FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: 実写ゲーム の検索結果)

total 17 pages  次のページ →  

【Dracula VS The Ninja On The Moon】月のドラキュラ忍者大戦

   ↑  2021/04/22 (木)  カテゴリー: PCゲーム
210422002.jpg
実写映像をゲームに用いることには様々なメリット、デメリットがある。
その利点や欠点は時代時代によって変遷してきているのだが、アマチュアによる映像発信が簡単になった最近では、バカな仲間さえいればローコストでゲームを一本でっち上げられる、とてつもなく横着なメリット(ユーザーにとってはデメリット以外の何ものでもないが)を生み出している。
210422004.jpg
そしてこれを一歩押し進めた手口だってある。
YouTubeに置いても誰も見向きもしないような一昔前のゴミインディー映画。
こんなのにだってインタラクティブと称する要素をほんの少しだけ付け足してSteamやEpicのストアに置けばいい。
この手のムービーに辟易としている映画オタと違って、ネタに困っているゲーム界隈の実況者やブロガーがホイホイ食いついてきて、ゴミ箱の底に転がっていた映像があっという間にリザレクトできるのだ。
210422006.jpg
『Dracula VS The Ninja On The Moon』は、まさにそんな手口のそのものズバリな一本。
ベースとなったのは約10年前に作られた、ローファイという表現すらJAROに誇大広告で訴えられたら弁解できなさそうな、箸にも棒にもかからないインディーフィルム。
忍者が特訓の末に月に向かってドラキュラと対決するのがそのあらすじだが、いや、このあらすじ書いていてなんか違う。間違ってないんだけどなんか間違ってる。
まぁとにかくエド・ウッドを敬愛するのは分かるが、それを直接的に目指してそこにすら辿り着かないどころか、はるか手前で着地するのはやめろ!と諭したくなるような映画である。
210422005.jpg
こんなシロモノにも、どっかで拾ってきた謎の海賊版ビデオテープという設定をつけて画面をクリックする必要をほんのちょっぴり盛り込みFMVゲームと名乗れば、立派なSteamストアの商品になっちゃうんだから、あら不思議。
しかしそんな僅かながらのインタラクティブな要素も、カーソルの色が黒くてどこにあるのかさっぱり分からない根本の問題で早々と破綻しているのであった(なお、画面右下の設定アイコンは単なる飾りらしい)。
210422003.jpg
トラッキングを調整して映像を正しい方向に導けというのが、『Dracula VS The Ninja On The Moon』がゲームを自称している上での唯一の建前であるが、これすらほぼウソ。
トラッキングをコントロールするシステム自体がそもそも備わっておらず、調整の指示が出るたびにとりあえず画面を一回クリックすれば、映画は頼みもしないのにつつがなく進行する。
まあ最低限の操作する要素(と言ってもクリックだけだが)を盛り込んでいるのは、「Switchで遊んでてもいいしKindleで本読んでいてもいいけど、とりあえず画面の前からは離れるなよ」なんてメッセージみたいなもんかもしれないが。
210422007.jpg
元々がただでさえチープな映像なのに、それが海賊版VHSの設定のもと、さらに劣化した画質で再生されるのはとんだ災難だが、まあ真面目に画面を凝視している人なんておそらく皆無だろうから、その辺は割とどうでもいいとこなのであろう。
トータルで30分強のインタラクティブトラッシュムービー体験。
これで見終わった後に虚無しか残らないのであれば救われないが、幸いにしてオレは「もうSteamでしょうもないゲームを漁るような非生産的な生活は改めて、明日からもうちょっと真面目に生きます!」なんて反省の気持ちでいっぱいです。

この記事に含まれるtag : 実写ゲーム Steam 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3007.html

2021/04/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【モーショングラビアシリーズ 根本はるみ】唯一無二の映像美

   ↑  2021/03/05 (金)  カテゴリー: PS2
210305009.jpg
往年の国民機PS2が昨日でちょうど発売21周年を迎えたとかで、Twitterのプレイステーション公式アカウントが 「#忘れられないPS2タイトル 」なんてタグを提唱していました。
それにいっちょ乗ってやろうかと思い、とりあえず今一番大切に保管してあるPS2ソフトはなんだろうなと棚を覗いてみたら、上段に綺麗に収められていたのは『モーショングラビアシリーズ』全4作。
どうやら私にとってPS2というハードを象徴するソフトは、このイエローキャブのグラビアタレントたちの肢体を収めたノンゲームになるみたいです。
210305002.jpg
まぁ実際素晴らしいソフトであることは間違いないんですが、しかしもどかしいのは私がいくらこの『モーショングラビア』の魅力を力説しても、「いやーお好きですなあ、ハッハッハッハ」と軽い笑いと共に流されてしまうことですね。
もちろんその裏には(この巨乳好きは、ホントしょうがねえなあ)なんて侮蔑の色が見え隠れしているわけですが、そうじゃねえんだよ! 根本はるみの真の魅力は決してバストだけじゃねえんだよ!
210305004.jpg
あの酒ヤケしたような声とか、少々のボディーブロー食らってもびくともしなさそうなウエスト回りとか、粗野でがさつな身のこなしとか、そういったところに根本はるみがミューズたる所以があるんだよ!!
……いや、そうじゃねえって! 『モーショングラビアシリーズ』という唯一無二のビジュアルソフトの魅力についてだって!
根本はるみやイエローキャブ勢が絡んだゲームは、PS2で他にも色々と出ていますけど、『モーショングラビア』は、いかにもなそれらとは明らかに一線を画したクオリティがあるんだって!
210305006.jpg
本シリーズを手掛けたのはソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)。
プレイステーション事業やソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE、現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)の立ち上げに大きく関わった、音楽事業を手掛けるソニーの子会社です。
プレイステーションという業界の新参者を特徴づけた、それまでのゲームの本流とは毛色が違ったカラーやセンスは、このSMEの血によるところが大きい印象があります。
『パラッパラッパー』『I.Q インテリジェントキューブ』『がんばれ森川君2号』『ビブリボン』など、SMEのカラーが濃いSCEの初期タイトルはプレイステーション独自のカルチャーをイメージづけてきました。
210305003.jpg
この強烈なSME色は社内事情やなんやかんやで次第に薄まっていって、PS3が出た頃にはもうほとんどなくなってしまい、私なんかはプレステ本来のオリジナルカルチャーは、ここでいったん断絶してしまったんじゃないかとすら思っています。
そんなSMEテイストもPS2の頃にはまだ辛うじて残っていて、そしてそれは巨乳タレントのグラビアソフトというベタな企画すらも、独特のセンスが漂うビジュアルアートへと昇華させてしまいました。
210305007.jpg
スクショを見ていただければ分かるように、『モーショングラビア』の基本的な素材は、ごく普通のスチル写真。
その大量のスチルをアニメーションのように動画化したものがモーショングラビアです。
この一種独特の補間がかけられて、ぬめーっとなまめかしくアニメーションする動画は、どことなく幻想的な質感を孕んでいて、被写体の魅力をグラビア写真集やイメージビデオとは違う次元で高めてくれました。
210305008.jpg
同梱のメイキングDVDの旧態依然とした映像と並べてみれば、このモーショングラビアの唯一無二の映像美は、さらに際立ったものに映るでしょう(DVD中の肩をいからせてのっっしのっしと歩く根本はるみも、それはそれで見応えあるものですが……)。
グラビアソフトという、ちょっといいかげんに作っても差し支えのなさそうなジャンル(事実そんなレベルの他社製ソフトが溢れている)においても、アーティスティックとも言えるアイディアと作り込みを貫く。
そこに創成期のプレイステーションから連綿と続いていたSME的なアティチュードの片鱗を感じてしまいます。
210305005.jpg
「グラドルのビジュアルソフト」なんて大雑把な括りから、つい軽く見られがちなこのシリーズですけど、私は『モーショングラビアシリーズ』のあまりにも個性的な映像美や作品性の高さを、声を大にして訴えたいです。
もっとも、「まず根本はるみの存在がありき」ってのが、いちばん重要なポイントであることは間違いないんですけどね!

この記事に含まれるtag : タレントゲー 実写ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2989.html

2021/03/05 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【王様げーむ】悦楽の玉座

   ↑  2021/01/11 (月)  カテゴリー: セガサターン
210111008.jpg
王様、それは本来なら重い責任を背負い込んだ針のむしろのような地位。
しかしそんな責任から解き放たれ、権力の好き勝手な行使だけを思うがまま振るえる王様だって、飲み会や合コンの席に確かに存在する。
「王様だ~れだ!?」
その言葉はこの世でもっとも綺羅びやかな王冠に匹敵する。
そして選ばれしものであるセガサターンユーザーに向けて、「王様き~みだ!」と太っ腹なアプローチを寄越してくれたのは、サターンユーザーにはお馴染みソシエッタ代官山だ。
210111001.jpg
ソシエッタ代官山。"サターンを支えたサードパーティー"みたいなトピックでは黙殺されることがほとんどだが、『THE野球拳スペシャル ~今夜は12回戦~』や『アルバム倶楽部 胸キュン セントポーリア女学院』など、主に実写のX指定~18歳以上推奨ソフトを出していた、ある意味セガサターンでもっとも自由奔放に振る舞っていたメーカーである。
そのソシエッタ代官山が総力を上げて(?)放った大作が『王様げーむ』だ。
210111005.jpg
「王様ぼーくだ!」
このソフトを手に入れたあなたは、堂々と魅惑の一言を宣言することができる。
仮設後宮とも言うべきセガサターンに侍らすのは、吉田里深、奈良沙緒理、松田純、飯島みゆき、稲田奈穂、三枝実央、千東茉由、渡辺道子、当時の新進グラビア系アイドル8人。
ネームバリュー的にも、過去のソシエッタ代官山作品のキャストを凌ぐ豪華なラインナップだ。
210111002.jpg
だがこのメンツを相手に王様の権力を行使するまでの道のりは簡単ではない。
野球拳ではインチキなじゃんけん、セントポーリアでは勝負がなかなかつかないあっち向いてホイと、ソシエッタ代官山のソフトには、最低限のゲームという建前を通すための苦行が常について回ってきたが、本作ではそれが頼みもしないのにグレードアップ。
毎度おなじみの"アッチむいてホイ"に、やはりじゃんけんとピコピコハンマーとヘルメットを駆使する"ぴこぴこポン"、そして落ちてくる爆弾を避けながらA、Cボタンボタン連打で木を登る"するするドッカーン"。
いずれもなんでこんなことをさせられなきゃなんないんだと世を呪いたくなるような3つのミニゲームがルーレットでチョイスされる。
210111006.jpg
バランスもゲーム性もあったもんじゃないこれらのミニゲーム(するするドッカーンは実質無理ゲーと言っていい)をなんとかクリアすれば、喉から手が出るほど欲しかったあの権利がついに手に入る。
「王様おーれだ!」
罰ゲームの名目でグラドルたちに強いるのは、脳みその皺がアイロンがけされてしまいそうな微エロミニゲームの数々。
210111003.jpg
ホースでスケスケ、ホッペにチュッ!、体操しようぜ!、コチョコチョ攻撃、セーラー服でGO!GO!、ビュンビュン水鉄砲、レッツゴーなわとび、ボクはぬいぐるみ、ハネハネ攻撃、スケスケジャンプ!などなど、タイトルを書き出しているだけで偏差値が10ぐらい下がりそうなムービー&ミニゲームの数々。
内容はまあ想像がつくだろうが、サターンパッド片手にこれに付き合えば、自分の中にわずかに残った知性と教養が、下半身の方からダラダラと漏れ出す様子がありありと感じられてくるだろう。
もちろん我々がソシエッタ代官山に期待している、まさにどストライクな内容であることは間違いない。
210111004.jpg
悶絶したり、身をくねらせたり、しょうもないことを言わされたり、疑似騎乗位やらなんやらさせられたりと、グラドルさんたちのプロフェッショナル精神だけを頼りに構成されたメインコンテンツは、もう完全に平成期深夜のお色気バラエティ番組のノリ。
当時のWindows PC界隈では、この手のテレビ番組風バラエティソフトは、それほど珍しいものではなかったが、それが家庭用ゲーム機向けとなると、やはり話は別だ。
日本のゲームカルチャーからの影響をこれっぽっちも受けていない特異な作風は、ソシエッタ代官山の全作品に共通したものであるが、中でも本作はタレントからスケールまで、その集大成とも言えるゲームだろう。

*関連記事
【アルバム倶楽部 胸キュン セントポーリア女学院】
【THE 野球拳 SPECIAL】野球拳ゲームのクラシック
【ホーンテッドカジノ】最後のX指定

この記事に含まれるtag : 実写ゲーム タレントゲー 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2973.html

2021/01/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【She Sees Red】彼女は激怒している

   ↑  2020/12/04 (金)  カテゴリー: XBOX Series X|S
201204007.jpg
実写映像はゲームの素材としては、およそ制御しづらい代物だ。
役者や撮影スタッフを使って撮りあげた映像は、そこで記録されたものからあまりに動かしようがなく、CGなどに比べて宿命的にインタラクティブ性に乏しい。
それでも実写映像を使うメリットと言えば、やはりまだまだCGでは追いつかないきめ細かい役者の表情や所作。そして映画やドラマ畑のスタッフによる構成や編集の妙にあるだろう。
201204002.jpg
フルモーションビデオという言葉が生まれた頃の実写映像ゲームは、いかにして実写ムービーを素材にゲームとして凝ったものを作るかに苦慮していたところがある。
しかし『Late Shift』や『The Bunker』など、近年のフルモーションビデオ作品は、ゲームという定義に囚われず、必要最低限の選択肢を加えた分岐する映像作品、ゲームとドラマの中間を目指すことによって成功している例が多い。
201204003.jpg
このロシア発のFMVゲーム『She Sees Red』も、そんなドラマ志向のインタラクティブムービーだ。
マフィアの経営するナイトクラブに酔客を装った謎の人物が侵入。警備員を殺害した後、なんらかの目的を持ってバックヤードを徘徊し始める。
そして約1時間後、情報を得てやって来た女探偵とその相棒が、マフィアの立ち会いのもと、その暴漢の捜索を開始する。
この二つの時間軸がシームレスに同時進行する中、プレイヤーに与えられた唯一のインタラクティブな役割は、時折現れる選択肢でドラマを4つに別れるエンディングに分岐させるだけだ。
201204006.jpg
プレイヤーというよりは限りなく視聴者に近い立場ではあるが、しかしこの実写ドラマがかなり本格的にきめ細かく制作されていて見ごたえがある。
インタラクティブ的なエッセンスに多少ゲタは履かされているかもしれないが、このドラマの根幹をなしている、ナイトクラブという閉鎖空間の中で探偵サイドとマフィアサイドの静かな心理戦は、キャストの演技の力もあってなかなかにスリリングだ。
201204005.jpg
残念なのはローカライズ周り。
機械翻訳丸出しの字幕はマフィアが馬鹿丁寧な言葉遣いで喋るなど、真に受けると気が散ることこの上ないのだが、まあこの辺は参考程度に留めて各自脳内で最適なセリフに変換するしかないだろう。
それよりも致命的なのは、肝心の選択肢の表記が左右入れ違っている部分が数ヶ所あることだ。
1回のプレイ時間(というか上映時間)は30分弱。シーンスキップ等はできないので攻略的な意味合いでシーンコンプを目指す人にとっては煩雑かもしれないが、マルチエンディングの映像ドラマとしては手頃な尺と言えるのではないか。

この記事に含まれるtag : 実写ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2961.html

2020/12/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Harvester】悪趣味を極めた90年代カルトホラーゲーム

   ↑  2020/10/31 (土)  カテゴリー: PCゲーム
201031002.jpg
ハッピーハロウィン! ……なんてフレーズもいつから定着してきたのか、もはやぼんやりとしてきたが、とにかくスレたゲーマーにとってはグロいゲームの大量セールの恩恵を受けるありがたいシーズン。
今回取り上げるのもそれに相応しいストレンジなゲームだ。
この実写取り込み映像を使ったポイントクリックADV『Harvester』が、この世に登場したのは1996年。
96年!? そう、『The 7th Guest』や『Return to Zork』などによって微妙に盛り上がっていたいわゆるフルモーションビデオの流行も終息しかけていた時期。
この間の悪さもあって商業的に大失敗した本作は長いこと幻のゲームとなっていたが、今ではSteamなどで手軽に遊べることができる。
まったくありがたいんだか余計なおせっかいなのかよく分からない時代だ。
201031004.jpg
悪夢と共に半裸の主人公スティーブが目覚めた先は、まったく身に覚えのないのない1950年代風の街。
町の名前はハーベスト。当たり前のようにスティーブの身内として振る舞う家族がいて、当たり前のように彼を受け入れる隣人たちがいる。
覚えのないこと以外は何の変哲もない平和な田舎町。……なんてことはない。何もかもが奇妙だ。
実写取り込みの町並みや人物が奇妙なだけではない。住人の言動はどれもこれもちょっぴりネジが外れている。
201031003.jpg
不審火で焼け落ちた新聞社。周囲がフィアンセだと認める隣人。友好的で不穏なPTAママたち。猫の死体だらけの肉屋。スティーブの父親と称する人の部屋は奇っ怪な性具で溢れかえっている。
そして田舎町のど真ん中にあるのは、それに不似合いな巨大で異様なロッジと呼ばれる宗教施設。
ここに関わらなければ話が進まないので訪ねてみると、他人の車に傷つけてこいに始まる嫌がらせミッションを押し付けられ、終いにはそれが放火にまでエスカレートする。
201031006.jpg
そうやってスティーブが右往左往させられる間に挿入されるのは、老保安官助手の自慰行為やら、初老同士の密会いちゃいちゃシーンやら、母娘の首吊りやらと、まるで嫌がらせのようなバッドテイスト実写ムービーの数々。一番勘弁してほしいのは床に就くスティーブがいちいち半裸になるどうでもいいシークエンスが、毎日のように披露されることだ。
中には口直しのつもりかムフフな内容のものも申し訳程度に含まれてはいるが、いずれにせよこれらのムービーが入るタイミングや構成が、また微妙にネジが外れてギクシャクしているので、プレイヤーに結局残るのは胸クソの悪さと落ち着きのない違和感だけである。
201031005.jpg
実写取り込みのキャラクターをマウスクリックでひょこひょこと移動させるアクションは、他のフルモーションビデオ系ゲームにもよくあったが、『Harvester』にはそれに加えてマウス右クリックで対象をアクティブに攻撃するアクションが加わっている。
これがまた限りなくローファイな『モータルコンバット』みたいな見た目になっていて、それがさらにこのゲームのキッチュさに輪をかけている。
後半、ロッジの地下を探索(?)するパートでは、この激安モータルコンバットの大盤振る舞いだ。うわあい。
201031007.jpg
全編を一応貫くストーリー自体も、いちいち突飛でどうにも整合性を欠いていて、まあ逆にそれが強烈な印象になったりするんだから、この辺は狙っていたのかどうだったのか。
兎にも角にもあの時代のゲームシーンに於いてエロ・グロ・ナンセンスだけを突き詰めたのかのような、それでいて当人たちが期待したような大きなセンセーションを巻き起こすことに思い切りしくじるオチを付けた、それもこれもひっくるめてカルトの佃煮みたいなゲームである。

この記事に含まれるtag : ホラー Steam 実写ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2950.html

2020/10/31 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。