fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
アドベンチャーゲーム  

【季節を抱きしめて】満開の桜の下

   ↑  2013/03/19 (火)  カテゴリー: PS1
13031912.jpg
今日の東京はまるで初夏のような暖かさで、都心部ではもう桜の開花が観測され、週末は例年より早く満開となりそうな勢いですけど、まあおかしな人が増えるのと合わせて、いよいよ春も盛りですなあ。
初代プレイステーションで鳴り物入りに登場した"やるドラ"シリーズは、春夏秋冬それぞれの季節の花をモチーフとした四部作ですが、その春の部の主役となるのは、もちろん桜。
大学構内にある名物の桜の下で気を失っていた、"やるドラ"シリーズ恒例、記憶喪失の女の子に、主人公が余計なおせっかいをかけることから始まる物語です。
130319003.jpg
"やるドラ"は、「見るドラマではなく、やるドラマ」を標榜した、フルアニメーションのインタラクティブドラマですが、それゆえに物語はプレイヤーにとって他人事で、主人公にはおよそ感情移入しづらいという、構造的なウィークポイントを抱え込んでいます。
ましてやこの『季節を抱きしめて』のストーリーは、要約すれば「彼女っぽい存在が居るリア充大学生が、別の女の子と出会って両天秤かける」という、これっぽっちも共感できないものなので、その他人事っぷりもひとしお。
130319002.jpg
桜の木の下で拾って、「心配で放っておけない」なんて建前のもとに、記憶喪失の女の子にあれこれと世話を焼いて、しまいには自分の下宿に引っ張り込んで一つ屋根の下で暮らす始末。
そうやってプレイヤーの意志や意向なんかお構いなしに、勝手に既成事実を次々と作り上げるくせして、いざ彼女にその現場を押さえられて三角関係の修羅場となった途端、いきなり判断の選択をプレイヤーに丸投げしてくるのだから、タチが悪いったらありゃしません。なんでお前らの三角関係を、こっちが収拾つけなきゃなんねえんだよ!
130319001.jpg
「え、そんなんでいいの!?」と、やってるこっちの方が気まずくなってしまうようなオチも含めて、「"やるドラ"四部作中、もっともアレ」な評判の高い、この『季節を抱きしめて』ですが、満開桜、夜桜、散る桜と、全編に渡ってゲップが出るくらい桜が大フィーチャーされていますので、頭の中まで春真っ盛りな学生の痴話ゲンカを面倒見るのは、花見のついでの義務だと割り切るのが正解な、季節の旬もののゲームです。

関連記事

この記事に含まれるtag : アドベンチャーゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1787.html

2013/03/19 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


シナリオはともかく、三石琴乃さんの泣きの芝居がすごかった記憶があります。

ヤクモ |  2013/03/20 (水) 16:50 [ 編集 ] No.398


アレ、ストーカー一歩手前で凄いですねw 三石さんのおかげで修羅場もより一層のっぴきならない騒ぎになってましたね。

与一 |  2013/03/21 (木) 13:13 No.400

コメント:を投稿する 記事: 【季節を抱きしめて】満開の桜の下

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback