fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
実写ゲーム  おとなの時間  

【バーチャルカメラマン Part1 沢田奈緒美&樹里あんな】

   ↑  2010/12/19 (日)  カテゴリー: 3DO
101219002.jpg
'90年代疑似カメラマンゲームの代表作と言えば、最初に上がってくるタイトルは、やはりこのバーチャルカメラマンシリーズでしょう。
まずレーザーアクティブにてPart1とPart2の2作がリリースされ、その直後に3DO版が、レーザーアクティブ版を分割する形で全5作が登場しました。
制作したのはトランスペガサスリミテッドという、この頃、PCやマルティメディアプレイヤー向けに、ソフトエロ系のコンテンツを多く供給していた会社。
3DO版の発売元となったのは、STGメーカーとして知られたナグザット。ピンクナグザットというエロ~ギャルゲー用のブランドでの発売です。
101219003.jpg
このPart1に登場するのは、沢田奈緒美と樹里あんなの2人。
沢田奈緒美はグラビアなどを中心に活躍したヌード系モデル。樹里あんなは、ジュリアナをもじったその名前通り、イケイケ風のイメージを売りにしたセクシー女優です。
このゲーム中でも、そのジュリアナ系ファッションを披露していますが、何とも言えない懐かしさがこみ上げてきますね。
こんな服を纏った姉ちゃんたちが、そこら中を平気で歩いている。そんな素晴らしい時代が、この日本にもありました。
101219004.jpg
街中でこの2人に声を掛けて、言葉巧みに誑かし、最後は全裸写真をばっちり戴くという流れは、このシリーズに最後まで共通したパターンですが、一方で、根拠が不明瞭な写真の成否判定や、最初のステージでは写ルンですを手に(一枚撮影するごとに、十字キーの左右を連打して、自分でフィルムを巻き上げなければならない)撮影に挑まされるなど、理不尽な難しさも、これまたシリーズ共通のもの。
アドベンチャーパートでのセリフ選択の失敗時や、写真のデキが悪くてステージ規定のポイントをクリアできなかったときなどは、女の子にかなりきついことを言われたりしますが、ここで「このアマ、調子に乗ってんじゃねえ!」などと腹を立ててはいけません。
101219006.jpg
いかに美辞麗句を並べて女の子をくどき立てていようと、このカメラマンの言いたいことを要約すれば「おい、姉ちゃん。さっさと裸撮らせろ」
そんな性根が嫌が応にも見え隠れするエロカメラマン。この程度のきつい言葉で済ませてくれて、むしろありがたく感じなくてはなりません。
101219005.jpg
まぁパパラッチやナンパエロカメラマンに限らず、基本的にカメラマンという人間の性は悪なもの。
燃えてる家があればレンズを向け、溺れている人が居ればファインダーに収める人種です。
これは職業としてのカメラマンに留まらず、カメラを手にする人間全てに言えること。
例えどんな善良そうな人々の集まりでも、その人たちが一斉にカメラ携帯を構えれば、それは一瞬のうちに浅ましい集団に生まれ変わってしまうのです。
101219007.jpg
ひとたびファインダー越しに何かを覗けば、たちまち理不尽な暴君と化す。まさに「カメラマンの性、悪なり!」
このゲームのアドベンチャーパートの会話から垣間見える、その性根の卑しさは、もはやバーチャルの域に留まるものではありません。
そんな生々しさが、そこはかとなしに漂うこのバーチャルカメラマン。まさに'90年代疑似カメラマンゲームを代表するに相応しい一品と言えるでしょう。

関連記事

この記事に含まれるtag : 実写ゲーム おとなの時間 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-214.html

2010/12/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【バーチャルカメラマン Part1 沢田奈緒美&樹里あんな】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback