FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: FPS の検索結果)

total 21 pages  次のページ →  

【theHunter: Call of the Wild】野性の呼び声

   ↑  2021/03/29 (月)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210329011.jpg
モンハンシリーズの最新作『モンスターハンターライズ』が発売され、ゲーム界隈は狩猟解禁を迎えて盛り上がっている。
そのモンハンと同じ狩猟というワードを掲げながらも、北米を中心に根強い人気を誇る狩猟シムは、モンハンとはあらゆる意味で真逆のゲーム性を持ったジャンルだ。
210329001.jpg
オンラインプレイをデフォとするモンハンに対して、狩猟シムは一部にマルチプレイを備えたものがあったりはするが、その基本は孤独でストイックだ。
少なくともオレは銃と装備を抱えてバーチャルの野山に分け入るときに他人と時間を擦り合わせようとは思わない。
この時間は誰にも煩わされないオレだけのひとときなのだ。
210329009.jpg
狩猟シムもずいぶんと息の長いジャンルだが、前々世代機あたりに於いては大手アウトドアショップの名を冠していたActivisionの『Cabelas』シリーズが幅を利かせている時期があった。
このシリーズがまた大雑把な造りのゲームを濫造しまくって随分と市場を荒らしまくっていたが、それもいつの間にやら姿を消した。
『theHunter』はそれと入れ替わるようにして登場したブランド。
本作『theHunter: Call of the Wild』はその最新タイトルだ。
210329003.jpg
『Cabelas』シリーズのような乱獲系もあったが、伝統の狩猟シムは基本的に地味なものである。
猟銃や狩猟ガジェットを手に野山に入り、動物の痕跡を執念深く追跡して慎重に接近し、時間に時間をかけてようやく一頭を仕留める。
凝ったイベントとも爽快なカタルシスとも無縁だが、それがとにかく時間を忘れるほど没頭する。
210329006.jpg
その証拠にいまオレは鹿の足跡を追って、もう30分もひたすら野山を彷徨いている。
聞こえるのは鳥のさえずりと小枝を踏み分ける自分の足音だけ。
時おり遠くから獣の鳴き声が聴こえてきては、立ち止まってハッと耳を澄ます。
『theHunter: Call of the Wild』をプレイしてる間のほとんどの時間はこんな行程だ。
そしてオレはそんなひとときにヴァーチャルな大自然との一体感を感じている。
現実の狩猟に熱中する人が一番惹かれているのも、もしかしたら同じような感覚なのかもしれない。
210329004.jpg
アンブッシュポイントでひたすら獲物を待ち続けるのも、これまた愛おしいひとときだ。
眼下の平原に目を凝らすのもほどほどに、ぼんやりと山の稜線を眺めてはどうでもいい物思いに耽り、時々思い出したように鹿笛を吹いたりする。
鹿笛でおびき寄せても獲物はすぐ来るわけじゃない。10分後か20分後か、いずれにしろ気の長い話である。
210329008.jpg
狩猟シムはグラフィックの進化の恩恵をもっとも受けているジャンルの一つだ。
ひと昔前の同ジャンルゲームに比べると、いま歩く野山の臨場感は段違いで、ただトレッキングをしているだけでも没入感がハンパではない。
程よい分布で配置された遺跡などのモニュメントは、そんな山歩きのいいアクセントになってくれる。
210329007.jpg
動物は臆病な生き物だ。そうやってただ普通に歩き回っているだけでは、姿そのものを見ることなど滅多にありはしない。
歩き回るうちに足跡や糞などを見つけ、その足取りを追うこと数十分。他のゲームなら回りくどくてイライラさせられるだけの行程かもしれないが、狩猟シムの場合はホントにこれが苦にならない。
そうしてやっと捉えた鹿の姿。音を立てないよう風下からそっと近づき、ライフルのスコープにその姿を捉え、息を止めて照準を安定させ、慎重に慎重を重ねてようやく引き金を絞る。
210329005.jpg
弾を命中させても追跡は終わらない。
急所を確実に射抜いていない限り、獲物はその場から慌てて逃げ出すであろう。
再び後を追うその手がかりは足跡と血の跡。やがて目に入ってくるのは地面に倒れ伏した鹿の姿。
その生気が消し飛んだガラス玉のような目を見て、仕留めた充実感以上に強く襲ってくるのは、心の底からの「すまないなあ」という気持ちだったりするのだから不思議なものだ。
210329002.jpg
マルチプレイやミリタリー系のFPSでは得られることのない、一発の弾丸と一回の引き金を引く行為の重さ。
それを求めてさまよい歩くフィールドは、仕事や家庭の現実は元より、ゲーム仲間とのしがらみからも解き放たれた孤独の自由を満喫できる空間だ。
数日に渡って一気にやり込むタイプのゲームではない。1週間、あるいは2週間のほんの半日だけ現実を忘れて没頭する。
そんなメリハリのついたアプローチの仕方が、この地味極まりないゲームをさらに輝かせてくれるだろう。

<Xbox版国内ストア未配信・日本語未対応>

この記事に含まれるtag : 狩猟 オープンワールド FPS 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2998.html

2021/03/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Shotgun Farmers】ショットガン・ファーマーズ

   ↑  2021/02/14 (日)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210214008.jpg
終身雇用体制が崩壊した今、脱サラという言葉も相当風化して実体のないものになったが、そのワードが現役バリバリであった昔から、田舎で農業を始めるのは心の平穏と充足を得られるセカンドライフという観念があった。
田舎暮らし農業に対するそういった幻想を巧みに取り込んだのが『牧場物語』に始まる農業系スローライフシムだ。
210214006.jpg
そんな農業回帰のムーブメントが、それとはおよそ無縁そうだったFPSのジャンルにもついに押し寄せてきた!
……なんて大げさなもんではないかもしれないが、兎にも角にも稀に見る農業系シューターであるのが、この『Shotgun Farmers』。
コミカルに描かれた米国中西部風の農場やその周辺を舞台に、戦いに挑む農夫たちが手にするのは銃器ではなく農作物!
210214003.jpg
デフォルト武器となるトウモロコシはショットガン、トウガラシは火炎放射器、アスパラガスはスナイパーライフル、スイカはアサルトライフル、イチゴはクロスボウなど、それぞれ実際の銃器に準じた役割を持っているが、それでもあくまで農作物!
その証拠に着弾地点からはにょきにょきと新しい銃……、もとい、作物が生えてくる。
そう、ばら撒いているのは弾丸ではなく種。手持ちの銃、……じゃなくて作物を撃ち尽くしたら、そこらで育っている作物をすかさず拾って再び態勢を整える。そんなスピーディーな展開がとても小気味よいシューターだ。
210214004.jpg
なにせ外した種はみんな新たな作物となるので、激戦区ではそこら一面中にメイン武器であるトウモロコシの苗が伸びまくって、もうほとんど畑みたいな有様になっている。
しかし作物は一朝一夕で育つものではない。
種を植えて(着弾して)まもなくの、まだちょこっとしか育っていない苗を収穫しても、装弾数はたったの1発しかないのがオチだ。
しかし野菜が育てば育つほど、装弾の数もどんどん増えてゆく。
210214002.jpg
強武器であるニンジンなんかは、フルに育っている場合でも4発しか撃てないが、しかしその4発をあらかじめ適当な地面に空撃ちしておけば、やがて4倍の数のニンジンランチャーを確保できる算段だ。
だがゲームコンセプトに準じたこの自給自足作戦も、キャプチャー・ザ・フラッグにあたるブタ泥棒戦や、エリア争奪戦にあたるカカシ確保マッチなど、展開が早くてデスに対するペナルティが無いに等しいモードでは、悠長すぎてなかなか有効に機能しないのが悲しいところである。
210214005.jpg
カジュアルで幅広い年齢層がプレイしやすいシューターは、『Plants vs. Zombies:Garden Warfare』など常に一定の需要があるが、クラスやスキルなどの要素が皆無で、シンプルに撃って立ち回ることだけに特化した本作の間口が広い親しみやすさは飛び切りのものがある。
スピーディーながらもほのぼのとした農夫たちの激しいバトルを彩るのは、こちらもどことなく呑気でのどかなカントリーミュージック。
マッチ終了後のエモートでは、バンジョーやハープ、ギターにベース、カウベルなど、各種カントリー系楽器のアクションが揃っていて、セッション風に息を合わせられるのも、このゲームの密かなチャームポイントだ。

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2984.html

2021/02/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Borderlands 3: Guns, Love, and Tentacles】愛と銃と触手をぶっ放せ!ウェインライトとハマーロックの結婚式

   ↑  2021/01/25 (月)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210125007.jpg
結婚式の招待状って、実はそんなにありがたいもんじゃない。
そりゃ身内や親しい友人の結婚は心の底から祝う気持ちはあるが、それがいざ式という形をとられると、それは冠婚葬祭の義理的な付き合いの範疇になってしまう。
そしてカリプソ姉弟とのすったもんだにケリを付け、サンクチュアリでアテもなく宇宙を彷徨うオレのヴォルトハンターのもとにも招待状が。
210125004.jpg
送り主はサー・アリスター・ハマーロックとウェインライト・ジェイコブス。……正直むこうはどう思ってるかは知らないが、そこまで親しくした覚えはなかったりする。
アクストンとかZEROとか、3のヴォルトハンター勢よりもハマーロックと付き合い長そうなやつらも、なんか出席しそうもないし。
それでもヴォルトハンターは律儀に結婚式に向かう。
無遠慮なハマーロックのおっさんの行くところ、なんかトラブルがありそうだから。そして本編を終えたヴォルトハンターはトラブルに飢えているからだ。
210125003.jpg
そんなわけで『ボーダーランズ3』のDLCミッション第2弾で訪れることとなるのは、雪と氷に覆われた辺境の惑星ザイロウルゴス。
ぶっちゃけ寒いばっかの辛気臭い場所だが、ここが陰鬱としているのは、さらに理由がある。
地面に突き刺さって氷漬けになったイカみたいな触手を持つ巨大生物。これってアレだろ、クトゥルフってやつだろ。
210125002.jpg
最近のゲーム、どれもこれもやたらクトゥルフに頼りすぎ。クトゥルフ禁止!
……って言いたくもなるけど、それを飲み込んでしまえるのは、ヴォルトハンターがSAN値やらなんやらとはおよそ縁がなさそうな連中であるからに他ならない。
えーと、旧支配者だかなんだか知らないですが、ここの連中こんな奴らばっかですよ? おたくのキャラ的にホントに出ちゃって大丈夫ですか?
210125005.jpg
旧支配者さんへの気遣いもそこそこに舞い上がるのは、懐かしい顔にまた会えるから。
ゲイジ。前作『ボーダーランズ2』の主人公の一人。ロースターではない追加のプレイアブルキャラ(しかももう一人はよりによってあいつ)ということで若干割りを食っているところもあるが、オレにとっては一番多く使い倒した愛着のあるキャラクターである。
相方のデストラップちゃ~ん共々登場する彼女の現在はウエディングプランナー。良くも悪くも成長しないティナと違って、こっちは大人の女へのこだわりも見せ始めている。
210125006.jpg
そんなゲイジ渾身のウエディングプランを台無しにするのは、イカにかぶれたおかしな連中。
もっともここまで来たらヴォルトハンターの練りに練ったビルドの実験台みたいなもんだ。どっちが生贄なのか分かったもんじゃない。
凍てつく辛気臭い星も結局は毎度おなじみトンチキ銃器の花火祭りと化す、いにしえの暗黒神話もヴォルトハンターの前では立つ瀬がないことばかりを証明したDLC第2弾。10点満点で言うと、久しぶりにゲイジに会えたから1万点だ!

この記事に含まれるtag : ボーダーランズ FPS 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2977.html

2021/01/25 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Borderlands 3: Moxxi's Heist of the Handsome Jackpot】モクシィのハンサム・ジャックポット乗っ取り大作戦

   ↑  2020/12/12 (土)  カテゴリー: XBOX Series X|S
201212009.jpg
『Borderlands 3』が発売されて、もう1年半近くになろうとしている。
確かにAAA級ゲームに相応しい仕上がりだし、前作と比較して細かく手が加えられ、もう2がもどかしく感じてしまうほどプレイアビリティは格段に向上した。
オレもなんだかんだでこのゲームをたっぷり楽しんでいる。だけど『Borderlands 2』をプレイしていたときの熱中度を100とすると、正直な話、今回のテンションはその半分にも満たない。なぜだ!?
201212007.jpg
不謹慎さが減退しているとか、明らかに興をそがれるキャラクターがいるとか(あの小娘、ずっとアテナスの寺に閉じ込めておけ!)、理由は様々あるのだが、何よりも稀代の敵役ハンサムジャックの不在がオレにとってその一番の要因であろう。
ハンサムジャックのいない宇宙。ああ、もうこう書くだけでなんか大きな喪失感に捉われる。
まぁぶっちゃけジャックをぶっ殺したのは他ならぬプレイヤー自身なんだけど、それでも前日譚となる『ボーダーランズ プリシークエル』は勿論のこと、ジャックの死後に展開された『Tales from the Borderlands』も、明快にジャックの意志が残る世界だった。
201212003.jpg
そのハンサムジャックの幻影から真っ先に逃れようとしたのは、他ならぬGearbox自身だった。
『ボーダーランズ 3』はハンサムジャックへの言及を必要最低限に留めて、ハンサムの影響力を極力排除した世界で繰り広げられているが、しかし代わるべき敵役がとにかく力不足もいいところであった。
モダンな悪役像を造形するにあたって、ローガン・ポールのような質ワル系YouTuberを念頭に置いたのかもしれないが、その薄っぺらいイメージが、寄木細工のような成り立ちを持つハンサムのとことん憎たらしくて魅力的なキャラクターに伍せるわけもない。
オポジションサイドのキャラではカタガワがそれなりに頑張ってはいたが、やはり中ボスかDLCシナリオのボス程度が相応の人材。ジャックと比較してしまうと器が及ばない。
201212002.jpg
そんなハンサムジャック日照りで悶々とするこちらの気持ちを見透かしたのようにミッションを依頼してきたのは、ボーダーランズ世界で実質一番タチの悪い人、モクシィ姐さんだ。
彼女が誘うのはジャックの息遣いが感じられる……、どころではない、ジャックの意志よって構成され、それがそのまま残る世界。
カジノだ。しかも「カジノは胴元が勝つようにできている」(ジャック)と、のっけからオープンリーチ状態。
それでも人は吸い寄せられる。なぜならバンディットだからだ。
そしてプレイヤーも吸い寄せられる。なぜならカジノの道理を捻じ曲げるのがヴォルトハンターたる者の役目だからだ。
201212005.jpg
そんなわけで訪れるのは、宇宙に浮かぶ豪奢なカジノ……、の成れの果てハンサム・ジャックポット。
そこら中にあるのはジャックの彫像にジャックのホログラム、もうジャックジャックジャックまみれ。
そしてプレイヤーを出迎えてくれる人物もジャック……、ではないが、ちょっと懐かしいあいつだ。いよー、お前生きてたのか。もはやプリシークエルの数少ない生き残りの一人になっちまったな!
201212006.jpg
野生化したパチンカーみたいな元カジノ客に、これまた懐かしいハイペリオンのローダー。お馴染みの奴らを撃ったり溶かしたりしながら進むメインストーリーは、「オーシャンと11人の仲間たち」や「黄金の七人」など、伝統の"強奪計画チームもの"をなぞったスタイル。
サブクエストも充実してボリュームも価格相応なボーダーランズ3DLCシナリオ第1弾。
思えばボダラン2とプリシークエル、そしてその派生作品は、みんなモクシィとジャックの痴話喧嘩の巨大な産物みたいなもの。
3でもそれにどっぷり漬れるチャンスは、この『モクシィのハンサム・ジャックポット乗っ取り大作戦』をおいて他にはない!

この記事に含まれるtag : ボーダーランズ FPS 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2964.html

2020/12/12 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Call of Juarez: The Cartel】コール・オブ・ファレス ザ・カルテル

   ↑  2020/11/04 (水)  カテゴリー: XBOX 360
201104002.jpg
もしフジテレビが、「長い間、鬼平犯科帳をご覧いただきありがとうございました。来週から東京の凶悪な犯罪に捜査一課長の長谷川平蔵が挑む新シリーズ、鬼平捜査ノートがスタートします。ご期待下さい!」などとワケの分からないことを言い出したら、「ふざけるなバカヤロウ!」と怒るのが普通の反応だろう(誰だ! そこで「ちょっと観てみたいかも……」なんて言ってる奴は!)。
西部劇FPS『コール・オブ・ファレス』は、意外に熱心なファンの居るシリーズだが、しかしそのファンであっても、西部劇としての雰囲気作りの良さや、ストーリー語りの巧みさと引き替えに、前時代的で粗雑な造りのシューター部分に、仕方なく目をつぶっていた人は少なくないだろう。
201104003.jpg
『コール・オブ・ファレス』と『コール・オブ・ファレス 血の絆』で、マッコール兄弟相剋の物語を完結させたTechlandが、仕切り直しとばかりに放ったシリーズ第3作目『Call of Juarez: The Cartel (コール・オブ・ファレス ザ・カルテル)』は、オンラインCo-opプレイを前提に構成されたキャンペーンモードがそのメイン。
シングルキャンペーンにこそ、その魅力があった『ファレス』のこのシフトチェンジは、ファンにとってはおよそ迷惑極まりない方針転換であったが、Techlandの勘違いはこれだけに留まらなかった。
舞台は2011年のロサンジェルス。西部劇から現代ポリスアクションへの新装開店。常連の多かった手打ち蕎麦屋が、ある日突然つけ麺屋になってしまうようなもんである。
『ファレス』から西部劇を取っ払ったら、単なるしょっぱいシューターでしかないんじゃないだろうか。みんなが抱いたこの危惧だけは、Techlandはしっかりと裏切ることはなかったのだった。いや、そこは裏切れよ!
201104008.jpg
主役を務めるのは3人のはみ出し公僕。その中の1人、ベン・マッコールはLAPDの刑事。首には十字架、聖書の一節を読み上げながらの早撃ちモード。顔も含めて前作、前々作の主人公、レイ・マッコールの生き写しみたいな男。もしかしたらレイの子孫とか、そんな設定があるのかもしれないが、Techlandの日頃の行いを考慮すると、単なるキャラクターモデリングの流用にしか思えないから困ったもんである。
他のメンバー、ラテン系のエディ・ゲーラは麻薬取締局の、黒人のキム・エバンズはFBIの捜査官。
それぞれに立場が違うから、隙があればどいつもこいつも、スマホで上司や見知らぬ誰かとこそこそ内緒話をしてやがる。
201104004.jpg
お互い信用ならない曲者同士が、共通目的を前に仕方なく臨む束の間の共闘。そんなプロットも、いざキャンペーン挑んでみたら早々と崩壊状態。
シングルプレイだと、他の2人は信用ならないけど頼りになる相棒なんてポジションを完全に放棄して、単に後ろで棒立ちしてるだけの案山子みたいな存在。
Co-opプレイならその設定が機能するかもしれないが、このゲームが発売された直後ですらオンラインには人っ子ひとりいなかったので、それを確かめる術はない。
201104007.jpg
西部劇時代の『ファレス』にも、決闘モードやアスレチックモードなど、プレイする側からしたら、苦痛を伴う義務以外のなにものでもない強制モードがあったが、肝心の所は継承しないクセに、この『カルテル』は、そういったとこだけは抜かりなく引き継いでいる。
特に仲間の気まぐれな援護射撃をバックに、遮蔽物から遮蔽物へともそもそ移動するチームカバーシステムは、「なんでオレこんなことやらされてんだろ?」気分もひとしおだ。
201104006.jpg
3人の主人公でキャンペーンをそれぞれ一通りクリアすることによって、事件の全容が初めて明らかになるという建前すらも、誰か1人をプレイさえすれば、おおかたの裏が読めてしまう現実の前には虚しいばかりだ。
映画でもゲームでもシリーズの3作目というのは、鬼門になるパターンが多いが、この『カルテル』はシリーズの命脈すらも危うくした、筋金入りの「やっちまった3作目」。
これに懲りたTechlandは、慌てて西部劇に回帰した傑作『Call of Juarez: Gunslinger』をリリースし、ファレスの伝説は辛うじて保たれたのだった。

<Xbox Series X|S, Xbox One 互換>

*関連記事
【Call of Juarez: Gunslinger】もう一つの開拓時代紳士録
【Call of Juarez】レイ・マッコール最後の贖罪

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2951.html

2020/11/04 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。