ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (カテゴリー: 3DO

← 前のページ  total 20 pages  次のページ →  

【Foes of Ali】スポーツ史上もっとも偉大な男

   ↑  2016/06/05 (日)  カテゴリー: 3DO
160605001.jpg
ヘンリー・クーパーはオーデコロンの匂いをプンプンさせた、気取ったイギリス人だった。
こいつと最初に闘ったのは、まだオレが奴隷の名前だった時だ。そういやこいつは後に貴族かなんかになったんだっけ?
ソニー・リストンは危険極まりない男。でもあの頃はオレも何もかもが絶頂だった。
ファイトスタイルから弁舌まで、モハメド・アリのスタイルは奴との一連の闘いで磨き上げられたといってもいい。
そしてオレの伝説も。ボックスを飾る野蛮なまでに官能的なスナップ、これはリストンとの試合で撮られたものだ。
ここまで芸術的なスナップを残せる被写体なんて、古今東西のスポーツ界を探してみてもオレ様しかいやしない。
160605002.jpg
トニー・シュバロ? ああ、あのマフィアの使いっ走りみたいな顔をしたカナダ人か。
恐ろしいまでにタフな野郎だったな。洗濯女なんて呼んで悪かった。
スモーキン・ジョー・フレージャー。認めるよ。オレのボクシング人生における最大のライバルだ。
あいつとの試合は毎回とんでもなくしんどい思いをさせられた。それは向こうも同じだろうけどな。
ジミー・エリスは同郷で気のいい男だ。オレのスパーリングパートナーでもあった。でもリングの上で相対するとしたら話は別だ。
ボブ・フォスター、こいつもテリブルだったな。でもやはりライトヘビーの選手だ。
160605004.jpg
ケン・ノートンはやっかい極まりない野郎だった。奴には手こずらされたが、でもオレという太陽と向かい合えたことは、奴のキャリアに輝きをもたらしたはずだ。
チャック・ウェップナーはその典型だな。オレはきらめく光だ。影にいる奴を照らしだす。おめでとうチャック、人生の一発逆転だ。お前は試合には負けたが、その名を歴史に刻み込めたんだ。
そしてレオン・スピンクスか。消耗しきったキャリア最終盤だ。並の奴なら晩節を汚して終わるとこだが、あいにくオレ様はザ・グレーテストだ。二度目にはきっちりと借りを返した。返り咲いたのさ。
フォアマンがここにいないのは何故だ? ああ、そうか。ジョージはこの頃カムバックを果たしていて、現役の最前線でバリバリやってる真っ最中だったっけな。
160605006.jpg
オレは常に革命をもたらしてきた。ボクシングだけじゃない、リングの外のことまでだ。
プロスポーツマンとしての立ち居振る舞いに始まり、ポリティカルなことからカルチャーに至るまで。ヒップホップはオレの孫みたいなものだ。
ゲームでもそうだ。ボクシングゲームに2Dから3Dへの革新をもたらした先駆けの一つが、オレ様の偉大なキャリアを追体験できる、この『Foes of Ali』だ。
3Dポリゴンで構成され、いつでもアングル切り替え可能なそのスタイルは、後に多くの奴らが追従した。
でもみんなオレのコピーだ。同じEAの『ノックアウトキング』や『ファイトナイト』シリーズも、要はオレに対するラリー・ホームズみたいなものさ。
160605007.jpg
もっともゲームの技術進化は、ボクシングのそれよりもはるかに速くて激しい。
この『Foes of Ali』も、当時の技術的限界で、いたらない部分も細々とある(蝶のように舞い蜂のように刺すってのは、なるべく脳内で補ってくれ)。
でもここまでオレを徹底的にフィーチャーしたゲームも他にはない。美しいボックスアートを皮切りに、すべてがオレ尽くしだ。これを遊べばどんなボンクラ野郎でも、このようにアリになったような気分になれる。
この手の個人名版権ボクシングゲームは、たいていが当の本人以外はみんな架空キャラでお茶を濁すのが相場だが、『Foes of Ali』はそうじゃない。
オレと闘うことで歴史に名を残せた奴らがズラリ9人実名で登場。連中もモハメド・アリの対戦相手となれたことの重みを承知している証しなのさ。

<日本国内版未発売>

 

この記事に含まれるtag : ボクシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2506.html

2016/06/05 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【トム・カイトの これがゴルフだ!】

   ↑  2016/05/25 (水)  カテゴリー: 3DO
160525006.jpg
やあ、そこの君。もしかしてボールをバンカーに打ち込んでしまって途方に暮れていないかい?
だったらもう一日中砂をほじくり返しているしかないね。
でも君が世界で話題沸騰のインタラクティブマシン、3DOを持っている先見性にあふれた人なら、なにも心配する必要はないよ。
このボク、PGAトッププロのトム・カイトが、バンカーからのリカバリーはもちろん、スコアが伸び悩んでいる君にピッタリのアドバイスを、TVモニター越しに送ってあげるから大丈夫。
よく言われるけど仲本工事じゃないからね。こう見えても二度の賞金王に輝いた殿堂入りの名選手なんだ。
160525001.jpg
この『トム・カイトのこれがゴルフだ!』は、ゲーム的な要素の一切ないゴルフ教則ソフト。
よく日曜のどうでもいい時間にテレビでやってるゴルフレッスン番組みたいなもんだと思うかもしれないけれど、でも聞いて驚かないでよ。
『トム・カイトのこれがゴルフだ!』のスゴいところは、レッスンのムービーを一時停止や巻き戻ししたりして、自分のペースでレクチャーを受けられるところさ。
一方通行のテレビ番組とはワケが違う、これがインタラクティブってやつだね。時代はマルチメディアさ。
160525007.jpg
え、そんなの「杉原輝雄のゴルフレッスン」のビデオを観れば済むじゃないかって?
あんなのバカ正直に全巻買っていたら、いくら吹っ飛ぶと思ってるんだい? この『トム・カイトのこれがゴルフだ!』なら、なんと税別9800円ポッキリで収まっちゃうんだぜ。
じゃあね、あんなVHSビデオなんてドン臭いものには真似できないことを教えてあげよう。
チャプターセレクトって知ってるかい? 特定のショットを矯正したいとき、もうビデオを頭から観たり長々と頭出しする必要なんかもうないんだ。
インデックスメニューから観たいレッスンを選べば、待ち時間なしでそのムービーが始まっちゃうんだよ。
どうだい、スゴいだろ? これがマルチメディアの実力さ! え、DVD? 一体なんだいそれは。
160525005.jpg
ボクの懇切丁寧な指導の他に、スポーツ心理学者でゴルフにも造詣の深いボブ・ロッテラ博士のレクチャーを交えたレッスンは、なんとディスク3枚組のボリューム。
え、こんなのDVDなら一枚でお釣りがたっぷりくる分量じゃないかって? さっきから何をワケの分からないこと言ってるんだい、君は!?
本国での発売元IntelliPlayは、スポーツ専門放送局のESPNと提携して、野球やサッカー、テニスにエアロビなど様々な競技のレッスンソフトを3DOで発売したんだけど、その中で日本版が出たのはこのボクだけ。
いかに当時の日本において、ゲーム機に実際にカネを出す年代でゴルフが幅を利かせていたかが分かろうというものさ。
160525004.jpg
麻雀や将棋、そしてゴルフは、親にゲームハードを買ってもらうための大事なキーポイントだったんだ。
もちろんボクもその役割を期待されていたことは言うまでもないだろう。
さあ、みんな、お父さんを説得するときはこう言うんだ。「3DOを買ってよ! これがあれば、あのトム・カイトのレッスンも受けられるんだよ!」ってね。
あ、そうそう、このダメ押しの一言も忘れないようにね。「ファミコンみたいなおもちゃじゃないよ、情報家電だよ。なんてたって時代はマルチメディアなんだ!」

 

この記事に含まれるtag : マルチメディア  

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2501.html

2016/05/25 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【麻雀狂時代 コギャル放課後編】アダルト女優が集うハード

   ↑  2016/04/15 (金)  カテゴリー: 3DO
160415007.jpg
3DO、それは持っているだけで気の毒扱いされたハード。
日本のゲームハード史で常に語られるのはセガ民の受難と抑圧だが、それは偽りの歴史だ。
少なくともファミ通のクロレビで新作ソフトがきちんと取り上げられていたハードの、どこが不遇だったというのだろう。
あおれだけ優遇をされながら、自分たちはまだ不当な扱いを受けていると声高に主張し続けるセガ民を真上に臨みながら、3DO民は声も上げられずただじっと耐えるのみであった。
そうやって耐え忍んでいた3DO民の心の支え、それは3DOだけに許されたパラダイス的な特権であった。
160415001.jpg
3DOはゲーム機史上、もっともアダルト表現のレーティングが緩いハード。
そしてそのイニシアチブは、3DOに数多くのアダルト女優を呼びこむこととなった。
安藤有里、藤谷しおり、沢田奈緒美、ゲイル・マッケンナ、洋ピン勢。当時の売れっ子から企画系まで、有名無名様々なアダルト女優が、野球拳や擬似カメラマンものなどの形を借りて3DOにやって来たのであった。プレイステーションには逆立ちしてもできないようなマネである。
160415006.jpg
麻雀狂時代はいにしえのアーケードから続く脱衣麻雀のブランドというか亭号みたいなものだが、家庭用ゲーム機においては3DOとサターンの二大エロハードにまたがって展開していた。
3DOでは『麻雀狂時代 AVギャル制服編』、サターンは『麻雀海岸物語 麻雀狂時代セクシーアイドル編』や『麻雀狂時代 セブアイランド96』と、同じ麻雀狂時代の亭号でもそれぞれ異なる作品がリリースされていたのだが、その中で唯一マルチプラットフォームで展開したのが、この『麻雀狂時代 コギャル放課後編』。
登場するのは水野さやか、麻宮淳子、羽柴ルミ、可愛ゆうと、いずれも当時の売れっ子単体AV女優だ。
160415005.jpg
マルチプラットフォームというからには、当然ライバルハードとのクオリティの差が問われるところである。
ここでアダルト指定を擁する我らが3DOは、パッケージ裏に彼女たちのトップレス写真を載せる豪快な一撃で、18才以上推奨などという中途半端なレーティングのサターン版を、鎧袖一触斬って捨てるのであった。
160415002.jpg
ギャル選択画面の「だれとヤルの」、ローディング画面の「ちょっと待ってね、まだイカないで、一緒じゃなきゃイヤ」(ゲーム史上もっとも下品なローディングメッセージだろう)など、実写脱衣麻雀に相応しいオヤジ臭いエロさは、麻雀狂時代シリーズピカイチ。
その一方で、肝心の麻雀部分の意外な生真面目さ、ケレンのない造りはコンソール機版麻雀狂時代の伝統。
一翻二翻上がりではちっとも脱いでくれないシビアな脱衣システムとあいまって、お目当てのエロにたどり着くためには、腰を据えた麻雀への取り組みを要求されるだろう。

 

この記事に含まれるtag : おとなの時間 麻雀 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2482.html

2016/04/15 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【マカロニほうれん荘インタラクティブ】名作の陵辱

   ↑  2016/03/04 (金)  カテゴリー: 3DO
160304001.jpg
変革はその時代のテンポを明らかに超越した、オーパーツ的なスピード感を持つ作品やメディアによってもたらされる。
プロレスにおいては80年代のタイガーマスクがそうだ。
その一種狂気的な躍動感とスピードに包まれたタイガーの試合は、それまでのプロレスのトラディショナルをまるで感じさせない、まるで異次元からの来訪者のようであった。
しかしあまりにも時代を超えたスピードは、当人にもそれをはらむ運動体にも歪を生じさせる。
タイガーマスクは鮮烈な輝きと変革を残すだけ残して、アッという間に本人ともどもプロレス界からフェードアウトしてしまった。
160304003.jpg
1977年、ロック界ではトラディショナルを打ち破る変革の嵐、パンクロックの旋風が吹き荒れていた頃に、「マカロニほうれん荘」は登場した。
それはやはりオーパーツという言葉でなければ説明がつかないくらい、時代をあまりにも先駆しすぎた狂気の疾走感で構成されたギャグ漫画であった。
だがそのハイテンションな輝きは作者をまたたく間に消耗させる。
誰もがタダ事で無さを感じた末期の変貌ぶりを経てなし崩し的に連載が終了すると、その後の作品は低調をきわめ、やがて作者の鴨川つばめは"消えたマンガ家"の代表例しまった。
160304005.jpg
そしてこの3DOソフト『マカロニほうれん荘インタラクティブ』は、鴨川つばめが文字通り身を削って残したギャグマンガの金字塔とは、なんの関係もない。
スリーブにある「制作は高城剛率いるフューチャー・パイレーツ」「声の出演にあの吉本興業による豪華キャスト」「音楽は'93年グラミー賞のアレステッド・ディベロップメント」(マカロニに関わりのある音楽と言ったら、普通は70年代ハードロックだろう)の文字が、両作品の関わりのなさをハッキリと物語っている。
一応きんどーさんやトシちゃんなど、マカロニの登場人物に酷似したCGキャラが出ずっぱりではある。
しかしその声のキャストは、きんどーさん役は今くるよ、トシちゃん役はチャーリー浜。………極めて大雑把な見た目だけで声のキャスティングをするのは、止めていただけないだろうか。
160304004.jpg
その他のキャストはというと、そうじ=清水圭(はぁ?)、かおりさん=ハイヒールりんご(……)、八千草先生=未知やすえ(あの可憐な八千草先生と「お前の頭スコーンと割ってストローで脳みそちゅうちゅう吸うたろけ!」のどこがリンクするのだろうか?)、ルミたん=小高紀子(これはまぁ悪くないような)、後藤熊夫=おかゆうた(だから大雑把な見た目だけでキャスティングするなと何度言わせる!)、ティディーボーイ団=ぜんじろう&ナインティナイン(この頃のナイナイっていいように使われてるなぁ)。
関西弁を隠そうともしないキャストたち、若々しさのかけらもない清水圭のそうじ、そして「いずこへ?」「……じゃ、あーりませんか」と、通常営業を臆面もなくかますチャーリー浜のトシちゃん。
原作レイプという言葉ではとても追いつかない目を背けたくなるような光景が、そこには広がっているだろう。
160304006.jpg
CGキャラを申し訳程度にぎこちなく動かして、それをインタラクティブムービーだとうそぶくのはフューチャー・パイレーツの毎度の手口。
その手法がもたらすもたもたギクシャクとしたCG寸劇で、原作のあのリズミカルに畳み掛けるようなギャグの洪水を再現できるわけもなし。
フューチャー・パイレーツによるすっとこCG寸劇、素を隠そうともしない吉本芸人、間が悪く挿入されるアレステッド・ディベロップメントの三重奏を前に、原作を知る者も知らない者も、ただ言葉を失うばかりであろう。
原作者が隠棲しちゃっているのをいいことに、フューチャー・パイレーツは『チキチキマシン猛レース』や『モンタナ・ジョーンズ』を超える、やりたい放題の陵辱を働いたのであった。

 


この記事に含まれるtag : キャラゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2462.html

2016/03/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Penthouse Interactive: Virtual Photo Shoot Vol.1】

   ↑  2016/01/15 (金)  カテゴリー: 3DO
160115001.jpg
ビンス・マクマホンにはテッド・ターナー、松下幸之助には井深大、ビル・ゲイツにはスティーブ・ジョブズ、豊丸には沙也加、好敵手の存在は常にそのジャンルや業界全体を盛り上げてきた。
そしてヒュー・ヘフナーにとって最大のライバルとなったのは、PLAYBOYに続けとばかりに創刊された国際的な男性誌のもう一方の雄、PENTHOUSEを立ち上げた怪人ボブ・グッチョーネ。
「史上最大のハードコアポルノ」の異名をとった怪作映画「カリギュラ」を作った張本人としても知られる人物である。
160115003.jpg
昔からミステリアスな隠者めいていたヒュー・ヘフナーに対して、ボブ・グッチョーネは脂ぎってエネルギッシュな実業家という印象。我が国においては角川春樹のイメージに近いであろうか。
そのグッチョーネも、元は画家志望者。映画製作のみならず、一時は原子力発電所事業にまで関わろうとした、ビジネスに対する闇雲な野心の原動力となったのは、もしかしたらそ"挫折した芸術家志望者"としてのコンプレックスだったのだろうか。
「カリギュラ」製作にまつわる一連のむちゃくちゃなエピソードには、彼のそんな側面が見え隠れしていたような気がしてならない。
160115004.jpg
PENTHOUSE誌がインタラクティブマルチメディアの世界に殴り込みをかけた、この『Penthouse Interactive: Virtual Photo Shoot』は、当時の看板ペントハウスペットだった、ボニータ・セイント、シーナ・ライアン、ティファニー・バーリンガムの三人を、ぱしゃぱしゃと撮影して後でにんまりとその静止画を眺める、この時期によくあった疑似カメラマンもの。
このゲーム内で、プレイヤーの撮影した写真を判定してくれるのが、なんとボブ・グッチョーネ本人。
160115005.jpg
なにせヌード写真には独自の哲学を持ち、PENTHOUSEを統括していたプロ中のプロであるグッチョーネ御大の厳しい審美眼だ。
プレイヤーが鼻の下を伸ばしながら、いい加減にシャッターを切りまくった写真を、どんな辛辣な言葉でで切って捨ててくれるのかと期待するところだが、このゲーム中のグッチョーネはマスオさん風の吹き替え声で、「いいねぇ、君の写真をもっと見てみたいなぁ」とか「うーん、もうちょっと頑張ろうね」などと、やたらとフランクで親切な反応を見せるばかり。
あんたって実際は絶対そんなフレンドリーなキャラじゃないだろ!
160115006.jpg
誌面のみならずビジネスからライフスタイルに至るまで、あらゆる面でヒュー・ヘフナーにライバル意識を燃やし続けた(さすがにヘフのひきこもり的生活は、性格的にマネできなかったようだが)ボブ・グッチョーネ。
それらはすべてヘフの後追いでもあったわけだが、ゲームの世界においては一歩先んじることに成功した。
もっとも参入した先が3DOというそそっかしさは、いかにもグッチョーネらしいところではあるが。

  

この記事に含まれるtag : おとなの時間 実写ゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2439.html

2016/01/15 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |