fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: スターフィールド の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

【Starfield】太陽系は我らがふるさと

   ↑  2023/12/11 (月)  カテゴリー: XBOX
starfield.jpg
月面基地や火星への植民。
オレがガキの頃から語られてきたが、いまだに実現は遠い夢物語だ。
夜空のすぐそこにあるようで、まだまだ月は遥か遠い。ましてや外惑星の外側のやつなんかは形を思い浮かべるのさえも難しい。
231211001.png
しかしそんな認識もスターボーンになればがらりと変わる。
メインストーリーの序盤で火星を訪れたときの実家のご近所感。
天の川銀河はあまりに広い。一寸先(一グラヴドライブ先)は自分にとっては辺境。そっから先になるともう星系の名前すら覚えるのも困難だ。
231211004.png
その広大な宇宙にあって勝手知ったる太陽系の安心感。
月面、火星の大地、土星(着陸できないけど)、「あ、ここ知ってる!」な風景のオンパレード。
基地や植民はまだ叶わぬとはいえ、火星にバイキングが着陸してからもう48年、月面着陸に至っては半世紀以上の月日が経っているのだ。
その間に月の地表も火星の大地も画像や映像を通じてたっぷりと刷り込まれている。
月の石だってどこだかで観た! 感想は「ああ、石だな……」だけだったけど。
231211002.png
だけど宇宙にあふれる星のほとんどは石しか転がってないってのは、銀河をくまなく巡ったスターボーンなら分かっているはずだ。
要はその石に価値があるかどうか。そういった意味では太陽系にはろくな鉱石が埋まっておらず、人々から辺境扱いされるのもむべなるかだが。
231211005.png
かつての人類の故郷。そして今ではなんもない田舎扱いの太陽系。
その中で往年と大きく姿を違えているのは我らの地球だったりする。
地球が人の住めない環境になって宇宙に活路を求めていった。『Starfield』の基本設定だが、本作に限らず最近はこの居住に適さなくなった地球を捨てて逃れる設定のゲームが増えているような気がする。
231211003.png
異常気象があまりにも度を越し自分の身にわかりやすく迫るようになったからか、ここ最近の気象変動に多くの人がほのかな危機感を覚えるようになってきているのが、その背景にあるんじゃないかと思う。
地球が『Starfield』内のそれみたいに、廃村となったかつての実家みたいな姿になってしまうのかどうか。ここからの10年がその大きなターニングポイントになってくるかもしれない。

この記事に含まれるtag : スターフィールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3168.html

2023/12/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Starfield】セーブデータの危機

   ↑  2023/12/07 (木)  カテゴリー: XBOX
starfield.jpg
『Starfield』に関しての話題にちょと間が空いてしまいましたけど、実はまぁ色々と大変なことがありまして。
私の主人公は一周目のストーリーをクリアして無事スターボーンに成就し、二周目のキャンペーンに突入していました。
この二周目からは拠点建設や物流ミッション、宇宙船のカスタマイズなど様々な要素に貪欲に手をつけたんですけど、その中でも凝りまくっていたのが拠点や家にあちこちから拾ってきたアイテムをごてごて飾り付けて、それっぽく見せるプレイです。
231207001.png
『Fallout』や『Skyrim』なんかでも私はこの遊びにさんざんの時間を費やしていたんですけど、『Starfield』はベセスダの過去作に比べても飛び切りこのアイテム飾り付けが捗ります。
寝室、オフィス、食堂、医務室、会議室、ショールームなどなど、自分で役割を設定したブロックに物を置いていくだけで時間がどんどん溶けていくじゃありませんか。
231207008.png
だけどこのプレイ、ゲームが重たくなるリスクを孕んでいて、案の定飾り付けを施した拠点の数が増えていくと同時に、オートセーブ周りの挙動が次第に怪しくなってきました。
それでも中毒と化していたこの遊びを止められるわけもなく、多少の不安を覚えながらもアイテムの搬入をがんがん重ねていったら、やがてセーブできる領域がどんどん減っていることに気づきました。
231207007.png
やがて出現したのは「セーブデータの作成に失敗しました。容量が不足しているため進行状況を保存できません。既存のセーブデータを削除してください」のメッセージ。
仕方無しに古いセーブデータから順次削除していったんですけど、それも何回も続けばもう消すデータなんか無いっすよ。
セーブ可能箇所が6、5、4、3、2、1と次第に減っていく始末。
231207004.png
そしてある日、その最後に残った最新のセーブデータが影も形もなく、ロードデータに並んでいるのは『Starfiled』をプレイし始めた頃の、とっくに消したはずなレベル一桁台データばかり。
え、え、え、セーブデータが巻き戻るなんてことあるの!?
これを目にしたときは思わず「なんじゃこりゃああ!!」と、松田優作ものまねコンテストに出れば上位を狙えそうな叫びが漏れ出てしまいました。
231207003.png
とにもかくもレベル100の手前まで行くほどやり込んでいたキャラがスタート直後に幼児退行。
しばし呆然としましたけど、でも『Starfield』ってゲームはこんな理不尽な事態を跳ね返すくらい面白いことは間違いないです。
「また一から楽しめるからいいじゃん!」と割り切って、キャラを新しく作り直し、今度がアイテム飾り付けも慎重にプレイしていたんですけど、程なくしてまた例のセーブできませんメッセージが。
231207006.png
これはベセスダゲーム特有のセーブデータ肥大化が原因なのかと最初は考えていたんですけど、どうやらそれは違うと気づいたのは同時に遊んでいた『Dead Space Remake』でも同様の症状が出現したから。
これはどうやらXbox本体に記録されている私のプロフィールデータそのものに不具合が生じているのではないだろうか。
そう推測して本体からアカウントを一旦削除。そして再ログインでクラウドから各ゲームのユーザーデータをゼロから拾い直す。
231207002.png
この処置がどうやら正しかったようで、それから『Starfiled』でセーブ周りの不具合は出なくなりました。今のところは。
もし同じ症状に悩まされている方がいたら、プロフィールデータ削除からの再ログインおすすめします。
こうなると心置きなくアイテム飾り付けに邁進できるってもんで、もう前回以上のペースで雑具を拾い集めてきては拠点に持ち込むを繰り返しているんですけど、なんかここんとこオートセーブ時に妙に時間がかかったりフリーズしたりすることが次第に増えてきて、やっぱりスカベンジャー的なプレイはリスクと背中合わせだなあって事実を改めてじわじわ感じてきています。

この記事に含まれるtag : スターフィールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3167.html

2023/12/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Starfield】ホープテックのトラック

   ↑  2023/10/20 (金)  カテゴリー: XBOX
starfield.jpg
膨大な数の宇宙船パーツを自在に付け替えできる『Starfield』は、元の宇宙船が分からなくなるくらい魔改造を重ねてとことんオリジナリティを追求することが可能だ。
しかしその一方で宇宙船メーカーのオリジナルモデルにこだわってみるのだってもちろんいい。
ダイモス、タイヨー、トライデント、ストラウド・エクランド。銀河には様々な造船メーカーが存在し、それぞれに自社ならではのモデルを販売している。
231020001.jpg
その中でオレが一推しのメーカー、それはホープテック。
ヴァロ星系惑星ポルヴォにホープタウンという言わば企業城下町を構える会社だ。
ここの特性は日本の自動車メーカーだと、いすゞや日野のようなトラックメーカーに例えれば分かりやすい。
ラインナップはいずれもゴツい外見に大積載量。大宇宙を駆ける頼もしい貨物船が専門である。
231020005.jpg
大量の貨物コンテナに宇宙船部分が付随したようなホープテックの無骨な船は、どれもこれも惚れ惚れするほど美しい。
宇宙船とは上っ面の見てくれではなく、いかにたくさん物を運べるか。
そんなホープテックの自信と信念は本社のメインホールにぶら下がる自社船の巨大モックアップに表れてるだろう。
231020004.jpg
ホープテックがいすゞならタイヨーはス●ル。所詮はかっぺとオタクがありがたが……(以下自粛)。
それはともかくとして、そんなホープテックを一代で築き上げた傑物がロン・ホープさんだ。
これも起業家に例えると一昔前のワタミみたいな感じ。バイタリティ抜群。そのカリスマ性で社員は低賃金でも喜んで超過勤務する。
オレは社員じゃないからそんなこと知ったこっちゃないけどな!
231020002.jpg
ホープテックの船を愛するオレが自由恒星レンジャーの身であっても、ホープさんの些細な不正を見逃すのは当然であろう。
そのことについてコンステレーションのメンバーはどいつもこいつも非難がましい目をしてきやがったけどな。
やっぱりあいつらとはことごとくウマが合わねえ!
231020003.jpg
ホープテック船の中でも飛び抜けて美しい船。それはビッグリグ。
金もそこそこ貯まってきて取り回す荷物も増えてきた時期に頼りになる、前方からずらっと並んだ貨物コンテナが漆黒の海に映える使い勝手とコスパ抜群のスペーストレーラー。
ビッグリグと共に宇宙を駆けるオレのBGMはもちろんあの名曲"いすゞのトラック"だ。♪ど~こ~までも~どこ~までも~。

この記事に含まれるtag : スターフィールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3152.html

2023/10/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Starfield】惑星探索とホークウインド

   ↑  2023/10/08 (日)  カテゴリー: XBOX
starfield.jpg
ベセスダRPGの楽しみ方は十人十色。期待に違わぬ最新作『Starfield』、皆さんはいかにこだわっていられるだろうか。
いまのオレはもっぱら片っ端から惑星の探索に赴いては脱臼を繰り返す日々を送っている。『Starfield』の主人公、骨弱すぎ! もっとカルシウム採れ!
(唐突にポップするCM【アドバンスド・ニュートリションのパック詰めミルクでほね元気!】)
231008002.jpg
オレはずぼらな性格してるくせして何故かオープンワールド系ゲームでメインストーリーに関係ないようなポイントも虱潰しにするのが大好きだったりして、『Starfield』でも端の方の惑星から調査済みのタグをつけて回ることに案の定熱中しちゃっている。
「このゲームには1000もの星があるんですよ。そんなこと始めて大丈夫ですか?」と心配されるかもしれないが、安心してください。そのうち飽きて別のプレイに走ります。
231008001.jpg
こういう探索行は単独に限る。
得も言われぬせつなさを感じさせる不毛の惑星なんかに、バレットだの熱狂的なファンだのを同行させたら、連中のクソやかましいトークに興醒めもいいところだ。
大気の存在する惑星から無重力の衛星まで、様々な星を巡るうちに巡り会う地平線から光射す恒星に巨大なぼんぼりのようなガスジャイアント。
過酷な環境でたくましく働く採掘者に行く先々で弟の方が瀕死になっていて回復パックをねだる姉弟(なんなんだあいつらは!)。
231008005.jpg
その道中で唯一寂しさを感じるとしたら、それは音楽の不在だ。
『Starfield』は全般的にサウンドトラックが控えめで、それは時として環境音や自然音を引き立たせていることもある。
だけどカーステを鳴らしていなければ車の運転もおぼつかないオレにしてみれば、やっぱりこの閑靜な環境は落ち着かない。
231008004.jpg
そんなときはやはりカスタムサウンドトラックの出番だ。
オレが『Starfield』で鳴らし続けているのは英国の大ベテランロックバンド、ホークウインド。
1970年のデビュー以降30枚以上のオリジナルアルバムを世に放ち、主要メンバーが80歳を超えた現在でも現役バリバリ。ついこの間も最新フルアルバムをリリースしたばかり。
231008006.jpg
さすがに50年以上も活動を続けているだけに表面的な音楽性は微妙にふらふらしているのだが、一貫しているのはスペースサイケデリックというコンセプトだ。
往年のサンリオSF文庫の表紙カタログと見紛うかのような彼らのアートコンセプト。そして年季の入った人たちだけにいささか古めのSF観は、『Starfield』のちょっぴりベタなSFワールドにぴったりハマる。
ホークウインドのアルバムの中でも最も名高い2nd「宇宙の探求」の冒頭を飾る大名曲の邦題は"混迷の地球を逃れたい"。
これなんかはスターフィールド宇宙の成り立ちを簡潔に説明したかのようなタイトルだ。
231008003.jpg
30枚超のオリジナルスタジオアルバムに加えて大量のライブ盤を擁したホークウインドの作品カタログは『Starfield』の膨大なプレイ時間をもたっぷり余裕を持って埋めてくれる。
反復するギターリフとぴゅんぴゅん挿入されるスペーシーなシンセサイザー音に身を委ねながら彷徨う大宇宙。
マイ宇宙船もホークウインドの大ヒット曲にちなんでシルバーマシーンと改名した(♪シルバーマシーンで宇宙の向こうまで突き抜けよう)。
宇宙はサイケだ。そしてスターボーンはスペーストリッパー。I got a silver machine!

この記事に含まれるtag : スターフィールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3151.html

2023/10/08 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Starfield】スリープクレートと都市生活者の夜

   ↑  2023/09/30 (土)  カテゴリー: XBOX
starfield.jpg
YouTubeで人気を集めているジャンルに不動産内見ものというのがある。
東京やその近郊の一風変わった不動産物件を紹介するコンテンツなのだが、中でも反響が多いのが、いわゆる激狭物件を取り上げる回だ。
ここにどう工夫して住もうというイマジネーションを巡らしやすいのも激狭物件が視聴者にウケる理由なのだろうが、逆に部屋数の多い大邸宅なんかは、そのイマジネーションが追いつかなかったりする。
230930003.jpg
キャラクリエイト時にオレはついうっかり「夢の家」という大邸宅をローンごと背負い込んでしまい、そのローンはどうにかこうにか返済してめでたく自分のものとしたのだが、これがまさにイマジネーションの追いつかない物件そのもの。
余りにもだだっ広い家と多い部屋数に何をどうすればいいのかがまったく思いつかず、結局中ががらんどうのまま放置してしまっている。
ゲームの中でおのれの身の丈を改めて思い知らされて癪といえば癪だが、しかしいかに豪邸といえ辺境の星の一軒家。
周りにコンビニの一軒どころか人っ子ひとり住んでいやしない。いるのは薄気味悪い動物ばっかだ。そんなとこに住めるか!
230930005.jpg
だからゲームの中でもやっぱり激狭物件だ。
ヴォライ星系にあるネオン・シティはその名の通り色とりどりのネオンが眩い歓楽街。
そして盛り場の常で華やかなメインストリートの外周はちょっと荒んだ一角が取り巻いている。
場末のクラブ、半グレがたむろする倉庫街、ブルーカラーが集う飲食店などがひしめくそのエリアに、スリープクレートと呼ばれる『Starfield』における激狭物件が点在している。
230930006.jpg
コンテナを改造したわずか三畳ほどの省スペース住宅で、狭いながらも一応ユニットシャワーが付いている。もっともその設備を自信をもってユニットシャワーと呼べるかどうかは微妙なところだが。
受付の姉ちゃんは「ミニマリスト向け」などと嘯いているが、その語尾には「(笑)」や「WWW」なんてニュアンスが付いているだろう。
要するに寝起きしただけで足元を見られる物件だ。
230930001.jpg
だけど水回りだけで複数あるような「夢の家」なんかよりもはるかに落ち着く。
それにカマキリの化け物みたいなのが隣人なあそこと違ってスリープクレートの周りは人通りが多く賑やかだ。
ドア一枚隔てた先には様々な商業施設が揃っているし、目の前は違法薬物をこっそり扱うクラブだ。
そして狭いながらもここは建設モードが可能だ。
もっとも三畳のスペースなだけに設置できる物はかなり限られてくるが、それでも工夫すればデフォルトの状態から多少は文化的な暮らしに歩み寄ることができるだろう。
230930002.jpg
埃っぽいアキラシティや東急不動産の理想の成れの果てみたいなニューアトランティスと比べて享楽の街ネオン・シティは最高の環境だ。
欲望にまみれた雑踏にドア一枚開けばこんにちは!
このアクセスの良さは言うなれば池袋や渋谷の中心部から徒歩3分物件。
現実味のない豪邸と違ってそこで寝起きする自分の生活もイメージしやすい。
ユーフォリカやマダムソバージュで飲んだくれてオーロラきめて、そのままベッドに直行バタンキュー。
『Starfield』で都市生活者を気取りたいのなら、本宅はスリープクレート一択だぜ。

この記事に含まれるtag : スターフィールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3150.html

2023/09/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。