FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (新しい記事より順に表示)

← 前のページ  total 424 pages  次のページ →  

【Ryse: Son of Rome】インタラクティブ残酷史劇

   ↑  2019/05/28 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
190528002.jpg
ちゃんとした歴史書はおろか、「ローマ人の物語」ですらまともに読んだことのないオレにとって、古代ローマ帝国は「ベン・ハー」や「スパルタカス」「クォ・ヴァディス」といった古いハリウッド映画を通したイメージがそのすべてだ。
男たちはゲルググみたいな羽飾りをつけた兜に筋肉ムキムキの常に怒りっぽい連中で、女たちはほとんど半裸の恰好でそこらをくねくねしている。
ゴージャスな椅子に腰を痛めそうなスタイルで腰掛けた王侯貴族たちは、そんな女性の身体に壺に入ったぶどう酒をケラケラ笑いながら垂れ流し、そこかしこで奴隷がムチでぶっ叩かれている。
そんな情景がオレの中での古代ローマ帝国の8割だ。
190528007.jpg
なんか塩野七生さんや古代ローマ学者にこんこんと説教されそうなローマ帝国観だが、この『Ryse: Son of Roma』も概ねそんな感じだから大丈夫!
プレイヤーの分身たる主人公マリウス・タイタスはローマ帝国兵。
羽飾り兜にマッチョボディ、剃ってもこってり濃いヒゲに短気な性分。嫁さんが自分の意中を汲んだリアクションを取らないと、とたんに不機嫌になって当たり散らしそうなタイプ。いずれにせよ今の世の中ではとうてい生き辛さそうな男だ。
しかしここは蛮族の脅威に晒された皇帝ネロ暴政下のローマ。むしろこういう男の方が頼りになる。
ローマの誇りにかけて、あの北斗の拳に出てくるモヒカン連中と、どっこいどっこいな奴らで屍の山を築いてやる!
190528006.jpg
そうは意気込んでも無双シリーズなんかとは真逆のゲームバランス。
1対2はキツい。1対3はヤバい。防御大切。盾は相棒、盾は友達。ついでに盾は跪いた敵の頭をかち割ったりするエグい武器。
防御ボタンを確実に押して相手の隙きを誘い追い討ちをかけたら、いよいよお楽しみの処刑(トドメ)モードだ。
崩れ落ちた相手に深々とひと刺し。片腕をすぱーんと斬り落として絶叫する敵を楽にしてやるひと薙ぎ。倒れ伏した蛮族に容赦ないガチストンピング。
ローマ史劇は血なまぐさい。そんなこちらの先入観にしっかり応えてくれるフィニィッシュムーブの数々。
それなりにバリエーションがあるとはいえ、これが毎戦闘ラストまでほぼ必須状態で付いてくるもんだから、後半はいささかげんなりすること間違いなし!
190528004.jpg
ストーリーも残虐古代史劇ムードをしっかりとフォロー。
死体の山に必要以上に挿入されるブルータルでゴアなシーン。ブリテン島(蛮族の巣)に進撃してからは敵味方共に酷い目に遭う度がハネ上がり、ケルト民族に至っては潔いほどの準モンスター扱い。
みんなが大好きウィッカーマン(生贄を収めて丸焼きにする巨大人形)もしっかりと出てくるぞ。
ローマものでは恒例の剣闘場も、ストーリー仕立ての集団戦でちょっぴり斬新だ。あえて例えるなら残酷版風雲たけし城みたいなもんだな。
190528005.jpg
スラッシュアクションシーンの単調さは、確かにこのゲームの大きな欠点だが、それを補うように挿入されるのはマリウスが百人隊長としての真価を問われる集団戦パート。
少数精鋭のローマ軍対雲霞の如き蛮族の大軍の構図を、そのまま落とし込んだディフェンスモードは、割とありがちかもしれないが、集団で盾を構えて矢を受け止めながらじりじり前進の手応えをしっかり与えてくれるのは、この『Ryse』くらいのものだ。
やっぱり盾最高。盾は相棒、盾は友達。でも投石機だけはカンベンな。
190528003.jpg
開発は『FarCry』や『Crysis』のCrytek。圧倒的なビジュアルでXbox Oneのロンチに華を添えたマイクロソフト発の大作。
鋭さよりも重さで叩き斬るような剣と、相手の攻撃を受け止めるたびに「ごっぽん!」と手応えが伝わってるかのような盾。
人を斬り刻む生々しく重たいフィーリングをたっぷりと詰め込んだ重量級スラッシュアクションだ。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2829.html

2019/05/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【From Dust】偏差値30からの天地創造

   ↑  2019/05/13 (月)  カテゴリー: XBOX 360
190513002.jpg
オレの名は"大地の息吹"。砂埃の彼方からやって来た。
人はオレのことを神と呼ぶかもしれないが、それちょっと買いかぶりすぎ。私立文系だから、あんまり頭良くない。
まぁ神様ほど叡智に長けてはいないが、それでも砂をばさーっとすくってどっかに移動させたり、水をばしゃーっとすくってあっちに飛ばしたりなんてことはできる。早い話が公園の砂場を支配する幼稚園児みたいなものだ。
やっぱあんまり大した者ではない。
190513005.jpg
オレを呼び出した連中は、あんまり話が通じない未開部族。
奴らの言葉で分かるのは「たすけてえ」だけ。あとは「ぎゃー」とか「うひい」なんて悲鳴だけ。
「たすけてえ。みずがいっぱいいっぱい。わたれないよお」だの、「たすけてえ。めのまえきゅうながけ。のぼれないよお」だのと、奴らがこちらに泣きついてくるたびに、「泳げ!」とか「フリークライミングって知ってっか?」などと突き放してやりたくもなってくるが、そうしていたら話がちっとも進まない。
190513004.jpg
しょうがないので川に砂を盛って橋を造ってやったり、崖に溶岩でなだらかな斜面を造ってやったりするのだが、そこまでしてやっているの、あいつら礼の一つも言いやしない。
「ギブ&テイクって言葉を知らねえのか!」などと説教してやりたくもなるが、資本主義の確立まであと数千年はかかりそうなこいつらに、そんなことを言ってもしかたない。
連中はオレのことを万能の神だと思っているみたいだが、さっきも言ったように、そんなに大した者じゃない。
押しては引く潮の満ち引き。凄まじい勢いで噴き出す水。辺り一面を水に沈めてしまう雨期。轟音を上げてマグマを噴き出す火山。
そんな大自然の躍動を完全に押さえつける力などオレにはない。
190513008.jpg
だから知恵を絞って、なんとかこれを制御する手立てを見つけ出す。だけど、あらかじめ断りを入れているように、オレ、頭はあんまりよくない。
押し寄せる溶岩流をどうするか悩んだとき、高地にある湖を決壊させて溢れた水でこれを止めることを思い立った。
オレの目論見あたった。溶岩流止まった。水は止まらなかった。押し寄せた濁流、村を押し流した。ホントごめん。ちょっと考えれば分かることだったな。
190513007.jpg
そんな頭のあんまりよくない"人知を越えた力"と、天変地異を選んで渡り歩いているんじゃないかと疑いたくなるくらい引っ越し魔な未開部族たちの、素敵な素敵なコラボレーション。
それは例えれば、子供の頃、波打ち際で遊んだ砂遊びみたいな手触りだ。せっく築いた砂の城が無残に打ち崩される様ですら面白かった、あれと同じような愉悦がこのゲームにはある。
「箱庭をいじってまったり」というイメージを抱かれる人も多そうだが、定期的に押し寄せるカタストロフィへの対処もままならず、最初のうちは時間に追われて部族全滅を繰り返す、かなり忙しいゲームだ。
190513006.jpg
しかし各ステージ毎の特殊環境への対処法さえ学んでしまえば、それは永遠に砂いじりと水いじりを繰り返して地形を思うがままに変える、夢のまったり空間へと変貌する。
説明不足による、とっつきの悪さもあるけれど、これはあえて説明を省き、プレイヤーの体験による学習を促すことで、プレイヤー毎のイマジネーションを込めたゲーム理解を求めているのだろう。
さらにそれは大袈裟に言うならば、噴火や洪水といった天変地異に初めて遭遇したときの、人類の畏れや驚き、そして事態を把握してそれを受け入れ克服していく過程を再現しようとしているのではないか。
190513003.jpg
『From Dust』はダウンロードゲームというこぢんまりした規模ながらも、そんな壮大希有なコンセプトを内包した作品。
やり込めばやり込むほどスルメのように味が出てきて、学習すれば学習するほどさらに遊び心が深まって行く傑作ゲームだ。
そしてオレの一番のお気に入りは、延々と砂を盛って無理矢理高地を造ってしまう愚直というか馬鹿丸出しな手段も、時には受け入れてしまう懐の深さなのだ。
今、ここにお前らが暮らしやすい平地を造ってやるからな。ええと、あと20時間くらい延々と砂を盛っていればなんとかなるかもしれないから、そこでおとなしく待ってろ!

<Xbox One互換対応ソフト>

この記事に含まれるtag : ONE互換 箱庭経営シム XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2828.html

2019/05/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【UNO】アゲインスト・ザ・公式ルール

   ↑  2019/05/10 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
190510006.jpg
人は公式に明文化された決まりごとを望む。
なにか揉めた場合、解釈の齟齬があった場合、運営からの公式見解は錦の御旗だ。
正式に提示されたルール裁定は、揉め事をときにはスッキリと丸く、ときには強引に収めてくれる。
その一方で人は限りなくグレーで曖昧とした環境を好む矛盾した生き物でもある。
ローカルルール、その場限りの時限ルール。その場の空気で変動する決めごとの数々。
この場合の錦の御旗は「面白けりゃオッケー」だ。
190510002.jpg
ゲームは競技と遊びの狭間で常に揺れ動くジャンルだ。
その中でどちらかというとパーティーゲーム=遊びの傾向が強かった『UNO』。
しかし昨今のゲーム界隈の競技化志向の流れに応えたんだかどうかは知らないが、ここに来て権利元から突然「ドロー2、ワイルドドロー4の重ね置きは認めない」「ワイルド系カードでの上がりはOK」の公式ルールが改めて表明されて、みんなを「なんで今になってわざわざ」と驚かせた。
190510005.jpg
なにせ公式ルールの存在なんて気にも留めにしなかったし、当たり前のように自分の手番にドロー2やドロー4をスタックして次の人間に押し付けていたもんだから、急に「それ正規じゃないよ」と言われたら、なんとなく釈然としない気持ちが先に立つもので、それに整理をつけるためか、Xbox Liveでは普段遊びもしない『UNO』をプレイしている人の姿がやたらと目についた。
かくいうオレも今までチェックを外すのをを考えたこともなかったドローカード重ね置きオプションを、改めてオフにして部屋を建ててみたのだが、やっぱり『UNO』というゲームの勘所は、あのドローカードスタックの不幸押し付けあいにあるところは間違いないようで、試しにやってみた正規ルールマッチは、いつもよりもちょっと盛り上がりに欠けたまま解散に至ったのだった。
190510004.jpg
ケイドロやボール鬼といった子供の伝承遊びにおいても、明らかに普段の取り決めよりつまらなくなるルールを、なんの根拠もないのに「これが正規のルール」と主張してみんなを辟易とさせていたガキが一人か二人はいたもんだが、これからは『UNO』でも「ドローカードの重ねは禁止だよ!」と頑なに主張する人間の対処に迫られるのであろう。
ちなみに現在はUBIがパブリッシャーとなっているXbox One版『UNO』。
ドローの重ね置きはもちろんのこと、7や0のカードで手持ち札の総取っ替えさせられる7-0ルールや、同種の札を順番飛ばして出すことのできるジャンプインルール。
さらにDLCのラビッツデッキでは、ラビッツたちがちょっかいを出しまくるハウスルールが適用されるなど、好きなようにルール設定ができるので、自分たちなりのスタイルをチョイスして、ついでにKinectカメラの前で脱いだりおっぱいポロリさせたりして盛り上がろうではないか。

この記事に含まれるtag : テーブルゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2827.html

2019/05/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Slayaway Camp: Butcher's Cut】殺人鬼と高難度パズル

   ↑  2019/04/28 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
190428007.jpg
キャンプ地で乱痴気騒ぎを繰り広げる軽い若者たち。
「そいつら惨たらしく殺しちゃっても一向に構わないよ! むしろ奨励する!」
そんな観客の後押しを受けた殺人鬼たちがスクリーンを鮮血で染め上げる。
スラッシャー、あるいはスプラッター映画と呼ばれるジャンルが沸き返ったのは、あの軽佻浮薄という言葉を絵に描いたような1980年代であった。
「ハロウィン」「ローズマリー」「ドリラーキラー」「マニアック」「血のバレンタイン」「アクエリアス」「バーニング」、そして何よりも「13日の金曜日」。
映画館の片隅で、これらの映画に暗い情念を傾けた、アッパーな時代の落ちこぼれたち。
その一方で80年代はビデオソフト文化が勃興した時代。
レンタルしてきたスラッシャー映画をつまみに嬌声をあげるリア充たちという悲しい二極化をも生み出してきた、とにかく罪作りな(殺人鬼なだけに)ジャンルである。
190428002.jpg
そのスラッシャー映画にオマージュを捧げたパズルゲームが、この『Slayaway Camp』。
湖畔のキャンプ地で浮かれる若者たち。こんな定番の設定のところには当然あいつが現れるに決っている。
リア充どもを次々と肉塊に変える頼もしいやつ。そう、殺人鬼たるプレイヤーである。
ただしこの殺人鬼、幼少時のトラウマだか宇宙からの電波だか理由はわからないが、とにかく直線にしか進めないやっかいな縛りを抱えている。
いったん前進したら障害物にぶつかるまで一直線。停止した段階でようやく方向転換が可能。
つまりフィールドの中を一筆書きの要領でしか移動できないのだ。この制約の中で獲物を追い詰め手を下さなければならない。
190428006.jpg
しかしいくら頭の軽い若者と言ったって、殺人鬼の姿が視界に入れば逃げるくらいの知恵は持ち合わせている。
さらにフィールドには爆発物や落とし穴など、殺人鬼にとっても命取りになるようなオブジェクトも多い。
官警の皆さんだってそれなりに仕事はしている。彼らの真ん前にうっかり移動すれば、あっさり御用。ゲームオーバーだ。それに殺し尽くしたら退路だってきちんと確保しなくちゃならない。
かくして暗い殺戮衝動は頭を悩ますパズルゲームへと昇華されるのであった。
やめてよ、頭使わせるの! オレ、子供の頃に湖で行方不明扱いになっちゃったから、教育とか全然受けてないんだしさ!
190428005.jpg
そんな慣れない思考を繰り返してなんとか哀れな生贄の羊たちに接近したら、いよいよお楽しみのスプラッタータイムだ。
斧、バット、むき出しの電線、ワニやピラニアが蠢く水中にドボン、ショック死、ネイルガン、製材機やひき肉製造機に押し込むなんてハデなやつまで。あんな映画やこんな映画で目にしたお馴染みの殺害方法のオンパレード。
もっともキャラクターもオブジェクトもマインクラフト風のブロック仕様なので、凄惨な雰囲気は微塵もないが。
それでもたとえブロックキャラとはいえゴアなシーンは勘弁という人には、ちゃんとオプションで血の出ないPG指定に変更が可能だ。
190428003.jpg
1作めをなぞった続編を経て早々と3D化。末期にはニューヨークに行ったり宇宙にまで飛び出したりするなど、「13日の金曜日」のシリーズそのままで展開される各チャプター。
もちろん続編を重ねるごとにパズル要素はどんどん強化されてゆく。警官の強化版であるSWATが登場し、照明のオンオフを駆使して視界を切り替えるパズルも加わる。宇宙編に至ってはワープ床まで。
やめてよ、さらに頭使わせるの! オレ、子供の頃に姉ちゃんをぶっ殺して以来、ずっと病院に閉じ込められてたから、教育とか全然受けてないんだしさ!
190428004.jpg
歯応え満点の高難度パズルと雰囲気満点の予告編付きスプラッタームービー。
食い合わせの悪そうな両者をジョイントさせたのは、悲壮感のかけらもない愛嬌たっぷりのブロックキャラクター。
Xbox Oneで配信されている『Slayaway Camp: Butcher's Cut』は、「血のバレンタイン」や「サンタが殺しにやってくる」をテーマとした追加DLCチャプターをバンドルしたバージョン。
それの国内配信版は『Indie Puzzle Bundle Vol.1』にバンドルされたものしか入手できないという、いささか厄介な仕様だが、ゲーム単体としてのクオリティは充分にあるだろう。

*『Indie Puzzle Bundle Vol. 1』収録作品
190420007.jpg

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2826.html

2019/04/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Glass Masquerade】国際ステンドグラス時計博

   ↑  2019/04/20 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
190420006.jpg
数日前、深夜のTwitterを突如賑わせたノートルダム大聖堂の火災。
いまや炎上の様子すらもタイムライン上でリアルタイムに流される時代になりました。
世界中の人々と嘆きを共有と言えば聞こえがいいけれど、要は火事の野次馬が国際規模化しているだけの話で、まぁタチが悪いっちゃあ悪いかもですね。
ゲームクラスタの間ではアサシンクリードの花の都パリ編『Assassin's Creed Unity』でえっちらおっちら登った思い入れのある場所。
ステンドグラスにろ過された太陽光の中を、こそこそとうろつきまわったのもいい思い出ですが、そのノートルダムを象徴するステンドグラス窓も、残念なことに一部が損壊。
190420003.jpg
ガラスの細片を組み合わせる制作過程が、もともとパズル的な側面を持っていたステンドグラス。
だからなのかジグソーパズルにもステンドグラスを模したものが多いですが、このインディー産パズルゲーム『Glass Masquerade』のモチーフもステンドグラス。
国際時計博のテーマの下、プレイヤーが組み立てるのはステンドグラスの時計。
一般的なジグソーパズルと違って、彩色ガラスを細かく割ったような鋭角的な断片が、その特徴。
組み合わせる前の断片はすべて黒塗りになっていて、それぞれをドラッグするまでは絵柄が分からないようになっています。
190420005.jpg
よって組み立てのキーポイントとなるのは絵柄ではなく断片の形状。
断面の特徴を頼りに細片をドラッグし、外周から少しずつ組み合わせてゆく過程は、ピンセットを手に細かいステンドグラスを製作する手応えを、どことなく感じられるかもしれません。
けばけばしくない彩色と控えめな調光も、このゲームの大きなチャームポイントで、印象的なBGMと合わせて、このシンプル極まりないパズルゲームにほのかな中毒性を与えてくれます。
190420004.jpg
この『Glass Masquerade』は、国内Xboxストアでは単体での提供はなし。『Indie Puzzle Bundle Vol.1』での入手が、今のところ唯一の購入手段です。
『Glass Masquerade』の他にやはりインディー産のパズルゲーム、『Pipe Push Paradise』『Letter Quest: Grimm's Journey』『Slayaway Camp: Butcher's Cut』の計4作品がバンドルされたパッケージで、いずれのゲームも好評価を得ている小品。
同じパブリッシャーからはSTGやアクション系ゲームをパッケージングした『Indie Darling Bundle Vol.3』も、ついこの間国内リリースされており、今後のXbox日本ストアでは、以前ではスルーされてきたインディー系ゲームの配信が、さらに増えてきそうな良い兆候がありますね。

*『Indie Puzzle Bundle Vol. 1』収録作品
190420007.jpg


(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2825.html

2019/04/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |