FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (新しい記事より順に表示)

total 429 pages  次のページ →  

【Dead Rising】麗しのホームセンター

   ↑  2020/04/08 (水)  カテゴリー: XBOX ONE
dead rising xb1
コロナウイルスによる諸々の事態を受けてアメリカでは銃砲店の駆け込み需要が高まっているなんて、盛っているんだかどうだか分かんないようなニュースを目にしたが、この現状に思わず抑止力を手にしたくなる気分は非常によく分かる。
かくいうオレも真っ先に手に入れに走ったのは自衛のための武器、チェーンソーであった。
事態がさらに悪化して暴徒やゾンビやレイダーやスーパーミュータントが跋扈するようになったら、立て籠もってこれで迎え撃つ気まんまんだ。
ゲームの主人公気取りのすっとこどっこいが「話し合おう!」なんて近寄ってきても聞く耳なんか持ちやしない。
「誰も信じねえ!」と叫びながら自慢のチェーンソーの生け贄にしてやる。かくして『デッドライジング』におけるサイコのいっちょう出来上がりである。
200408002.jpg
なんてわけはなくて、仕事がなくなって暇になったのを機会に、これまで手がつけられなくて荒れ放題になってしまった雑地をきれいにしようと買ってきたのだが、しかしいざこれを手にしたときに得られる「いつでも勝負してやるぜ!(誰と!?)」とばかりの自信と安心感は、チェーンソーが武器の類にカテゴライズされるブツであることを改めて思い知らされる。
アメリカ人の自衛精神の源が銃砲店ならば、日本人にとってのそれはやはりホームセンターだ。
チェーンソーを始めとして、草刈り機、長柄鎌、スコップ、ハンマー、ネイルガンが並ぶその風景からは、「武器庫」という文字が即座に連想される。
政府が一度はホームセンターを休止要請対象に入れようとしたのは、ここを足がかりとしての市民蜂起を恐れたからだと、なかば本気で思っているくらいだ。
200408004.jpg
『デッドライジング』においてもホームセンターは頼もしい。
自由行動ができるようになったとき、オレのフランクが真っ先に駆け込むのはノースプラザのホームセンターだ。
ほど近くにはアメリカ人の心の故郷、銃砲店もあって変なおっさんが立て籠もっているのだが、そっちはくれてやる。
日本人のオレが頼りにしたいのはやっぱりホームセンターだ。草刈鎌、ショベル、デッキブラシ、そしてチェーンソー。
それらの品々が並ぶ棚を見ているだけで、まるで母の胎内にいるかのような安心感に包まれる。
200408003.jpg
もちろん見ているだけじゃしょうがない。これは実用品だ、使わなくてなんになる。
スコップで側頭部をぱっかーん、デッキブラシで頭頂をすっこーん。実験台はそこらにいくらでもいる。
そしてなんてったってやっぱりチェーンソー!
『デッドライジング』には小型チェーンソーという、攻略には不可欠のいささかチート気味な武器もあったりするのだが、そっちはいささか味気ない。
200408006.jpg
やっぱりホームセンターで手に入る、ぶるん!と一発エンジンかけてから使う、ちょっとばかり取り回しに苦労するチェーンソー、こいつに限る。
ここには頼りになる武器が山ほどある。他の場所はかまわねえが、ここだけは絶対人には渡さねえ!
もうブラッドもジェシーも信じねえ! オレのこの神聖な武器庫を侵すやつは、片っ端からチェンソーで血祭りに上げてやる!

この記事に含まれるtag : ゾンビ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2890.html

2020/04/08 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Dead Rising】史上最悪のパパラッチ

   ↑  2020/04/06 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
dead rising xb1
勧告を無視して封鎖地帯に勝手に入り込むマスコミ関係者。
今の時代だったらSNSとかで「こいつは徹底的に吊し上げていい」マークをべたべた貼り付けているようなものだが、『デッドライジング』の主人公フランク・ウェストに限って言えば、14年前から充分アンモラルであった。
報道写真とメディア倫理の関係は「ハゲワシと少女」の遥か以前から存在し、ジャーナリストであれば一度は真剣に向き合わざるを得ない問題であるが、フランク・ウェストはおそらくそんなもの一願だにもしなかったであろう。
たとえ「ハゲワシと少女」の写真を目にしたとしても、奴が吐きそうな言葉は「なんでこいつはワシがガキに喰いつくまでシャッターを待てなかったんだい? ヌルいな!」程度であることは容易に想像がつく。
200406002.jpg
2のチャック・グリーン、3のニック・ラモス、後のシリーズ作の主人公たちの設定は基本的に小善人だ。そしてそれは作品そのものの薄味に繋がっている。
4においてフランク・ウェストは正規にナンバリングタイトルの主人公復活を果たすが、あのフランクはフランク・ウェストのパロディみたいな存在。やはりフランクは1作めのとことんゲスなパパラッチ野郎に尽きる。
200406003.jpg
『デッドライジング』は周回プレイを前提としたゲームデザイン。プレイヤーは必然的にゲームのイントロダクションに何度もつきあわされるハメになる。
しかしこのイントロダクションが、古今東西のあらゆるゲームのそれの中でも、傑出したものであることだけは間違いない。
ヘリコプターから映る下界の風景は、これから起こる狂気の乱痴気騒ぎなど微塵も感じさせない、アメリカのどこにでもあるような、どうでもいい田舎町の遠景だ。
そのヘリコプターに乗り合わせるのは、ゲーム史上最低最悪の座に輝く主人公フランク・ウェスト。
そしてフランクは、ヘリが町の中心部に侵入するや否や、その最低最悪ぶりを、早々と全開で披露することになる。
200406004.jpg
抵抗虚しくゾンビに八つ裂きにされる男性を激写しては「ナイス!」
爆発炎上するガソリンスタンドをフィルムに収めては「パーフェクト!」
ゾンビの群れに追い詰められた女性が建物の屋上から転落死する瞬間をパチリとやっては「ファンタスティック!」
ゲームのプロローグ部分が一種のチュートリアル的な意味を兼ねているのならば、ここでプレイヤーたちは、このゲームの真の目的が、いかに他人の悲劇を面白おかしく写真に捉えることであるかを教えられる。
そしてプロローグ部分が、ゲーム主人公の自己紹介パートであるのならば、フランクはその行動で己のことを雄弁にこう語っている。「オレ、フランク・ウェスト。史上最悪のパパラッチ。みんな、よろしくな!」
200406005.jpg
この良識のかけらもないイントロダクションがあるからこそ、プレイヤーは以後、ウィラメッテ・ショッピングモールというこの世の地獄の中で最も不要なものがモラルであることを、早々と理解することができるのだ。
ここで起こるあらゆる悲劇も、喜劇も、生も死も、フランク・ウェストという史上最低野郎の、カメラマンとしての欲求を満たすための餌でしかない。
愛する人を失った悲しみや、そして人の断末魔にさえ、フランクはカメラのレンズを向けて、そしてにこやかにこう大声を上げるのだ。「ナイス!」と。

この記事に含まれるtag : ゾンビ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2889.html

2020/04/06 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Dead Rising】ショッピングモールは永遠に

   ↑  2020/04/04 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
dead rising xb1
世界があっという間に非日常に包まれた。
オレ個人の周りで言うと、仕事がなくなったとか会社が飛びそうだとか色々とあるのだが、それらを差し置いて非常事態を感じさせるのが、近隣のショッピングモールがこの週末営業を休止してしまったことだ。
ショッピングモールのない日常。都内住みの人間にはピンと来ないかもしれないが、都下の田舎住まいのオレたちにとっては事実上ロックダウンを宣告されたようなもんである。
ショッピングモールに行けないとなると、オレたちはどこでボーッと時間を潰せばいいのだろうか。
きれいな山や川があるじゃないですかって? ふざけんなこの野郎! そんなもんで心が満たされるのはお前らだけだ!
200404002.jpg
そんなわけで開いているうちに諸々の用を足そうと金曜日にモールに行ってみたのだが、同じことを考えたやつらや暇を持て余した家族連れで平日にも関わらずごった返していて、なんかもう本末転倒な話になっていた。
しかしオレも同じ穴のムジナだ。矢も盾もたまらずここに押し寄せてきた人々の気持ちはよく分かる。
ショッピングモールはオレたちの心の拠り所であり、たったひとつの楽園だ。ここを訪れることのできない人生になんの意味があるだろう。
コロナならまだ自制があるが、ゾンビを発症したらもう本能の赴くままだ。たとえ休業していようが封鎖されていようが、オレは腐った身体をひきずってショッピングモールに押しかけ、「入れろこの野郎!」と正面入口で大騒ぎしていることだろう。
200404003.jpg
Xbox 360最初期のキラータイトル『デッドライジング』。
もう14年前のゲームだという事実に軽くのけぞるが、しかしその後ずるずると続く同シリーズの中で、オレにとってのベストはシステムもゲームバランスもいびつなこの一作目だ。
その理由は唯一つ、ショッピングモールが舞台だから。
2のカジノも3のなんだかよくわからない外国の街も、オレにとっては遠い世界のお話。しかしショッピングモールは日常だ。
200404004.jpg
遥か14年前にクリアしたこのゲームのXbox One版を、ここで改めて購入したのはセールだったってのも勿論あるが、心が自然と人で溢れかえった日常の世界を求めたってのが大きいだろう。もっとも溢れかえっているのは人ではなくゾンビだが。
厳密には営業を放棄している状態だが、しかしこのウィラメッテショッピングモールは現在進行系でしっかりと息づいている。
理由なくなんとなく集まってきちゃった無数の人々は、巨大なショッピングモールを循環する血液だ。たとえゾンビを発症しようともその役割は変わらない。
そしてこの人が溢れかえる賑やかな様子は、いまの現状から見たら大きな希望の風景だったりする。
200404006.jpg
いびつなバランスや窮屈なタイムテーブルにめげず、オレは再びこのアメリカ中西部の片田舎にある巨大ショッピングモールを好き勝手に闊歩する。
フードコート、シネコン、本屋におもちゃ屋、スポーツ用品店、スポーツジムにスーパーマーケット、ここにはなんでも揃っている。
孤立することもない。世界から取り残されているなんて心配する必要もない。置き去りにされているのはここから外の世界だ。
ショッピングモールにいさえすれば、すべては万事うまくいく。ショッピングモールにできないことなどないのだから。
一度入ったからには、この際とことん居座ってやるぜ!

この記事に含まれるtag : ゾンビ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2888.html

2020/04/04 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【マジカルサウルスツアー 最新恐竜図解大辞典】

   ↑  2020/04/03 (金)  カテゴリー: PCエンジン
200403001.jpg
PCエンジンのCDロムロムは、まだCD-ROMというメディアが海のものとも山のものともつかなかった1988年の時点で、CD-ROMシステムを標準搭載した非常に画期的なハードでした。
ただ当時のCD-ROM媒体のゲームは、絵がアニメーションするだとか、生ボイスを収録できるとか、ローディングが鬼のようにクソ長いとかの部分のみがその特徴として語られ、またスーパーCDロムロム以降のゲームは、実際にそれらをメリットとした作品ばかりになってしまいました。
200403004.jpg
この新しい媒体を使って、今までにない新しいことにチャレンジしようという試みは、CDロムロムが立ち上げ間もない頃の方が、むしろよっぽど盛んでした。
そもそもCDロムロムの斬り込み隊長にして、CD-ROMゲームソフトの草分け的存在である『No・Ri・Ko』にしてからが、ゲームとアイドルの本格的コラボレーションという斬新なものでしたし、やはり"世界初のCD-ROMマガジン"という触れ込みだった『ウルトラボックス』シリーズ(全5号)や、家庭用ゲーム機でできる本格的カラオケの元祖とも言える『ROMROMカラオケ』シリーズ、ゲームとアイドルオーディションの合体『みつばち学園』など、ゲームの枠に囚われないCD-ROMの使われ方が、CDロムロム初期には活発に模索されていたのです。
200403005.jpg
このCD-ROMでできることに対する様々なチャレンジは、90年代前半に狂い咲いたマルチメディアCD-ROMムーブメントへと自然に繋がって行くのですが、このPCエンジンCDロムロムソフト、『マジカルサウルスツアー 最新恐竜図解大辞典』は、そんなマルチメディアCD-ROMの元祖とも言える存在の一つです。
銀河万丈の重々しいナレーションから幕を開けるこのソフトは、100種類以上もの恐竜のデータや解説を収録した、言わば"動く恐竜大図鑑"。
後年のマルチメディアCD-ROMには、相当いい加減な体裁のものも多く見られましたが、先駆者であるこの『マジカルサウルスツアー』は、奇をてらわず丁寧に作られた、データベースソフトとしては完成度の高い作品となっています。
200403006.jpg
収録された画像や動画も、PCエンジンとしては非常に頑張ったレベルのものになっており、家庭用ゲーム機で本格的なデータベースソフトを実現させようという、作り手の意気込みが伺えます。
とは言っても、お堅い学習ソフトには偏らず、進行役にマスコットの恐竜(声は皆口裕子)を配したり、バラエティの項は、ちょっぴりくだけたトリビア集になっているなど、あくまでも楽しく読める恐竜図鑑という心配りだけは忘れていません。
200403007.jpg
エンディングは恐竜絶滅に関する様々な説に対する考察。
そして「種としての恐竜は確かに絶滅したが、しかし恐竜は我々の心の中で、今でも生き続けている」なんて、思わず「いねえよ!」なんてツッコミたくなるような一言で幕を閉じますが、しかしこんなベタなセリフでも、銀河万丈のナレーションで語られると、それなりに重々しさが出てくるから、実に不思議なものです。

この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2887.html

2020/04/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ウルトラボックス創刊号】PCエンジンで"読む"雑誌

   ↑  2020/03/30 (月)  カテゴリー: PCエンジン
200330002.jpg
復刻機PCエンジンminiの発売を受け再び盛り上がっている往年のゲームハードPCエンジン。
8ビット機であるファミリーコンピュータの対抗馬としてデビューを飾り、それから世代をまたいで次世代CD-ROM機戦争の趨勢が決まった90年代末まで異例の長寿を全うした。
その長い歴史の中でも輝いているのがCD-ROMを一般化させた功績だ。
PCエンジンminiの形状はベースとなった初代機を模したものになっているが、オレにとってPCエンジンはやはりCD-ROM2。
当時めちゃくちゃ高価だったCD-ROMユニットを合体させた本体を前に、これからゲームの新しい地平が切り拓かれるのだと胸を躍らせた瞬間は、いまでも忘れられない。
200330004.jpg
だからやはりPCエンジンで思い入れの深いソフトとなると、CD-ROMという新たな媒体を得て、それまでのゲームとは別の文脈から生まれてきたものばかりが浮かぶ。
『No・Ri・Ko』『鏡の国のレジェンド』『みつばち学園』『井上麻美 この星にたったひとりのキミ』。
アイドルゲームばっかやないかい! とツッコミが飛んできそうだが、まあ少なくとも色んな事情でPCエンジンminiには間違っても収録されないものばかりだ。
しかしNEC-HEのCD-ROMに対する果敢な試みがなければ絶対生まれてこなかったこれらのゲームが、PCエンジンの一面を象徴していたことだけは間違いない。
逆に言えば小川範子やのりピーの姿がないPCエンジン復刻機にどれだけの意味があるだろうか。少なくともオレにとってはそうだ。
200330006.jpg
バラエティに富んだコンテンツを雑誌的に盛り込んだCD-ROMマガジンというメディア形態は、CD-ROMが一般的になった以降のPCやセガサターンなどで瞬間的に盛り上がったが、ここでも早すぎた先駆者となったのはPCエンジンであった。
「世界初のCD-ROMマガジン」の謳い文句も勇ましいPCエンジンCD-ROM2ソフト『ウルトラボックス創刊号』が発売されたのは、マルチメディアなんて言葉もまだ曖昧だった1990年のこと。
発売元のビクター音産は他にも恐竜図鑑データベース『マジカルサウルスツアー』をリリースするなど、PCエンジンのノンゲームソフトに力を入れていたメーカーだ。
200330005.jpg
CD-ROM版のバラエティ雑誌を志向しているだけあって、コンテンツは多岐に渡っている。
PCエンジンソフトの紹介コーナーや新作情報は当然として、他にはゲームアーツが提供したミニゲームが二本に東映動画の手によるインタラクティブなアニメ短編。
ここらまでは予想の範疇だが、いささか暴走気味だったのはそこから先のコンテンツだ。
11PMのカバーガールだった小栗香織と渋谷や原宿のトレンドスポットで疑似デートできるデート講座とか、外国人女性をナンパする英語講座とか、トレンドウォッチャーを名乗っていた木村和久のコーナーなど、PCエンジンの中でもさらにハードコアアイテムであるCD-ROM2を購入するような層とは、およそかけ離れた内容ばかり。
少なくともPCエンジンからマルキューのショップ情報を得ようとする人間は皆無に近かったであろう。
200330003.jpg
そして雑誌には不可欠な占いコーナーを担当するのはプロレスラーのラッシャー木村。
これまたビーンボール気味の人選だが、しかし木村さんのまるで台本をつっかえつっかえ読んでいるかのような、たどたどしく木訥な語り口に耳を傾けていると、立て板に水で喋り倒す他の占い師よりもはるかに説得力が生まれてくるから不思議である。
考えてみれば、おのれの悩みや不安、人生の岐路への重大なサジェスチョンを求めるのならば、細木なんたらとかよりも、生真面目で、謙虚で、愚直で、勤勉で、人の温かみを知るラッシャー木村さんこそ、その占いに耳を傾ける価値があるというもの。
もっとも木村さん自らが本当に占っているかどうかは、だいぶ疑わしいところではあるが。
200330007.jpg
この手のバラエティマガジンによくありがちな、アイドルや若手女性タレントの情報コーナーもあるが、この直後にいわゆるアイドル氷河期を迎えるだけあって、あっという間に荒んでしまった人物ばかりなのが涙を誘う。
そしてこれも雑誌には不可欠な読者参加コーナーも、創刊号の常でやらせ投稿のオンパレード。
『ウルトラボックス』はトータルで5号までが発売されたが、チャラい若者向けタウン誌風のテイストが濃かったのはこの創刊号がピーク。
以降の号はオタク系コンテンツの比重が次第に増していって、地味に軌道修正を果たしている。

この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2886.html

2020/03/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |