fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: 干支ゲー の検索結果)

total 3 pages  次のページ →  

【My Brother Rabbit】今年の干支ゲー

   ↑  2023/01/03 (火)  カテゴリー: XBOX Series X|S
230103010.jpg
あけましておめでとうございます。やってきましたうさぎ年。
イノシシだのヘビだのと、およそ干支ってのは色気のない生き物のオンパレードなんですが、その中にあって卯年は珍しく癒やしの年。
Instagramやら何やらで推しアイドルのうさぎコス姿が溢れかえる様子に、干支の存在を珍しくありがたく感じてしまいますね。
230103001.jpg
で、年賀代わりの干支にちなんだゲームですが、どうせそんなお前のことだからバニーガールとかそれっぽいギャルが出てくる作品でお茶を濁すつもりなんだろうと思われていそうですが、あまり人の品格を低く見積もってもらっては困ります(古すぎて現行のパソコンでは動作しなかった『Space Bunnies Must Die!』のパッケージを背中に隠しながら)。
卯年にふさわしい今年の干支ゲーはうさぎが主人公の一作『My Brother Rabbit』。
230103003.jpg
Artifex Mundiと言えば探しものゲームの大量生産でお馴染みですが、この『My Brother Rabbit』も例に漏れずベースとなるのはヒドゥンオブジェクトのスタイル。
しかし「これを見つけたところで果たして話の筋にどう関与するのだ?」の疑念が常につきまとう
Artifex Mundi系探しものゲームと違い、本作はその運用や応用にポイント&クリック式アドベンチャーの様式を加味したひとひねりがあるのがその特徴です。
230103006.jpg
そしてもうひとつのセールスポイントは、やはり他のArtifex Mundi系ゲームとは趣きがちょっと違うファンタジックなアートスタイル。
このストレンジだけど温かみのあるビジュアルが、こちらのアプローチに対してアクティブに反応する様子は、これまた印象的な音楽の後押しを受けてとても魅力的に展開します。
230103005.jpg
全年齢向けのゲームだけあって謎解きやパズルもかなり平易な難度。
難病にかかった妹を助けるために、妹が可愛がっているうさぎのぬいぐるみに身をやつしたお兄ちゃんが空想世界で冒険する絵本のようなストーリー。
手堅いながらもシステムからアートワークまですべてが高水準でまとまったうさぎゲーム。
バニーガールとかうさごコスとか、いつまでもそんなものに浮かれてるんじゃないという自戒を込めて、この優等生な一作を今年の干支ゲーに推す所存でございます。

この記事に含まれるtag : 干支ゲー アドベンチャーゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3127.html

2023/01/03 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【阪神タイガースDS】今年の干支ゲー

   ↑  2022/01/01 (土)  カテゴリー: ニンテンドーDS
220101001.jpg
2022年、あけましておめでとうございます。
年賀状代わりにその年の干支にちなんだゲームを俎上に載せるようになって長いことになるんですけど、今年は寅年。
実は寅って亥に次いでゲームのネタにするのは大変だったりするんですよね。
意外と無いもんですよ、虎にちなんだゲームって。
220101003.jpg
アクションゲームの海外人気シリーズにタスマニアンタイガーってのがありますけど、あれフクロオオカミで虎じゃないし、『究極タイガー』はヘリだし、『フライングタイガーズ』はノーズがサメで虎感皆無だし、EAのゴルフゲームの冠はタイガー・ウッズからローリー・マキロイに取って代わられちゃってるし、もうこれゲームじゃねえけどまあいいか!って辿り着いたのがニンテンドーDSのデータベースソフト『阪神タイガースDS』です。
寅。もう文句なしに寅。誰がなんと言おうと寅。
220101002.jpg
私は千葉ロッテマリーンズのファンなんですが、2021年シーズンのロッテと阪神タイガースは共に優勝行けるだろ!って位置にいながらも、終盤失速して2位に甘んじた似た者同士だったりします。
いくらシーズン途中で首位にいようが、最終的にそこにいなければ何の意味もないってことを嫌というほど思い知らされたシーズンでした。
まあ「優勝だああああ!」って舞い上がった気分的なものはともかくとして、洒落にならないのはその捕らぬ狸の皮算用に終わった浮かれ気分を形にしちゃったもの。
その意味で今でも語り草となっているのが、2008年の夏に出たムック本「Vやねん!タイガース」ですよね。
220101009.jpg
この年のタイガースのシーズン途中までの強さは去年の比じゃなかった。
8月の時点で2位ジャイアンツに10ゲーム差近くをつけて独走。そりゃあ「優勝間違いなし!」って舞い上がるのも無理はありません。
そんな時期に他所よりいち早く!とばかりに登場した優勝記念本でしたが、しかしタイガースは秋に入って大失速。
最終盤でジャイアンツにかわされて優勝を逃し、この早まりに早まった優勝記念ムックは一転V逸の戦犯扱いされるハメになってしまいました。
220101004.jpg
そしてこの『阪神タイガースDS』も、「Vやねん!タイガース」と同じく「阪神優勝や!」のムードが高まる2008年の夏にリリースされた曰く付きの一作。
さすがにソフトの開発自体はシーズン前から始まっていたでしょうから、これを「Vやねん!タイガース」のような当て込み商品と一緒にしてしまうのは憚られるのですが、まあ本作リリースまでのタイガースの快進撃は、ソフトの担当者にとっては神風のように思えたことでしょう。
220101005.jpg
しかしこのソフトが発売になったのがきっかけかのように、そこからジャイアンツがまさかまさかの大覚醒。
足踏みするタイガースを神がかり的な勢いでまくってシーズン最後の最後で首位を奪い、そのまま優勝を決めたのでした。
「Vやねん!タイガース」のように浮かれた内容ではなかっただけに戦犯扱いは免れましたが、生粋のタイガースファンですら「阪神のことはしばらく考えたくない」と落ち込むムードではソフトもイマイチ話題にならず、山のようなニンテンドーDSノンゲームソフト群の中に埋もれてしまったのです。
220101006.jpg
選手名鑑やデジタルベースボールカード、データベースに六甲おろしのカラオケ、そしてメインとなるのはトリビアクイズモード。
入門、初級、中級、上級、特級の五段階に分かれたこのクイズ。初級問題までなら、野球ファンなら常識的な問題が多く出ますので、タイガースファンでなくとももなんとかなりますが、中級以降は他球団ファンには辛い問題が目白押し。
上級以降になると「年度別の基本打順オーダーをタッチペンで入れ替えて完成させろ」なんて問題まで出てきますが、熱心なタイガースファンだってウインやスペンサーが何番を打っていたかなんて覚えている人は少ないんじゃないでしょうか。
220101008.jpg
DSにはこの手のデータベース系ソフトがやたら多かったんですが、雑に作られている率もこれまた高く、『阪神タイガースDS』のその分に漏れず肝心のデータに間違いが散見されるアバウトっぷり。
そんないい加減さもタイガースファンに見透かされた部分もあったかもしれません。
新年早々景気のあんまり良くない話になってしまいましたが、それも布石として2022年はロッテと阪神で日本シリーズやるってことで、少なくとも今年は8月9月あたりで浮かれないぞ!

この記事に含まれるtag : マルチメディア 干支ゲー 野球 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3067.html

2022/01/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【バーンヤード~主役はオレ、牛】今年の干支ゲー

   ↑  2021/01/01 (金)  カテゴリー: Wii
210101007.jpg
あけましておめでとうございます。
鄙びた町の場末のスナックみたいなこのブログも、いよいよ14年目に突入してしまいました。
これを始めた頃は個人ブログが全盛で、それ以前の主流だった個人テキストサイトがシャッター商店街になっていた時代だったんですけど、今やもうその個人ブログがシャッターどころか商店街を取り壊して再開発されているような状態。
そんな中で長くお付き合いいただいている皆様には感謝の言葉もありません。
210101002.jpg
干支にちなんだゲームの話題も2周目に入りましたが、前回13年前にチョイスしたのが3DOの『ザ・ホード』
丑ゲーとしてのみならず名作な一本ですが、今回取り上げるのはそこまで名作じゃないけれど丑ゲーとしての主張は『ザ・ホード』をはるかに凌ぐゲームです。
Wiiで2007年にリリースされた、その名も『バーンヤード~主役はオレ、牛』。
210101004.jpg
このゲームについて触れる前に、スティーブ・オーデカークという映画人についてちょっと説明しなければなりません。
監督、脚本、時には役者とマルチにこなす、分かりやすく言うとジェームズ・ガンみたいなタイプなんですが、もっと分かりやすく言うと、そのジェームズ・ガンに致死量のバカになる薬を打っちゃったような人物です。
代表作は親指一本でスターウォーズやタイタニックをトレースした『親指シリーズ』や香港製カンフー映画の一部を自分や牛に差し替えてバカ喜劇に改変してしまった『クン・パオ! 燃えよ鉄拳』など。
210101003.jpg
そのオーデカークがニコロデオンを騙してと組んで放った長編アニメが『バーンヤード/モーモー牧場は大騒ぎ!?』。
片田舎の牧場を舞台に、言葉も喋れれば二足歩行もできる(ただし人間にはその事実を隠している)家畜たちが素っ頓狂な騒ぎを巻き起こすコメディです。
しかしピクサーやディズニー作品のように一般受けする見込みなんかまるでないもんだから、日本では当然のように劇場公開は無し。
そんな日本市場には相手にされなかった映画のゲーム化作品が、なぜか日本でもしっかり発売されたという誰得な展開に。
案の定、ただでさえ人気作以外は値崩れの激しいWii市場にあって、早々と投げ売りされまくっていました。
210101005.jpg
プレイヤーが動かすのは、そのバーンヤード牧場に新たにやって来たオリジナルキャラクターの牛。
バーンヤードとその周辺の一帯をアバウトに巡って、オーティスやピッグ、ベンら牧場の面々の依頼に応えたり、ミニゲームや収集品にトライするなど、この時期のキャラクターものゲームによくあった小型版GTAみたいな内容です。
Wiiリモコン&ヌンチャクに依存した操作スタイルはプレイアビリティがあんまり良くはないんですが(Kinectなんかと比較しても、Wiiリモコン入力って実はそれほど直截的ではない)、やはりリモコン操作が肝のミニゲームのうちのいくつかには、案外の拾い物がちらほら。
中でも牧場周辺を巡る時に頼りになる自転車は、周囲の牧歌的な風景も相まって結構楽しかったりします。
210101006.jpg
車をかっぱらっての深夜の大暴走など原作アニメ準拠のイベントも盛りだくさんなんですが、肝心の原作が日本ではちっとも知られていないため、これをうっかり手に入れてしまった人たちのほとんどにとっては何が何やらかもしれません。
それを悟ってかこの日本版ゲームも、アニメ原作のゲームであることの説明をハナっから放棄。
結果的になんだか得体の知れない動物のキャラゲーという存在になってしまいましたとさ。

この記事に含まれるtag : シネマゲーム 干支ゲー 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2969.html

2021/01/01 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ねずみくす】今年の干支ゲー

   ↑  2020/01/02 (木)  カテゴリー: XBOX
200102002.jpg
あけましておめでとうございます。
2020年は子年。実は干支にちなんだゲームを取り上げた記事の第一回も子年だったりして、恒例の干支ゲーもいよいよ十二支を一回りしてしまいました。まぁなんて私、進歩ないんでしょうか。
ひとくちにねずみと言っても、浦安のあたりにいるあいつとか、セガの青くてバカっ速いやつとか色々いますけど、古くからのXboxユーザーにとっては、ねずみときたらあいつらしかいないわけでして、今年の干支ゲー、満を持して『ねずみくす』の登場です。
200102005.jpg
いまの日本市場にいるんだかいないんだか分からないような存在と違って、2002年に国内販売が開始された初代のXboxは、そりゃあもう派手なお目見えでした。
ゲイツ、YOSHIKI、笑っていいとも、緑に染まる渋谷。
その黒い巨体も相まって、ゲーム大国日本に開国を迫るアメリカからの使者は"黒船"の異名をとったりもしましたが、まぁ確かに船にはねずみの乗船がつきもの。
だけど船のねずみってのは、基本こっそり乗ってるもんですが、このXboxのねずみの場合は「タイタニック」のディカプリオよろしく舳先に堂々とその姿を現していたのでした。
200102003.jpg
マイクロソフト自らが贈る初代Xbox最初のオリジナルタイトル。
当時陣頭指揮を執っていたマイクロソフトの大浦常務は、「ねずみのフサフサ感」をやたらとアピールしていましたが、裏を返せばそれしか取り柄らしい取り柄がなかったこのゲーム。
そしていつしか「フサフサ」という言葉も、Xboxそのものを揶揄する言葉へと変わっていったのです。
200102007.jpg
Xboxユーザーにとっても世間にとってもろくな思い出がない『ねずみくす』。
ファミリー層にもアピールできる可愛らしいゲームであるのが、このねずみどもがプッシュされた大きな理由なのでしょうが、しかしこの『ねずみくす』は、フサフサでキュートな外見の下に排外主義というポリティカルなテーマを隠し持った作品なのでした。
小さな家の屋根裏で暮らす一見平和なねずみの一団。
200102004.jpg
しかしある日、彼らは自分たちの食い扶持がいつの間にか減っていることに気づき、内紛の危機を迎えます。
この事態をとりあえず収集したのが、仲間内では知恵者で通っているねずみ。
「これはヨソモノがボクたちの食い扶持を奪ってるんだよ!」
ハンパなインテリが無教養な連中を煽るってのは、どっかで見たような構図ですが、とにもかくにもねずみたちは「悪いのはあいつらだ。ヨソモノをやっつけよーぜー!」と、たちまちネオナチ化一致団結するのでした。
200102006.jpg
こうなるとねずみたちの一匹がピースマークのTシャツを身につけているのも、タチの悪いブラックジョークにしか見えてきません。
こうして徒党を組み家の中を探索してヨソモノを炙り出すねずみたち。狩り出すだけ狩りだしたら最後は腕っぷしに物を言わせてステージいっちょ上がり。
この構図の前には薄っぺらいゲーム性や、「Have a mice day」「よみこみチュー」「ドタバタねずみアドベンチュー」といった人の神経を逆なでするダジャレの数々も些細な問題でしかありません。
黒船の舳先に立ってきた乗員であるにも関わらずバリバリの国粋主義者。自己矛盾の塊のような『ねずみくす』が、スタートダッシュで前のめりになるXboxの足を思い切りすくったのも、むべなるかなであったのです。

この記事に含まれるtag : 干支ゲー 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2859.html

2020/01/02 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【闘魂 猪木道 ~ぱずる DE ダァーッ!~】今年の干支ゲー

   ↑  2019/01/04 (金)  カテゴリー: PS2
190104002.jpg
あけましておめでとうございます。
新年の初めには干支にちなんだゲームを取り上げるのをなんとなく続けてきて、もうそろそろ干支が一周しそうな頃合いになってきました。
干支ゲーといっても案外とネタに困ることは多くなかったのですが、それでもたまにはゲームにはあんまり縁のないような動物が主役を張る年だってあったりするわけで、今年の干支である亥はまさにその代表格。
イノシシのゲームってパッと思いつきます? つかないでしょ!?
いいや、もう、どうせこのブログ最近サボりがちだし、干支ゲーも去年で打ち止めにしちゃおうかなあと弱気なことを考えながら、それでもすがるようにゲーム棚からイノシシの文字を探していると……、あるじゃねえか、バカヤロー! ダァーーーーーッ!
190104005.jpg
困ったときのアントニオ猪木頼み。これであと3回くらい亥年迎えても大丈夫だぞ、コノヤロー!!
現在猪木のいの字もないリングで何度目かのブームを迎えている新日本プロレスですが、やはり昔からのプロレス者としては新日本と猪木は切っても切れない関係。
そして新日本プロレスにとっても一時期の猪木さんは、関係を切りたくても切れない面倒くさい関係。
さっき困ったときの猪木頼みと言いましたが、このゲームが出た当時の新日本にとっては、猪木さんがいる事自体が困りものという大変な時期でした。
190104007.jpg
社長がこんにゃくなのをいいことに度重なる強権発動。魔界倶楽部、MMAの選手を呼んでのしょっぱい試合、ジョーニー・ローラー、新グレート・ムタ、猪木問答、混乱の向こうで右往左往させられる永田中西天山。
……なんか古株のスレたプロレスファンが今の新日に物足りなく感じてる部分のほとんどが詰まってるような気もしますが、とにもかくにもゼロ年代初頭の新日本プロレスは、アントニオ猪木という象徴に祭りあげたいんだけど本人が絶対にそれを納得しない存在に振り回されていたのでした。
そんな時代の猪木=新日ゲームも当然のごとく混迷を極めておりまして、あの悪名高い猪木事務所とパートナー関係を結んでいたのは、海外資本に買収されて社名をパシフィック・センチュリー・サイバーワークス・ジャパンに改めていたジャレコ。
190104004.jpg
普通のプロレスゲームにしておけばいいものを、普通を嫌う猪木さんの影が大きかったからでしょうか、このタッグチームが出した猪木版権ゲームは、そのどれもがプロレスファンとゲームファン双方の斜め上を行くものばかり。
猪木に輸血され闘魂遺伝子を受け継いだ小学生が、学業の合間に新日本プロレスの興行にマスクマンとして参戦するゲームボーイアドバンス作品『闘魂ヒート』なんてのがその代表格。
こちらは実際にヒートを名乗るマスクマンが、タイガーマスクや獣神ライガーの頃からは想像もつかない、やる気のかけらもメディアミックスで、新日のリングに登場する一幕もありました。
190104008.jpg
そしてこの『闘魂 猪木道 ~ぱずる DE ダァーッ!~』。
タイトルだけですべてを理解できてしまいそうですが、そのとおり、ありがちな落ち物パズルにアントニオ猪木を抱き合わせたゲームです。
だがさすがにそれだけではインパクトに欠けると思ったのでしょうか。ゲームに登場する新日レスラーのキャラクターデザインに起用されたのは、「元祖!浦安鉄筋家族」の浜岡賢次。
おかげで猪木を筆頭に中西、永田、ライガー、安田、蝶野、天山、健介と、出てくる選手すべてが、自分をレスラーと思い込んでいる危ないおっさんたちにしか見えません。健介に至っては単なる半グレのあんちゃんです。
190104006.jpg
しかし反則球だのタッグマッチモードだののギミックで無理やりプロレスにこじつけたパズルは、あくまでPS2で商売するための体裁のようなもの。
このソフトのメインは、あくまでゲームの進行に応じてゲットできる猪木語録や秘蔵映像など。
聞いてるそのときは思わず高揚してしまうが、冷静に考えるとアバウト極まりない猪木語録は、もちろん本人の肉声。
190104009.jpg
それ以上に必見なのは、参議院に出馬したときの得票数などの小ネタに混じってに、中には猪木本人にとってはツッコまれたくないような情報もさり気なくぶっこんだ、ローディング画面に表示される猪木トリビアではないでしょうか。
初回限定盤には浜岡賢次イラストの猪木ペーパークラフトが付属。
ということでどうにかこうにかお茶を濁した今年の干支ゲー。本年もマイペースで更新するのでよろしくお願いいたします。
1・4ドーム? そんなの知るか、バカヤロー!!

この記事に含まれるtag : プロレス 干支ゲー 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2799.html

2019/01/04 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。