ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (カテゴリー: XBOX

← 前のページ  total 13 pages  次のページ →  

【Outlaw Golf】キャディーの鑑

   ↑  2016/04/07 (木)  カテゴリー: XBOX
160407001.jpg
ジャック・ニクラウスにはアンジェロ・アージア、トム・ワトソンにはブルース・エドワーズ、タイガー・ウッズにはスティーブ・ウィリアムズ。名ゴルファーの傍らには常に優れたキャディーの姿があった。
18ホールの孤独な戦いの中で、キャディーはたった一人の味方だ。
技術的なことからモチベーションに関わる問題まで、トッププロを影に日向に支える。
そしてゴルフはメンタルな要素が特に重きをなすスポーツだ。
時には冷静さを失いかけたゴルファーの感情のはけ口となることもあるだろう。古閑美保が池ポチャにぶち切れて自分のキャディーに蹴りを入れたというニュースを、かなり前に耳にした覚えがある。
160407007.jpg
しかしそれで自分が支えているゴルファーが平常心を取り戻せるならば、それはキャディー冥利に尽きるというものではないか。
藤田光里や飯島茜に小突かれたり平手打ちを貰ったりするのは、個人の性癖によっちゃご褒美みたいなもんである。
『Outlaw Golf』に登場するキャディーたちも、ゴルファーたちと一心同体の信頼関係を築く者たちだ。
もっともそのゴルファーたちは、ズボンをずり下げたラッパーの出来損ないだとか、筋骨隆々とした逆DV女だとか、グリーン上の旗竿をポール代わりにするストリッパーだとか、荒んだヒッピーだとかムショ帰りだとかSMの女王様だとか、一癖あるなんて言葉では済まされない問題人物ばかりだが。
160407006.jpg
この格調高きゴルフ倶楽部よりも囚人護送車のほうがお似合いな面々にも、ちゃんとしたスポーツマンと同様にプレイ中のメンタルコンディションの問題を抱えている。
連中がそれを安定させるのは、キャディーにちょっと厳しい口を利くなんて可愛らしいもんじゃない。
Yボタンをポチッと押せば、発動するのはキャディー暴行モード。それぞれのキャラクターにあった暴力スタイルで、自分のキャディーをぼこぼこにしばき倒して憂さ晴らし。
それでもキャディーは、それが自分の大事な役目の一つと心得ているのが、とにかくされるがままだ。SM女王様のキャディー(もちろん奴隷)なんかは、むしろめちゃくちゃ嬉しそうではないか。
160407005.jpg
そのキャディー暴行システムや、麗しのスキ女王様に代表されるエキセントリックなキャラクター、人を喰った実況にガラの悪い観客といった、アウトローな要素ばかりが目立つ本作だが、実は基本のゴルフゲーム部分も、アナログスティックを使ったショット操作や、プレイヤーのメンタルをシステム化した要素など、他に先んじて革新的なシステムを擁立させたエポックメイキングな作品だったりする。
もっとも、そんなスポーツゲームとしての真っ当な要素をこれっぽっちも評価されないのは、女王様ゴルファーと奴隷のキャディーなんてキャラクターを嬉々として投入してしまう開発側の自業自得だったりするわけだが……。
160407002.jpg
初代Xboxの普及に万策尽きたMSKKがヤケクソでスタートさせたXboxワールドコレクション。
海外ゲームをローカライズせず日本語マニュアルを付けただけの体裁で安価で供給したこのシリーズ。ソフトラインナップの頭数を強引に揃える意味合いもあったのだろう。
その記念すべき第一弾ラインナップの一角が、この『Outlaw Golf』。初陣を飾るには妙にクセのあるゲームだが、そんなところも当時のMSKKのやぶれかぶれっぷりを物語っているのかもしれない。
一部のキャラクターは、以後展開される『Outlaw Volleyball』や『Outlaw Tennis』に続けて登場しますが、本作一番人気のスキ女王様は、この本作とその続編のみの登場。
やはりバレーボールやテニスは、奴隷を帯同できないのがお気に召さなかったのだろうか。

 

この記事に含まれるtag : スポーツゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2478.html

2016/04/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Raze's Hell】可愛い奴やつらは皆殺し

   ↑  2016/03/08 (火)  カテゴリー: XBOX
160308007.jpg
ある星にキューレッツという、それはそれは大変可愛らしい種族が住んでおりました。
キューレッツは高い塀で囲まれた土地にキュートピアと呼ばれる都市を作り、そこで可愛らしい文化に囲まれて平和に暮らしておりました。
ある日、キュートピアのプリンセスがこんなお触れを出したところから物語は始まります。
「可愛い私たちの可愛いライフスタイルと文化を、この壁を越えて可愛い私たち以外の生きものにも広く啓蒙しなければならないと思うの」
早い話が植民地政策です。キューレッツの軍隊はさっそく壁を越えて外界に侵出しましたが、そこで目にしたのはキューレッツにとって想像を超える野蛮な文明でした。
160308002.jpg
キューレッツの軍隊は浄化作戦を開始します。
近代武器で武装したキューレッツの前に武器を持たない原住民たち(ここでは仮に彼らをローカルズと呼ぶことにいたします)は、次々と虐殺……、いえ、浄化されていきました。
「おい、そこの臭いの、どこ行くつもりだよ~」「逃げたって無駄だよ~」
声まで可愛いキューレッツの追っ手を避け、命からがら洞窟に逃げ込んだのは、レイズという名のローカルズの若者。
そこでシルヴという邪悪そうな外見の生きものと出遭ったレイズは、彼の導きで神秘的な力を手に入れます。
神秘の力で武装したレイズ。ローカルズは平和を愛する温厚な生きものですが、ここまで無慈悲に仲間を虐殺されたとあっては、いかに心優しいレイズといえど黙っていられる訳はありません。
160308001.jpg
「うわわわわ、なんでこんな汚くて臭い奴が、一人前に反撃してくるんだよぉぉ!?」
手始めに追っ手のキューレットをミンチに加工したレイズ。減った体力は飛び散ったキューレットの肉片を吸収して回復です。敵の肉を食らうとはまさにこのことですね。
さあ復讐の始まりです。こうして可愛いキューレッツを蜂の巣にして切り刻んでぐっちゃぐちゃの肉塊に変えまくる、ファンシーでゴアゴアなレイズの戦いは火蓋を切られたのです。
レイズのメイン武器リッパーは、アサルトライフルに相当するような武器。殺傷能力が低いのが玉に瑕ですが、逆にこのリッパーに蜂の巣にされて、声にならぬ声を上げながら痙攣するキューレットの様子をじっくり見物できるというメリットもあります。あんまりあっさり殺しちゃ物足りないですもんね。
160308006.jpg
さぞや楽しい殺戮ショーが続くと思われそうなレイズの道中ですが、忘れてはいけません、キューレッツが悪辣で狡猾で、見かけによらずやたらとタフネスな生きものだと言う事を。
キューレッツの正確無比な射撃に対して、レイズは見かけほど打たれ強くはないときています。
見てくれとは裏腹に、尋常ではない難易度を誇る本作。そう、『Raze's Hell』とはキューレッツにとってだけではなく、プレイヤーにとっても地獄なのです。
160308009.jpg
レイズの道中に立ち塞がるキューレッツ軍の兵科は、実に多種済済。
一番数の多い一般兵、キューレットガンナーズは、レトロカメラにそっくりな銃器を携帯し、レイズの銃火を側転で避けたりするお茶目な奴ら。
虹色の光と共にテレポートで出現するキューティネーターは、体を半機械化したエリート兵。その打たれ強さは半端ではありません。
そしてパラシュートの替わりにハート型の風船に掴まって降下してくるキューレット空挺部隊。風船を撃ち抜いてやれば、可愛い悲鳴をあげながら地面に激突。
160308004.jpg
その愛らしい外見とは裏腹にプレイヤーを恐怖に陥れるのが、爆弾のスペシャリストのくまさんたちです。
爆弾くまさんは、その大柄な体で榴弾砲を軽々持ち歩き、レイズの姿を見るや否やぶっ放してくるし、それ以上に怖ろしいのは、爆弾を腰に巻きつけ「む~!」と可愛い絶叫をあげながら突進してくる特攻くまさんです。
キューレットの狙撃兵は、ヘルメットに木の枝や草の替わりにお花を挿してカモフラージュ。
一番凶悪なのはガスグレネード兵とペイントボール兵。こいつらは直接攻撃力は持たないけれど、ガスグレネード兵は笑気ガスでプレイヤーのコントローラ入力をめちゃくちゃに変換してしまうし、ペイントボール兵は、画面いっぱいにペンキの飛沫を飛び散らせてプレイヤーの視界を塞いできます。
160308005.jpg
これら一筋縄ではいかない連中に、さらに可愛い戦車、可愛いヘリコプター、可愛い野戦砲、可愛いタレットといった兵器が加わってくるのです。
その試練と言うにはあまりにも厳しすぎる凶悪難易度を乗り越えて、終盤レイズが足を踏み入れるのがキュートピアの本国。
無抵抗に逃げまわる可愛らしい一般市民を前に、レイズがどんな態度をとるのかはプレイヤー次第。
その贅沢なボリュームとキュートでエクストリームな設定、そして鬼のような難易度の前に、「あれ? これって実はTPSとしての根幹の部分は、案外凡庸な出来なんじゃないかな?」なんて事実はついつい忘れがちになってしまう、2005年発売の一作です。

<海外版>

 

この記事に含まれるtag : TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2464.html

2016/03/08 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Xbox用 スラストマスター・ベレッタ92FS】

   ↑  2015/11/23 (月)  カテゴリー: XBOX
15112301.jpg
ガンコン。ギャングやゾンビの群れと戦うときの頼もしい相棒。しかしそれはアッという間に不燃ごみ予備群になってしまう。
さすがにセミには及ばないが、それでもガンコンの寿命はゲーム周辺機器の中では際立って儚い。
対応するゲームそのものが少ない上に、ガンシューティングというジャンルは、元々が飽きが来るのが早い特質を抱えている。
バーチャガンは100万台を出荷した、サターンでもっとも売れた周辺機器だ。
それは『バーチャコップ』とその続編を徹底的に遊び倒してしまうと、100万丁のバーチャガンが潰しの利かない存在になってしまうことを意味している。

100万丁の普及を当て込んで、ポスト『バーチャコップ』の地位を見据えたソフトだってもちろんあった。
しかしそれが『デスクリムゾン』だったりするのだから、バーチャガンにとってはおよそ報いようのない話だ。
セガ自身が責任をとってポスト『バーチャコップ』の本命、『THE HOUSE OF THE DEAD』をリリースするまでの間、100万丁のバーチャガンは虚しく押入れか戸棚の中に眠る他はなかったのであった。

バーチャガンだけに留まらない。ナムコのガンコン、コナミのハイパーブラスター、そしてドリームキャストガン。ありとあらゆるガンコントローラが、対応ゲームの旬の短さに泣かされてきた。
そして燃えないごみの日の危機をくぐり抜けたガンコンにも、新たなピンチが平等に訪れた。ブラウン管テレビの終焉である。
必須の伴侶の退場に、生き残ったガンコントローラたちも、揃っての現役からの退場を余儀なくされるのであった。

それでも対応したゲームがそれなりにあったものは、まだ幸せだ。
悲惨なのはハードの存在そのものがマイナーな上に、対応ゲームがほとんど出なかったガンコントローラである。
ビデオボードで知られるフランスのギルモ社は、他にスラストマスターというブランド名でゲームの周辺機器も手がけている。
ここはかつて日本法人も開設していて、初代Xbox用のスラストマスターブランド周辺機器、ハンドルコントローラ(360モデナレーシングホイールという、今となっては非常にややこしい商品名)やミッションスティクなどを国内販売していた。
このXbox用スラストマスター、中には人がそのまま乗って操作する、実物スケートボード大のコントローラなんてシロモノまで、そのラインナップに挙がっていたが、これは残念ながら未発売に終わってしまう。

スタートダッシュに思い切り失敗したXbox。その上にソフトラインナップもろくに揃ってないうちに、これらの商品を市場に投入したギルモの豪胆さは相当なものだが、しかしそれが祟ったのか、国内Xbox参入から1年も経たないうちにギルモは日本法人を閉鎖。Xboxの各種周辺機器も、サポートを失いみんな宙ぶらりんになってしまったのだった。
スラストマスター・ベレッタ92FSは、そんなギルモの都合と国内Xboxの体たらくに翻弄された悲劇のガンコン。
『THE HOUSE OF THE DEAD Ⅲ』のリリースに合わせて、どうにか発売にこぎ着けたはいいものの、対応ソフトはそれ一本に終わってしまい、さらにブラウン管テレビから液晶テレビの移行期にもまともに直面し、アッという間に厄介者になってしまった経緯は、涙無くしては語れない。

実銃のデザインからなるべく遠ざかろうとしたドリームキャストガンとは対照的に、このスラストマスター・ベレッタは、ベレッタ社のライセンスを取ってM92のフォルムを再現した一品。
だが、唯一の対応ゲームである『THE HOUSE OF THE DEAD Ⅲ』の、プレイヤーが手にする本来の武器はショットガンのはず。
ベレッタの銃口から飛び出す散弾に、銃を握るこちらも「なんだかなぁ……」の反応は隠せず、哀れこの悲劇のガンコンは、たった一つの対応ゲームにすら梯子を外されてしまうのであった。

 

この記事に含まれるtag : ガンシューティング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2411.html

2015/11/23 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Star Wars Jedi Knight: Jedi Academy】オレはジェダイの中原麻衣

   ↑  2015/10/25 (日)  カテゴリー: XBOX
151025001.jpg
パダワン(前座)、ナイト(二つ目)、マスター(真打)。
ジェダイへの道は、はるか古代の芸能落語の徒弟制度に倣ってシステムづけられていた。
しかしそれももはや過去のこと。既に銀河大戦も終結し、新共和国の下に平和と秩序が築かれた時代の中で、かつてジェダイと呼ばれた人たちは、その存在意義をなんとなく失っていた。
食いっぱぐれを恐れたかつての銀河大戦の英雄たちが目をつけたのは、やはりはるか古代の芸能職業である声優の事例だ。
声優業界が、職業声優をマネージメントすることから、養成所や専門学校を作って声優志望者からカネを巻き上げるビジネスモデルにシフトした例は、ジェダイたちにとって大いに参考になる故事であった。
声優養成所が一線を退いたベテランたちに講師という新たな仕事を与えたように、潰しの利かないジェダイもこれで職にありつけることができる。
151025007.jpg
「時間的・経済的に負担の少ない修行でジェダイをめざせます」
「銀河大戦で活躍した現役のジェダイマスターが講師」
「ジェダイになる夢をかなえる一歩を全力で応援!」
「安心の新共和国公認学校法人です」
「ジェダイ成就率115%!」
そんな美辞麗句を並べたかどうかは知らないが、とにかく"潰しの利かないジェダイ"の筆頭であるルーク・スカイウォーカーの肝煎りにより、専門学校ジェダイアカデミーが衛星ヤヴィン4に設立されたのであった。
151025006.jpg
そんな専門学校に吸い寄せられたカモが一人。その名はジェイデン・コア。種族や性別はプレイヤーが自由に選択可能だ。
高潔なジェダイになる夢を抱いてアカデミーにやって来たジェイデンであったが、校長のくせに相変わらず貫禄がないルークと、唯一の講師であるカイル・カターン(90年代のFPS作品『スターウォーズ ダークフォース』の主人公)という貧弱な講師陣を前に、早くもその夢は大きな不安へと代わるのであった。
151025002.jpg
そして授業という建前のおざなりなチュートリアルもそこそこに、帝国残存軍掃討戦の最前線にいきなり送り出されるジェイデン。あの、ボク、学生じゃないんですか?
プレイヤーのそんなもっともな疑問も、「お前は他の有象無象どもとはモノが違う。他の連中は月謝で、お前はその働きで広告塔として学院に貢献するのだ。言わばお前は日ナレにおける中原麻衣のような存在なのだ」という、分かったような分からないような理由でうやむやにされるのであった。
151025008.jpg
こうして始まるライトセーバーによる接近戦を主体としたサードパーソンアクション。敵となるのは帝国の残党と、マーカ・ラグノス(やはり落語で説明すると、シスにとっての三遊亭圓朝みたいな人だ)の復活を目論むダークジェダイのカルト教団。
道中を彩るゲストたちは、ドロイドの凸凹コンビにチューバッカ、ミレニアムファルコンにウェッジ・アンティリーズといった、肖像権許諾の必要のない(あるいは必要があっても安く済む)、あんまりありがたみのない連中ばっかだ。
「ジェダイへの道を歩む」という触れ込みも、冒頭からいきなりライトセーバーを振り回せて、「はい、お前、もう仮免ならぬ仮マスター」と実質ジェダイ認定されてしまえば、もう有名無実。
学院という設定もそこそこに、のっけからルークとカイルに前線でこき使われる毎日に、こちらはライトセーバーを振り回す手を止めて、「中原麻衣や野川さくらも、養成所でちゃんと授業とか受けてたのかなあ?」などと、余計なことに考えを巡らすのだった。

 


この記事に含まれるtag : スターウォーズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2395.html

2015/10/25 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【WWE RAW 2】バックステージの陰謀

   ↑  2015/09/30 (水)  カテゴリー: XBOX
150930001.jpg
アンカー制作の『WWE RAW』が、『エキサイティングプロレス』シリーズと比較して物足りなく感じた原因の一つは、シーズンモードが欠けていたことである。
全てのプロレスラーにとっての憧れであるプロレス世界最高峰のイベント、レッスルマニア出場を目指してWWEの各シリーズを闘い抜いくシーズンモードは、パワプロのサクセスモードのように、もうエキプロとは切っても切り離せない関係だ。
しかしアンカーは、前作の約一年後に発売された『WWE RAW 2』に於いて、敢然とこのシーズンモードにチャレンジしてきた。
そしてその『RAW 2』版シーズンモードは、当時のエキプロのそれよりも数倍濃いものだったのだ。
150930002.jpg
落語界に香盤という絶対的な番付があるように、プロレス界にも明記されているわけではないが、やはりレスラーの格や人気に応じた序列が存在する。
エキプロのシーズンモードは、そのレスラー間の序列、格をポピュラリティ度の名で数値化している。
そしてポピュラリティ度は、試合の勝敗によって上下し、それによってプレイヤーは、団体内で己の分身が徐々にポジションを上げていく過程を楽しめたのだ。
ただしこの当時のエキプロに於いては、ポピュラリティ度の変動はあくまでも試合結果のみが頼り。
花道の長州を藤原喜明と小杉俊二のどちらに襲わせるか。そんなアントンとピーターのその場の思いつきの選択で、レスラーはその未来を大きく左右されてしまう。
会社のプッシュをひたすら待って、目の前の試合を淡々と消化していくだけで果たしていいのだろうか? 否!
ここは弱肉強食のアメリカマット。自分の未来は自分の手で切り開かなければならないのだ。例えロッカールームでどんな汚い手を使ってでも!
150930005.jpg
自分とポピュラリティが近いライバルは、なんとしてでも蹴落とさなければならない。
その為にプレイヤーは、通常興行が行われている合間にロッカールームで様々な策謀を凝らす事ができきるのだ。
代表的な例はトラップ。
会場内の廊下を悠然と歩くTAJIRI。その脳天を天井に仕掛けられた段ボール箱が直撃! 頭を抱えてのた打ち回るTAJIRIを嘲笑うショーン・マイケルズ。
「ざまぁみやがれ、この野郎! てめえの醜態は世界中に生中継されてるぜ!」
そう、ここはWWEのバックステージ。事件の起こるあらゆる場所には必ずカメラクルーが待機しているのだ!
醜態をさらされ激減するTAJIRIのポピュラリティ値。これで自分の地位を脅かしてきそうなニューカマーの芽を一つ摘むことができた。
ただしポピュラリティ値が大きく離れてる相手には、そうそうこのトラップが成功することはない。クリス・ノウィンスキーごときがロック様相手に段ボール箱やバケツ落としを仕掛けたところで、ロック様が易々と引っ掛かるワケがないだろう。
150930007.jpg
プロレスラーだって人間だ。ロッカールームでは、自然と仲の良い奴も生まれれば、どうしても虫の好かない野郎だって出てくるだろう。
それを端的に表現した友好値、敵対値はライバル抗争などのアングルにもかかわってくるステータスだ。
直接的に相手を襲えば敵対値は跳ね上がるし、誰かをそそのかして仲違いをさせる間接的な行動もとれる。
あるいは相手を励まして友好値を上げるのも手だ。味方は多ければ多いほどいい。。
「なぁブッカー、元WCWチャンプともあろうものがどうしたんだ? オレが付いてるぜ、元気出せよ」
「嫌味な野郎だと思ってたんだけど、実はお前イイやつだったんだな、ありがとよ」
そう持ち上げた直後にブッカーTにトラップ攻撃!
「うっそじゃーい、バァーカ、真に受けてんじゃねえよ!」
「このタコッ! ぜってえ許さねえ、ぶっ殺す!」
150930008.jpg
分岐選択によるマルチシナリオに留まっていた当時のエキプロシーズンモードに対して、『RAW 2』のシーズンモードはアングルや抗争相手を、これらの行動で好きなようにクリエイトできる自由度が目玉。
抗争をふっかけたい相手がいるのなら、リングの上から思い切り挑発してみよう。ただしトリプルHを挑発してスティーブン・リチャーズが出てきたら、こっちの面子は丸つぶれだ。
控室で気に入ったディーバを自分のマネージャーに勧誘もできる。ただしニディアあたりを誘って思い切り断られ、その様子が全米中に放送されたら立つ瀬がないが。
ライバルのロッカールームに忍び込んでコスチュームを盗み出す嫌がらせだってありだ。クリエイトモードで使える衣装も増えて一石二鳥。
これらの行動には精神値を消費するが、このステータスは試合でも重要な役割を果たす。
陰謀に熱中するあまり、肝心の試合でふらふらになっていたなんて事態は、なるべく避けたいものだ。
150930004.jpg
このエキプロを凌駕する充実のシーズンモードに加えて、ビジュアルや前作の問題点だった操作性も格段に向上。
こうしてライバル、エキプロに一矢を報いた『RAW』とアンカーだったが、しかしこの充実のWWEオフィシャルゲームは、フジによる地上波放送も始まってWWEが知名度を増していた時期にも関わらず、とうとう日本国内では未発売に終わってしまう。
そして次世代機に移ると、THQはWWEゲームを『WWE Smackdown VS RAW』のタイトルに統合してマルチプラットフォーム化。
ゲームの分野に於いてのニリーグ制は、初代Xbox一代限りで終演を迎えてしまうのであった。

<海外版>

 

この記事に含まれるtag : プロレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2383.html

2015/09/30 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |