fc2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: オープンワールド の検索結果)

total 17 pages  次のページ →  

【Far Cry 6】ファークライ6

   ↑  2024/02/08 (木)  カテゴリー: XBOX
240208001.jpg
出自はCrytekの野心的なFPSだったのが、いつの間にやら天下のUBIのドル箱となっていた『Far Cry』シリーズ。
いまやアサシンクリードと並んでUBIを支える屋台骨IPだが、時代や文化を大きく変えることによって作品毎に新鮮味を打ち出せるアサクリに対して、ナンバリングシリーズは基本的に現代が舞台となるFar Cryは、どうしてもマンネリに陥ってしまう。
Far Cry® 6-2024_01_28-07_45_42
『Far Cry 3』から常にパッケージを飾っている敵方ボスのキャラクター的な魅力は、そんなマンネリ感に対抗するセールスポイントであったが、それも4のパガン・ミンが頂点を極めた以降は下り坂の印象が否めない。
前作『Far Cry 5』はシリーズ屈指の陰々滅々としたお話で、それもシリーズのルーチン化に抗うあがきみたいなものを感じたのだけど、その反動なのか『Far Cry 6』はシリーズ屈指の脳天気な内容。
Far Cry® 6-2024_01_23-21_01_30
本作の主人公ダニーには、過去作のような殺人マシン化することへの葛藤も、肉親を巡っての愛憎も、ドラッグへの逃避もなんもなし。
亡命に失敗→頼ったゲリラに逆に頼られる→よし、いっちょ頑張るか!でゲリラの重鎮ポジションにたちまちのうちに収まるお手軽ヒーローだ。
血も涙もない独裁政権を倒す闘争というありきたりなストーリー(『Far Cry 4』もやはり小国の独裁者が相手だったが、あれはこんな単純な話ではなかった)も相まって、心躍らないことこの上ない。
Far Cry® 6-2024_01_21-17_02_57
人間狩り要素はシリーズの密かな伝統だったりするが、それも6ではトーンダウン。
敵に合わせて銃弾をチョイスするシステムはただ煩雑さを増しているだけでなく、最適化によってひたすらなゴリ押しを可能とする弊害もある。
遠目に敵をマーキングして弓やサイレンサー付き拳銃を中心に挑む重要拠点攻略は過去作においては非常に楽しいものだったけど、本作ではそれもタクティカルさが半減してやり甲斐が萎えることおびただしい。
Far Cry® 6-2024_01_19-16_39_57
そんなマンネリを差し引いてもイマイチ感が先走ってしまうシリーズ凋落を思わせる一作なのだけど、しかし生活の中で虚しさや心の隙間を埋めてくれるのは可愛いペットの存在。
そして『Far Cry 6』においてもそれは同様なのであった。
お洒落好きなワニのグアポ、足が不自由だけど健気なダックスのチョリソー、埃まみれの雑種犬ブンブン、兵隊嫌いの凶暴な闘鶏チチャロン、そしてホモ・サピエンスのビーチョ。
Far Cry® 6-2024_01_28-17_35_55
そう、『Far Cry 6』はシリーズ中屈指な相棒ペットのキャラが立ちまくってるゲームなのである。
グアポに「甘咬み!」と指示を与え、先走るチョリソーにハラハラし、敵をサーチするブンブンを物陰からそっと見守り、そして荒れ狂うチチャロンに「お、お、お、落ち着け!」とおたおたする。
ペットたちと過ごす道中は『Far Cry 6』の数少ない、そしてとても強力なモチベーションであった。
Far Cry® 6-2024_02_01-15_48_55
UBI大作恒例、ユーザーの可処分時間を何が何でも奪い取らんばかりな露骨なまでのボリュームの引き伸ばしと、それに伴う終盤のダレ具合も、ペットたちを見守ることでなんとか乗り切ることができた。
とは言え今後もペットのキャラクター性を頼りにするわけにもいかないだろうし、あらゆる部分で煮詰まりばかりを感じさせて次作以降の展開が非常に心配になるシリーズ第6作なのであった。

この記事に含まれるtag : FPS オープンワールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3184.html

2024/02/08 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Yakuza 6: The Song of Life】龍が如く6 命の詩。

   ↑  2024/01/11 (木)  カテゴリー: XBOX
240111001.jpg
あまりゲームの密な内容に触れる記事ではないんですけど、まあ中身はいつも通りの龍が如くです。
オレの桐生一馬が小腹が空いたようなんで神室町にある富士そばに入ったんですけどね、そこでかけそばを頼もうとして「え!? 安い!」と一瞬目が点になったんです。
『龍が如く6 命の詩。』での富士そばのかけの値段、なんと300円。
いま富士そばでかけ一杯いくらかご存知ですか? 420円ですよ。ワンコイン以下で食べられるメニューはこれともりそばだけ。
240111002.png
『龍が如く6』のオリジナルが発売されたのは2016年末。
ゲーム内に反映されているのは当時の富士そばメニューの価格なんでしょうけど、この頃はメニューの大半がワンコインで食べることができた。
いま500円玉だけ持って富士そばに入ってもひもじい気分になるだけですよ!?
ここ数年の物価の高騰を、まさか龍が如くの中で改めて実感させられるとは思いもしませんでした。
240111004.png
ちなみに同ゲームに登場する他の実在チェーン店のメニュー価格推移を見てみると、銀だこハイボール酒場の角ハイボールが360円(現在は420円)。
すしざんまいに至っては1貫158円だった本鮪の赤身が今はなんと437円です。マジかよ!
約7年の時の流れを割り引いても経済成長が実感できない分で相殺されて「めちゃめちゃ高くなった」感がハンパじゃない。
240111005.png
逆に大変だろうなあと思ったのが、ゲーム内の時代から単価が据え置きにされている業種。
分かりやすいのがアーケードゲームやDARTSLIVEといった、システム的に細かい単位での値上げが困難な商売ですね。
そりゃいくらオレだってアウトランやファンタジーゾーンに今更1プレイ300円は出せないもん。
240111003.png
7年の月日は街の景色も含めて様々なことが変わってしまうもんですけど、芸人やタレントのステイタスやイメージなんかは変動の大きい最たる例だったりします。
今までもゲーム制作中に瞬間最大風速だった芸人を登場させたりしては、数年たって「誰だよこれ?」ってなることもありましたが、この『龍が如く6』では頭からラストまで出ずっぱりの宮迫博之を前にすると、ビデオゲームという旬の長い商品に芸能人起用は色々と考えものだと改めて思っちゃいますね。

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3177.html

2024/01/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【龍が如く 維新!極】今年の干支ゲー

   ↑  2024/01/01 (月)  カテゴリー: XBOX
240101001.jpg
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン、あけましておめでとうございます。
この時期ばかりは親戚一同が集まって卓を囲むことも、まだまだ多いでしょうが、その際に定番の正月テレビ番組を観ながらってのは、さすがに年々減少傾向にあるんじゃないでしょうか。
ひと昔前まではフジテレビ系列の「新春かくし芸大会」というスペシャル番組が、その手のみんなでなんとなしに観る元旦のお決まりだったのですが、その怪物番組も終了してもう干支が一回り経とうとしています。
240101006.png
かくし芸の名の下にタレントたちが様々な余技を披露するこの番組。
そのプログラムの中には凝った造りの数十分程度のドラマもラインナップされていたのですが、これもまた余技の範疇ですから、本格的なドラマではなく、お馴染みの話のパロディを芸能人たちが自身のパーソナリティを全面に押し出して役を務める文士劇的な構造が基本でした。
240101007.png
幕末の京を舞台にした龍が如くシリーズのスピンアウト作品『龍が如く 維新!極』の手応えは、まさにこの「新春かくし芸大会」のドラマを彷彿とさせるもの。
坂本龍馬や新選組、徳川慶喜といった幕末の大立者たちを、シリーズに登場した面々たちがスターシステムで演じるその一点に魅力が絞られたような一作です。
240101005.png
「新春かくし芸大会」のドラマは誰もが知る役どころをどのタレントがどういう風に演じるかが注目でしたが本作も同様。
できることなら事前情報をなるべく入れずにおくと、幕末著名人が登場するごとに「これが佐々木只三郎か!」「おいおい、こいつが鈴木三樹三郎かよ」「河上彦斎演ってるやつ、なんとなく見覚えあるんだけど誰だったっけ?」などといちいち盛り上がれます。
240101003.png
「新春かくし芸大会」内のドラマだと思えば、ヤクザファンタジーならぬ維新ファンタジー、素っ頓狂なシナリオや臭いセリフなども許容できちゃうから不思議。
もっとも放っておくとコントローラーの電源が切れてしまうほどの長芝居は、さすがに相変わらず勘弁ですけどね。
240101004.png
多少残念なのはブラッシュアップ版の『極』になって一部の配役に変更があり、浜崎や近江連合の林に変わって小沢仁志や竹内力が登場しているところ。
この人たちはどう贔屓目に見ても、やっぱり小沢さんや力さんのゲスト出演以外のなにものでもなくて、久瀬や阿波野といった龍が如く内のキャラクターによるスターシステムとして完結しないんですよね。
240101002.png
ボリュームの水増しを狙った繰り返しの多いサイドミッションに代表されるように、正編シリーズ作に比べるとその造り込みは明らかに甘いんですけれど、これもまたかくし芸ドラマや文士劇みたいなもんだと思えばなんとなく許容できちゃいます。
『龍が如く6』でお役御免になったと思いきや、最新作『龍が如く7外伝 名を消した男』でまた引っ張り出されて心の休まる暇もない桐生一馬が今年の干支ということで、皆様また一年よろしくお付き合い願います。

この記事に含まれるtag : オープンワールド 干支ゲー 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3174.html

2024/01/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Yakuza 5 Remastered】龍が如く5 夢、叶えし者

   ↑  2023/06/14 (水)  カテゴリー: XBOX
230614007.jpg
ゲームの時代設定が2012年なんだけど、登場人物がみんなガラケー使ってるんですよ。
この時点で「え!?」と思ってしまった。
10年前をほんのちょっと昔と捉えてしまうのは、まぎれもないおっさん仕草ではあるんだけど、まあそれは置いといて、スマホってそんな歴史が浅いガジェットだったけ。
当たり前のような存在になってるから、もう21世紀に入ってからあるように錯覚しちゃってるけど、そう言えばそうだ。
2012年あたりはスマホを持ってる人はかなりレアだったっけ。
230614005.jpg
そんな10年以上の周回遅れでナンバリングタイトルを初代からこつこつプレイしてるオレの『龍が如く』もいよいよ第5作目に。
正直言ってこのシリーズには、そんなに高いテンションで臨んでいるわけではないんだけど、この5は珍しく序盤からスッとギアが入った。
230614006.jpg
そのわけはカタギになった桐生。
福岡の歓楽街でタクシー運転手を真面目に勤め、クレームには明太子を手土産に謝罪に赴く桐生。
これで街なかでケンカさえしなければ、その更生っぷりを大いに後押ししたくなるというものだ。
まあこのタクシー運転手のパートはタクシーシムと言えるほど凝ったものではないんだけど、他ならぬ桐生がそれを正業としてやっているところが、パロディというか良くできた二次創作的な手応えがあって面白い。
同時進行する走り屋との対決も、初代PSやセガサターンの時代によくあった挙動が極めてインチキっ臭いレースゲームそのまんまなのが、幕の内弁当的なゲームの構造に分をわきまえて納まっている。
230614001.jpg
シリーズのいかつい登場人物たちがパロディ的なカタギ生活に没頭する流れは次の冴島大河の章でも継続し、人里離れた雪山でサバイバル感の全くないマタギ生活を延々と送る冴島に、こちらは「お前らもうちょっと真面目にヤクザやれよ!」の声を呑み込むのが大変だった。
ヤクザではないが、ヤクザの精神的情婦である澤村遥も、こちらはこちらで大阪でローカルアイドル生活に精を出す日々。
商店街の営業に書店での握手会、遥がんばりまーす。
230614002.jpg
このままそれぞれが真っ当な第二の人生を歩んでいてくれればいんだけど、だがこのシリーズは毎回毎回物語を強引に収束させるのが常で、まあ前作ほど雑な収め方(「ゴム弾でした」って、大人を舐めてんのかこの野郎!)ではないにせよ、今作も似たりよったり。
オレとしては現役に復帰することなく、工事現場の誘導や、コールセンターのクレーム担当や、パチンコ屋の店員や、すき家の深夜ワンオペ(タイアップしてることだし)なんかの職を転々とする桐生や冴島の姿を見ていたいんですけど、外伝かなんかでなんとかなりませんかね?
230614003.jpg
とにかくそのいつもながらのドラマ的に無理のある風呂敷の畳み方に、あのままタクシー運転手やマタギやローカルアイドルをまっとうしてくれた方がすべてが丸く納まったんじゃないかという思いがひとしおです。
あ、そうそう、品田は労災詐欺頑張ってくれ。
230614004.jpg
あとこのシリーズでは白竜や小沢仁志や竹内力など実在俳優の登場が売りの一つだが、そのフィーチャーのされ方がカリカチュアライズと紙一重で個人的にはあまり好きではなかったのだけど、今作の哀川翔の役回りは実に良かった。
彼をモデリングしたキャラクターが出てくると浮つき気味のドラマがしっかり締まる。
翔さんが演じきることにしっかり意味がある役柄でした。

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3141.html

2023/06/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ghostwire: Tokyo】魔都渋谷散歩

   ↑  2023/05/02 (火)  カテゴリー: XBOX
230502008.jpg
渋谷の街が人で溢れかえっているのは今に始まったことではないが、しかしここ数年の密度はちょっと尋常ではない。
混雑した街ってのは何も渋谷だけではないけれど、同じ人混みでも渋谷のそれは他の街と比べて揉まれているときの消耗度がハンパじゃない気がする。
2018年に起こった例のハロウィン騒動のとき、オレは喧騒からほんの少し離れた桜ヶ丘あたりにいたのだが、渋谷駅のさらに向こうの方からは禍々しい気が立ち上っているのをマジで感じたほどだ。
230502006.jpg
だから『Ghostwire: Tokyo』の渋谷が魔に包まれたなんて舞台設定も、「まあ元からそんな街っすもんね~」とあんまり切迫感を覚えなかったりする。別に放っておいても支障ないっしょ?
そんなワケでオレの前に広がる魑魅魍魎に蹂躙された渋谷の街は、まるでハロウィン翌朝の光景のよう。
魑魅魍魎に蹂躙って字面だけでは実際の渋谷もこのゲームも別に大した違いはないが、特筆すべきはあれだけうじゃうじゃいた人の姿も一切合切消え去っていることだ。なんて素晴らしい!
230502001.jpg
しかしゲームというのはプレイヤーがお節介を始めなければ転がらない。
この街の荒んだ魂を吸い上げて何かを成就させようとする魔の側を心配したくもなるが、とにもかくにも吸い上げられた魂を救済するために無人の渋谷の街を右往左往するハメになるのであった。
渋谷を舞台に魔物たちとバトルを繰り広げる。そんなプレイ前の印象とは裏腹に、その実態は移動サポートが充実した『アサシンクリード』な印象だったりする。
ビルのてっぺんからてっぺんを滑空して渡り、目についた浮かばれない魂を片っ端から回収。その合間にサイドミッションや他のコレクタブルアイテムをこなしたり、そしてたまに戦闘したりしなかったり。
230502002.jpg
戦闘システムのチュートリアルを担う最序盤の病院パートの手応えがパッとしなかったこともあって最初はハズレかと思ったが、フリーロームができるようになるとその印象は俄然と変わる。
そう、これは普段は人だらけで身動きもままならない渋谷をフリーダムに動き回れるゲーム。
センター街もすーいすいすいっ。いつもは行くのに迷うMAGNETの屋上も天狗さんの助けを借りていっきにぴょ~ん。駅前のビラ配りアイドルたちが壊滅しているのはちょっと寂しいけど、その魂はいずれ回収するから安心してほしい。ついでにワンマンのチケットくださ~い。
230502004.jpg
雑踏の楔から解き放たれた渋谷行脚の味付けとなるのは闇鍋のようなオカルトテイスト。
伝承や民話、フォークロアなど、もう思いつく限りの心霊超科学ネタを極めて雑に放り込んだ無節操さは時々鼻白むこともあるのだが、しかしその味噌もクソも一緒くたにつまみ食いしたような無責任な盛り込みっぷりは痛快だったりもする。
230502003.jpg
そして駅の周辺はかなり再現度が高い渋谷の街も、宇田川町のあたりまで来るとあっという間にアバウトになって、そこに広がるのはまるで時代を30年も遡ったような景色。
これはこれで妙にノスタルジーがあるし、いかにも日本土着のオカルトを写実的な駅前以上に感じさせる部分もある。
230502005.jpg
膨大な収集物と程よい数のサイドミッションのバランスも、このふらふらしているだけも楽しい街を隅から隅までくまなく巡らせるにはちょうど良い導線だ。
魔都渋谷をアバウトに駆け巡る雑食オカルトフレーバーのふらふらお散歩ゲーム、その合間に箸休め的な戦闘パート付き。
230502007.jpg
人がいない渋谷。そこはホントに心地よい。この事態を招いた般若面のラスボスに「グッドジョブ!」の一言もかけたくなる。
だからそんな恩人へトドメをさすのを先延ばしするためにも、ストーリーラインなんか放ったらかして現実の渋谷と照らし合わせながらくまなくお散歩を満喫しようじゃないか。

この記事に含まれるtag : オープンワールド ホラー 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3139.html

2023/05/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。