fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
おとなの時間  

DVD【コントローラーは母に効く】

   ↑  2012/11/04 (日)  カテゴリー: 映画・DVD
12110418.jpg
(パッケージ写真、こちらでモザイクをかけました)
サブタイトルは、「母と息子と教師と呪われしコントローラー」。どっかで聞いたことのあるような響きかもしれないが、たぶん気のせいだ。
年がら年中ゲームばっかやってる、他人とは思えないボンクラな馬鹿息子と、それにうんざりしている母親。だが、そのどこにでもありがちな家庭の一風景は、馬鹿息子がネットオークションで購入したゲーム機用コントローラーのおかげで一変するのであった。
どっからどう見てもPS系のワイヤレスコントローラーを、さっそく試そうとする息子。しかし、どのボタンを押そうが、スティックを動かそうが、ウンともスンとも反応しないではないか。
12110413.jpg
「くそー、不良品掴まされた。これだからネットオークションは」
そう吐き捨てて、コントローラーを憎々しげに弄り回していると、様子が何やらおかしいことに気がついた。向こうの方で洗濯物を干している母親が、何とも奇っ怪な動作をしているではないか。
試しに×ボタンを連打してみると、母親が自分の胸を揉みし抱きだす。左右スティックを上下交互に動かしてみると、自らスカートの裾をばっさばっさとたくし上げ始める。
「お、おかしいわね。疲れてるのかしら?」
そういう問題じゃないと思いますよ、お母さん。
そう、このコントローラーは、ゲーム機ではなく、何故か母親と同期してしまったのです!
12110415.jpg
さあ、そうと分かったからには、息子のしょうもないイタズラの数々が始まります。
甲斐甲斐しく廊下を掃除する母親に、大開脚とか、犬の放尿スタイルなど、アクロバチックな姿勢で雑巾掛けをさせる。
ご近所さんが回覧板を届けに来れば、応対に出た母に気づかれないように、陰で左右スティックをがちゃがちゃ。
町内会の連絡事項なんて、真面目な話をしている最中に、突然スカートをばっさばっさたくし上げ始める母親。
12110416.jpg
「それでですね、ゴミ出しの方も、最近町内会長がとみにうるさくなってきてですね……、あ、あの、お、奥さん? ど、どうしました?」
「あ、あら? なんか、ちょっと最近疲れてるみたいで……」
「そ、そうですか……」
例え疲れていても、そんな行動に出る人は、そうそう居ないと思いますよ、お母さん!
この玄関先での来客応対パートは、このビデオでの事実上のクライマックスです。
12110414.jpg
そしてやって来たのは家庭訪問の日。
居間のソファーで息子の素行や進路について、真剣に話し合う母と教師ですが、馬鹿息子が下手なゲームよりも面白いイベントを見逃すはずがありません。二人に隠れて密かに×ボタン連打。
「それと息子さんの普段の素行についてなんですけ……、ちょ、ちょっと、お母さん!?」
「あ、あれ? お、おかしいですわね」
「あの、よろしければ日を改めましょうか?」
「あの、いや、大丈夫です(ばっさばっさ)。あ、あらららら?」
12110417.jpg
調子に乗った息子がさらに引っ張り出してきたのは2コン。シンクロボタンをポチッと押せば、こちらは教師の方に同期です。
「ええと、普段の息子さんの様子なんですけども(がばぁっ!)。……あ、いや、申し訳ございません。あの私、そういうつもりじゃないんですけども!」
「あ、いや、私もなんか変なんです!」
冴え渡る息子のコントローラー捌き!
教師役を務めるのは、AV男優界随一の芸達者、阿部智広さん。「時間を止まれ!!」シリーズを始めとするネタ系AVに於いては、この人の安定感は抜きんでたものがありますね。
「↑↑↓↓→←→←BA、禁断のコマンドで母の茂みの奥の隠しダンジョンへの扉が開く」
実にしょうもないコピーも踊る、熟女系メーカー、タカラ映像が唐突に放った、PSコントローラーの思わぬ汎用性を世に知らしめる一作です。

<アダルト作品>

関連記事

この記事に含まれるtag : おとなの時間 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1681.html

2012/11/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: DVD【コントローラーは母に効く】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback