fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
乙女  ミステリ  アドベンチャーゲーム  

【暗闇の果てで君を待つ】母性を育むサスペンスADV

   ↑  2012/10/09 (火)  カテゴリー: ニンテンドーDS
121009001.jpg
イケメンたちに囲まれた紅一点という、これ以上は無いポジションで、林間合宿帰りのバスの中。
しかしバスは事故に遭遇し、気づいてみれば、見知らぬ廃校に閉じ込められているではないか。
そして流れる不気味な校内アナウンスは、イケメンたち一人一人を七つの大罪になぞらえ殺害予告。
さらに罪作りなことに、一行の中に一人内通者が居ると余計なカミングアウト。疑心暗鬼に駆られ、とたんにぎくしゃくしだすイケメンたちの仲。
121009005.jpg
そんなのっぴきならないシチュエーションで、ただ一人か弱い女性であるこちらの立場と言えば、イケメンたちからは「お前が内通者ってことはないだろ」と、あっさり信頼を勝ち取り、不気味な殺害予告者からは、「あんたはうっかり紛れ込んで来ちゃった、予定外の人間だからねえ……」と困惑される。
あれ? あたし、この緊迫した状況の中では、もしかして一番お気楽な立場なワケ?
121009003.jpg
そして始まるのは、『慟哭 そして…』タイプの監禁型探索アドベンチャー。
マップを巡っては各部屋を探索し、アイテムなどを手に入れて新たな場所を切り拓く。
もちろんこの危険な状況下で女性の一人歩きなんか許してくれるわけはないから、大手を振るって任意のイケメンに同行だ。
みんな一様に主人公には優しいが、しかし二人きりで行動をしてくると次第に露わになってくるのが、イケメンたちそれぞれの、弱みやコンプレックス、心の葛藤など。
どうしよう! イントロダクションでは、どいつもこいつも自信満々で頼りがいがあるように見えていたけど、緊迫な事態下に置かれて、実は揃いも揃ってまったくアテにならない奴らでした!
121009006.jpg
こうなりゃあたしが一人で頑張るしかない! アイテム探索に謎解きにと八面六臂の主人公。
まあこの手の脱出型アドベンチャーってのは、プレイヤーキャラが能動的に働かないと話がちっとも進まないので、ゲーム中、最も頼れる奴=紅一点の主人公となってしまうのは、構造的に仕方の無い部分もあります。
主人公も、その辺りのことはきちんとわきまえていて、「このアイテムを使ってみたらいいんじゃないかな?」などと、いちいち男どもを立てる気遣いを忘れません。
121009004.jpg
イケメンたちの中で最もギャップが激しいのは、パッケージでは一番目立つ場所に位置している生徒会長。
プロローグでは、一ミリも隙のないリーダーシップ振りを発揮して、このメンバーでは最も頼れそうな奴を印象づけている会長ですが、いざ廃校に舞台が移ると、この人は「こいつが居ると話がややこしくなるから、どっかに閉じ込めとこうぜ!」なんて提案が出てしまうくらい、とんだお荷物のへたれ野郎に変貌してしまうのです。
そんな役立たずのぼんぼんに付き従い、謎解きは全部請け負うわ、命まで救ってやるわ、ついでに心のケアまでしてやるわと、甲斐甲斐しく立ち回る主人公。
思わず「あたしはお前の母ちゃんか!」なんて叫びがでてきちゃいそうな生徒会長ルート。一番オススメのシナリオです。
121009008.jpg
それぞれのシナリオでは、事件や人間関係が各々の側面からしか語られないので、自然と全キャラの攻略を積極的に目指してしまうでしょう。
攻略順は好み次第ですが、一種のトゥルーシナリオとても言うべき、高坂先生ルートはメインディッシュに取っておくのが良いかもしれません。
物語の終盤では、主人公の行動次第で、イケメンたちが次々と惨たらしい死を迎えるブルータルな展開もあり。
その果てにあるのは、吊り橋効果により育んだ、砂糖菓子よりも甘い甘いハッピーエンディング。
サスペンスADVとの合体が、ほのかな緊張感と、リズミカルなテンポの良さを生み出した、ニンテンドーDSきっての乙女ゲーム秀作です。

関連記事

この記事に含まれるtag : 乙女 ミステリ アドベンチャーゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1661.html

2012/10/09 | Comment (2) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


八面六臂どころか。

乙女ゲーのヒロインときた日にゃあ、お前モサドで
訓練受けたやろ!とつっこみたくなる猛者揃い。
メイドものなら労働基準法もブッチして24時間365日
働くし。頭脳、身体能力ともにヒロイン補正ばっちり。
どこが、か弱い平凡な女の子じゃあ!

奈良の亀母 |  2013/07/10 (水) 13:10 No.517


コール・オブ・デューティの主人公も真っ青なタフガイぶりを、さんざん見せつけてくれたにも拘わらず、エンディング近辺になると、ちゃっかりと普通の女の子ヅラするんだから、ホントいい根性してますよねw

与一 |  2013/07/11 (木) 17:13 No.521

コメント:を投稿する 記事: 【暗闇の果てで君を待つ】母性を育むサスペンスADV

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)