FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (新しい記事より順に表示)

total 426 pages  次のページ →  

【Dracula VS The Ninja On The Moon】月のドラキュラ忍者大戦

   ↑  2021/04/22 (木)  カテゴリー: PCゲーム
210422002.jpg
実写映像をゲームに用いることには様々なメリット、デメリットがある。
その利点や欠点は時代時代によって変遷してきているのだが、アマチュアによる映像発信が簡単になった最近では、バカな仲間さえいればローコストでゲームを一本でっち上げられる、とてつもなく横着なメリット(ユーザーにとってはデメリット以外の何ものでもないが)を生み出している。
210422004.jpg
そしてこれを一歩押し進めた手口だってある。
YouTubeに置いても誰も見向きもしないような一昔前のゴミインディー映画。
こんなのにだってインタラクティブと称する要素をほんの少しだけ付け足してSteamやEpicのストアに置けばいい。
この手のムービーに辟易としている映画オタと違って、ネタに困っているゲーム界隈の実況者やブロガーがホイホイ食いついてきて、ゴミ箱の底に転がっていた映像があっという間にリザレクトできるのだ。
210422006.jpg
『Dracula VS The Ninja On The Moon』は、まさにそんな手口のそのものズバリな一本。
ベースとなったのは約10年前に作られた、ローファイという表現すらJAROに誇大広告で訴えられたら弁解できなさそうな、箸にも棒にもかからないインディーフィルム。
忍者が特訓の末に月に向かってドラキュラと対決するのがそのあらすじだが、いや、このあらすじ書いていてなんか違う。間違ってないんだけどなんか間違ってる。
まぁとにかくエド・ウッドを敬愛するのは分かるが、それを直接的に目指してそこにすら辿り着かないどころか、はるか手前で着地するのはやめろ!と諭したくなるような映画である。
210422005.jpg
こんなシロモノにも、どっかで拾ってきた謎の海賊版ビデオテープという設定をつけて画面をクリックする必要をほんのちょっぴり盛り込みFMVゲームと名乗れば、立派なSteamストアの商品になっちゃうんだから、あら不思議。
しかしそんな僅かながらのインタラクティブな要素も、カーソルの色が黒くてどこにあるのかさっぱり分からない根本の問題で早々と破綻しているのであった(なお、画面右下の設定アイコンは単なる飾りらしい)。
210422003.jpg
トラッキングを調整して映像を正しい方向に導けというのが、『Dracula VS The Ninja On The Moon』がゲームを自称している上での唯一の建前であるが、これすらほぼウソ。
トラッキングをコントロールするシステム自体がそもそも備わっておらず、調整の指示が出るたびにとりあえず画面を一回クリックすれば、映画は頼みもしないのにつつがなく進行する。
まあ最低限の操作する要素(と言ってもクリックだけだが)を盛り込んでいるのは、「Switchで遊んでてもいいしKindleで本読んでいてもいいけど、とりあえず画面の前からは離れるなよ」なんてメッセージみたいなもんかもしれないが。
210422007.jpg
元々がただでさえチープな映像なのに、それが海賊版VHSの設定のもと、さらに劣化した画質で再生されるのはとんだ災難だが、まあ真面目に画面を凝視している人なんておそらく皆無だろうから、その辺は割とどうでもいいとこなのであろう。
トータルで30分強のインタラクティブトラッシュムービー体験。
これで見終わった後に虚無しか残らないのであれば救われないが、幸いにしてオレは「もうSteamでしょうもないゲームを漁るような非生産的な生活は改めて、明日からもうちょっと真面目に生きます!」なんて反省の気持ちでいっぱいです。

この記事に含まれるtag : 実写ゲーム Steam 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3007.html

2021/04/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Lofi Ping Pong】ローファイ・ピンポン

   ↑  2021/04/19 (月)  カテゴリー: Switch
210419005.jpg
熱のこもった卓球のラリーが、まるで楽器でリズムを刻んでいるように聴こえてきたからであろうか。
あるいはメトロノームなんかの正確なリズム音を耳にして、つい卓球のラリーの音を連想したからなのか。
AndroidやiOSを経てこのたびSwitchに移植された『ローファイ・ピンポン』。
このゲームの発想の始まりが果たしてどこから来たのかは、ちょっと興味を惹かれるところだ。
210419003.jpg
とにもかくにも、この『ローファイ・ピンポン』を一言で表現するなら、卓球風ビジュアルのリズムゲーム。
1,2,3のカウントと始まるラリー。
プレイヤーのすることは、左、中央、右、3つのスクエア上をボールが通過したときに、タイミングよくそれぞれのボタンを押すだけ。
案外と卓球で球を打ち返しているフィーリングは乏しい。その手応えは完全にリズムゲームのそれだ。
210419002.jpg
しかしタイトル通りローファイなサウンドトラックが鳴り響く中、それに合わせて黙々とリズムを刻んでいると、カン、コン、カン、コンという硬質で甲高い打球音が、シンプル極まりないリズムキープとシンクロして独特の没入感を与えてくれる。
それにぼんやりと身を委ねていると、この妙にクセになる単純作業には卓球のビジュアルが不可分に思えてくるから不思議なものである。
210419001.jpg
反応すべきボタンは3つだけなのだが、ラリーのスピードと相まってストロークの間隔が短く、またステージが進むと球の数が増えたり分身魔球が出てくる。そして何よりワンミスで最初からやり直しになるバランスなど、見た目に反して難度の高さは結構なものだ。
またコンセプトにもなっているローファイなビジュアルや、幕間進行のちょっと尖りすぎたテイスト、まったくこなれていないユーザーインターフェースなど、クセの強いインディーゲームらしくユーザーフレンドリーに欠ける部分も多かったりするが、ワンコイン前後で買える一風変わった音楽ゲームとしては、それなりにまとまっている一作ではないだろうか。

この記事に含まれるtag : 音楽ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3006.html

2021/04/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Double Kick Heroes】ダブルキックヒーローズ

   ↑  2021/04/16 (金)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210416009.jpg
ダブルバスドラム、日本では俗にツーバスと呼ばれているバスドラを2つ並べた編成、及び奏法。
そのルーツを辿ればスウィング・ジャズ全盛の時代にまで遡るらしいが、やはりそれが大きく花開いたのはハードロックやヘヴィメタルの分野に於いてだ。
ジンジャー・ベイカー、キース・ムーン、カーマイン・アピス、コージー・パウエル、デイヴ・ロンバード、錚々たる達人が並ぶツーバスドラマー。
210416007.jpg
その中でオレが一番好きなのはモーターヘッドの故フィル・テイラー。荒々しくバスドラをダブルキックするその突進力は、ブレーキの壊れた機関車を思わせるようだった。
『Double Kick Heroes』は、そのツーバスをテーマにしたゲーム。
Headbang Clubといういかにもなスタジオ名からも分かるように、HR/HMにとことん特化した音ゲーだ。
210416004.jpg
ステージに向けて一心不乱にリハーサルに打ち込むのは実に見上げたことだ。
しかし5人組バンド、ダブルキックヒーローズの連中は、ちょっとそれをマジメにやりすぎた。
地下のスタジオに何ヶ月も籠もってるうちに、いつの間にか地上はゾンビやらミュータントやらワケの分かんない奴らが闊歩する終末世界になっていた。
だがそんなシチュエーションでも彼らには頼りになる武器がある。それは「こんなこともあろうか」と銃器類を仕込んだドラムセット。
追いすがるゾンビや何やらをこいつで蹴散らして、かつての自由の国を、とにかく東へ東へと目指す世紀末ツアーの始まりだ。
210416003.jpg
低難易度の序盤ステージは、なんだかんだで呑気なものだ。
ドン、ドドンとドラム教則本の最初のページみたいなシンプルなリズム。はっきり言って「お前のもう一つのバスドラは、ただのバンド名看板か!?」と野次のひとつも飛ばしたくなるようなテンポである。
210416008.jpg
だがステージが進むにつれて、そんなビール片手のアリーナ後方客みたいな野次は飛ばせなくなってくる。
ダダドドダダドドダダダダドド! ツーバス連打の譜面が姿を現し出すと、こっちも駄々をこねるキース・ムーンみたいな調子でABボタンを連打するハメになる。
210416002.jpg
さらに後半のステージになると、このツーバス連打の嵐にスネアやシンバルがスコアに加わってくるのだ。上級難易度だとほぼ無理ゲーのレベルである。
フィンガードラムのつもりでやればいいんじゃないすかって? いやいやいや、パッドとストロークのあるコントローラボタンじゃフィーリングが全然違うって!
210416005.jpg
ツーバス連打のドラミングに特化してしまったがために、どのステージも似たりよったりで単調。
ゲームシステムが煮詰められておらず、スコアヒットとシューティング要素の関連性が希薄。
さらにスコット・ピルグリム風のちょっとアクの強さに欠けるビジュアルが、HR/HMというテーマとあまり噛み合っていないなどなど、このゲームは粗というかマイナスポイントが結構多かったりする。
210416006.jpg
されど本作のためにわざわざ録音された、ブラックメタル、ニューメタル、グラインドコア、ストーナーメタルなど、ヘヴィメタルのありとあらゆるサブジャンルにまたがったオリジナル楽曲群。
そして幕間のドラマパートに散りばめられた、これでもかのHR/HMネタと、制作者のヘヴィメタル愛はゲームから溢れんばかりに伝わってくる。
メインのストーリーやアーケードモードの他に、ヘルゲートと呼ばれるモードではVolkor X、Jukio Kallio、Ultra Vomitらゲストバンドの楽曲でのプレイが可能だ。

この記事に含まれるtag : 音楽ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3005.html

2021/04/16 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Aaero】宙を切り裂くメロディリボン

   ↑  2021/04/14 (水)  カテゴリー: XBOX ONE
210414006.jpg
『Rez』や『Space Giraffe』、古いところでは『iS internal section』のようなサウンドとゲームプレイが密接にシンクロするタイプのシューティングゲーム。
これなんかもオレにとっては紛うことなき音楽ゲームの範疇に入る存在である。
イギリスのインディースタジオMad Fellowsが開発した『Aaero』という奇妙な名前のゲームも、まさにそんなジャンルずばりな作品だ。
210414002.jpg
音楽系のシューティングゲームはロックオン式のショットシステムが基本的で、その着弾音がパーカッション的な役割を果たして音楽とシンクロナイズするものが多い。
『Aaero』のシューティング部分もこのタイプ。
ただしこのパートにおいては『Aaero』はそれほど際立ったゲームではない。
ショットのタイミングに思ったほどの幅がなくパーカッションとしての効果は限定的で、着弾のエフェクトを含め演出も同系統のゲームと比較すると派手さやけれんに欠ける。
210414003.jpg
されど『Aaero』にはそれを補う魅力がきっちり備わっている。
この系統のゲームはSTGという建前上、曲にインタラクティブに関わるのはどうしてもリズムセクションばかりになりがちであった。
それに対して『Aaero』は、画面の奥に向かって湾曲しながら伸びるリボンをトレースすることによって、メロディーラインへのアプローチを可能にしている。
リボンの航跡に自機の位置を合わせるだけのシンプルな作業だが、曲との絶妙なシンクロナイゼーションと相まって、この操作がとにかく気持ちいい。
210414001.jpg
その魅力はファーストステージからたっぷりと発揮されている。
Flux Pavilionの"Bass Cannon"は、悲鳴のような甲高いシンセサイザーがインパクト大なダブステップの名曲だが、自機がリボンの上を走ることによってこのシンセサイザー音と共鳴すると、まるで空間を切り裂いているかのような手応えを得られるだろう。
それは時として曲と左スティックが一体化したかのような感覚すら与えてくれる。
このリボントレースに快感がたっぷり詰まっているから、平凡に思えたようなシューティング部分も適度なモードチェンジに感じられるほどだ。
210414004.jpg
収録曲はFlux Pavilionを始め、Noisia、The Prototypes、Neosignalなど、主にエレクトロ、ドラムンベース系アーティストの楽曲。
極めてミニマルな規模で制作されたインディー系のゲームで、これだけの面子の曲を収めるこのができたのにも驚かされるが、これなどは版権ビジネスが弾を撃ちあっていたかつての音楽系ゲームの時代から、ミュージシャンとゲームとの関わりが変化してきた証なのかもしれない。
現在Xboxストアで配信されているコンプリートエディションには、追加の機体や楽曲などの全DLC分が、すべて最初から収録済みだ。

この記事に含まれるtag : 音楽ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3004.html

2021/04/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【AVICII Invector】アヴィーチーのメモリアル

   ↑  2021/04/11 (日)  カテゴリー: XBOX Series X|S
210411006.jpg
スターの早逝はロック史の負の遺産だが、図らずもそれは現代のミュージックシーンにも受け継がれてしまった。
スウェーデン出身のカリスマ的DJアヴィーチーが28才の若さでこの世のを去ってしまったのは2018年のこと。
ダンスミュージックにおけるアイコニックシンボルのあまりに突然の死は世界を驚かせた。
死後に多くの追悼企画やイベントが催され、最近では伝記本の出版や記念碑の建立が持ち上がっているようだが、この『Avicii Invector』はゲーム発のアヴィーチーメモリアルな作品だ。
210411005.jpg
ノートがコース状となったフィールドを、軸移動可能なスペースシップで駆け抜ける『Audio Surf』ライクなスタイル。
音符代わりのボタンガイドをタイミングよくヒットするのは、この手のゲームの定番のシステムで、これと言って目新しいものではないが、LBボタン(Xboxの場合)がバスドラ的な役割に固定されているのが特徴だろうか。
難易度を上げているのは移動のたびにコースが数十度回転してしまう軸移動で、コースの先が視認しづらくなったり、ミスをすると自分の位置の把握に一拍手間取ってリカバリーに苦労したりする。
210411003.jpg
ただこの軸移動を含め、歪んで曲がりくねったコースがビジュアルとの相乗効果や、グルーヴィーなドライブ感を生み出していることもまた確かだ。
そしてさすがにアヴィーチーのメモリアルを謳っているだけあって、楽曲とノートのシンクロナイゼーションは丁寧に仕上げられているし音質も上々だ。
210411002.jpg
全体にオーソドックスで革新性には欠けるけど、しっかりと楽しめる堅実な造りになっており、アヴィーチーのファンは勿論のこと、彼の音楽を知らない人たちにも曲体験を含めてオススメできる一本。
なにより大都市の上空や氷河地帯などを孤高に貫くビジュアルは、アヴィーチーのサウンドに共通するどことなく寂寥とした一面を改めて気づかせてくれるのが興味深いところである。
210411004.jpg
大ヒット曲の"Levels"や"Wake Me Up"、"Hey Brother"を始め、デフォルトで収録されているのは全15曲15レベル。
加えてそれぞれ5曲ずつ収録の別売りソングパックが2編。そして追加パックをすべて加えたスペシャルエディションも発売中だ。

この記事に含まれるtag : 音楽ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-3003.html

2021/04/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |