fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ギャルゲー  

【後夜祭】PS学園祭ゲームのダメな方

   ↑  2012/11/07 (水)  カテゴリー: PS1
121107001.jpg
高校最後の学園祭。メガネっ子のクラス委員長だけは、何故か熱が入っているが、主人公はと言えば、クラスの他の連中と同様に、あんまり乗り気じゃない。
しかし同じクラスの幼馴染みに、強引に実行委員長に推されてしまったから、大して感心ないなんて言ってられなくなった。
主人公に手を貸してくれるのは、クラス委員長に幼馴染み、そしてクラスのヒロイン。さらにイケメン&がさつの野郎キャラ二人。この少数精鋭で、クラスの催し物を何とか成功に導かなければならない。
121107002.jpg
受験やらなんやら、何かと忙しい高校三年生。
それでも協力してくれそうな人材は居ないかと、さらに探してみれば、集まったのは、共同作業とはおよそ縁の無さそうな奔放タイプに、居るんだか居ないんだか分からないような無口で根暗な子。そして一匹狼の野郎。
性格も行動哲学もてんでばらばらな、闇鍋みたいなこの面子で、なんとか本番までに準備を間に合わせることができるのか。と言うか、そもそも力を合わせることができるのか。男女九人学祭物語の始まり始まり。
121107003.jpg
『星の丘学園物語 学園祭』と並ぶ、初代プレイステーションもう一つの学祭ゲーム、『後夜祭』。
その最大の売りは、何と言っても美樹本晴彦のキャラクターデザイン。
この一番のセールスポイントを、さらにアピールするためか、このゲームはとにかくキャラクターのバストアップ絵が、デカいったらデカい。
そして、結構地味なメンバーだった『星の丘学園物語 学園祭』と違って、こちらは声優陣も豪華。
坂本真綾に川澄綾子、女性陣以上に何故か力が入ってるのが、ミキシン、置鮎、森久保祥太郎と並んだ、野郎勢のャスティングだ。
121107005.jpg
そこだけ見ると、『星の丘学園物語 学園祭』よりも、はるかにリッチなゲームに思える『後夜祭』だが、見栄えは良いが中身はてんでダメなんてタイプは、現実の人間にもよく居たりする(もっとも見た目がすべてを物語ってる例の方が、遥かに多かったりするのだが)。
プレイヤーがダイレクトに関われるのは、作業で自分がどこを担当するのかと、昼休みや放課後に誰と会話するのかを選ぶくらい。あとはほぼオート同然で進行して、正味二時間程度でエンディングを迎える、淡泊と呼ぶにもあんまりすぎる薄味ぶりの前には、学園祭気分が盛り上がるどころの話じゃないのであった。
121107004.jpg
学園祭ゲームという括りの中では、『星の丘学園物語 学園祭』と比べて、見た目を除いては、すべてが見劣りするゲームだが、後にサクセスのSuperLite 1500シリーズとして再発されたり、今ではゲームアーカイブスのラインナップに加わっているなど、『学園祭』と比べて格段に入手しやすいことも、この『後夜祭』の取り柄と言っちゃあ取り柄なんだろうか。

関連記事

この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1683.html

2012/11/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【後夜祭】PS学園祭ゲームのダメな方

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback