FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: アサシンクリード の検索結果)

total 3 pages  次のページ →  

【Assassin's Creed Origins】歴史観光ディスカバリーツアー

   ↑  2020/05/03 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
200503007.jpg
『アサシンクリード オリジンズ』を遊んでいて、プレイフィールの大幅な変化の他にもうひとつ違和感を覚えたのは、歴史うんちくガイドがメインストーリーから一切姿を消していたことだ。
歴史上の人物に出会ったり歴史的な建造物を訪れるたびにビューボタンから展開していた、あのちょっと斜に構えたトリビアの数々。
ガイド役を主に務めていた現代アサシン教団員連中の衒学的でうんざりする語り口に、かっ飛ばして進行させていた人も多いかもしれないが、しかしなんだかんだ言いながらアサシンクリードシリーズの歴史エンタメ的なスタンスを補完する重要なエッセンスだ。
200503004.jpg
しかし『オリジンズ』には、それは影も形もない。
ギザのピラミッドを、スフィンクスを訪れたとき、いつもなら当たり前のように付いてきた豆知識の数々が今回はまったく流れてこない。
いや、大ピラミッドやスフィンクスのような著名な存在ならば、こっちでも個人的になんとか補完のしようがある。
だがそこまでメジャーじゃない事柄となるとそうはいかない。メインストーリーの中でオレのバエクが古代都市メンフィスを訪れても、「え、メンフィスってエルビス・プレスリーの出身地じゃないんですか!?」とおろおろするばかりだ。
200503005.jpg
だけど慌てる必要はない。今回のアカデミックな歴史ネタコーナーはメインストーリーの外にあった。
ゲーム本体の発売から数ヶ月後に無料アップデートによって新たに付け加えられたディスカバリーツアーモードは、シリーズ旧来のエクストラ的なものに取って代わる新しい歴史ガイドだ。
このディスカバリーツアーの肝は、メインモードとまったく同じ広大なマップを同様に徒歩や乗り物、ファストトラベルを駆使して自在に巡れるところにある。
ストーリー的なものは勿論のこと、余計な戦闘に煩わされることもない。警備兵も盗賊もあの鬱陶しいワニやカバも、すべてこちらをスルーしてくれる。
200503003.jpg
攻撃的なアクションを除いては、こちらの行動にも一切制約はない。
市場を踏み荒らそうが神聖な寺院の壁をよじ登ろうがピラミッドの内部を荒らそうがお構いなし。とことん傍若無人な観光客気分で緻密に再現された古代エジプトを自由に旅ができるのだ。
そして各地に点在するのはツアーガイド。ピラミッドや石切場、ローマ軍の砦など歴史観光ポイントで、古代エジプトの文化や日常、歴史や建物の成り立ちなどの解説を聴くことができる。
このガイドも過去作のような厭味ったらしい衒学的なものではなく、非常にオーソドックスなスタイルだ。
200503006.jpg
そんなガイドを耳に留めながらの古代エジプトのセカンドジャーニーは、予備知識もろくに無いままストーリーとサブクエストに追われていたメインモードのそれよりも楽しく豊穣なものだったりする。
このディスカバリーモードで選択できるキャラクターは多岐に渡るが、オススメしたいのはレイラやウィリアム・マイルズといった現代編のキャラクター。
彼らが生活感たっぷりに動いている古代エジプト民のモブたちに紛れ込んでいる景色は、時代を超えてきた歴史観光客の気分を一層増幅してくれるのだ。

この記事に含まれるtag : アサシンクリード 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2901.html

2020/05/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed Origins】偉大なる始祖

   ↑  2020/05/01 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
200501005.jpg
初代というのはそれだけで偉大なものである。
会社の創業者に芸事の本家本元、幕府の将軍に宗教の開祖、そして歴代タイガーマスク。もうあらゆる分野に言える当たり前の話だが、初代の存在なくしては何ごとも始まらない。
守成の二代目に中興の祖など、跡継ぎたちの中にも劣らぬ功績を残した者たちもいるだろうが、やはりそれらはすべて初代の業績があってのことだ。
200501008.jpg
ましてやアサシン教団は2000年以上の歴史を持つ、由緒なんてレベルをはるかに超えている団体だ。
それを興した人間ともなれば、もうイエス並みに神格化されても当然の存在である。
このオレも教団に10年以上に渡って籍を置く身だ(途中なんかテンプル騎士団にいたこともあったような覚えもあるが……)。
その偉大なる初代が「指をさすだけで山を崩した」とか「台風に向かって大喝すると進路が変わった」なんてふかしと共に語られたとしても、それを話半分としても受け入れていたかもしれない。
200501003.jpg
アサシンクリードシリーズ本編の通算10作目『アサシンクリード オリジンズ』は、その偉大なる教団の創始者を描いたゲーム。
映画に例えるなら「人間革命」とか「日蓮と蒙古大襲来」みたいなスタンスの作品だ。
……なんか例えが異様に偏っているような気もするが、パッと思いついたのがここらへんだっただけで、深い意図はまったくない。
しかし伝承ならば高潔で完全な人物と語り伝えればいいが、実際に忌憚なく語られちゃう主人公シワのバエク、あんまり崇め奉りたいタイプでもないのが困ったところである。
200501006.jpg
ファラオの守護戦士の末裔バエク。頑固で保守的、短気で口より先に手が出るタイプ、教条主義者のくせして好色。正直あんまり親しくなりたいタイプではない。
まあアサクリ歴代の主人公は、どれもこれも友だちにするには難のある連中ばかりで(例外はケンウェイ父くらいのもんか)、それが隠れしアサシンたる所以なんだろうけど、創始者がこれであるならば納得できる話だ。
そんな面倒くさい親父を操作して縦横無尽に走るのは紀元前プトレマイオス朝のエジプト。
一口にプトレマイオス朝と言ってもその時代は何百年にも渡るが、舞台となるはクレオパトラやらカエサルが出てくる一番わかり易い末期。
200501009.jpg
アサシンクリードのシリーズメインタイトルは、どれも膨大なマンパワーとリソースを割いて生み出されているが、『オリジンズ』はその中でも"ビッグバジェットの超力作"の称号がもっとも相応しい作品だ。
その膨大なエネルギーによって作り上げられた古代エジプトワールドの広大さ、そして広さをものともしない密度はハンパではない。
アサクリシリーズの本領がスケールの大きな歴史ジャーニーにあるのならば、『オリジンズ』はその集大成といえる完成度かもしれない。
200501004.jpg
そのスケールに合わせるために『オリジンズ』は従来シリーズ作の箱庭ステルスアクションから、もっと束縛度の緩いアクションRPG的なスタイルに大きく舵を切った。
しかしその方向転換が100%成功しているとは言い難い。オレはこのゲームをプレイしている間、ずっとなんとも間延びした居心地の悪さを感じていたのだけど、その理由はこの世界が決して広すぎるだけではない。
テンポが悪く緩慢に展開するメインストーリー(教団と騎士団の対立構図で物語を牽引できない様は、なんとももどかしさを感じさせる)、そしてフックに欠けて代わり映えのしないサイドミッション。この広大な地を右に左に渡り歩かせる導線の貧弱さは『オリジンズ』の大きなウィークポイントだろう。
200501002.jpg
もちろんこの有り余る情熱と研究と精査と学識によって作り上げられた、古代エジプトの広大な"生きたジオラマ"は、もうそれだけで手放しに絶賛したい。
だけど実際にシワのバエクとしてこの世界を動き回っているときには、「また同じようなミッションかよ!」とか「ワニ多すぎ! 100日経つ前に殺す!」とか、歴史ジャーニーの感動より先にそんな些末的な感想ばかりが先に立っていたのもまた事実だ。
始祖を描いた作品として、そしてシリーズの方向転換の始まりとして、二重の意味でオリジンとなったアサシンクリード古代エジプト編。
思えば意欲はめちゃくちゃ買うんだけどもどかしい部分も多かった感想は、初代『アサシンクリード』のそれと非常に似通ったものがあるんだよな。オリジンズ、確かに偽りのないタイトルだ。


この記事に含まれるtag : アサシンクリード 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2900.html

2020/05/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed Origins】クソ真面目なシリーズ転換作

   ↑  2019/08/27 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
190827002.jpg
8月をまったく更新することなく終わってしまいそうなので生存報告を兼ねてとりあえず。
ただでさえ暑さには弱い上に、お盆前後には仕事がめちゃくちゃ忙しくなり、体力が落ちて色々と患う散々な状況で、もうゲームどころではなかったんですけど、罹患するしないに関わらず去年も酷暑の時期にはブログの更新パタリと止まってましたね。ウケる。
190827003.jpg
それでも一応ゲームは細々とプレイしてまして、まぁいまやっているのは『Assassin's Creed Origins』なんですけど、これが一向にエンジンの回転数が上がらないままだらだらと続けているような具合で、その原因がオレ個人のゲームに対するモチベーションが上がってないのか、あるいは『Assassin's Creed Origins』自体に原因があるのか、自分でもよくわかんないんすけど。
ただまあプレイした人ならおわかりでしょうけど、この作品、過去のアサシンクリードシリーズからかなり舵を切っていまして、そのプレイフィールはシリーズ過去作よりも、なんだろ、そう、『レッド・デッド・リデンプション』とか近年の『GTA』シリーズに近い感じがするんですよ。
ストーリーを牽引するうねりみたいなモノは淡白にして、その分プレイヤーのペースでその世界に身を置いて息づく感覚を重視しているというか。
190827005.jpg
だけど世界への没入感に比重を置くには、やっぱりアムニスじゃないですけれど、プレイヤーとキャラクターの同期性ってのが重要になってくるわけで、その点『レッド・デッド・リデンプション』や『GTA』ってのは比較的それが掴み易いんですよね。
開拓時代の西部の男や現代社会の犯罪者の生活感とかアティチュードとか、なんとなく理解できるし、それによってプレイヤー自身の立ちふるまいも構築できるし。
だけど紀元前エジプト人のそれなんかは、もうさっぱりわかんないよ。価値観も風習もなに食ってたのかさえ知らないし。それでいきなり古代神の名前出されてもわかんねえし。畏れようも崇めようもねえって。
190827004.jpg
それでもシリーズ過去作にはアサシンとテンプル騎士団の対立構造という、ゲームを強引に引っ張るフックがあったから、こっちもいざとなれば「とりあえずてんぷらの奴ら、みんなぶっ殺す!」なんて単純なモチベーションで強引にアクセルを踏めたけど、この『オリジンズ』の場合はその対立構造が確定する前のお話だから困ったもので。
あとはカテリーナ・スフォルツァのパン見せエピソードに立ち会ったりとか、マルクスのために聴衆集めたりとか、そんな歴史をネタにいじったり遊んだりする側面も薄くなっているようで。
今までのアサクリのノリならば、たとえばスフィンクスの鼻を削ったのはプレイヤーだったとか、そんなこと平気でやってそうでしょ。
そういう歴史遊び、衒学趣味も今作では妙に生真面目になっちゃってるような印象があるんだよなあ。
190827006.jpg
なんか構成もなんもなくだらだらと書き並べてしまったけど、なんだろ、涼しくなってちゃんと更新するようになるときの作文リハビリというか、リハビリなってねえな。
まあとにかくみんな体だけはホント気をつけましょう、いつまでもムリは利かないよってのが、いま一番伝えたいことですね。ゲームやるのも体力は必要だよね。

この記事に含まれるtag : アサシンクリード 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2844.html

2019/08/27 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed Rogue Remastered】アサシンクリード ローグ リマスター

   ↑  2018/09/27 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
180927007.jpg
この世で面倒くさい人間の東の横綱が左翼から右翼に転向したやつ。そして西の横綱が右翼から左翼に転向したやつ。
こうした人たちは、かつての自分に対する近親憎悪もあってか、元いたクラスタに対して必要以上に攻撃的になりがちだ。
そういった部分を買われて転向先ではチヤホヤされたりするもんだから、面倒くさい資質にもさらに磨きがかかったりするのが、また困りもんで、えーと、もう通算何作目になるんだかもよく分からなくなってきたけど、時代的には『アサシン クリードIV ブラックフラッグ』と『アサシン クリードⅢ』の間に位置する『アサシン クリード ローグ』。
その主人公シェイ・パトリック・コーマックは、まさにそんな厄介極まりない転向者。
180927006.jpg
「えー、ジョージ・モンローさんの手引きで、今度テンプル騎士団に入ることになったシェイといいます。ども、よろしく。
以前はアサシン教団に所属していたんで、皆さんの中には快く思わない方たちもいるかもしれませんが、諸々の疑念は今後の活動ぶりで証明します。
確かに以前はアサシンにいたんすけど、えー、エデンのかけらとか、あとはネットの情報とかで真実に目覚めまして、これからは秩序と友愛の理念のために活動していこうと決意しました。
まずは行動だと思うので、アサシン狩りとか、この世界を脅かす真実を世に知らしめるとか、それから懲戒請求とかいろいろ頑張っていきたいと思います。
まず最初はですね、アサシンの連中は皆さんのことを"天ぷら"などと呼んで貶めていますから、それに対抗するような侮蔑語、例えば"バカシン"とか"パカシン"なんてのを広めるのがいいんじゃないでしょうか。
いや、こういうの案外重要です。大丈夫、ニコニコとか協力してくれるはずです」
180927003.jpg
その本来なら一大決心たる転向に至る経緯を、「先駆者の遺物を手にとったら、唐突にドリフのセット崩壊みたいな大地震が起きちゃった、どうしよう!」なんて、およそ雑な展開で処理してるもんだから、それまた困りもの。
アルタイルの昔からアサシン教団の教義にどっぷり漬かってしまっているこちらが、そんなアバウトな理由で急にテンプル騎士団の側に感情移入できるわけもなし。
180927002.jpg
またエツィオやアルノ、ジェイコブなど、陽気なプレイボーイが多かった歴代の主人公に対して、このシェイ・コーマック、険のある暗い顔立ちになにかと根に持つ性格ときているから、過去シリーズですっかりアサシン脳に染まったこちらとしては、「そうだよな、クラスで陰キャラだったようなやつが、テンプル騎士団に行ったりするんだよな」などと、歪んだ納得に至ってしまうのであった。
おいおいおい、陰キャラの恨み節に付きあわされるのかよ、勘弁してよ。
そんなこっちの心情もお構いなしに、かつての仲間であるアサシンを次々と屠るシェイ。
あのなぁ、お前が殺して回ってるその人たち、気分的にはまだオレの仲間なんだけどな。
180927005.jpg
付き合いづらい恨み節たるキャンペーンモードが、「え、ここで終わり!?」の声が思わず出てしまうくらいタイトなボリュームで終了してしまうのは、ありがたいことなのか、それとも「おい、正編のフルパッケージでこれか!」とアブスターゴとテンプル騎士団に文句をぶつけるべきとこなのか。
時代背景も魅力に乏しい上に、舞台がぶつ切り状態で、シリーズの売りたる歴史観光的な要素も希薄。
まあそれもこれもリソース使い回しの裏事情や、新世代機か既に登場していたにもかかわらず旧世代機のみでのリリース(ちなみに前作の『ブラックフラッグ』は新旧両世代機マルチでの発売。Xbox OneとPS4に対応したこの『リマスター』版は、2018年になってようやくのお目見え)など、その微妙極まりない立場からも、シリーズの鬼っ子ぶりがひしひしと伝わってくる。
そしてその鬼っ子ぶりも、シェイ・コーマックの転向者って厄介なポジションでもって、なんとなく納得させられてしまうのであった。

この記事に含まれるtag : オープンワールド アサシンクリード 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2779.html

2018/09/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed: Revelations】高齢者介護アサシンクリード

   ↑  2017/11/25 (土)  カテゴリー: XBOX 360
171125007.jpg
15世紀ともなれば、50すぎの中年なんてのは認知症患ってもおかしくないくらいの立派な老人だ。
アルタイル・イブン・ラ・アハドからバトンを受け継ぎ、アサシンクリードシリーズの2代目語り部となったエツィオ・アウディトーレ。この稀代の色男も、すっかりそんな年になってしまった。
わしがフィレンツェやヴェネチアの娘っこをきゃあきゃあ言わせていたのは……、『アサシン クリード ブラザーフッド』の発売が2010年だから、7年も前のことになるのか。遠い遠い過去の話じゃ。
171125004.jpg
『アサシン クリード II』三部作、別名エツィオサーガ。
このシリーズの基礎を固め隆盛に導いた三作品の内、トリを飾る『アサシン クリード リベレーション』だけは今まで未プレイだった(三部作のあまりのリリーススパンに短さに、「アサクリはしばらくいいや!」ってなったのが理由だったと思う)。
それにこの間ようやく手を出してみたら、前作からの7年あまりのプレイ間隔が、青年期から老年期一歩手前までいっきに飛び越したエツィオの経年に上手くアジャストする、思わぬ怪我の功名に見舞われたのであった。
171125001.jpg
それでなんだっけ? ああ、イタリアにいた頃だ。ダ・ビンチだのカテリーナだの色んなやつがいたな。
あの頃はわしも若かった。とにかくモテたモテたモテた。……今じゃ壁にへばりついているだけで「ジジイ、ムリすんなよ!」って冷やかされるけどな!
ただでさえ老化している上に、こちらの指先が後のシリーズ作の若干洗練された操作体系に慣れてしまっているせいか、とにかくオレの老エツィオ、足下が危うっかしい。しょっちゅう屋根のヘリで「おっとっと……」ってよろけてる。
171125008.jpg
弟子たちが壁を瞬く間に駆け上がってって、屋根から屋根へと華麗に移動するのを尻目に、「わしはちょっと下の道をゆっくり歩かせてもらうから」と、どうにも締まらない。
だってしょうがねえだろ、ジジイなんだし!
見るに見かねてか、コンスタンティノープルのアサシンを取りまとめるユスフって好漢が、ダスキンからフックブレードって介護補助器具を借りてきてくれた。
だけど親切はありがたいが、わしはやっぱり下の道を歩くから。ジジイだし。
171125002.jpg
エツィオサーガは綿々と続くシリーズの基礎。
未完成というか、未整理さが目立った初代『アサシン クリード』を三部作かけてじっくりとブラッシュアップ。
中でも静止画を切り取ればまるで絵画のような美しい構図を見せるムービーや、デューラーの婦人画エピソードに代表されるような歴史衒学趣味など、後のシリーズを司る魅力的な要素は、『リベレーション』でもっとも高く昇華されている。
171125003.jpg
そしてエツィオに付いて回る二人の男、アルタイルとデズモンド・マイルズ。
ぶっちゃけデズモンドのことはどうでもいいが、問題はアルタイルだ。
まさか50過ぎのジジイをさんざん操作する合間に、さらに80過ぎの超ジイさんの面倒まで任せられるとは思いもしなかった。
足下がおぼつかないどころじゃない、三歩踏み出せば息を切らす老老アサシン。
シリーズ中異色の高齢者介護アサシンクリード。大丈夫、先輩に比べたらエツィオさんまだまだ若いっすよ!
171125005.jpg
そうは言ってもジジイだし。それに"最強のアサシン"なんて持て囃されていい気になってたけど、なんかわしの役割ってわざわざ三部作かけてのアルタイル物語の補完者ってのがハッキリしちゃったようだし。
でもな、個人的には7年もかけたこの補完の歳月、それはそれでとても生き甲斐があったぞ。
思い返してみても……、えーと、ボルジアとメディチってのがいたっけな……。どっちがアサシンでどっちがテンプル騎士団だったっけ?
……まあいい。とにかくモテたモテた。そして今でも充分モテる。三部作たっぷりつき合ってもらって、最後の最後は中高年の色恋沙汰で終わらせてホントすまんな。
まぁとにかくこれでわしの役目はひとまず終わった。余生はたっぷり楽しむぞ!

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : ONE互換 アサシンクリード 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2710.html

2017/11/25 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。