FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (カテゴリー: XBOX Series X|S

total 6 pages  次のページ →  

【Irony Curtain: From Matryoshka with Love】マトリョーシカより愛をこめて

   ↑  2021/05/05 (水)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210505008.jpg
ポーランドのメーカーArtifex Mundiは、モバイル系を中心に絵柄の共通したアイテム探しアドベンチャーゲームを量産しているメーカーの印象が強い。
リリース作品の9割以上をそれらが占めているから、このイメージは基本的に間違ったものではないのだが、それでもさすがにアイテム探ししか出していないというわけではない。
ここの企業ロゴを見るたびに、オレはいつもLucas Artsのロゴに似ているなぁと感じていたのだが、そのLucas Arts製ゲームの影響を直接的に受けてると思しきポイント&クリック式ADVも送り出していたのであった。
210505005.jpg
舞台は戯画化された冷戦下の1950年代。
東西を分ける分厚い鉄のカーテンによって、両陣営の人々が相手側に理想と嫌悪を勝手に膨らませていた時代。
持てる者がすべてを司る資本主義国家に暮らすエヴァンも、遠き世界の共産主義に憧れを抱いていたクチだ。
210505003.jpg
そんなエヴァンに接触してきたのは、共産主義大国マトリョーシカの美貌の女性工作員。
プロパガンダの一環として国家指導者との面会をセッティングされたエヴァンは、いささか荒っぽい方法でマトリョーシカに入国を果たす。
東西友好を目指す彼を待っていたのは超絶官僚主義作法の数々。
回りくどい手順に申請書。居丈高な役人たち。監視カメラに盗聴器。配給を待つ人々の行列。行く先々について回って離れない軍関係者。
210505004.jpg
人民のためとは名ばかりの官僚国家の現実に直面するエヴァンであったが、まぁ基本的に彼はルーカスアーツ系ADV主人公の流れを汲む楽天的ですっとぼけたキャラクター。
やがて入り組んだ権力暗闘とさらなる革命の兆しに否応無しで巻き込まれることになっても、持ち前のポイント&クリックADV的機智によって乗り越えてゆくのだった。
210505006.jpg
4~5時間程度の総プレイタイムながらも、この『Irony Curtain: From Matryoshka with Love』はポイント&クリックADVとしてはかなりの大作。
ダウンロードする際に、この手のゲームでは異例な8GBもの空き容量を要求された時には驚いたが、入念に描き込まれたビジュアルと豊かなアニメーション。そしてボリュームたっぷりのボイスアクトを目にすれば、それも納得のサイズだ。
210505001.jpg
昔ながらなポイント&クリックADVの様式そっくりそのままだけに、革新性には乏しいけれど、その分きっちりと伝統を受け継いで堅実かつ丁寧に作り込まれた一作。
このスタイルのゲームは、日本でのビジュアルノベルの展開と同様に、独立系のメーカーが少ないコストとリソースで参入できるジャンルとして定着しているが、その中にあって『Irony Curtain』の(このジャンルとしては異例の)大作感は、なかなか貴重なものなのかもしれない。

<日本語未対応>

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3011.html

2021/05/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Full Throttle Remastered】リマスター版フルスロットル

   ↑  2021/05/03 (月)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210503009.jpg
俗に言うアドベンチャーゲームは、コンピュータゲーム隆盛の礎となったジャンルだが、その中でマウスデバイスの普及によって一般化してきたのがポイント&クリックと呼ばれるシステムだ。
コマンド入力によって画面内のオブジェクトを指定してきたそれまでから、カーソルなどでダイレクトにアプローチするシステムへの変化。
プレイアビリティはもちろんのこと、演出やストーリーテリングに至るまで、この進化はアドベンチャーというジャンルに大きな変革をもたらした。
210503002.jpg
このポイント&クリックシステムを基盤としたADVジャンルの変遷において、ひとつの様式を確立してムーブメントの中心を担ったのが、現在はディズニーの傘下に収まっているルーカスアーツ(Lucas Arts)である。
1988年の『Maniac Mansion』を皮切りに『Indiana Jones and the Last Crusade: The Graphic Adventure』『Loom』と、80年代末から90年代にかけてルーカスアーツは次々と同系統の作品を送り出し、1990年の名作『The Secret of Monkey Island』で、その様式はひとつの完成形に至った。
210503008.jpg
劇映画やカートゥーンアニメからの影響をビデオゲームのインタラクティブ性に巧みに組み込んだ一連の作品は数多くのフォロワーを生み出し、そしてそれは一種の様式美も交えて現在に至るまで脈々と受け継がれている。
『Full Throttle』は、そんなルーカスアーツのアドベンチャーゲームが熟成を迎えていた時期に発売された一本。
すでに完成されていたスタイルが、ビデオゲームテクノロジーやADV内外のジャンルの進化による恩恵を受けてに、さらなる高まりを見せてくれたタイトルである。
210503003.jpg
バイカー。それはこのゲームがリリースされた1995年ですら前時代的なイメージが既にあった種族。
ましてやホバーカーが一般化しつつある近未来なら、なおさらなことである。
だがどんな時代にも古き良きスピリットを頑なに守る人々は必ずいるものだ。
ベンはそんな人たちの中でもさらに崇高な男。昔ながらのバイカー集団のリーダーだ。
210503006.jpg
そしてそんな男たちに応える企業だってある。
コーリーモーターズは会長の理念のもと、昔ながらのチョッパーバイクを造り続ける大企業。
しかしそんな理念先行の企業経営、快く思わない獅子身中の虫も当然出てくるわけで、孤高を尊ぶベンも否応なしにそのお家騒動に巻き込まれていくのであった。
210503004.jpg
『Full Throttle』はコミカルな作品が主流を占めるルーカスアーツADVにあって異色の硬派系タイトル。
主な舞台となるのは荒野を貫く一本道。出てくる人物は男女揃って洗練とは程遠いダスティロードの住人たち。
およそ殺風景なロケーションに登場人物だが、物語とそれを支えるゲームのシステムは骨太かつリッチだ。
アクション要素、丁寧なボイスキャスト、映画を彷彿とさせるムービーに滑らかに動くアニメーション。
ポイント&クリックADVのさらなる成熟の形がここにはある。
210503005.jpg
本作のスタイルをさらに押し進めた98年の大傑作『Grim Fandango』でルーカスアーツのADVはひとつの到達点を極める。
そして『Full Throttle』で発露したティム・シェーファーのバイカー/ハードロック趣味は、やはり後のHR/HMゲーム『Brutal Legend』へと繋がるのであった。
現在Xboxストア等で配信されているのは、ビジュアルやインターフェースをブラッシュアップしたリマスター版。
210503007.jpg
バックボタン一つで新旧のグラフィックを即座に変更できるのは、リマスター版ルーカスアーツADVの多くに共通した仕様だが、『The Secret of Monkey Island』の時と違って新旧グラフィックの差をさほど大きく感じないのは、『Monkey Island』から『Full Throttle』に至るまでの5年間のルーカスアーツADVの洗練が表れているからであろう。

<日本語未対応>

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3010.html

2021/05/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Double Kick Heroes】ダブルキックヒーローズ

   ↑  2021/04/16 (金)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210416009.jpg
ダブルバスドラム、日本では俗にツーバスと呼ばれているバスドラを2つ並べた編成、及び奏法。
そのルーツを辿ればスウィング・ジャズ全盛の時代にまで遡るらしいが、やはりそれが大きく花開いたのはハードロックやヘヴィメタルの分野に於いてだ。
ジンジャー・ベイカー、キース・ムーン、カーマイン・アピス、コージー・パウエル、デイヴ・ロンバード、錚々たる達人が並ぶツーバスドラマー。
210416007.jpg
その中でオレが一番好きなのはモーターヘッドの故フィル・テイラー。荒々しくバスドラをダブルキックするその突進力は、ブレーキの壊れた機関車を思わせるようだった。
『Double Kick Heroes』は、そのツーバスをテーマにしたゲーム。
Headbang Clubといういかにもなスタジオ名からも分かるように、HR/HMにとことん特化した音ゲーだ。
210416004.jpg
ステージに向けて一心不乱にリハーサルに打ち込むのは実に見上げたことだ。
しかし5人組バンド、ダブルキックヒーローズの連中は、ちょっとそれをマジメにやりすぎた。
地下のスタジオに何ヶ月も籠もってるうちに、いつの間にか地上はゾンビやらミュータントやらワケの分かんない奴らが闊歩する終末世界になっていた。
だがそんなシチュエーションでも彼らには頼りになる武器がある。それは「こんなこともあろうか」と銃器類を仕込んだドラムセット。
追いすがるゾンビや何やらをこいつで蹴散らして、かつての自由の国を、とにかく東へ東へと目指す世紀末ツアーの始まりだ。
210416003.jpg
低難易度の序盤ステージは、なんだかんだで呑気なものだ。
ドン、ドドンとドラム教則本の最初のページみたいなシンプルなリズム。はっきり言って「お前のもう一つのバスドラは、ただのバンド名看板か!?」と野次のひとつも飛ばしたくなるようなテンポである。
210416008.jpg
だがステージが進むにつれて、そんなビール片手のアリーナ後方客みたいな野次は飛ばせなくなってくる。
ダダドドダダドドダダダダドド! ツーバス連打の譜面が姿を現し出すと、こっちも駄々をこねるキース・ムーンみたいな調子でABボタンを連打するハメになる。
210416002.jpg
さらに後半のステージになると、このツーバス連打の嵐にスネアやシンバルがスコアに加わってくるのだ。上級難易度だとほぼ無理ゲーのレベルである。
フィンガードラムのつもりでやればいいんじゃないすかって? いやいやいや、パッドとストロークのあるコントローラボタンじゃフィーリングが全然違うって!
210416005.jpg
ツーバス連打のドラミングに特化してしまったがために、どのステージも似たりよったりで単調。
ゲームシステムが煮詰められておらず、スコアヒットとシューティング要素の関連性が希薄。
さらにスコット・ピルグリム風のちょっとアクの強さに欠けるビジュアルが、HR/HMというテーマとあまり噛み合っていないなどなど、このゲームは粗というかマイナスポイントが結構多かったりする。
210416006.jpg
されど本作のためにわざわざ録音された、ブラックメタル、ニューメタル、グラインドコア、ストーナーメタルなど、ヘヴィメタルのありとあらゆるサブジャンルにまたがったオリジナル楽曲群。
そして幕間のドラマパートに散りばめられた、これでもかのHR/HMネタと、制作者のヘヴィメタル愛はゲームから溢れんばかりに伝わってくる。
メインのストーリーやアーケードモードの他に、ヘルゲートと呼ばれるモードではVolkor X、Jukio Kallio、Ultra Vomitらゲストバンドの楽曲でのプレイが可能だ。

この記事に含まれるtag : 音楽ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3005.html

2021/04/16 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【AVICII Invector】アヴィーチーのメモリアル

   ↑  2021/04/11 (日)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210411006.jpg
スターの早逝はロック史の負の遺産だが、図らずもそれは現代のミュージックシーンにも受け継がれてしまった。
スウェーデン出身のカリスマ的DJアヴィーチーが28才の若さでこの世のを去ってしまったのは2018年のこと。
ダンスミュージックにおけるアイコニックシンボルのあまりに突然の死は世界を驚かせた。
死後に多くの追悼企画やイベントが催され、最近では伝記本の出版や記念碑の建立が持ち上がっているようだが、この『Avicii Invector』はゲーム発のアヴィーチーメモリアルな作品だ。
210411005.jpg
ノートがコース状となったフィールドを、軸移動可能なスペースシップで駆け抜ける『Audio Surf』ライクなスタイル。
音符代わりのボタンガイドをタイミングよくヒットするのは、この手のゲームの定番のシステムで、これと言って目新しいものではないが、LBボタン(Xboxの場合)がバスドラ的な役割に固定されているのが特徴だろうか。
難易度を上げているのは移動のたびにコースが数十度回転してしまう軸移動で、コースの先が視認しづらくなったり、ミスをすると自分の位置の把握に一拍手間取ってリカバリーに苦労したりする。
210411003.jpg
ただこの軸移動を含め、歪んで曲がりくねったコースがビジュアルとの相乗効果や、グルーヴィーなドライブ感を生み出していることもまた確かだ。
そしてさすがにアヴィーチーのメモリアルを謳っているだけあって、楽曲とノートのシンクロナイゼーションは丁寧に仕上げられているし音質も上々だ。
210411002.jpg
全体にオーソドックスで革新性には欠けるけど、しっかりと楽しめる堅実な造りになっており、アヴィーチーのファンは勿論のこと、彼の音楽を知らない人たちにも曲体験を含めてオススメできる一本。
なにより大都市の上空や氷河地帯などを孤高に貫くビジュアルは、アヴィーチーのサウンドに共通するどことなく寂寥とした一面を改めて気づかせてくれるのが興味深いところである。
210411004.jpg
大ヒット曲の"Levels"や"Wake Me Up"、"Hey Brother"を始め、デフォルトで収録されているのは全15曲15レベル。
加えてそれぞれ5曲ずつ収録の別売りソングパックが2編。そして追加パックをすべて加えたスペシャルエディションも発売中だ。

この記事に含まれるtag : 音楽ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3003.html

2021/04/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【FUSER】音楽ゲームの進化系

   ↑  2021/04/09 (金)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210409010.jpg
その昔、エレキギターはユースカルチャーのシンボルであった。
しかし特にこの10年の間の世の中が移り変わるスピードは余りにも早く、ギターもその地位から外れて久しくなった。
今でも書店の音楽雑誌コーナーに行けば、ギター系の雑誌はまだまだ健在なのだが、裏を返せば紙媒体が元気ということは、それだけジャンルが高齢化している証だったりもする。
210409002.jpg
その移り変わりをゲーム界で体現しているメーカーがHarmonixだ。
あの『Guitar Hero』を世に送り出し、そして『The Rock Band』シリーズで空前のヒットを記録するなど、音楽ゲームを牽引し一大ブームを創り上げた開発会社である。
しかし熱病のようなギターゲームのブームはあっという間に過ぎ去った。
バブルのように膨れ上がったHarmonixは業界のビジネスに翻弄されてしまうが、それでも『Dance Central』シリーズや『Fantasia: Music Evolved』などで音楽ゲームの第一線に踏み留まった。
210409006.jpg
そのHarmonixが満を持して送り出した新時代の音楽ゲームが『FUSER』。
数多のロックヒーローをテーマとしていたのは過去の話。それに替わって『FUSER』でプレイヤーが成りきるのは、現代のユースカルチャーの憧れ的存在、DJである。
『beatmaniax』や『DJ Hero』など、DJを題材にしたゲームはそれほど目新しい存在ではないが、それらは基本的に流れるノートに合わせてボタンを押さえるギターゲームのシステムを、そのままDJ風にお色直ししただけのもの。
210409005.jpg
『FUSER』はそういった衣を替えただけのDJ"風"ゲームとは一線を画した革新的な作品だ。
ベースとなるのはターンテーブルにダイレクトに対応した4つのボタン。
Xboxコントローラの場合だと、Xはリズムトラック、Yはベーストラック、Aはギター系、そしてBはヴォーカルトラック。
画面上部に用意した曲から、それらをワンボタンで入れ替えて自在にMIXを作成するのが『FUSER』のメインとなるシステムだ。
210409009.jpg
もちろんその4つのトラック構成に拘ることはない。リズムトラックを複数構成にしたり、ヴォーカルを抜いたり、そのやり繰りはすべてプレイヤーの自由裁量に任されている。
任意のトラックをフェードイン・フェードアウトさせたり、BPMを変化させたり、エフェクトを掛けたりと、様々なアレンジも可能だ。
これらの細かいアレンジは、キャリアモードで少しずつ学んでゆくことになるだろう。
210409007.jpg
過去の音楽ゲームの殆どはリズムアクション系かその亜種であったが、それらと比較して『FUSER』は真の意味での音楽ゲームである。
『FUSER』のMIX作業は絶妙なまでに簡略化されながらも、異なる楽曲を組み合わせて自分なりの音楽を生み出す楽しさがたっぷりと詰まっている。
クエストやスコアの概念はもちろんあるのだけれど、それらをうっちゃってサンドボックスモードで延々とミキシングをしているだけで時間を忘れてしまうほどだ。
210409008.jpg
素材となる楽曲はすべて既存アーティストの有名曲。
The Clash、50 Cent、Rage Against The Machine、A-Ha、Donna Summer、Ace of Base、Amy Winehouse、Brad Paisley、Lady GaGa、Megadeth、Maroon 5などなど、時代やジャンルが絶妙にバラけたセレクション。
これらはゲーム内で獲得したポイントで新たにアンロックできるものあれば、音楽ゲームでは恒例、ストアで追加購入しなければならないものもある。
210409003.jpg
この楽曲群からサンプリングした各トラックは実に入念に作られており、これなどは初代『Guitar Hero』から連綿と積み上げてきた技術とノウハウの賜物であろう。
何よりMIXという作業をカジュアルに分かりやすくゲームに落とし込んだ明快なシステムは、とにかく素晴らしいの一言に尽きる。
『Guitar Hero』から10数年、音楽ゲームはかつての楽器演奏を模したボタン押しゲームから、音楽自体を自由にいじくり回す楽しさを追求するものに進化した。
Harmonixがいまだ音楽ゲームのトップランナーであることを、改めて知らしめてくれる最高の一作だ。

<国内ストア未発売 / 日本語未対応>

この記事に含まれるtag : 音楽ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3002.html

2021/04/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |