fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 ( ← 2023-09- → )

【Starfield】大宇宙は広すぎる

   ↑  2023/09/28 (木)  カテゴリー: XBOX
starfield.jpg
やあ、オレの名はカルビ。氏素性は銀河を股にかけるシェフだ。
この素性はロールプレイに関わるだけに、キャラメイクの段階でかなり悩みに悩んで選択したのだが、ぶっちゃけるとどれを選んでもたいして変わりはなかったな。
むしろ肝心だったのは素性の後に選択を迫られる特性ってやつで、こいつをアバウトに決めたばかりに、いきなり家のローンを抱えて賞金稼ぎに付け狙われて孫の顔を見たがっているおとんとおかんが付き纏う八方塞がりの状況でゲームを始めなければならなくなった。
もしこれから『Starfield』を開始する人がいるのならば、特性だけは熟考したほうがいいぞ。
230928003.jpg
誰もが待望んだベセスダ渾身の最新タイトル『Starfield』。
ファンタジーの『The Elder Scrolls』、近未来SFの『Fallout』に続く今回の舞台は大宇宙。
今まで「シロディール広いな」とか「モハビ広いな」なんて言ってた自分が馬鹿らしくなってくるくらい広大な舞台。
太陽系なんてホントちっちゃいちっちゃい。もう風呂敷広げすぎるにも程がある。
230928001.jpg
それに比例するかのように今回はプレイヤーの広大な世界への放り出しっぷりもハンパじゃない。
「もううちのゲームの流儀ご存知ですよね?」と言わんばかりに、のっけから膨大な情報がほとんど未整理のまま遊ぶ者に投げつけられる。
これがお節介なメーカーなら順を追ってチュートリアル的なクエストをいちいち積み重ねていくとこだろうが、しかしそんな悠長なことやってたら一週間経ってもチュートリアルが終わらない。
それくらいこのゲーム、やれること、トライできることの量が膨大すぎる。
230928002.jpg
そんなんだから途方に暮れることも多々ある。ってか途方に暮れっぱなし。
ストーリーの最序盤、これからいよいよ大宇宙に繰り出そうとする際に、光年を駆けるグラヴジャンプ(ワープみたいなものだ)を発動させようとしてエラーメッセージが出て宇宙船がうんともすんとも動かなかったとき、「のっけからこの調子かよ」とベソかきそうになった。
230928004.jpg
それから10分近く試行錯誤を重ねてやっと発動したグラヴジャンプ!
物ごとを理解してゆくのは実に楽しい。一を知れば十が充実してくる。世界の理をひとつ知るたびにその世界が広がってくる。
そして宇宙の広がりが無限であるかのように錯覚させるほど、『Starfield』は途轍もないほどボリューミーで奥が深く、時には泥沼のように抜け出せない。
230928005.jpg
あれだけ重厚に思えたベセスダの過去作が、ささやかな規模に思えてくるほどの大宇宙。
スカイリムでも「何をしようか」と途方に暮れた。キャピタルウエストランドでも「何から始めようか」と途方に暮れた。
でもこのどこまでも広い宇宙での途方の暮れっぷりはハンパじゃない。
ベセスダが圧倒的な自信を持って送り出したことも充分頷ける、向こう数年たっぷり遊び込める怪物ゲームだ。

この記事に含まれるtag : スターフィールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3149.html

2023/09/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Starfield】スリープクレートと都市生活者の夜

   ↑  2023/09/30 (土)  カテゴリー: XBOX
starfield.jpg
YouTubeで人気を集めているジャンルに不動産内見ものというのがある。
東京やその近郊の一風変わった不動産物件を紹介するコンテンツなのだが、中でも反響が多いのが、いわゆる激狭物件を取り上げる回だ。
ここにどう工夫して住もうというイマジネーションを巡らしやすいのも激狭物件が視聴者にウケる理由なのだろうが、逆に部屋数の多い大邸宅なんかは、そのイマジネーションが追いつかなかったりする。
230930003.jpg
キャラクリエイト時にオレはついうっかり「夢の家」という大邸宅をローンごと背負い込んでしまい、そのローンはどうにかこうにか返済してめでたく自分のものとしたのだが、これがまさにイマジネーションの追いつかない物件そのもの。
余りにもだだっ広い家と多い部屋数に何をどうすればいいのかがまったく思いつかず、結局中ががらんどうのまま放置してしまっている。
ゲームの中でおのれの身の丈を改めて思い知らされて癪といえば癪だが、しかしいかに豪邸といえ辺境の星の一軒家。
周りにコンビニの一軒どころか人っ子ひとり住んでいやしない。いるのは薄気味悪い動物ばっかだ。そんなとこに住めるか!
230930005.jpg
だからゲームの中でもやっぱり激狭物件だ。
ヴォライ星系にあるネオン・シティはその名の通り色とりどりのネオンが眩い歓楽街。
そして盛り場の常で華やかなメインストリートの外周はちょっと荒んだ一角が取り巻いている。
場末のクラブ、半グレがたむろする倉庫街、ブルーカラーが集う飲食店などがひしめくそのエリアに、スリープクレートと呼ばれる『Starfield』における激狭物件が点在している。
230930006.jpg
コンテナを改造したわずか三畳ほどの省スペース住宅で、狭いながらも一応ユニットシャワーが付いている。もっともその設備を自信をもってユニットシャワーと呼べるかどうかは微妙なところだが。
受付の姉ちゃんは「ミニマリスト向け」などと嘯いているが、その語尾には「(笑)」や「WWW」なんてニュアンスが付いているだろう。
要するに寝起きしただけで足元を見られる物件だ。
230930001.jpg
だけど水回りだけで複数あるような「夢の家」なんかよりもはるかに落ち着く。
それにカマキリの化け物みたいなのが隣人なあそこと違ってスリープクレートの周りは人通りが多く賑やかだ。
ドア一枚隔てた先には様々な商業施設が揃っているし、目の前は違法薬物をこっそり扱うクラブだ。
そして狭いながらもここは建設モードが可能だ。
もっとも三畳のスペースなだけに設置できる物はかなり限られてくるが、それでも工夫すればデフォルトの状態から多少は文化的な暮らしに歩み寄ることができるだろう。
230930002.jpg
埃っぽいアキラシティや東急不動産の理想の成れの果てみたいなニューアトランティスと比べて享楽の街ネオン・シティは最高の環境だ。
欲望にまみれた雑踏にドア一枚開けばこんにちは!
このアクセスの良さは言うなれば池袋や渋谷の中心部から徒歩3分物件。
現実味のない豪邸と違ってそこで寝起きする自分の生活もイメージしやすい。
ユーフォリカやマダムソバージュで飲んだくれてオーロラきめて、そのままベッドに直行バタンキュー。
『Starfield』で都市生活者を気取りたいのなら、本宅はスリープクレート一択だぜ。

この記事に含まれるtag : スターフィールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3150.html

2023/09/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |