FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: スポーツゲーム の検索結果)

← 前のページ  total 10 pages  次のページ →  

【BMX XXX】禁断の路線転換

   ↑  2015/12/14 (月)  カテゴリー: PS2
151214001.jpg
お調子者の目立とう精神から始まったエクストリームスポーツ。しかしそれはジャンルが成熟するに従って必然的に二極化の道を辿るようになる。
一つはより競技として純化する方向。Xスポーツのアティチュードをささやかに残しながらも、やがてはオリンピック種目にまで至ってゆく。
もう一つはTV番組「ジャッカス」に代表されるような、さらなるバカと無茶を究めようとする方向性だ。
動画投稿サイトの成長に伴い、この方向はもはやXスポーツという言葉からも逸脱した、素人たちの大バカ合戦にまで拡大する。
151214004.jpg
この影響を受けてか、エクストリームスポーツを題材にしたゲームも、その多くがバカ路線に舵を切るようになった。
Xスポーツゲームの顔であるトニー・ホークシリーズの2003年作『Tony Hawk's Underground』と続編は、その象徴とも言えるような作品だ。
そしてその流れはチャリゲームの看板タイトル、デイブ・ミラシリーズにも訪れるのであった。
曲がりなりにも競技BMXライダーとしての成り上がりをメインテーマにしていた『デイブ・ミラ フリースタイルBMX』から一転、シリーズ第三作であるこの『BMX XXX』は、バカしか住んでいない街の中で、さらにバカな主人公がチャリをフリーダムかつアナーキーに駆って、素っ頓狂なクエストをこなすバカ路線にまっしぐら。
151214005.jpg
ホームレスの替わりに空き缶を回収するのを皮切りに、大道芸人のおひねり箱をひっくり返してまわったり、バンジージャンプをためらっているチキン野郎を後ろからそっと押したり、仮設トイレをBMXにくくりつけてジャンプやトリックでシェイクして中の便秘野郎の便意を促進させたり。
デイブ・ミラやライアン・ナイキストに憧れて練習に明け暮れ、イーストウッドランプパークの大会で走ることを夢見ていたオレが、今こうして売春婦をケツに乗せながら火事騒ぎの街中を疾走しているのは一体何故だろう。
しかもそれらのクエスト、揃いもそろって"風が吹けば桶屋が儲かる"式の、常人には理解不能なチェーンコンボによって誘発されるのもタチが悪い。
151214002.jpg
そんなバカ路線への急激な転換も、シリーズの煮詰まりとか時代の要請などを考慮すれば理解できなくもない。
しかしアクレイムは、これだけには飽きたらず、さらに禁断の方向へもハンドルを傾けてしまったのだった。
アクレイムが当時資本を注入していた過激プロレス団体ECWは、ハードコアの名のもとに過剰なバイオレンスとエロを売りものにしていたが、それに倣ったわけでもあるまいが、この『BMX XXX』も、エロ方面にもまっしぐら。
幕間のご褒美ムービーはストリップクラブのお姉ちゃんたちの実写映像。さらにはエディットでトップレスライダーの収録までをも目論だ。
151214006.jpg
それらの要素をプロモーションで大々的に押し出す所業には、まず名前を貸しているデイブ・ミラがブチ切れ、すったもんだの挙句に彼は降板。
さらには各小売大手にも総スカンを食らい、この『BMX XXX』をめぐる一連のゴタゴタは、米ビデオゲーム界の老舗アクレイムの屋台骨を揺るがす。
そしてデイブ・ミラシリーズの他に、『スラッシャーSK8』や『Aggressive Inline』など、Xスポーツゲームの秀作を生み出していた開発会社Z-Axisまでもが煽りを食らって傾き、ここにXスポーツゲームの系譜の一つが絶たれたのであった。

<海外版>

 

この記事に含まれるtag : スポーツゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2422.html

2015/12/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【デイブ・ミラ フリースタイルBMX】我らのエクストリームスポーツ

   ↑  2015/12/13 (日)  カテゴリー: PS1
151213001.jpg
郊外や田舎のガキの基本的な移動手段は今も昔もチャリだ。
ロードバイクなどと持てはやされるスノッブな乗り物ではない、昔ながらのチャリである。
どこに集まるにも、どこに行くにもみんなチャリ。そうやってチャリが日常の乗り物になっていれば、分別もつかなきゃ頭も悪いガキどものことだ。当然エクストリームな行いにチャレンジするお調子者が出てくる。
ウィリー走行はほんの序の口。階段を猛スピードで駆け下りたり、橋の欄干の上を走ったり、スーパーの中を疾走したり、誰かがチャレンジを達成すれば、他のバカガキどもはさらに上を目指す無茶をして、そのうち大怪我をする奴なんかも出てきたりするのであった。
151213002.jpg
エクストリームスポーツなんて言葉が生まれる遥か以前から、オレたちは立派なXゲーマーだった。
そりゃ我々が乗っていたのは立派なBMXではなく、そこらにあるガキチャリであったが、その"すっとこどっこいの目立ちたがり精神"から始まるスピリットは、今をときめくXゲーマーたちとしっかり共通していたと言えるだろう。
スケボーの上に立った経験がなくとも、チャリに乗ったことのないやつは恐らくいないだろう。
そう、チャリこそは、オレたちにもっとも身近なエクストリームギアなのだ。
151213004.jpg
エクストリームスポーツを題材にしたゲームは数あれど、その中で親しみやすいのも、やはりチャリを扱ったジャンルだ。
スケボーで宙を舞う感覚は知らないが、チャリの両輪が地面から離れたときの手応えはしっかり分かっている。
その感触をしっかりと落とし込んでいるゲームは、普段エクストリームスポーツとは無縁な者にも、その楽しさがダイレクトに伝わってくるのだ。
151213003.jpg
BMX界のスター、デイブ・ミラを看板に据えた『デイブ・ミラ フリースタイルBMX』は、2000年に初代プレステやドリームキャスト、Windowsなどにまたがって発売されたチャリ(BMXではなく、あえてこの呼称を使わせてもらおう)ゲームの古典的名作。
Social DistortionやRANCIDなどメジャーどころなパンクバンドの楽曲をバックにフィールドの中を自由に走り回り、ジャンプやトリックを自分なりにコーディネイトしてステージのクリア要件を満たす。
『トニー・ホーク プロスケーター』が確立したエクストリームスポーツゲームの雛形を、忠実かつ手堅くチャリに継承した内容だ。
151213005.jpg
各ステージのチャレンジクエストは、アマチュア、プロ、ハードコアの三段階に分かれており、アマチュアモードのそれは「とりあえずどこでもいいから15メートルグラインドを決めろ」とか「指定された地点で360度スピンメイクを決めろ」などとカジュアルだが、これがハードコアになると「電線の上を60メートルグラインドしろ」や「走る貨物列車の上を飛び越えろ」などと、一気にエクストリームなものに変貌する。
しかしタイトにうまくまとまった操作システムと、時間制限なしのフリーライドモードでの練習の助けを借りれば、それらのクリアはさして困難ではないだろう。
発売はアクレイム、開発はZ-Axis。この両者はその後も共同歩調をとり、本作のシステムをそのまま継承した『Dave Mirra Freestyle BMX 2』をリリース・
ここまではなんの問題もなかったが、しかし調子に乗ったアクレイムは、その次作でさらなるエクストリームな領域に踏み込んでしまい、とんでもない物議を醸すことになるのだった。

 

この記事に含まれるtag : スポーツゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2421.html

2015/12/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Let's Ride! Corral Club】乗馬は少女のステイタス

   ↑  2015/07/14 (火)  カテゴリー: PCゲーム
150714001.jpg
ハーイ、私の名前はエミリー。パパは大手農機具販売チェーンのオーナーよ。
自分でこう言うのもなんだけど、私は他の人より少し恵まれた境遇に産まれた事を、神様に感謝しなくちゃならないと常々感じているの。
私の趣味は乗馬。アメリカのちょっと恵まれた女の子たちにとって、乗馬はたしなみよね。
全米の少女たちが憧れる私たちの姿は、昔から女の子向けゲームの定番中の定番なの。
中でも金縁のロゴマークがハイソ感を醸し出している『Let's Ride』シリーズは、パソコンから携帯ゲーム機に渡って幅広く展開しているブランドなのよ。
150714002.jpg
まずはキャラクターメイキング画面でプレイヤーキャラを作成。と言ってもせいぜい服や帽子の色や柄を変えられる程度だけど。
誰!? そこで「顔は変えられねえのか」なんて失礼な事言ってるのは。ナード風情が私たちに文句つけようだなんて百年早いのよ。
同じように愛馬もメイキング。ここでは色のほかに鞍のデザインなんかも変えられたりするの。
さぁ、準備が一通り済んだら厩舎に行って見ましょうか。ここで愛馬にブラシをかけたり、大好物のニンジンやリンゴを食べさせたりと、色々と世話が出来るの。
これからずっとパートナーとなる可愛い愛馬は、はっきり言って私のドン臭いクラスメートなんかより数十倍価値のある生き物よ。たっぷり愛情を込めてブラッシングしましょうね。
グルーミングを終えたら乗馬の開始よ。いよいよ私の愛馬、先代円楽の出番ね。さぁ、行くわよ円楽!
150714003.jpg
本番で行われるのは、バレルレースというタイムアタックレース。コースに置かれた三つのドラム缶の回って戻ってくるだけのレースよ。
一見単純そうに見えるけど、タイムを一秒縮める為には、それこそ人馬一体となったコーナーワークが必要になってくるわ。もっともそんな微妙な操作を、キーボードの方向キー上下で加減速、左右で方向転換なんてアバウトなキー設定でこなさせようとするのは、少し無茶かもしれないわね。ゲームパッドにボタンを割り振るオプションも無いし、私もやっててちょっとイライラしてきたわ。
このバレルレースの大会を勝ち抜いていくのがこのゲームの主旨なんだけど、そこで「最初から最後まで全部同じコース!?」とか「ライバルのタイムが速くなっていくだけで、他はどの大会も全部一緒じゃん!」なんてツッコミは禁句よ。
まあ私も「Simple1500 THE乗馬少女」なんてタイトルでD3パブリッシャーからリリースされていても、ちっとも違和感ないわと思っちゃったけどね。
150714004.jpg
女児の定番『Let's Ride』だったけど、残念ながらこのシリーズは3DSの『Let's Ride! Best in Breed 3D』に、パブリッシャーのTHQが倒産したどさくさで音沙汰なし。
もっともそれと五十歩百歩のペットホース乗馬ものは、いくらでも溢れかえってるし、それらはDSや3DSを経てスマートフォンゲームに雪崩れ込むという、なんとも分かりやすい流れとなっているようね。



この記事に含まれるtag : スポーツゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2343.html

2015/07/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Home Run Stars】我が家のバッセンはホームラン専

   ↑  2015/03/04 (水)  カテゴリー: XBOX 360
150304003.jpg
♪ 一つカンと打ちゃホームラン・ブギ 広いスタンド拍手が湧けば 飛ぶよ飛ぶ飛ぶはるかのはるか 空の青さよ芝生の青さ かっとばせー かっとばせー フレフレフレ! <笠置シズ子 - ホームラン・ブギ>
どんなすれた野球好きが流行りのデータや数値を持ち出そうが、単純明快なホームランが野球の華であることに変わりはない。
いくらステロイドの力を借りていたことが判明したとはいえ、マーク・マグワイアのマンガみたいな超特大ホームランは、その瞬間は周囲の時間を停めてしまうほどの輝きがあった。
落合、リー、ディアス、キャリオン、ボーリック、贔屓チームのホームランバッターに送る視線は、他の選手に対するそれよりもより熱のこもったものになり、古川、島田茂、大松と、未完成に終わった長距離砲には、いつまでも未練がましい期待をかけ続けた。
150304001.jpg
打球が飛んだと同時に起こる驚き混じりの短い歓声、バッターの顔に出なくとも体からにじみ出る恍惚。打った瞬間にスタンドインと分かるような一発は、球場の空気をたったの一振りで一変させる力を持っている。
そんな一発に対する期待に球場中が包まれる中、オレはバット代わりの丸めたカレンダーを手に、悠然と左のバッターボックスに入る。
最近ではバッティングセンターの球にも力負けするようになったオレだが、ここではその心配は無用だ。
いや、それどころか今のオレは地球上でもっとも優れた長距離砲。ステロイドをいつもより増しましに盛ったマグワイアのようなポテンシャルで、スタジアムの右に左にバックスクリーンにそして場外に、自在に打球を運ぶことができるのだ。
150304004.jpg
Kinect環境さえあれば、あとはわずか1000円+税で自宅のテレビの前に出現する、王やボンズも真っ青のホームランバッター変身キット『Home Run Stars』。
ピッチャーの投げる球に合わせて、バットを持ったつもりの腕を一閃。タイミングを逃さなければ、ボールはスタジアムを切り裂くライナーとなり、あるいは夜空に高く舞い上がりながらスタンドに吸い込まれてゆくだろう。
基本的には手に何も持たなくてもOKだが、やはりここはおもちゃのプラスチックバットなり、丸めたポスターなりと、バットの代理となる物を握って打席に立ちたいところだ。
それに手ぶらよりも、やはり何かを持った方がタイミングは遙かに取りやすくなる。とは言っても、バット投げのことや手からスッポ抜けたときの惨事を考えると、さすがに本物のバットは避けておくのがよさそうだが。
150304002.jpg
いくら爽快なホームランとはいえ、毎回打ってたら飽きちゃうんじゃないかって? 大丈夫、まるでカーニバルアトラクションのような『Home Run Stars』のスタジアムは、左右に打ち分け甲斐のあるギミックが満載だ。
特定のターゲットに直撃で出現するボーナスにマルチプライヤー。スコアボードがスロットマシン化したり、当てればスーパーボーナスの飛行船が飛来するイベントもある。
龍の頭や海賊船、スタジアムの最深部に鎮座するモニュメントにホームランボールを叩き込めば、ついでに実績も解除だ。
打った後も恍惚に浸ってないで、狙ったところ目掛けて身体を左右に傾け打球の微調整を忘れるな。
150304005.jpg
フリオ・フランコにボーリック、イースラーに八重樫、そしてもちろん王の一本足打法。ありとあらゆる変則打法にチャレンジできるのも、Kinectゲームである『Home Run Stars』ならではの楽しみの一つ。
種田のバッティングフォームでホームランを量産するなんて、最高のファンタジーではないか。オレが今まで目にした中でもっとも変ちくりんだった、2000年甲子園での那覇高校比嘉くん打法にもチャレンジしてみたが、こちらはさすがにタイミングをとるのもおぼつかなかった。こりゃムリだって、比嘉くん!
さらに凝りたければ、アバターストアで売られているMLBのアイテムを身につけて打席に臨むのもいいだろう。
Xbox 360とKinectが提供するバッティングセンターはホームラン専。モニターの夜空に、白球の特大花火を遠慮なく打ち上げまくろう。かっとばせー かっとばせー フレフレフレ!

この記事に含まれるtag : Kinect スポーツゲーム XBLA 野球 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2268.html

2015/03/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Wakeboarding Unleashed Featuring Shaun Murray】

   ↑  2015/02/24 (火)  カテゴリー: XBOX
150224005.jpg
意外と数の少ないマリンスポーツゲームの中でも、さらにマイナーなジャンルなのがウェイクボード。
スノーボードを一回り大きくしたような板を履いて、モーターボートで引っ張られるあれだが、その数少ないウェイクボードゲームの中でも決定版と言えるのが、日本ではXboxワールドコレクションの一環として発売された『Wakeboarding Unleashed Featuring Shaun Murray』だ。
一見、動力に引っ張られて楽そうに思えるウェイクボードだが、あれは実際にやってみると立つのも難儀で、過去に一度トライしてみたときは、もうほ西部劇で馬に引きずられる拷問にずっと遭ってるような状態だった。
そんなオレもコントローラを握ればいっぱしのウェイクボーダー。
パワーボートが起こす波を利して自在にジャンプし、華麗なトリックをびしばし決められるのだ。
150224001.jpg
任意にコース取りができるスケートボードやスノーボードのゲームと違って、行く先は基本的にボート任せのウェイクボードは、自然と一本道のレールシューター的な性質を持ってしまう。
そのハンデを補うウェイクボードならではの特性、それは大ジャンプするポイントが固定されているスノボなどと違って、自分の進行方向に常に立ちっぱなしの波で、いつでも任意に大ジャンプにチャレンジできるところ。
このコースの頭から終わりまで、ほぼすべてがトリックポイントと化すゴージャスな特性により、例え同じ一本道のステージであっても、滑走するごとに毎回違った展開を試みることができるのだ。
150224003.jpg
トリックにあくせくと終始しなくとも、ただ水飛沫をあげて普通に滑走しているだけでも爽快な手応えを得られるのは、マリンスポーツの水遊び感覚をもしっかりと再現しているから。
この『Wakeboarding Unleashed』のグラフィックは、2002年の水準よりもかなり上のレベルを誇っていて、特に水回りの表現力にはかなり力が入っている。
ボートの航跡、波頭の白さ、そして水飛沫。例えトリックをしくじってても、ロープを離してしまい哀れボートから置いてきぼりにされても、昂ぶる心がちっとも途切れないのは、こけた先にも水に包まれて身を漂わせる心地良い浮遊感があるから。
肌寒い、あるいは蒸し暑い部屋の中にいようが、オレの心は常に涼しげな海や川にある。それは『Wakeboarding Unleashed』のきめ細かいビジュアルの恩恵だ。
150224002.jpg
ギミックがたっぷりと設置されたバラエティ豊かなロケーションの数々も、このゲームの大きな魅力の一つ。
水面から今にもワニが飛び出してきそうなアメリカ南部の湿地帯、ハリケーンで水没した街、水上レストランやジャンク船が群がる香港の夜の港、南米はベリーズの密林を貫く川、夕陽に染まったベニスの運河、廃棄された古い軍艦が大量に係留された港、そしてラストステージは水辺に建てられたテーマパークの中。
水没しかけた潜水艦にジェットコースターのレール、水辺にあるありとあらゆるものは、そのほとんどが恰好のトリックポイント。
どんな大胆なトリックにチャレンジするのも自由だが、ボートに繋がれたロープだけは決して離すな。それだけが爽快極まりないウェイクボードの、たった一つのウィークポイントだから。

この記事に含まれるtag : スポーツゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2263.html

2015/02/24 | Comment (4) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。