fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ミッドウェイ  ガンシューティング  

【レボリューションX】エアロスミスを救い出せ

   ↑  2011/11/28 (月)  カテゴリー: セガサターン
11112817.jpg
V-pickとブリヂストンV-QB2.6を手にしたオレとエアロスミスとの夢の共演から月日は流れ、いつの間にか世界は全体主義の怖ろしい魔の手に包まれようとしていた。
退廃的な文化を排除した秩序ある新社会の構築を謳うニューオーダーという組織が、堕落した政府やグローバル企業と結託して、世界を支配しようとしているのだ。
ニューオーダーと言っても、最近ピーター・フックを除け者にして再結成した、あの人たちではない。
ヘルガと名乗る皮のボンデージルックに身を包んだ怖ろしい女が統治する組織だ。誰だ! そこで俺もその組織に入って厳しくこき使われたいとか言ってる奴は! まぁ気持ちは分からなくもないが。
11112811.jpg
ポピュラーミュージックに、エクストリームスポーツに、ビデオゲーム。ありとあらゆる若者文化をすべてを抑圧せんとするニューオーダーは、いよいよその世界支配計画の最終段階に入ろうとしていた。
それは自由な若者文化のシンボルであるエアロスミスのメンバーをまとめて誘拐して、ニューオーダーに反抗的な心を持つ若者たちに心理的ダメージを与えようという、世界中が恐慌に陥ること間違い無しの怖ろしい計画だ。
でもそんな不埒な真似、エアロとの共演経験を持つこのオレが見過ごすわけが無い。
幸いオレの手元には、こんな時もあろうかと密かに開発していた音速急襲兵器″自動装填CDマルチランチャー″がある。
これは通常のマシンガンに、音楽CDをグレネード代わりに射出するランチャーを組み合わせた、この世に二つと無い兵器。すなわち、音楽がオレの武器だ!
なんか勢いでモノを言っているようにも聞こえるだろうが、マニュアルにそう書いてあるんだから仕方ねえだろ!
11112810.jpg
エアロがL.A.のクラブでギグを開催しているという情報を聞きつけ、彼らに危急を告げようとそこに向かうオレの前に立ち塞がるのは、人民解放軍も真っ青の人海戦術を繰り出すニューオーダー軍。
我々はいわゆるアーケードガンシューというものは、セガのバーチャコップに代表されるように敵が緩急のある練られたパターンで登場してくるのが常識だとついつい思いがちだが、このニューオーダー軍の攻撃を目の当たりにすると、それが島国日本の中でしか通用しないガンシューの常識であることを思い知らされる。
とにかく始まりから終わりまで、ただ闇雲にぞろぞろぞろぞろわらわらわらわらと、途切れる事無く出現するニューオーダー軍たち。『ガントレット』を作った国を甘く見ていたぜ。
しかしオレには音速急襲兵器″自動装填CDマルチランチャー″がある。このブックオフ不良在庫CDの山をくらえ!
……所詮はただの音楽CDだったようです。ちっともグレネードとしての役割を果たしていません、花火以下でした!
11112812.jpg
画面を埋め尽くさんばかりの勢いで迫るニューオーダー軍を切り抜け、なんとかクラブの中に入ると、そこではエアロスミスの面々が演奏中。
おおい!スティーブン、ジョー、久しぶりぃ!オレだよオレ、覚えてる? なんて挨拶する間もなくクラブの中でも襲い掛かってくるニューオーダー軍。そして奮闘虚しくオレの眼前で拉致されていくエアロスミスの面々。
おのれニューオーダーめ、さんざん世話になったエアロスミスになんて事を。こうなったら何としてでもエアロのメンバーを救出して、ロンドンのウェンブリースタジアムで開催予定の記念コンサートを敢行させなければ……って、コンサートの心配してる場合かよ、エアロスミス!
11112814.jpg
こうしてオレはエアロスミスの姿を求めて、アマゾンの密林で、中東の砂漠で、尋常じゃない数のニューオーダー軍や、硬いというレベルを超えたボス敵と、頼りになるんだかなんないんだかさっぱり不明な音速急襲兵器自動装填CDマルチランチャー1丁で戦うハメになるのであった。このブックオフで100円で買った"センチメンタルグラフティ/永倉えみるシングルCD"をくらえりゅん!
………本来ならSTGにおけるボム的な存在のはずなのに、しょせんはただの音楽CDだったようです。ちっともグレネードとしての役割を果たしていません、花火以下でした。こんなおもちゃでいったいどうしろと!?
11112815.jpg
この常識外れの難易度に加え(オリジナルはミッドウェイ制作のアーケードゲーム。3人ぐらいが一斉に「ひゃっほー!」とトリガーハッピーして、辛うじて何とかなるバランスなのだ)、ステージの分岐も半端ではなく、エアロのメンバーはそれぞれとんでもない条件で出現する隠しステージに囚われているようなのだ。
まさに貴方のエアロ愛が試されるゲームと言えるだろう。エアロ愛さえあれば、全メンバー救出も夢ではない筈だ!
え、オレ? そんな昔ちょっと共演しただけの連中にそこまでする義理があるか!

関連記事

この記事に含まれるtag : ミッドウェイ ガンシューティング 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1387.html

2011/11/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【レボリューションX】エアロスミスを救い出せ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback