fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 ( ← 2024-02- → )

【Close to the Sun】クローズ・トゥ・ザ・サン

   ↑  2024/02/04 (日)  カテゴリー: XBOX
240204005.jpg
セルビア出身の科学者にして発明家ニコラ・テスラ。
かのエジソンの影に隠れてだいぶ割りを食わされてきたが、近年ではその業績が正当に評価されるようになってきた。
むしろこの人の不幸は実業家肌で陽のエジソンとの対比によって異端の科学者的なイメージを後世の人々に勝手に植え付けられたことではないだろうか。
240204001.png
現にフィクション作品に登場するテスラは、だいたいがマッドサイエンティスト一歩手前の扱いばかり。
そこまで行ってなくともせいぜい「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクみたいな役割がほとんどである。まあドクも充分マッドサイエンティスト扱いのような気もするが。
そして太陽に近づきすぎて死んだイカロスの神話にちなむタイトルがつけられた、この『Close to the Sun』におけるニコラ・テスラの役どころも同様だ。
240204002.png
公海に浮かぶ巨大船ヘリオス号。
そこはニコラ・テスラが全世界から優秀な科学者を招集したサイエンスユートピア。
妹の招きに応じて同船を訪れた主人公ローズの前に広がるのは、テスラの発明品に彫刻、肖像画。船内どこに行ってもテスラテスラの夢のテスラランド。ただし他に転がるのは死体ばっか!
240204004.png
得体のしれない研究に、それを狙って送り込まれたエジソンのスパイを饗す拷問室などなど、ここでもマッドサインティスト扱い甚だしいニコラさん。
そんなニコラ・テスラの手のひらの中、妹の姿を探して右往左往するローズ。
だけど身に危険の迫るアクション要素は敵から逃げたり放電を回避したり程度のごく一部に留まり、のっぴきならない密閉空間でのサバイバル感はかなり薄めだ。
240204003.png
探索が行動のメインとなり、手に入れた文書やなんやから物語の全容が明らかになるタイプのアドベンチャーゲームなのだが、その肝心な探索やバックグラウンドストーリーにあまり魅力を感じられないのが致命的。
正体の知れない相手からの無線にナビゲートされる展開も『Bioshock』のものまね感は免れないし、一言で言えば凡庸なADVなのだけど、そこに一点だけ個性を与えるのはやはりマッドサイエンティスト扱いなニコラ・テスラの存在なのであった。

この記事に含まれるtag : アドベンチャーゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3183.html

2024/02/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Far Cry 6】ファークライ6

   ↑  2024/02/08 (木)  カテゴリー: XBOX
240208001.jpg
出自はCrytekの野心的なFPSだったのが、いつの間にやら天下のUBIのドル箱となっていた『Far Cry』シリーズ。
いまやアサシンクリードと並んでUBIを支える屋台骨IPだが、時代や文化を大きく変えることによって作品毎に新鮮味を打ち出せるアサクリに対して、ナンバリングシリーズは基本的に現代が舞台となるFar Cryは、どうしてもマンネリに陥ってしまう。
Far Cry® 6-2024_01_28-07_45_42
『Far Cry 3』から常にパッケージを飾っている敵方ボスのキャラクター的な魅力は、そんなマンネリ感に対抗するセールスポイントであったが、それも4のパガン・ミンが頂点を極めた以降は下り坂の印象が否めない。
前作『Far Cry 5』はシリーズ屈指の陰々滅々としたお話で、それもシリーズのルーチン化に抗うあがきみたいなものを感じたのだけど、その反動なのか『Far Cry 6』はシリーズ屈指の脳天気な内容。
Far Cry® 6-2024_01_23-21_01_30
本作の主人公ダニーには、過去作のような殺人マシン化することへの葛藤も、肉親を巡っての愛憎も、ドラッグへの逃避もなんもなし。
亡命に失敗→頼ったゲリラに逆に頼られる→よし、いっちょ頑張るか!でゲリラの重鎮ポジションにたちまちのうちに収まるお手軽ヒーローだ。
血も涙もない独裁政権を倒す闘争というありきたりなストーリー(『Far Cry 4』もやはり小国の独裁者が相手だったが、あれはこんな単純な話ではなかった)も相まって、心躍らないことこの上ない。
Far Cry® 6-2024_01_21-17_02_57
人間狩り要素はシリーズの密かな伝統だったりするが、それも6ではトーンダウン。
敵に合わせて銃弾をチョイスするシステムはただ煩雑さを増しているだけでなく、最適化によってひたすらなゴリ押しを可能とする弊害もある。
遠目に敵をマーキングして弓やサイレンサー付き拳銃を中心に挑む重要拠点攻略は過去作においては非常に楽しいものだったけど、本作ではそれもタクティカルさが半減してやり甲斐が萎えることおびただしい。
Far Cry® 6-2024_01_19-16_39_57
そんなマンネリを差し引いてもイマイチ感が先走ってしまうシリーズ凋落を思わせる一作なのだけど、しかし生活の中で虚しさや心の隙間を埋めてくれるのは可愛いペットの存在。
そして『Far Cry 6』においてもそれは同様なのであった。
お洒落好きなワニのグアポ、足が不自由だけど健気なダックスのチョリソー、埃まみれの雑種犬ブンブン、兵隊嫌いの凶暴な闘鶏チチャロン、そしてホモ・サピエンスのビーチョ。
Far Cry® 6-2024_01_28-17_35_55
そう、『Far Cry 6』はシリーズ中屈指な相棒ペットのキャラが立ちまくってるゲームなのである。
グアポに「甘咬み!」と指示を与え、先走るチョリソーにハラハラし、敵をサーチするブンブンを物陰からそっと見守り、そして荒れ狂うチチャロンに「お、お、お、落ち着け!」とおたおたする。
ペットたちと過ごす道中は『Far Cry 6』の数少ない、そしてとても強力なモチベーションであった。
Far Cry® 6-2024_02_01-15_48_55
UBI大作恒例、ユーザーの可処分時間を何が何でも奪い取らんばかりな露骨なまでのボリュームの引き伸ばしと、それに伴う終盤のダレ具合も、ペットたちを見守ることでなんとか乗り切ることができた。
とは言え今後もペットのキャラクター性を頼りにするわけにもいかないだろうし、あらゆる部分で煮詰まりばかりを感じさせて次作以降の展開が非常に心配になるシリーズ第6作なのであった。

この記事に含まれるtag : FPS オープンワールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3184.html

2024/02/08 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Potion Craft: Alchemist Simulator】ポーションクラフト

   ↑  2024/02/15 (木)  カテゴリー: XBOX
240215001.jpg
「じゃあ貴方は錬金術師さん」
某ゲーム、……いや、別にぼやかす必要はないか。『スカイリム』でNPCからさんざん投げかけられたセリフだ。
そのたびに「いや、スキルをちょこっと取っただけなんですよ。ここにもメイビンさんとこの娘のパシりで来ただけだし……」と狼狽していた。ましてや棍棒でアイストロールとドつきあうプレイスタイルのときならなおさらだ。
240215002.png
だけど例え錬金術のスキルをマスターしたところで、錬金術師と堂々と名乗るにはやはり気が引ける。
アルケミスト。まあやってることは漢方薬師みたいなもんだが、それでも中世風ファンタジー世界においては神秘の職業であることには変わりない。
材料Aに材料Bを足してはぁい解毒剤の出来上がり~なんて簡単に行くものではないし、そもそも行き当たりばったりの脳筋なドラゴンボーン稼業の片手間にできるものではないだろう。
240215007.png
しかしここならオレも「はい私は錬金術師!」と堂々名乗れることができる。
羊皮紙風のアートワークがまず最初に目につく錬金術師シミュレータ、その名も『Potion Craft: Alchemist Simulator』。
流れ着いた町で売りに出ていたのはポーション屋の居抜き物件。
ここに居を定めたオレはポーション作成のレシピを研究しながら、次々訪れる客たちの要望に応えて商売を発展させていくのであった。
240215003.png
だがその作成の手順は材料と材料を混ぜてはい完成!なんて単純なものではない。
『Potion Craft』でのオレは他のゲームのなんちゃって錬金術師ではない。その道を究めんとする専門職に就く者である。
頼りになるのはポーション作成マップ。
材料の選定はもちろん、その砕き具合、釜での混ぜ具合、さらには水を足したり新たな材料を加えたり。
240215006.png
その試行錯誤の中で試薬はマップ上をうねうねと蛇行しながら動いてゆく。
それを求められる効能の地点まで調節に調節を重ねてデッドゾーンを避けつつ導く。
なかなか思った方向に行かない試薬をあれこれとかき混ぜるうちに、次第に材料やその効能に対する知識と応用が蓄積される。
ああ、いまのオレは間違いなく神秘の錬金術を追い求める学究の徒!
240215005.png
だが名乗りは錬金術師でも、さすがに金を生み出せるわけではない。食っていくためには商売との両立も必要だ。
苦労して作ったポーションを高く売りたい交渉も欠かせないし、中にはヤバい薬を欲しがる客だっているだろう。
そしてゲームが進めば顧客の求める効能もどんどん複雑なものになってゆく。
240215004.png
この後半に難度がダダ上がりになって作業感がいっきに増してしまうのが非常に惜しいところではあるのだけど、乳鉢や釜を生々しくかちゃかちゃさせながら作成マップ上を文字通り紆余曲折する過程は他に代えがたい魅力がある。
「じゃあ貴方は錬金術師さん」
そう、オレは錬金術師。化学の先駆者。やってることは漢方薬師だって? だからそれを言うなってば!

この記事に含まれるtag : 経営シム シミュレーター 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3185.html

2024/02/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Dog Sled Saga】犬ぞりレースゲーム

   ↑  2024/02/21 (水)  カテゴリー: PCゲーム
240221006.jpg
先週は関東平野部でも久々に積もるほどの大雪となり、我が家の周りも一面銀世界になった。
しかし物珍しい景色にさぞや飼い犬たちも喜ぶだろうと考えるのは人間の勝手な思い込みだ。
現にうちのキャバリアを白く染まった庭に放り出してみたら、雪の中で微動だにせず「なんてことするんだ!?」と非難がましい目を向けるばかりであった。
猫はコタツで丸くなるが犬は決して喜び庭駆け回ったりしない。
240221002.jpg
室内でぬくぬくと飼われている犬に期待してはいけない。
雪の上で活き活きと駆け回るのは、やはり厳しい環境に生きる犬たちである。
極地において犬は人間の頼れるパートナーであった。
犬ぞりを持ち込んだアムンセンは、馬を頼ったスコットに先んじて南極点に到達した。
極寒の環境下で人々の大切な移動手段であった犬ぞりは、いつしかレース競技としての体裁を整えるようになる。
240221001.jpg
『Dog Sled Saga』はその犬ぞりレースをテーマにしたゲーム。
プレイヤーは新米マッシャーとして犬たちと共にレースを戦い抜き、グレードの階段を登って頂点を目指す。
基本は一般的なレーシングゲームのキャリアモードと一緒だ。
コンディションをケアしながらレースに勝利してスポンサーを獲得し、新たなスタッフを雇ったり施設を拡充してチームを強化する。
240221003.jpg
ただし車やバイクと違うのは生身の犬が相手なこと。
わんこだって生き物だ。へそを曲げたりもするし、何より機械のようにスペックが明確なわけではない。
その性格や特性は共に時間を過ごすことによって少しずつ明らかになる。
そしてグレードが上がるにつれて犬の頭立ても増えてゆく。犬舎のキャパシティに応じて新たな犬を購入したり、あるいは強い犬を繁殖させたりするのも手段だ。
240221004.jpg
チーム管理モードが程よく煩雑にまとまっているのもいいが、やはりこのゲームの醍醐味はレースモード。
雪原の上をたかたかと健気に疾走する犬たちを眺めているだけでも充分楽しいが、息の上がった犬に餌を投げてやったり、ほつれた綱を戻したりの作業はもちろん忘れてはならない。
240221005.jpg
レースを重ねるごとに次第に深くシンクロする犬たちとの呼吸。
人馬一体って言葉はよく聞くけど人犬一体ってのはあんまり耳にしないが、まあ造語だろうとなんだろうとレースを好成績でこなしたときの感覚はその言葉が相応しい。
雪深い地で犬たちに囲まれ、犬を愛で、ときには酷使し、共に高みを目指す至福の日々。
ドット絵の柔らかみのあるアートワークも見事にフィットした、軽快だけどやりごたえのある好ゲームだ。

<未日本語化>


この記事に含まれるtag : レーシング 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3186.html

2024/02/21 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Atomic Heart】アトミックハート

   ↑  2024/02/29 (木)  カテゴリー: XBOX
240229005.png
100GB超!
いつまで経っても終わらないダウンロードに業を煮やし、改めてサイズを確認してみてまず驚いた。
スポーツゲームやレーシングゲームならともかく、アクションアドベンチャーとしてはかなりの大容量。
しかしその驚きもゲームのイントロダクションを体験すると納得に変わるのであった。
240229003.png
科学がちょっと違う発展を遂げ、ソビエト社会主義共和国連邦が第二次世界大戦後の唯一の勝者として繁栄を極める世界。
オープニングで巡るのは、その社会主義と科学の融合が大成功を収めた結実の都。
美しい水路ののんびりとした川下りに始まり、そして圧倒的なスケールの巨大建築物を背景に繰り広げられているのは赤旗を掲げたロボットの大群の大パレード。
その凄まじいまでの物量のビジュアルに100GBのサイズの力を改めて感じると同時に、この魅惑的な世界でのこれからの体験に期待を大きく膨らませた。
240229002.png
だから膨らみに膨らんだ分その反動もまた大きい。
眩いばかりの風景に埋め尽くされていたオープニングから一転、いざプレイアブルになるとそのロケーションは既視感バリバリのありふれたものに。
そして肝心のプレイ体験は、これまた新鮮味に欠ける、それどころか探索と戦闘のメリハリが欠如したアクションに終始するのであった。
240229004.png
イントロで披露されたロケーションはもとより、映画「ウエストワールド」チックなロボットの反乱劇という基本ストーリーもイマイチ機能しておらず、導入部と本編の落差がこれほど甚だしい作品も近年では稀かもしれない。
圧巻のオープニングで盛り上がったのも束の間。科学的社会主義の繁栄は案の定最初の10分間だけの幻となってしまったのであった。

この記事に含まれるtag : アドベンチャーゲーム FPS 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3187.html

2024/02/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |