fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
シネマゲーム  FPS  

【007 ナイトファイア】お姉ちゃんはボンドガール

   ↑  2012/11/03 (土)  カテゴリー: PS2
12110301.jpg
その卓越したスパイスキルで敵を片っ端から薙ぎ倒し、粛々と任務を遂行する。
007ゲームは、やはりそういったボンドのスーパースパイぶりを疑似体験できるようなものであって欲しいのですが、しかしボンドには、優秀なスパイエージェントの他に、もう一つ"世界一のモテ男"という側面もあったりします。
ゲームオリジナルの007シリーズにも、やはりそっち方面への配慮を欠かさないで欲しいところなのですが、こと『007 ブラッドストーン』は、そっちの色恋沙汰方面には、ちょっと及び腰だったりします(ぶっちゃけ『ブラッドストーン』のボンドガールは、あんまりありがたくない)。
12110312.jpg
そっち方面が旺盛な作品と言えば、EA007ゲーム三部作の一つ、『007 ナイトファイア』。
表向きは世界的な環境企業の顔を持ち、その裏では邪悪な世界破壊の陰謀を企むカリスマビジネスマン、ラファエル・ドレイクに、ピアース・ブロスナン演じる我らがボンドが立ち向かう、ゲームオリジナルストーリー。
ただでさえお気楽極楽度が高めなブロスナンのボンド。その上CGモデリングされたブロスナンが本物よりも微妙に緩い顔つきになっていますから、にやけたスケベ度も実写より若干アップしちゃっています。
12110311.jpg
そんなフェロモンを過剰に振りまくボンドですから、序盤の古城で開かれているパーティーに潜入したときから早くもモテモテ度全開。
パーティーに出席している着飾ったご婦人たちが、近くを歩くだけでこちらに色目を使ってくるではありませんか。
もっとも、このパーティー会場に辿り着くまでの間に、前世代的なコンシューマFPSのごちゃごちゃしたキーアサインが災いして、武器を取り替えるつもりが誤って目の前の壁にグレネードを投げてしまったり(当然こちらに向かって跳ね返ってきました)、敵に包囲されている中、何故か電気シェーバーを片手にうろうろしてしまったり(何かの秘密ガジェットなんでしょうが、使い方をQに聞いてくるのを忘れました)と、ジェームズ・ボンドと言うよりは、むしろジョニー・イングリッシュ一歩手前なアホ丸出しの真似をさんざんしてきたんですけどね。
それでも女性の前に出れば、そんなことそ知らぬ顔で取り繕ってカッコつけるブロスナン・ボンド、さすがです。
12110317.jpg
日本ステージの、お屋敷ソープみたいな建物で、人質となっている泡姫を助ければ、「助けていただいてありがとうございます、素敵な人。いやーん、抱いて。ちゅっちゅっ」
もう一事が万事こんな調子ですから、登場する主要ボンドガールの数も映画や他のゲームに比べて多め。
フランス諜報部員のドミニク(パッケージに抜擢されているキャラ)に、CIAエージェントのゾーイ、オーストラリアの特殊機関員アウラに、敵方の一員としてボンドをさんざん酷い目に遭わす、マーシャルアーツの達人マキコ(こいつに鼻の下を伸ばして、お約束で酷い目に遭いました)。
12110316.jpg
日本版でマキコの声を担当しているのが小池栄子。そのため「小池栄子がボンドガールに!」なんてプロモーションが為されていましたが、私個人としてはドミニクの声を担当しているのが井上喜久子であることに注目したいです。
小池栄子をボンドガールと呼ぶのならば、お姉ちゃんだってボンドガールです。
井上喜久子はボンドガール。大事なことなので二度言いました。
そして中盤では、井上喜久子と小池栄子の、夢のキャットファイトも実現。私がピアース・ブロスナンの立場であったら、「お姉ちゃん、そんな奴に負けるな!」と、ボンドの本分を忘れて思い切り声を張り上げているところですね。
12110321.jpg
車のキー型スタンガンや、腕時計型レーザー、ライター型マイクロカメラといった、Qお手製のスパイガジェットは、主にサブオブジェクトの達成に使用します。
配電盤をショートさせたり、金庫を焼き切ったりといった、これらのサブオブジェクトは、達成するもしないも任意のものが多いのですが、これをしっかりクリアしておけば、クリアポイントに大きなボーナスが入ります。
このクリアポイント次第で、エクストラや、マルチプレイ用のキャラクターがアンロックされるので、ここは寄り道してでも達成しておきたいところ。
12110314.jpg
ちなみにマルチプレイで使用できるキャラは、キャンペーンに登場するメンバーに加えて、ゴールドフィンガー、レナード、スカラマンガ、オッドジョブ、ニックナック、ジョーズ、サメディ、マックス・ゾリン、メイデイ、プシー・ガロア、エレクトラ、ウェイ・リン、ゼニア・オナトップと、悪役やボンドガールをひっくるめた、歴代ボンド映画のオールスターとなっています。

関連記事

この記事に含まれるtag : シネマゲーム FPS 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1680.html

2012/11/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【007 ナイトファイア】お姉ちゃんはボンドガール

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback