FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: 声優 の検索結果)

← 前のページ  total 5 pages  次のページ →  

【スタンバイ Say You!】千葉繁のしわざ

   ↑  2014/05/15 (木)  カテゴリー: セガサターン
スタンバイsayyou!
今でこそアイドル声優とそれを取り巻く環境はシステマチックなものになっていますが、俗に第3次声優ブームと呼ばれる1990年代中頃は、職業声優的な立ち位置にいた人が、なんの準備も心構えもないままに、ぽんとアイドル声優のラベルを貼られて表舞台に送り出される実にスリリングな時代でした。
本人はもとよりプロデュースする側や企画を建てる側などが、いずれもファンとどういう距離を取りどんなアプローチで臨めばいいかを測りかねていたこともあり、さらにはご本人たちの世間的には地味な存在感も相まって、この頃に登場した声優もの商品の数々は、どれもキッチュかつフリーキーなもので溢れていたのです。
IMG_0006.jpg
特にゲームの分野においてはそれが顕著でした。
中には声優さんと一緒にボウリングを楽しもうとか、声優さんとビリヤードで対決しようなどの、(人選に多少の難があるとはいえ)許容範囲内の企画もありはしましたが、それらの少しまともな声優ゲームを覆い隠すかのようにドス黒く輝いていたのが、「昼は普通のRPGキャラが、夜になると中の人たちの実写で宿屋を訪ねてくる」だとか「UFOを飛ばすために動力源となる声優さんのボイスを採集する」などといった、考えた奴をカウンセリングに連れて行きたくなるようなコンセプトのゲームたちです。
これら一連のアバンギャルド系声優ゲームに、ことごとく絡んでいるのが、今ではベテラン声優の域に入った千葉繁さん。
そして彼の関わった声優ゲームの中でも、その悪名が飛び抜けているのが、サターン、PS、Windowsにまたがってリリースされた『スタンバイ Say You!』。
IMG_9981.jpg
建前上は音響監督シミュレーションの体裁をとるこのゲーム。プレイヤーの役割はアフレコ現場を仕切ってアニメの音声を一本収録すること。
夜になるとRPGキャラが実写化とか、宇宙人が声目当てに声優さんをストーカーなどに比べれば、曲がりなりにも業界のお仕事をシミュレートした比較的まともなものに思えるかもしれませんが、千葉さん自らそのポジションを用意して頂いて言うのもなんですが、音響監督の立場も我々にとっては、それほどありがたいものではありません。
我々が本来望む声優さんとのふれあいは、例えば「ある日、空から突然ほっちゃんが降ってきて、家に居候しはじめた」とかそんな類であって、決して業界人としてのビジネスライクなお付き合いではないのです。
ましてやそのポジションを得るために千葉さんの弟子を経由しなければならないとは論外です。なんであんたに勝手に弟子呼ばわりされなきゃなんねえんだ!
IMG_9983.jpg
一応はゲームとしての体裁を最低限整えていた他の千葉産声優ゲーに対して、コンセプトとしては比較的なこの『スタンバイ Say You!』が、それらを遥かに上回る顰蹙を買ったのは、ゲームの体を全く成していないから。
ただの尺稼ぎ以外の何ものでもない移動パートや、その意図が全く不明な会話選択パート。そして本来ならゲームとしての根幹を成すはずなのに、その存在意義がまるで理解できないアフレコ指示パートをつまみ代わりに進行するのは、ギトギトに汚い画質のシネパックムービーで展開する声優さんたちのアバウトな寸劇。
ここでは千葉さん以外に矢尾一樹さんという、これまた飛び道具がいたりします。二人の浮ついたノリに正面から向き合うのも並大抵の苦労ではありませんが、それも業界の人間として彼らと関わってしまった因果と思って諦めるしかないのでしょうか。



この記事に含まれるtag : 声優 実写ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2093.html

2014/05/15 | Comment (10) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ナデプロ!! ~キサマも声優やってみろ!~】

   ↑  2014/05/14 (水)  カテゴリー: PS2
14051407.jpg
就職難のこのご時世。特に進路を決めずぼんやりとしていたら、街のどこかで声優プロダクション関係者の目に止まっていたらしく、いつの間にやら事務所入りと声優デビューが決まっていましたあ。
青二塾や日ナレに大金を払って明日をも知れないレッスンに励んでいる者ならずとも、思わず「世の中をナメるんじゃねえ!」とその首を絞めてやりたくなるような極楽トンボ。
今日び街中でアダルトビデオや風俗以外のスカウトがあるのも驚きですが、とにかく主人公=プレイヤーは、そんな展開になんの疑問も差し挟まないまま、声優事務所ナデシコプロダクションの一員として、棚からぼた餅の業界デビューを果たすのです。
そのナデプロは男性声優ばかりが所属する男所帯。そこに紅一点として加わるのですから、そりゃあ乙女ゲームという前提なくしてもチヤホヤされます。
事務所にちょっと花を飾ったくらいで、連中は勝手に感動する始末。世の中ってホントちょろいですね、ニコッ。
14051401.jpg
養成所に金を貢ぐことなしに声優デビュー。そのついでに先輩の男声優も食っちゃって一石二鳥。そんなお気楽極楽な願望をストレートにまるごとパッキングした、ありそでなかった若手声優生活シミュレーション、『ナデプロ!! ~キサマも声優やってみろ!~』。
事務所を仕切るエキセントリックな男性マネージャー(CV・置鮎龍太郎)は、「一年で成果を出さなかったらクビだ!」と、いかにも過酷な条件を突きつけている気になっていますが、それってぶっちゃけ青二のジュニア制度と大して変わらないですよね。
イベントをこなしてスケジュールを進めていけば、仕事がほいほい入ってくるこっちの方が、むしろよっぽど楽かもしれません。
14051402.jpg
もちろんナデプロにも養成所という集金システムは存在し、そこの三人の塾生たちは主人公と共に切磋琢磨し励まし合う間柄となるのですが、私がもしその塾生の立場だったら、こんな養成所も何もかもすっ飛ばして、いきなりデビューをきめやがったどこの馬の骨とも知れない奴になんか、絶対心を許すはずがありません。
むしろそんなふざけた奴、飲み物にこっそり水銀でも混ぜてとっとと喉を潰してやるところですが、この三人ときたら呑気に主人公と打ち解けてアドバイスまでする始末。
こんな人の良すぎる連中に、生き馬の目を抜く業界でのサバイブなど、とてもおぼつかないことでしょう。せいぜい主人公の肥やしとなるのがお似合いです。
14051403.jpg
他事務所の人気絶頂男声優(攻略対象キャラです)に、年の割にキャリアの長い実力派(モデルは沢城みゆきあたりでしょうか)、実年齢三十代後半なのにロリ系のキャラを強引に押し通す人気声優(モデルは……、あえて詮索するのはやめておきます)、さらには音響監督に脚本家と、苦労知らずのまま人脈も次々と増えて、否が応でも増してゆくいっぱしの業界人気分。
それをさらに高めてくれるのが、各章のラストに必ず挿入されるアクティングパート。
実際のアフレコさながらに、出番が来たら主人公をマイクの前に移動させ、音ゲーの要領でセリフをこなします。
ガヤから始まり、格ゲーのボイス、アニメの端役と、少しずつグレードアップし、それに応じて難度も上昇するこのパートは、スタジオ内で座る位置からすでにゲームが始まっています。ガヤなのにど真ん中にふんぞりかえって座っていたらエラい顰蹙買いました。
でもそんなささやかな失敗も、ナチュラルな神経の図太さで、いけしゃあしゃあと切り抜ける主人公。
むしろそんなささやかなドジも、先輩声優との距離を縮めるいいきっかけになりそうですしね、ニコッ。
14051406.jpg
元々はドラマCDとして人気を博したシリーズのゲーム化作品。
元媒体特有のアッパーなテンションと、原作を経由しないとなかなか把握しづらいキャラクター設定には、つい戸惑ってしまうかもしれませんが、声優業界を真っ向から扱ったコンセプトは他に例がないオンリーワンな存在。
主人公の無意識のうちに他人をぐいぐい押しのけてゆく、いかにも乙女ゲーの主人公らしい見上げた性格などは、声優志望者にとって意外と良きお手本となるのかもしれません。
声優に限らず、どんな世界でも最後に涼しい顔して生き残っているのは、決まってこんなタイプの輩だったりしますもんね。



この記事に含まれるtag : 声優 乙女 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2092.html

2014/05/14 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【横山智佐のボイスクロック for Windows】

   ↑  2014/04/21 (月)  カテゴリー: PCゲーム
14042103.jpg
『サクラ大戦』の真宮寺さくら役でお馴染み声優の横山智佐さんが、ご自身のブログで懐妊したことを発表されました。
このブログでも声優関係ではダントツで登場回数が多いくらい、密かな横山マニアである私なんかも、こうなると他人事には思えず、かと言って我が事のように喜ぶなんてわけはもちろんないんですが、まあとにもかくにもおめでとうございます。
横山さんというのは昔から非常に不思議なポジションにいる声優さんで、いわゆる声優アイドルの走りみたいにくくられてネームバリューもそれなりにありながらも、熱狂的なファンに囲まれ支持されていたなんて印象があんがい希薄だったりします。
その割に、枯堂夏子とのコンビが相乗効果を見せて意外と聴き応えのある音楽活動を始め、実写作品に舞台に文筆活動、果ては独立しての個人事務所設立に、自分が演じるキャラクターを自ら三次元化など、広義な意味での声優活動において、まんべんなく先駆者だったりするのです。
14042102.jpg
声優ブームの常に三歩先を突っ走る孤高のフロントランナー横山智佐。
90年代前半の打ち上げ花火、マルチメディアCD-ROMにおいても、そのパイオニアは横山さんでありました。
この『横山智佐のボイスクロック for Windows』は、インストールするとWindowsの起動音や各種システム音、アバウトな時報や春夏秋冬のご挨拶、さらには横山さんからの様々なメッセージなどでパソコンが彩られるアクセサリーソフト。
後に様々な声優さんやアニメ&ゲームキャラをダシにして、そのファンから小金を毟り取ったグッズ商法のひとつですが、ここでも横山さんはパンクロックムーブメントに対するRadio Birdmanみたいな、一歩先を行く立ち位置です。
なにせタイトルにあるfor Windowsは、95でも98でもなくWindows3.1。まだまだパソコンなんてごく一部の社会性のない物好きが持つモノであった時代に、敢然と声優グッズ商法の道を切り拓くシンボルとなっていたのですから。
14042101.jpg
しかしこの頃の横山さんの定番といえば、『銀河お嬢様伝説ユナ』の神楽坂優奈などに代表される、ひたすらアッパーで元気だけが取り柄の少女といった役どころ。
このCD-ROMに収録されている音声も、ほとんどがそのパターンを踏襲したもので、おかげでパソコンを起動するたびに「ウインドウズを立っち上げるよぉ~!」、ゴミ箱を空にするたびに「ゴミ箱を空にしっちゃうよぉ~!」、メールが来るたびに「あったらしいメールが届いてるよぉ~!」と、なんかキメてんじゃないかと思うくらい素っ頓狂なテンションで騒ぎ立てるので、こちらは気の休まる暇がまったくありません。
このハイテンションぶりの一方で、同時期に出版していたエッセイは、ハードボイルドと呼んでも過言ではないくらいに、とことん醒めてドライな文章や描写に徹しているところが、一筋縄では行かない二面性を強烈に感じさせてくれますね。

*横山智佐関連記事
【サクラ大戦 花組通信】実写花組第1弾
Vシネマ【時空戦士 魅鬼】
【時空探偵DD 幻のローレライ】
【ボイスファンタジア 失われたボイスパワー】横山智佐ご結婚

この記事に含まれるtag : 声優  

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2079.html

2014/04/21 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【井上喜久子の百人一緒】

   ↑  2013/12/07 (土)  カテゴリー: ノンセクション
13120709.jpg
「17才」というフリに、いいかげん受け止めるこちらの方は、困ったような笑みと共に軽くうつむいてしまう次元に突入しちゃっていますが、そんな空気もなんのその。
先月、お姉ちゃんこと井上喜久子さんの、非音楽系CD&DVD紙ジャケット22枚組ボックスセットという、恐ろしいコレクターアイテムが発売されました。
メインを構成しているお喋りCD「月刊お姉ちゃんといっしょ」(通称おねしょ)は、お姉ちゃんのファンであれば、特典の壁掛けビニールディスプレイと共に全巻揃えていて当然のマストアイテムですが(私もクローゼットの扉の裏にこっそり吊しています)、このボックスセットは加えて非売品、あるいは未発売系のお喋り音源を、しっかり取り揃えているのが、実にぬかりのないところです。

非売品系音源の中でも目を惹くのが、『井上喜久子の百人一緒』という、お喋り系とは微妙に異なる一枚。
これは「Looker」という短命に終わってしまった学研のアニメ誌で、創刊記念の全員プレゼントという形で配布されたカルタ風のゲーム。
オリジナルは札と詠み上げ用の8㎝CDのセットになっていて、今回ボックスセットに編入されるのは、その詠み上げCDの方。札は添付されないという、ちょっと不完全な形でのリリースとなります。
13120716.jpg
これのオリジナルがどういうモノだったかと申しますと、「【に】にんじんはスティックでもおいしい」、「【つ】月夜の晩には気をつけろ」、「【て】てへっ」、「【も」もんぺといえばはんぺん」など、お姉ちゃんがフリーダムにアレンジした、いろは歌の札を、「私はこの世界に入ったとき、声優の先輩の伊藤美紀ちゃんを見て、こう思いました~」や「同じ事務所の氷上恭子ちゃんは、とっても自慢のネタ……。あ、ネタって言うんじゃなかったないんだっけ。…タネ? …どっちでしょうか? でもネタってお寿司みたいだね。あ、でも恭ちゃんにはホント、いつもお世話になってます~」など、これまたフリーダムな詠み上げ文を元に獲っていくという、ゲーム性を司る部分を一女性のパーソナリティに丸投げした、非常に珍しい形態のゲームとなっています。

ちなみに「私はこの世界に入ったとき……」云々の正解札は、「【め】目に入れても痛くない」。
「そんなもん分かるか!」と憤る人も多いでしょうが、私も含めて分かってしまう人がそれなりにいたりするのが、これまた恐ろしいところだったりします。
しかし、お姉ちゃんが「これはアフリカにある地名です」と言うか言わないかのうちに、「【ん】ンジャメナ」という札に躊躇無く突進するような人々とは、できることなら実生活ではあまり関わりを持ちたくないのも事実で、そんな遊ぶ対象を徹底的に絞ってしまうハードルが、この『井上喜久子の百人一緒』が、実際にパーティーゲームとしてなかなか機能しない一因ではないでしょうか。

この記事に含まれるtag : 声優  

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1983.html

2013/12/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

フォトCD【みやむーをさがせ!】

   ↑  2013/08/27 (火)  カテゴリー: DVD-PG
13082716.jpg
宮村優子さんと言えば、もう文句なしに90年代を代表するアイコンの1人じゃないでしょうか。
今やエヴァンゲリオン絡みの仕事を思い出したようにこなしながら、海外に定住して子育て生活という、完全に一丁上がり状態の近況が、そんな時代のアイコンぶりをさらに高めたりもしています。
13082715.jpg
みやむー、アンミラ、フォトCDと並ぶと、なんか90年代をお題にした無茶な三題噺みたいですが、とにかくこのフォトCD『みやむーをさがせ!』は、あの時代を強烈に感じさせる一品。
今となっては、もはや"フォトCDとはなんぞや?"から説明しなければならないような気もしますが、まあ話すと長くなりますが、あえて簡単に説明すると、軽いインタラクティブ要素のあるデジタル写真集です。
13082714.jpg
タイトルはそれっぽいですが、別にウォーリーをさがせみたいなヒドゥンオブジェクトものではなく、単にみやむーのちょっとした自分探しにつき合わされるだけの話。
「アニメ"ウエディングピーチ"のひなぎく役でおなじみ宮村優子ちゃん」などと記された、思わず「何故そっちを代表作に!?」とツッコミたくなるような帯のキャッチコピーも、ポイントと言えばポイントなのでしょうか。

この記事に含まれるtag : 声優 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1908.html

2013/08/27 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。