FC2ブログ

タイトル画像

【The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition】七年ぶりの北の大地

2019.02.16(17:36) 2810

skyrimse.jpg
二度目の旅行地。そこは思いのほか楽しい。
たしかに新鮮さはない。でも欠けるのはそれくらいだ。むしろ新鮮さを上回る心のゆとりがある。
漠然と把握している地形、街道のつながりや街と町との位置関係。その地に対するぼんやりとした記憶は、周囲の風景を思うがままに観察したり寄り道したりの余裕を与えてくれる。
数年の間隔が空いているのなら尚更だ。
細々としたことは程よく忘れ、そこに過去の記憶が呼び覚まされると、遠い地を訪れる旅情と懐かしさが入り混じった、ちょっと不思議な気分になってくる。
190216008.jpg
数年も経てば旅に臨むこちらの環境だって大きく変わってくる。
買った写ルンですを現像に出し、一週間後に上がってきた写真を見て旅を反芻していたのは遥か昔の話。
デジカメをいちいち引っ張り出していたのだって、もはや過去のことだ。
今はスマホのカメラからボタン一発で、自分の感動から目の前のちょっとした珍事まで、あらゆる情景を即座に世界とシェアできてしまう。
190216003.jpg
しばらく旅行に行ってない。どこか離れたところに行きたい。
そんな衝動に駆られてなんとなく頭に浮かんだのは、以前訪れたことがある信州の湖畔の景色だった。
2月に入ってもまだまだ身を切るような寒さが続く。そうなるとさらに空気がより澄んで研ぎ澄まされたとこに行きたくなるのは何故だろう。
しかし今のオレは、少なくとも年度を越すまでは連休を取れそうな自由はない。
でもどっかに行きたい。無性に行きたい。そんな逡巡のはてに思い当たったのは、信州に似た景色と空気の地であった。
タムリエル大陸の北にある地方、スカイリム。
190216005.jpg
とは言えMicroSoft Storeからこれをポチるのには、それなりの葛藤があった。
なにせ一週間やそこらで終わる旅ではない。行ったが最後、少なくとも半年は向こうに留まりっぱなしになるのは目に見えている。
いくら大傑作といえども、もう七年以上昔のゲームだ。それに莫大なリソースを割く余裕が果たしてあるのだろうか。
…………旅に出るには衝動が肝心だ。ましてやストアの購入ボタンをポチッとクリックする衝動は、特急あずさの切符を買うよりはるかにハードルが低い。
そしてオレは七年ぶりにドナドナ馬車の荷台にいる。「ああ、これからまた首チョンパされかけるんだな!」と、妙にウキウキした気分になりながら。
190216004.jpg
七年も経てば旅に臨むこちらの環境だって大きく変わってくる。
いちいち手間ひまかけてスクリーンショットを撮って、それをパソコンのフォルダに収めていたのは、もはや過去のことだ。
今はハード標準のスクリーンショットやビデオ録画機能で、旅の様々な風景や出来事を気軽に残してシェアできる。
スマホで撮る画像のように次々と貯まってゆくスカイリムの情景。その一枚一枚、どれとして同じ表情の景色はない。
インスタ映えしそうなポイントだってたっぷりだ。もっとも第四紀ミード朝のタムリエルにInstagramがあるのかは定かではないが。
190216002.jpg
七年前はおっかなびっくり歩いていて周りを見渡す暇すらなかったリバーウッドからホワイトランまでの道のりも、今度の旅ではゆとりがたっぷりとある。
ささやかな峠道から見下ろせるのはホワイトランの城塞だ。あそこから再び始まるのはオレのドラゴンボーンとしての使命。
だけど今回はそんなおのれの運命すらも気軽に適当に受け流し、読み込み時間が驚くくほど短縮されて遥かに快適になったこの凍てつく大地を、時間も忘れて思いのまま巡ってゆこう。



ボンクラ360魂


タイトル画像

【World Enduro Rally】超アバウトTrials

2019.02.13(17:31) 2809

190213006.jpg
駆るのはダートバイク。
アクセルトリガーのオンオフとスティックによる重心の微調整で障害物や段差やジャンプ台を乗り越えゴールを目指す2Dモトクロスゲーム。
そう、『Trials HD』。でもあんな緻密さや繊細なフィーリングを要求される、やりごたえに満ちたゲームじゃない。
もっとアバウト。言い換えれば雑。でも許せちゃう。安いし。
Xbox Oneの国内ストアでもひっそりと配信されている『World Enduro Rally』は、そんな感じのゲーム。
190213005.jpg
アバウトなモトクロス大会『World Enduro Rally』は、その名の通り世界規模開催。
チュートリアルステージの南米はアルゼンチンのイグアスの滝に始まり、オーストラリアの渓谷、パタゴニアのペリト・モレノ氷河、カリフォルニアのヨセミテ国立公園、サンフランシスコの金門橋、スペインのイラティの森、メキシコはカンクンビーチ、そして中国は万里の長城。
いずれも名だたる絶景の観光地がその舞台だ。
190213003.jpg
なんか資料を集めやすような所ばっかだねって? いい線ついてる。さらにつっこむと、フリー素材の画像集めやすそう。
そんな開発事情を穿ちたくもなる『World Enduro Rally』の最大の特徴は実写画像を使った背景。
狙ったんだか背景を一から作り込む手間を惜しんだのかは分からないが、とにかくそれは妙な開放感とキッチュな質感の折衷という、思ってもみない効果をもたらしているのだった。
190213004.jpg
ステージ構成はほぼ行き当たりばったり。大ジャンプ地点にエレベータやゴンドラでの移動、急坂や洗濯板地形などが雑然と散りばめられている。
タイムアタック的な要素も勿論盛り込まれてはいるけれど、実績やトロフィーさえ気にかけなければ記録の短縮に一喜一憂する人もそうはいないだろう。そういうのがやりたければ素直に『Trials Fusion』でもやってくれ。
チェックポイントの間隔も短めで全般に難度は相当に甘め。ジャンプ距離を大幅に稼げるフロントフリップは、とりあえず最初から頭に叩き込んでおいて損はないトリックだ。
190213002.jpg
まるでWindowsのログイン画面のような風光明媚なワールド名所を巡って、最後のステージは月面。
ここも当然実写背景。そして重力が少ないぽよーんぽよーんとしたここ限定の挙動。
もっともだからといってディフィカルティがそんなに上がるわけじゃない。地球上と同じくざっくりとしてなんとなくクリアできてしまうゲームバランス。
ゲーム全体でも1時間弱でクリアできてしまうボリュームだが、ペットボトルのジュースより安い値段を考えると相応じゃないだろうか。



ボンクラ360魂


タイトル画像

【EAT LEAD マット・ハザードの逆襲】

2019.02.09(17:24) 2808

190209002.jpg
そいつの名前はマット・ハザード。8bitドットゲーム時代のヒーロー。つまり、今の時代じゃ全くお呼びじゃない奴。
そんないにしえのヒーローは、大人しく追憶の世界に生きて化石のようなレトロゲームマニアだけを相手にしていればいいものを、のこのこと復権を企むから話がおかしくなる。
すっかり過去の人となっていたゲームキャラが突然華々しい新作ゲームの舞台に引っ張り出される。しかしその裏には恐るべき陰謀が……。
そんなメタフィクション的な流れが『EAT LEAD マット・ハザードの逆襲』のメインストーリー。
190209005.jpg
だが"ゲーム役者がゲーム世界のキャラクターを演じている"って設定は、実は結構あちこちで使い古されていて陳腐だ。
古いところでは、鈴木みそのコミックで、零落したブラッキー(居たんだよ。マリオにそんなライバルが)が任天堂の同窓会に出ようか出まいか煩悶するってネタがあったけど、実際この手のメタフィクションは、ブラッキーみたいに本当に存在した奴を使ってなんぼのもの。
「そんなレトロゲームヒーローが存在していたってことで、ひとつ宜しくお願いします」と、端っからこちらに設定の咀嚼を要求してくる時点で、マット・ハザードという存在の煮え切らなさは、早くも露呈しちゃってるのだ。
190209007.jpg
この『EAT LEAD マット・ハザードの逆襲』を一番楽しんだのは、開発陣の中の、設定や、ギャグや、パロディネタを考えた連中だろう。
そして肝心のプレイヤーたちは、連中がノリノリで作り込んだネタに、時折笑ったり、無表情でやり過ごしたり、或いは「そんなことよりも、もっと気を遣うべきとこがあるだろう!」と、イライラをぶつけたりする。
そう、確かに『EAT LEAD』には、すれたゲームマニアならば、ついつい反応してしまうようなパロディネタが詰め込まれている。
オレだって、エレベーターの中でローディングが延々と終わらなかったり、今どきのポリゴンキャラが、いきなり『ウルフェンシュタイン3D』に逆戻りしたような世界に放り込まれたときは、思わずニヤリとしてしまった。
しかし、そんなゲームパロディネタの一方で、このゲームはそれ以外のことに全く労力を注いじゃいないのであった。
190209006.jpg
このゲームが出た2009年は猫も杓子も『Gears of War』の影響を受けたカバーアクションTPSに走っていた時代。
しかしその大半は当然の如く『ギアーズ』に及ぶわけがなく、逆にカバーアクションの欠点をことさらに際立たさせるものばかりだった。
そしてこの『EAT LEAD』に至っては、タイミングも何もなしに四方八方から敵が出現。
カバーアクションというのは基本的に進行方向に敵が現れるから物陰に隠れて銃を撃つ動作が機能するのであって、それを遮蔽物のこちら側になんの前触れもなしで登場されるのは、もう何かが破綻しているどころの騒ぎではない。
190209004.jpg
そんなシステムが崩壊したへっぽこサードパーソンシューターに終始イライラさせられ、ストレスが溜まる一方なこちらの表情はどんどん無表情になり、そして連中渾身のパロディやギャグにも、やがてはピクリとも反応しなくなる。
「JRPGボス戦の回りくどさや鬱陶しさパロってみたよ、ハハハハハ」
追い打ちをかけるのは、勿体ぶったポーズと共に、FF風美形キャラがいちいち体力を回復しまくる、HPが極端にインフレ化した中ボス戦だ。
あのな、パロディってのは百も承知だけどな、こっちはその鬱陶しさを受け止めて攻略しなけりゃなんないんだよ。
こっちの立場じゃ、うんざりするだけで、ちっとも笑えないっちゅうの、それ!
190209003.jpg
これでメタフィクション的な構成のゲームネタパロディゲームが、この『EAT LEAD』の他に無いのであったら、まだこちらの評価も甘くなるとこだけど、おなじコンセプトの『The Simpsons Game』という秀作がほぼ同時期にリリースされていただけに、『EAT LEAD』の立場はますます微妙なものになってくる。
はっきり言って、ゲームとしてのデキはもちろん、パロディの切れ味も『The Simpsons Game』の方が遥かに上だ。さらにあっちにはシンプソンズという付加価値まであるし。
駄作として切って捨てるには、ちょっぴり惜しい切れ味が、ところどころ瞬発的に存在するだけに、ギャグやパロディ以外の部分をもう少し丁寧に作ってくれていたらと惜しまれる。
このゲーム、正直な話、予告編を観ている時点が一番面白かったよな。

<Xbox One互換対応タイトル>



ボンクラ360魂


  1. 【The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition】七年ぶりの北の大地(02/16)
  2. 【World Enduro Rally】超アバウトTrials(02/13)
  3. 【EAT LEAD マット・ハザードの逆襲】(02/09)
次のページ
次のページ