FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (カテゴリー: XBOX 360

total 124 pages  次のページ →  

【NINJA GAIDEN 2】ニンジャガイデン2

   ↑  2021/02/11 (木)  カテゴリー: XBOX 360
210211009.jpg
忍者という一つのロールも、媒体ごとにそれぞれ理想とされるポジションが違ってくる。
小説では風変わりな名前で奇天烈な術を使う連中であって欲しいし、映画だと白人が「オリガエテマシデシタァ!」なんてインチキ日本語を駆使しながら手裏剣をデタラメに放り投げる奴らだ。
これがVシネマになると、ちっとも忍んでいない派手な忍者服を纏い、時々半裸、または全裸になるくノ一たちになる。
210211003.jpg
そしてゲーム。人によってはアクワイアの『天誅』シリーズの忍んで忍んで必殺な忍者たちに、その範を求めるかもしれないが、オレにとってはやっぱりゲームの中の忍者は常人離れした体技を駆使してステージを駆け抜け、様々な武具で敵をばっさばっさと斬り刻む存在。
古くは『影の伝説』や『忍者龍剣伝』。最近ではその『龍剣伝』の流れを汲む『NINJA GAIDEN』がズバリな存在だ。
210211004.jpg
初代『NINJA GAIDEN』の登場は2004年。すでに国産のビッグタイトルが頭打ちになっていた初代Xboxにおいて、国内メーカーが送り出す自信作とあって、月刊誌の「ファミ通XBOX」は体験版ソフトを同梱したスペシャル増刊号を出すなど、界隈は久々の盛り上がりを見せた。
ただその一方で当時のXboxは『O・TO・GI ~御伽~』や『魔牙霊 -magatama-』といった和風の剣戟アクションが飽和状態だったのも事実だ。
210211002.jpg
しかしその中で登場してきた『NINJA GAIDEN』は、そんな飽和なムードも軽々と跳ね返す力作だった。
圧倒的なスピード感と一瞬たりとも気の抜けない緊張感。格闘ゲームのエッセンスを程よく取り込んだハイスパートアクションは、沈滞気味であった初代Xboxの存在感を久しぶりに高めてくれた。
『DEAD OR ALIVE』共々、この頃のテクモには足を向けて寝られないと思わせてくれたもんである。
210211007.jpg
そしてXbox 360の時代に入って、龍の一族の忍者リュウ・ハヤブサは、再びマイクロソフトハードに還ってきた。
あまりに歯ごたえのありすぎたハードコアなゲームバランスを調整して間口を広くして、そして四肢がぽんぽん欠損するブルータルな表現も含め、けれんも当社比200%でたっぷりになって。
210211001.jpg
だがいくら難易度が調整されたといっても、そこは中本のタンメンが北極から辛さ一段階下がった程度のもの。
近年のおもてなし志向の強いゲームに慣れた腕では、とことんハードであることには変わりはない。
しかしニンジャガには、その難易度をねじ伏せ集中力を振り絞って敵を斬り倒すことで得られる充実と快感がたっぷりと詰まっている。
210211006.jpg
『Dead Space』に先んじた、アクションに直接リンクする四肢欠損描写は、今から見るとやりすぎでむしろコミカルな感じすら漂ってくるが、イービル都庁や安土城もどきなどけれんを増した設定共々、完成されていた前作をさらにとことん充実させているTeam Ninjaの意気込みを感じるべきなのだろう。
210211005.jpg
本作のリリース後になんやかんやがあって、残念なことにこのシリーズは次作『NINJA GAIDEN 3』を最後に打ち止めとなってしまったが、その舞台裏のごたごたとは関係なしに、未だにこうして後方互換を経て現役のゲームとして手の届く存在になっている。
パズルやアスレチックの要素を極力排除した、一瞬たりとも気の抜けない白刃地獄のバトルアクションは、Xbox Series X|Sの時代になっても色褪せない。
いや、むしろマシンパワーを借り忍者服もつやつやテカテカになって、このけれんとストイックが奇跡のように同居した名作アクションは、より一層の輝きを鮮明にしているだろう。

<Xbox Series X|S、Xbox One 互換対応ソフト>

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2983.html

2021/02/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Green Day: Rock Band】グリーン・デイ ロックバンド

   ↑  2021/02/05 (金)  カテゴリー: XBOX 360
210204002.jpg
ゼロ年代末の北米音楽ゲームブームを担った二大巨頭の一つ『Rock Band』。
後発ながらも『Guitar Hero』をたちまちのうちに追い抜き、ギターゲームの(束の間の)覇者となったシリーズだ。
元を正せばこの二つのシリーズは根っこが同じ。初代『Guitar Hero』を制作したHarmonixがMTV Gamesの傘下となって立ち上げたのが『Rock Band』。
まあどこの世界にもよくある本家と元祖の争いの典型例みたいなもんである。
210204007.jpg
だがそれ故に争いは熾烈を極めた。
後追いの『Rock Band』が『Guitar Hero』との差異化のためにまずアピールしたのはその編成。
ギブソン型コントローラを使ってギター、あるいはベースのみを担当させる『Guitar Hero』に対して、『Rock Band』はギターコントローラに加えてドラムセット型のコントローラを投入。
これにマイクを合わせて4ピースまでのバンドセッションプレイ可能をアピールしたのだ。
さらに打倒『Guitar Hero』の手を緩めない『Rock Band』陣営は、収録曲の質や量でもライバルを圧倒する勢い。ついにはシェアの逆転を果たしたのである。
210204010.jpg
抜かれた『Guitar Hero』がエアロスミスやヴァン・ヘイレンなど大物バンドの特化路線に走ると、ここでもそれに対抗。
まずは挨拶代わりに『Rock Band』本編の拡張ディスク形式で『AC/DC Live: Rock Band Track Pack』をリリース。
そしてみんなのド肝を抜いたのが2009年に登場した『The Beatles: Rock Band』だ。
『Guitar Hero』にぐうの音も言わせない最強ポップアイコンの起用。
そしてビートルズに続いて放ったのが、パンクを超えてアメリカのトップバンドとしての地位を確立していたグリーン・デイをフィーチャーしたこの『Green Day: Rock Band』だ。
210204009.jpg
このゲームが出た当時のグリーン・デイと言えば、8枚目のアルバム"21世紀のブレイクダウン"が前作"アメリカン・イディオット"に続いて全米1位を記録していた時期。
『Green Day: Rock Band』にも、その出たてほやほやのアルバムから12曲の大盤振る舞いだ。
ユーザーにとっては嬉しいが、Harmonixの会計担当者にとってみれば頭を抱えたくなるような話である。
210204003.jpg
そう、市場を制覇した栄華のその陰で、ライバルとの凄絶な権利獲得合戦とそれに伴うライセンス料の高騰によって、『Rock Band』陣営の台所は既に火の車となっていたのだった。
元々が基本的なゲーム内容には何の変化もないまま、収録曲やアーティストの差異によって濫造を続けてきたシリーズ。『Guitar Hero』同様こちらも飽きられるのが早かった。
そして目の玉の飛び出るような巨額な版権料を必要とするビートルズは、それにとどめを刺したようなもんである。
210204006.jpg
そんなギターゲームブームに陰りが差す中での発売となった『Green Day: Rock Band』。
収録曲のほとんどを占めるのは"21世紀のブレイクダウン"に加えて、やはりメガヒットを記録した"アメリカン・イディオット"、"ドゥーキー"からのナンバー。
それ以外のアルバムからは申し訳程度の収録(インディー時代の1st、2ndからは無し)と、コアなファンにとってはイマイチ物足りない内容。
個人的に一番大好きなアルバム"インソムニアック"の軽く扱われっぷりには、当時めちゃくちゃ憤った覚えがあったりする。
210204008.jpg
それぞれのアルバムへの思い入れや評価は別にしても、このグリーン・デイの歴史や音楽的変遷を辿ることのできない偏った選曲は、いかにビジネス面におけるフックが優先されたとはいえ、ちょっと勿体ないところがある。
ビートルズはまだデジタル化されたメンバーが動くことにそれなりの意味があったが、現在進行系のバンドであるグリーン・デイにはそこまでの必要性もなし。
メンバーのルックスやステージなどのバリエーションも貧弱で、これでは単体でゲーム化されたことへの意味があまりにも乏しいのではないだろうか。
単なるヒットナンバーの羅列であるのならば、AC/DCと同様に拡張トラックバックにすればいいだけの話だ。
210204004.jpg
結局セールスも想定を下回る結果に終わり、やがて下り坂のシリーズはライバル『Guitr Hero』と同様に親会社に見放される形で一時の休眠を迎える。
そしてこれまた奇しくも同じ2015年、ライバルと轡を並べるように復活作『Rock Band 4』が登場するも、こちらもやはり往時の勢いを取り戻すことはできなかった。

この記事に含まれるtag : 音楽ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2981.html

2021/02/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Guitar Hero 3: Legends of Rock】ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック

   ↑  2021/02/03 (水)  カテゴリー: XBOX 360
210203003.jpg
『Burnout Paradise』を久々にプレイして、著名アーティスト曲が満載な2010年前後のゲーム内ラジオトラックの贅沢さを再確認していたときに、連想的に思い出したのが同時代に狂い咲いたギターゲームの数々だ。
北米を中心にゲームシーンを凄まじい勢いで席巻しながらも風船がしぼむようにたちまち終息し、レガシーとして後世に受け継がれることもほとんど無かったバブルの極みのようなブームである。
210203007.jpg
さきがけとなったのはギター型のコントローラを使うコナミの音ゲー『ギターフリークス』。
しかしゲーム用に作曲されたオリジナルトラックがほとんどを占める同作には決定的に欠けているものがあった。
それは誰もが知る、そして思わずギターを掻き鳴らしたくなるような著名曲。例えばディープ・パープルの"Smoke on the Water"やブラック・サバスの"Iron Man"。
それらに加えてモータヘッド、ブルー・オイスター・カルト、クイーン、ラモーンズ、メガデス等々、錚々たるロック名曲にギブソン型ギターコントローラと共に2005年に登場したのが初代『Guitar Hero』。
210203009.jpg
続く『Gutar Hero 2』共々スマッシュヒットを記録し、そしてXbox360やPS3の発売でコンソールシーンが盛り上がる中、満を持してリリースされたのが2008年の『Guitar Hero 3: Legends of Rock』だ。
発売早々ミリオンを記録したこのゲームは、ブームの頂点を極める一作となった。
ついには待望の日本国内版も各ハードにお目見え。もちろんその主軸となったのは、レスポール型のギターコントローラが同梱されたパッケージである。
210203002.jpg
基本的にはシリーズ前作をほぼ踏襲した内容だが、注目すべきはその収録曲。中でも一番のサプライズはセックス・ピストルズの参加だ。
まあ元々が「ふっかけることができるのならやるぜ」みたいなスタンスの人たちだからして、そこまでの驚きはないが、とにもかくにも納得できるだけのライセンス料を手にしたからか、"Anarchy in the U.K."をわざわざ新録するサービスっぷりだ
きっとスティーヴ・ジョーンズはしばらくの間、高い酒をしこたま飲めたことだろう。
210203004.jpg
もちろんオレも馴染み深い曲の恩恵を大いに受けたことは言うまでもない。
それになんたってオレにとってロック界で最高のレスポール使いはスティーヴ・ジョーンズその人である。
レスポール型コントローラを手に、頭にはハンカチ巻いて、Kinect以前の"立ってプレイすることがデフォ"なゲームが、我が家のお茶の間をしばしの間お騒がせすることとなった。
210203006.jpg
だがこれがシリーズの絶頂の瞬間であった。
本作の直前に強力なライバルとなる『Rock Band』シリーズの第1作目が登場し(開発したのは皮肉なことに『Guitar Hero』の生みの親であるHarmonixだ)、その急追に晒されたせいもあるが、一番の問題はもっと根本的なところにあった。
それは収録曲にかかる莫大な版権料である。
『Rock Band』とのタマの取り合いもあって高騰する一方のライセンスは、アホみたいにソフトは売れるけどそれに比例した儲けが出ない事態を招いてしまった。
210203005.jpg
この3以降は『Guitar Hero: Aerosmith』『Guitar Hero: Metallica』『Guitar Hero: Van Halen』と大物バンド特化路線に走るものの、こんなただでさえ巨額の版権料がかかるビッグネームに偏ったら、自分で自分の首をさらに絞めているようなもの。
ブームの下り坂と共に低下する売り上げでは、この歪な構図を支えきれるわけもなく、まもなくシリーズはActivisionから終了宣告を下されてしまう。
210203008.jpg
楽曲版権やデバイスの問題もあって互換による継承も望めず、今やうちも含めて多くの家で、レスポール型コントローラが納戸や押し入れの奥深くに眠っていることだろう。
(2015年には久々のシリーズ復活作『Guitar Hero Live』が発売されるも、そのセールスは往時と比べてあまりにも寂しい結果に終わった)。

この記事に含まれるtag : 音楽ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2980.html

2021/02/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Def Jam: Icon】デフジャム アイコン

   ↑  2020/12/10 (木)  カテゴリー: XBOX 360
201210002.jpg
ゼロ年代、なぜかラッパーたちがゲームの中でドつき合いを繰り広げるムーブメントがあった。
元を辿れば1999年に登場したウータン・クランのメンバーによる格闘ゲーム『Wu-Tang: Shaolin Style』が始まりなのだろうが、これに感化されたんだかどうだかは分からないが、やがてレーベルを挙げて参戦してきたのが、ヒップホップ界の最大手デフ・ジャムだ。
2003年の『Def Jam Vendetta』を皮切りに、翌2004年に『Def Jam: Fight for NY』、そしてXbox 360やPS3の次世代機が揃った2007年に『Def Jam: Icon』と計3作をElectronic Artsよりリリースした。
201210008.jpg
いずれもレーベル所属、あるいはその周辺のラッパーたちが路上やクラブで素手ゴロの闘いに明け暮れる内容だ。
根強い人気のあるシリーズで、今まで新作の話が何度となく流れてきたが、いずれも噂の域を出ていない。
一般的に人気が高いのは『Vendetta』と『Fight for NY』の2つで、『Icon』は一段低くと言うか、むしろクソゲーの烙印を押されたりもしているのだが、オレが評価したいのは良くできた既存のプロレスゲームシステムにラッパーたちをはめ込んだ無難な前2作ではなく、その安全パイを潔しとせず新しい試みに積極的に挑んだ『Icon』の方だ。
201210005.jpg
『Vendetta』も『Fight for NY』もいいゲームではあるが、基本的にプロレスゲー+ラッパーのそれ以上でも以下でもない。
しかしデフ・ジャムの名を冠するのであれば、音楽的な要素はやはり重要なファクターである。単なるステージBGMに留まってしまっては勿体ない。
ズン! ズン! リュダクリスの"Get Back"に呼応して小刻みに振動するのはステージだ。
もちろんただ揺れているだけじゃない。ビートが強まるタイミングになると、スピーカーや給油機、暖炉などアクションオブジェクトがそれに合わせて落下したり爆発したりする。
つまり曲の流れを見計らって相手をその手のオブエジェクト近くに誘ったり追い込んだりすれば、大ダメージを与えられるって寸法だ。
201210009.jpg
だけどそうそうタイミングよく相手も動いてくれるわけじゃない。そんな時にはスクラッチ。トリガー&右スティック回転でトラックを巻き戻せば、任意のタイミングでオブジェクトアクションを発動させられる。
ただしキュッキュッとターンテーブルを弄る動作は無防備もいいところだ。スクラッチを使うには相手の隙きを読むことが必要となってくるだろう。
201210004.jpg
相手のショーン・ポールにとっては、向かい合う男の曲にステージを支配されているのは、どうにも許せない話に決まっている。
ソングスイッチでとっととBGMを自分の曲に変えてしまうに限る。スクラッチの操作にさらに左スティック回転も加わるが、成功すれば鳴り響くのは自曲の"Head In The Zone"。
これで闘いを有利に進められるのはもちろんだが、何よりもまず気分がいい。
それに例え闘いに勝利を収められたとしても、それが相手のライムが響き渡る中であったら、勝負に負けたも同然ではないか。
201210006.jpg
『Def Jam: Icon』のスゴいところは、このDJコントロールと名付けられた一連のシステムを、自分が任意にXbox 360本体に取り込んだ曲でも使用できることだ。
そうなればデフ・ジャムの所属ラッパーにこだわる必要はない。タイニーパンクスやプレジデントBPMの音源を取り込んでキャラクリエイト機能を使えば、いとうせいこうや近田春夫をザ・ゲームやゴーストフェイス・キラと闘わせることだって可能である。
なんか勝てる予感はまったくしないけれど、なぁに、ゲームの中ならいくらでも、あの屈強な連中をボコるチャンスはあるだろう。
201210010.jpg
360やPS3発売間もない頃にしては、かなりハイクオリティなビジュアルは、リアル志向の中に色加減を抑えめにして、ちょっとシックな質感を持たせた非常に特徴的で印象深いもの。
さらにはデフォルトでHDUを廃する(オプションで選択可能)など、あらゆる面でかなり攻めたコンセプトではあったが、やはりその革新的なシステムの一つであった、当時としては珍しいアナログスティックによるダイレクトな攻撃のコントロールが練り込み不足で、プレイアビリティやスピード感の欠如をもたらしてしまった。
201210003.jpg
その大胆な革新性も逆に仇となって低い評価を被ることになってしまった『Def Jam: Icon』だが、やはりアイマスが最大のキラーコンテンツだった2007年という時代においては、よりヒップホップ的価値観を深めた本作は、まだまだ間口が極端に狭いゲームであった事実は否めない。
もっともかく言うオレだって、気合込めてブリンブリンに仕上げたクリエイトキャラが、どっからどう見てもアベイルで目一杯キメた田舎の中学生でしかなかったんだけどね。
これだけ大量の音楽版権や肖像権が絡むゲームの常で、互換どころか再販の見込みもまったくない。
ただデフ・ジャム自体はまだまだゲームカルチャーに色気はあるみたいなので、今のところ噂に留まっているシリーズ復活が、そのうち形になる時が来るかもしれないね。

この記事に含まれるtag : 音楽ゲーム 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2963.html

2020/12/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【DiRT Showdown】ダート ショーダウン

   ↑  2020/11/18 (水)  カテゴリー: XBOX 360
201118009.jpg
最新作『DiRT5』が賛否両論になっているレースゲームの名門CodemastersのDiRTシリーズ。
このシリーズもオフロードレースゲームのフランチャイズとなっている割に、作品ごとに方向性にぶれが出る不思議なシリーズだ。
本来なら外伝系のタイトルである程度逸脱を試みながら、核となるナンバリング正編は一定の方向性を保つのが普通であろうが、DiRTシリーズの場合は外伝タイトルの後に、中道に戻るどころかその正反対の方向に思い切り針が振り切れる傾向があったりする。
『DiRT Rally 2.0』から『DiRT5』への流れがその極端な例だったりするが、この辺がオフロードレースという大雑把な括りをテーマとしているが故の悩みどころなのかもしれない。
201118004.jpg
2012年にリリースされた『DiRT Showdown』もDiRTフランチャイズ下の外伝的タイトルの一つ。
テーマとなるのはデモリッションダービーやバンガーなどのクルマぶっ壊し系ストックカーレース。
既存のDiRT正編シリーズには、その性質上組み込みづらいレースジャンルを一つにまとめて、わざわざスピンアウト作品として出したのに、DiRTの冠ゆえにシリーズファンの多くから否定的に迎えられてしまった悲劇の一作だ。
別にDiRTのナンバリングタイトルで出しているわけじゃないんだから、その辺いいじゃんとは思うんだけどさ。
201118008.jpg
同じ砂埃の中で行われているレースだからとDiRTの括りに入れてみたものの、特に日本ではデモリッションダービーなどが自動車競技の一種であるという認識が薄いこともあって、レースゲームからアクションゲーム寄りのシフトチェンジと受け取られてしまったのかもしれない。
しかしかの競技の愛好者と同様に、車はぶつけて壊してそれを競ってなんぼだと考えてる人間にとっては、コドマスのこの気まぐれな路線のはみ出しは大いに歓迎するところだ。
201118003.jpg
デモリッションダービーは、サドンデスタイプに土俵系の高台からライバル車を押し落とせば高得点のプッシュオフタイプ、そしてビデオゲームならではの自車がクラッシュしても得点をキープしたまま復活できるルールなど多彩。
そしてオーソドックスな周回レースも、ケツを掘ったりコーナーで相手の横腹にスピア喰らわせたりが上等のラフな展開だ。
もちろんバンガーレースの名物、コースが所々で交差して激突のデンジャーゾーンとなるフィギュア8(8ボール)レースも完備している。
201118006.jpg
その一方でジムカーナ系の競技は明らかに蛇足。
走る前からボコボコでペイントもペンキでラフに仕上げた車がオンパレードの中に、キレイなマーキングで装飾されたフォード・フォーカスやスバル・インプレッサはどうにも場違いだし、大雑把でラフなデモリッション系競技と繊細なテクを要求されるジムカーナは明らかに食い合わせが悪い。
これを入れるくらいだったらスクールバスレースなど、バンガーレースの亜流系のモードをもっと加えてほしかった。
201118005.jpg
それまでの路線からデモリッションダービーにシフトチェンジというと、テストドライブシリーズの傑作『Test Drive: Eve of Destruction』が思い浮かぶが、草ストックカーレースにまつわる風土やカルチャーまでをもしっかり再現した『TDU: EoD』に比べてしまうと、競技の体裁だけをDiRTの器に盛り付けた『DiRT Showdown』は、その点ではちょっぴり物足りなさが残るかもしれない。
Xbox Series X|SとXbox Oneに互換済みのタイトルだが、現在らストアではデジタル版の販売は停止している状態。
新規でプレイするにはパッケージのディスク版を探す必要があるのが残念なところだ。

この記事に含まれるtag : レーシング 

(記事編集) https://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2956.html

2020/11/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |