流用されることになったのかは知らないが、とにかくOPムービーに留まらず、ゲーム中の主要歴史イベントや、さらには飢饉や反乱、謀略などの小イベント時の小窓ムービーにまで細切れで登場(そのドラマに準じたわけではないだろうが、ゲーム中で諸葛亮の能力がチート化しちゃってるのは、ちょっとアレだが…)。
しかしそんなせっかくのサービスが、ユーザーに好意を持って迎えられたかというと逆で、その挿入によるテンポの悪さがむしろ鬱陶しがられ、実写へのアプローチはこの時期の作品だけで打ち止めとなるのであった。
171204008.jpg
もう一つ印象深かったのは副将システムの導入。
これによって武力に偏重した武将を知力系の武将で補うことが可能となり、筋肉バカに軍勢を任せるときのモヤッとした心持ちを、システム的にも気分的にも解消してくれることになった。
おい、沮授、沮授。文醜からぜったい目を離すなよ。あいつとにかくそそっかしいから。なんかあったときはむしろお前の方が頼りだからな。よし、曹操の首獲ってこい!

関連記事

この記事に含まれるtag : ストラテジー 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2713.html

2017/12/04 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


生頼画伯のパッケージ絵が胸熱。

中国やインドの大作は、エキストラも制作費も桁違い。歴史も人口も四大文明の頃からだから入れ込み方が凄い!ただ長すぎて途中で眠くなってしまいます。ヒゲの殿方ばかりで誰が誰やら。京都テレビで今秋から放映されている「武則天ザ・エンプレス」は絢爛豪華な衣装とアクセサリーを着けた美女の大群が目の保養になります。阿房宮もあんなだったのかしら?

奈良の亀母 |  2017/12/05 (火) 09:56 No.1367


90年代頃の中国の場合は、エキストラのギャラがとことん安そうで、もうさらなる人海戦術が。
三國志や項劉あたりから外れると、とたんに登場人物の認知が追いつかなりますね。
向こうでも「井伊って誰だよ!」とか言ってるのかな?

与一 |  2017/12/06 (水) 18:55 No.1369

コメント:を投稿する 記事: 【三國志Ⅳ】第一次過渡期三國志

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback