fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

【Gex 3: Deep Cover Gecko】ゲックスのその後

   ↑  2013/06/20 (木)  カテゴリー: PS1
13062008.jpg
高評価を受け、3DOの事実上のセカンドパーティであったクリスタルダイナミクス社を代表する看板キャラクターに、たちまちのうちに上りつめたヤモリのゲックス。
3DO亡き後もゲックスの快進撃は続き、シリーズ第2作の『Gex: Enter the Gecko』では早々と『マリオ64』風の3Dアクションゲームに、その装いを変える。
しかしこの『Gex: Enter the Gecko』。日本では『スピンテイル』などという、ゲックスシリーズであることをまったく顧みられない邦題がつけられ、しかもゲックスのキャラクターボイスを担当するのが、あのせんだみつおと、もはや陵辱行為に近いような、さんざんな扱いを受けたのであった。
13062002.jpg
それを考えると、ゲックスシリーズの最終作となった、この『Gex 3: Deep Cover Gecko』が、日本で発売されなかったのは、ある意味幸いなことだったのかもしれない。
2Dアクションから3Dアクションへとドラスティックな変化を遂げた『Gex: Enter the Gecko』に対して、この第3作がどんな刷新されたアイデアや進化を盛り込んでくるかが大いに注目されたが、いざ蓋を開けてみると、その新要素は「プレイメイトのマリエース・アンドラダを実写で登場させる」という、誰もが予想もつかないモノだったのだ。
13062006.jpg
基本的なシステムは前作とまったく一緒。囚われのマリエース・アンドラダを救うために、ゲックスが戦場や海賊、西部劇と、バラエティに富んだメディアワールドを駆け巡る。
今回のゲックスは、馬にも乗ればスノボだって操れる。しまいには戦車まで駆ってしまうと、もはやヤモリである必然性がどこにもないような、八面六臂の大活躍。
前作ではイマイチぎこちなかった3Dアクションへの移行が、今回はだいぶ洗練されていて、アクションゲームとして申し分のない内容に仕上がっている。しかし何故にマリエース・アンドラダ……。
ゲックスシリーズは、この『Gex 3: Deep Cover Gecko』で打ち止めになってしまい、クリスタルダイナミクスもアイドスに吸収されてしまうが(と言うことは、今はスクエニの傘下? げげっ!)、2001年に発売された初代XBOXの『マッドダッシュレーシング』では、ゲックスがさり気なく隠れキャラクターで登場し、ゲックスとクリスタルダイナミクスのファンを束の間喜ばせるのであった。

<北米版 / 日本のPS本体では動作しません>


関連記事

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1861.html

2013/06/20 | Comment (4) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


No title

軽口を叩くキャラクターは復活が困難なんて言われましたが、Accolade社のバブジーがれリメイクされてるんで、ゲックスもそろそろ発売されてもいいと思うんですけどねえ。

名無し |  2021/09/10 (金) 17:02 No.1531


JuJuとかいにしえのプラットフォームアクションのリメイクやリマスターがかなり盛んになってますけど、そういえばGEXは不思議とそんな気配まったくないですよね。

管理人 |  2021/09/15 (水) 12:03 No.1532


No title

いつの間にやらクラシック三部作のリマスターが発売されますね。スウェーデンの企業の買収後にも関わらず、権利元がスクエア・エニックスなのが意外でしたね。

名無し |  2024/02/11 (日) 12:06 [ 編集 ] No.1600


なんか「美味しいところだけつまめればいいや」って感じに置いていかれちゃいましたねw

管理人 |  2024/02/15 (木) 19:10 No.1601

コメント:を投稿する 記事: 【Gex 3: Deep Cover Gecko】ゲックスのその後

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback