fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: ミッドウェイ の検索結果)

total 4 pages  次のページ →  

【Midway Arcade Origins】Down at the Arcade

   ↑  2024/03/27 (水)  カテゴリー: XBOX 360
240327007.jpg
カルト的な人気を誇ったロックバンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの元ヴォーカルであるルー・リードの長いソロキャリアの中に「New Sensations」という1984年作がある。
240327001.jpg
軽めでポップな曲が並ぶ、彼のコアなファンほど評判が悪いアルバムなのだが、70年代の残滓と軽佻浮薄なニューウェーヴ時代の空気が混じり合う、個人的にはとても好きな一枚だ。
このアルバムが印象に残るもうひとつの理由に、ルー・リードのキャラクターとしては意外なビデオゲームへのアプローチがある。
240327004.png
ジャケットからしてゲームのジョイスティックを握る姿だし、シングルカットされた曲はそのものズバリ"My Red Joystick"。
そして何より興味を惹くのが末尾を飾る"Down at the Arcade"。
ジェフ・ミンターにも大きな影響を与えた『Defender』や『Robotron:2084』など、当時のゲームセンターを彩っていたゲームの固有名詞が登場するルー・リード流のアーケードゲーム讃歌である。
240327005.png
80年代のアメリカのアーケードゲームで幅を利かせていたのが、MidwayやWilliamsといった元々はピンボールを手掛けていたメーカー。
これにATARIを加えた80年代の有力タイトルは、色々とややこしい合併や吸収を経てMidwayブランドのもとに統合される。
日本でも『ゲーセンUSA』の邦題でPS2国内版が発売された『Midway Arcade Treasures』は、そんなMidway、Williams、ATARIのアーケードタイトルを網羅したアンソロジーだ。
240327003.png
Xbox 360の最初期には『Robotron』や『Smash TV』などMidwayブランドの諸作が配信されていたが程なくしてMidwayが破綻。そのブランドはWarner Bros.に買収されてしまう。
そしてWarnerが責任を持って(?)発売したのがこの『Midway Arcade Origins』。
『Midway Arcade Treasures』の仕切り直しとも言えるアンソロジーで収録作はほぼ一緒。
240327006.png
『Rootbeer Tapper』『Joust』『ガントレット』『Spy Hunter』『Arch Rivals』『ピットファイター』『Super Sprint』『ランパート』など、80年代から90年代初頭にかけての綺羅星のごときUSA産アーケードビデオゲームを31も収録。
『Smash TV』や『マーブルマッドネス』なんかはいまプレイしても充分楽しい。
240327002.png
だけどやはりこの手のレトロゲームアンソロジーの一番の楽しみはメニューのゲームセレクト画面に尽きる。
クセだらけで舶来の香りをぷんぷん漂わせていた、そして置いてあるゲーセンを見つけるだけでも一苦労だったゲーム。そして日本には未紹介で終わってしまったゲーム。ルー・リードをも魅了し「♪オレは最高のディフェンダー」と歌わせたゲーム。
その派手なアップライト筐体をぐるぐるローテーションさせているだけでワクワク感が止まらなくなってくる。

<国内未発売タイトル>

この記事に含まれるtag : ミッドウェイ 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3193.html

2024/03/27 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【DOOM 64】ドゥーム64

   ↑  2018/02/24 (土)  カテゴリー: SFC&N64
180224002.jpg
いよいよ発売が近づいたNintendo Switch版『DOOM』。
『Nintendo Labo』でファミリー機としてのステイタスを確立するその一方で、しっかりと因業なコアゲーマーの取り込みにも余念がない。
任天堂としては久々の全方位向けゲーム機への道を、粛々と歩みつつある2018年のSwitchだ。
しかしいくら全方位とはいえ、任天堂とDOOMの文字の並びは、ちょっと収まりの悪さを感じさせもする。
方やゲームというカルチャーの日向な部分の象徴。もう一方は世間一般から忌み嫌われるゲームのイメージを、一身に背負ってきたような存在だからだ。
180224003.jpg
しかしあのグロテスクなクリーチャーたちが任天堂のハードを襲ったのは、これが最初ではない。
ニンテンドウ64は、それまでの国民機からキッズ層を中心をしたゾーニングマシンへと転じたイメージが強い。
だが実は『パーフェクトダーク』『時空戦士テュロック』と、その続編『バイオレンスキラー』、そして泣く子も黙る『ゴールデンアイ 007』と、数多くの名作を輩出した密かなFPSハードでもあった。
180224005.jpg
64が当時のモストバイオレントハードとなった大きな理由は、その特異なコントローラ。
ソフトによって様々な持ち方、握り方が推奨された64コン。
中でも一般的だったのが、真ん中のグリップを左手で握り親指を3Dスティックに、人差し指を背面のZボタンに添える方式だ。
これが上下への視点移動をさして必要としなかった当時のFPSと絶妙な親和性があった。
そしてこの持ち方は、拳銃のグリップを握ってるかのようなフィーリングも与えてくれたのだった。
180224006.jpg
90年代最強のガンファイトマシンとDOOM、必然の出会い。
64のソフトはタイトルの末尾にその数字を入れる例が多かったが、このDOOMにはハード史上もっとも忌まわしい64の字が刻み込まれることとなった。
『DOOM64』。送り出した張本人はMidway Gamesとゲームバンク。なんとも90年代ザ・洋ゲー臭を強烈に感じさせるコンビだ。
180224005.jpg
オリジナルの『DOOM』からステージを一新させているが、正統な続編とはちょっと違う。
初代『DOOM』のリヴィジテッド。あるいはミッドウェイによる初代のカヴァーと捉えたほうがいいのだろう。
そんな傍流ではあるが、同時期のコンソールで出たあらゆる『DOOM』の中でも、もっともデキの良い一本であることは間違いない。
銃把と化した64コントローラを握りしめ、オリジナルに負けず劣らない陰鬱なスコアが流れる中、動くものは撃って撃って撃ちまくり、片っ端から肉塊に変えろ。
極彩色のドリームマシン64を淀んだ暗い色が織りなす悪夢に変貌させる、64裏通りの代表的一本だ。

この記事に含まれるtag : FPS ミッドウェイ 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2748.html

2018/02/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Blitz The League】極道アメリカンフットボール

   ↑  2018/02/13 (火)  カテゴリー: XBOX 360
180213002.jpg
統括する団体からの認可を受けられないのは、プロスポーツを扱うゲームにとってかなり致命的なことだ。
いにしえには「くわわ」だの「おみあい」でみんな納得していたが、どこかが許諾を獲ってきて実名を使い出すとそうもいかなくなる。
そのうち名前どころかチームカラーに準じた色を使うのも差し障りが出てくる時代となってきた。
フットボールはアメリカ人にとって最大の娯楽。自然アメフトを扱ったゲームは、どこのメーカーにとってもドル箱の存在となる。
今はなきMidwayの『NFL Blitz』シリーズもその一つ。初代PSの頃から定期的にシリーズ作を送り出し、それは同社の屋台骨を支えてきた。
180213006.jpg
しかしMidwayと言えば、あの『Mortal Kombat』の張本人。
いくら実在のプロスポーツを扱うと言っても、あそこが素直にゲーム化するわけがない。
フィーチャーしたのは現実離れしたスーパープレーやプロレス技同然のラフプレー。早い話がエクストリームな『超人ウルトラベースボール』みたいなもんである。
スゴいことにMidwayは、ホッケー、野球、サッカー、バスケなど、自社のスポーツゲームのほぼすべてを、この路線で突っ走った(サッカーものの『Red Card』は国内PS2でも発売された)。
そしてプロレスのデスマッチが際限なく過激化するように、『Blitz』もシリーズを追うごとにエクストリームの度合いを強めてゆく。
180213004.jpg
そして当時の最新鋭機Xbox 360の発売と共に満を持して登場したのは本作『Blitz The League』。
しかし表現力の向上と共にさらに過剰となった、フェイタリティもどきの負傷シーンや、選手たちがことあるごとに吐きまくるF-Wordの数々に堪忍袋の緒がついにブチ切れたNFLは、Midwayにライセンスを発行しないことを通達。
ライセンスが命綱とも言えるアメフトゲームに降って沸いたこの事態に、Midwayは窮地に立たされるが、まぁ自業自得っちゃあその通りである。
180213005.jpg
架空のリーグ、選手を余儀なくされたMidwayは、二人の元NFLプレイヤーをこのゲームの看板に据えてきた。
ビル・ロマノフスキーとローレンス・テイラー。テイラーはWWEレッスルマニアのリングでバンバン・ビガロと闘ったことで、プロレスマニアにもその存在を知られているだろう。
そしてロマノフスキー。アダム・サンドラー版の「ロンゲスト・ヤード」で、看守チームの一角を勤めていた男だ(看守チームの他のメンバーはストーンコールドにケビン・ナッシュ。ちなみに囚人チームの主な面子はサンドラーにクリス・ロック、そしてボブ・サップ。オレなら看守チームの勝ちに千ドル賭けるね!)。
180213003.jpg
さらにこのロマノフスキーは、あの荒くれ人間の宝庫であるNFLに於いて、一、二を争うほどの気性の荒さで知られた生粋のミーンマシーン。
分かりやすく言うと張本勲と星野仙一をメインに据えた野球ゲームみたいなものだ。もっともLTとロマノフスキーの前では、あの二人ですら愛らしいパグ犬に見えてくるかもしれないが。
チュートリアルではLT自らが四文字言葉を連発してゲームの基本を優しく(?)ガイド。もうこの時点でプレイヤーは、海兵隊に無理矢理配属された新兵のような気分になってくる。
そしていざ試合に移ると、相手チームのレシーバーをとっ捕まえれば、ダメ押しとばかりにジャーマンスープレックス。
ハードヒットの末に選手が負傷すれば、そこに嫌がらせのように挿入される骨折のリアルタイムレントゲン写真。
180213007.jpg
そしてことあるごとに入る、F-Wordを撒き散らしての挑発や恫喝のムービー。
こんなもんを実在の選手でやられたら堪ったもんじゃない。NFLのライセンスをめぐる判断も、そりゃ妥当だろう。
そんなわけでスポーツゲームとしては前代未聞のマチュア指定と相成った『Blitz The League』。
2008年には続編の『Blitz The LeagueⅡ』もリリースされたが、やりたい放題が祟ったのか、やがてMidway自体が倒産の憂き目に追い込まれる。
そしてこのシリーズの知的所有権を受け継いだのは、よりによってアメフトゲームで最大のライバルであったEA。
EAはかつての競合相手を『マッデンNFL』とは一線を画したアーケードライクな別路線と位置づけ、ぬかりなくNFLのライセンスを獲った上で配信専用タイトル『NFL Blitz』として送り出したのであった。

<国内版未発売>

この記事に含まれるtag : スポーツゲーム ミッドウェイ 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2744.html

2018/02/13 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【スパイハンター】インターセプターはハイテク武装カー

   ↑  2016/05/11 (水)  カテゴリー: PS2
160511001.jpg
Spy Hunterは80年代ミッドウェイの看板アーケードゲームの一つ。
その名の通り武装を施したスパイ御用達カスタムカーを自機に据えたアクションゲームで、83年に登場した初代は見下ろし型の縦スクロールSTGに準じた内容。
基本であるマシンガン、ミサイル、オイルの三種の神器、ウェポントラックに後部から乗り込んでの補給などの諸要素は、この一作目ですでに確立されている。
'87年リリースの続編は一転疑似3Dのリアビュー視点に。だけど変わったのはその部分くらい。後はやる事といい、操作性といい、難度の高さといい、一作目と何一つ変わっていない。
今も脈々と続く武装カーゲームの原点の一つであるが、そんなアーケードクラシックが21世紀になって突如復活を果たした。

83年版に使われていた"ピーター・ガン"をアレンジした、Salivaによる新テーマ曲と共に20余年の時を経て蘇ったスパイハンター!
ムービーには主人公スパイの姿がチラッと映ったりはしているが、もちろんこのゲームにおいてそんな輩は便宜的なオマケであることは言うまでもない、
その主役はもちろんハイテク武装カー、インターセプターG-6155。
160511005.jpg
マシンガンとミサイルの主武装、防御用兵器のオイルとスモークなど、'80年式インターセプターから引き継いだ装備に加えて、この最新型インターセプターG-6155には、レールガンや火炎放射器などスパイとしては明らかにトゥーマッチな武器まで搭載している。
そしてこのG-6155の特徴は、トランスフォーマーも真っ青な変形機能。試しにこの最新型インターセプターを運河に飛び込ませてみると、しゃきーんしゃきーんと一瞬のうちに水上用スピードボート形態に変形。
160511002.jpg
そしてボディに甚大な損傷を被った時には、そのボディを脱ぎ捨ててバイク形態に変形し機動力を生かして逃げ回るのだ。
ガワ!? つまりインターセプターの本体はこのバイク部分で、クルマ形態時のボディ部分は単なる外殻って事なのか!?
クルマの常識を覆す不思議構造のインターセプターだが、あんまり深くツッコんではいけない。
なにせ世界の破滅を企む悪のグローバル企業にたった一台で立ち向かうスーパーマシンなのだ。それくらいの芸当はこなして当たり前ではないか。
160511006.jpg
'80年式のインターセプターは、分かりづらいギアシフト操作といまいちな加速力のおかげで、スタートと同時に後方から敵車におかまを掘られて即クラッシュなんて理不尽な事態に頻繁に見舞われたが、このG-6155はオートマチック仕様でハンドリングも軽快だ。
そのキビキビとした挙動の気持ちよさは、同世代の一般クルマゲームと比較しても抜きん出ていた。
そしてミッションはステージクリアの条件となる一次目標はハードルが低く、そして二次目標はやり込む歯応え十分な懐の広いバランス。
クセの強かった90年代洋クルマゲーから格段に進化したプレイアビリティは、単なるクラシックIPの復活だけでは終わらない、新世紀武装カーゲームの気概をふつふつと感じさせてくれたのであった。

この記事に含まれるtag : 武装カー ミッドウェイ 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2494.html

2016/05/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【TNA iMPACT!】合計ノンストップアクション

   ↑  2015/03/09 (月)  カテゴリー: XBOX 360
150309001.jpg
どんなジャンルでも、ひとつの勢力の寡占状態があまりに長く続くと、それに対抗できるオポジションを望む声が上がってくる。
WWEの一極支配が続くアメリカのプロレス界において、TNA(トータルノンストップアクション)という新興団体が次第に勢力を伸ばしていったのも、そんな対抗団体待望論が背景にあった。
着々と力をつけていったTNAは、トップレスラーたちにとってもWWEの他に選択できるもう一つの受け皿となり、カート・アングルやダッドリーズ、クリスチャンといった、"ビンスの元からケツをまくった"大物たちが続々と参戦するに至って、TNAはアメリカ第二のプロレス団体の地位を固め、トップを独走するWWEにとってもいよいよ侮れない勢力になる。
150309004.jpg
目にも新しい六角形のリング、Xディヴィジョンという新概念、そしてAJ・スタイルズやアレックス・シェリー、クリストファー・ダニエルズらフレッシュな人材。
様々なアイデアを駆使してWWEの後ろ姿に迫る日の出のTNAが、メディア展開の一環としてビデオゲームに乗り出すのも当然の流れだ。
そしてタッグを組んだ相手はMidway。もっともこの時期のMidwayの内情は、かなりの崖っぷち状態。TNAとしては結果的にパートナー選びに思い切りしくじった形となったのだが……。
とにもかくにも、暗雲漂うMidwayから無事リリースされたのが、TNAの中継番組名をそのまま頂いた『TNA iMPACT!』(2008年作)。
元WWEチャンピオンのカート・アングル、元WCWチャンピオンのスティング、そして譜代のサモア・ジョーと、それぞれに名を轟かせたスーパースターを並べたボックスアートからは、WWEのプロレスゲームに負けないメジャー感が漂ってくるではないか。
150309007.jpg
WWEとTNAの関係のように、既に怪物ソフトとして君臨するTHQの『WWE SmackDown! vs. Raw』を急追せんと、『TNA iMPACT!』も様々な新機軸を打ち出している。
六角形のリングを利したロープワークからの柔軟な攻防と、豊富な返し技のシチュエーション。休むことなくリング上を駆けまわり、飛んで飛ばれて技を返し返されるノンストップのハイスパートレスリング。
もっさりした『WWE SmackDown! vs. Raw』とは一味違う、Xディヴィジョンマッチを彷彿とさせるスピード感が、この『TMA iMPACT!』の最大の特徴だ。
150309006.jpg
ストーリーモードもなかなかに魅力的。
主人公はTNAの頂点に立ったマスクマン。しかしそれを妬んだLAX(ホミサイドとヘルナンデスのラテンアメリカ系極悪コンビ)に会場外で闇討ちに遭いリタイヤを余儀なくされてしまう。
やがてマスクを脱ぎ捨て別人として、ニワトリがリングサイドをうろつくメキシコのドサ会場から始ま、再起と復讐の物語。
LAXを始め、ケビン・ナッシュやエリック・ヤングらTNAの面々が、本人自ら声の出演を果たしてリング上でバックステージで、このブラッド、スウェット&ティアーズのすえた香り漂いまくる濃厚なストーリーをサポートする。
150309008.jpg
しかし、これら魅力的なファクターの一方で、この『TNA iMPACT!』はプロレスゲームとしてあまりにも手落ちな部分も多かったりする。
まず技の数、バリエーションが圧倒的に少なすぎる。
対戦するレスラーの使う技が合わせ鏡の様に全く同じなんて、まるでアクレイム時代のWWFゲームを思い出させる光景が続発する。
バリエーション不足は通常技のみに留まらない。使える凶器はパイプ椅子一種類のみ。しかもそのパイプ椅子は場外の定位置にしか置かれていない。タッグマッチでのツープラトン攻撃なんかも出来やしない。
グラウンド技も乏しい。うつ伏せ状態の相手にはサブミッションを仕掛けられないのだ。じゃあどうやってアンクルホールドを出せと!? (カート・アングルの立場なし! )これらなんかもまるでアクレイムWWF時代のプロレスゲームに逆戻りしたかのよう。
150309003.jpg
WWEのディーバ部門(女子部)にあたるノックアウツ部門も未フィーチャー。そんな殺生な。ああ、ゲイル・キムをこの手で操作してみたかったのに!
そしてもっとも致命的なのが、クリエイトモードの擁護しようのない貧弱さ。『WWE SmackDown! vs. Raw』のクリエイトモードが、年を追うごとに強化されるのを実感していた時期だっただけに、このおざなりなエディット機能には相当失望させられた。
このように目新しく魅力的な部分と、あまりにも至らない部分が互いに極端に足を引っ張り合って、結果として平凡な評価に落ち着いてしまったビデオゲーム版トータルノンストップアクション。
見どころもそれなりに多かったから、次作では欠点を克服して大化けするのではないかという期待も、翌年にMidwayが倒産して淡い夢と消えたのであった。
150309002.jpg
最後にいくつか余談を。
このゲームは日本でもお馴染みのカレーマンが追加コンテンツとして販売されていたのだが、配信間もない頃のこのDLCには、カレーマンで試合を開始すると、正体の人が素顔で入場してくる愉快な不具合が存在していた。
これに遭遇したときは、「おおい、今日はマスク被って出る日だとあいつにキチンと教えとけ!」と、大いに笑わせてもらった。
日本会場を埋め尽くす、「合計ノンストップアクション」、「世界中プロレス」、「危険地帯ロイヤルマッチ」などのフリーダムな日本語もポイントが高い。
そしてこの手のゲームではお馴染みの隠しレスラー。その中に混じってちゃっかりと登場するボクサーは、『Ready 2 Rumble Boxing』のメインキャラクター、あのアフロ・サンダーだ。

<国内未発売>

この記事に含まれるtag : プロレス ミッドウェイ 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2272.html

2015/03/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。