ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (カテゴリー: ニンテンドーDS

← 前のページ  total 11 pages  次のページ →  

【どこでもヨガ】チャクラを開いて煩悩を払え

   ↑  2014/10/25 (土)  カテゴリー: ニンテンドーDS
14102506.jpg
ジリアン・マイケルズのヨガとは名ばかりのスパルタ筋トレに音を上げたオレは、痛むヒザをさすりながらニンテンドーDSを片手によろよろと寝床に転がり込んだ。
アメリカ人にヨガを教わろうとしたことが間違いの元だった。連中はすぐ「筋肉を鍛えればエブリシングOK」という結論に辿り着きたがる。
ヨガっていうのは、もっと悠久のペースで心に平安をもたらし、やってるうちにチャクラが開くようなものであるはずだ。
14102503.jpg
そんなヨガの真理を学ぶことのできるソフトが、今DSに挿さっている。
コナミの『どこでもヨガ』。
ヨガとコナミというのも、一見ピンと来ない組み合わせに思えるかもしれないが、それは我々があそこを『パワプロ』だの『ときメモ』のの、一面的なイメージばかりでつい見てしまうからだ。
あそこにはコナミスポーツクラブという、ゲーオタにはあまり縁のないもう一つの顔がある。
日本中にフィットネスクラブを擁するトータル健康パートナー。ヨガやピラティスのソフトを監修するのに、これほど相応しいところが他にあるだろうか。
14102504.jpg
この手のフィットネス系ソフトは、テレビの大画面の前でインストラクターの動きに合わせてやるのがベストのように見えるが、どうしてこうしてDSもなかなか侮れない。
タイトルにある「どこでも」はダテではない。なにせ飛んだり跳ねたりしないヨガは、寝る前にベッドの上でちょっと鷺のポーズなんて軽い運動が可能だ。
そんな時に『どこでもヨガ』は絶好の伴侶となるだろう。就寝前に心を落ち着かせ血行をよくし、ついでにチャクラも開いて、その晩の快眠はもう約束されたようなものだ。
14102502.jpg
インストラクター代わりのモデルを務めてくれるのは、かおり、ゆりこ、なおこのヨガ美人三姉妹。
彼女たちのポージングは、3Dでぐりぐりとあらゆる方向から眺めることができて、ポーズの確認や正確なトレスに役立ってくれるだろう。
もっともポーズと角度によっては、とんでもなくあられもない格好となり、そんな彼女たちの姿に「座位」なんてスーパーインポーズが被さり、なおかつ背景にエロチックな花びら(本来は呼吸のタイミングを測るために表示されるものである)が浮かんだりすると、つい古いエロ本の四十八手体位集と見紛ってしまい、心に平安どころか煩悩で悶々としたりすることもあるが、そんなときこそ「ココロ」のヨガコース。
ムラダーナのチャクラにアプローチして煩悩を払おうではないか。決してさらにエロい角度を求めて、タッチペンをぐりぐりしないように。



この記事に含まれるtag : フィットネス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2186.html

2014/10/25 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【内田康夫DSミステリー 名探偵・浅見光彦シリーズ「副都心連続殺人事件」】

   ↑  2014/09/16 (火)  カテゴリー: ニンテンドーDS
14091607.jpg
探偵ってのはその性質上、基本的にいけ好かない鼻持ちならない性格であることがほとんどだ。
シャーロック・ホームズに始まって、エルキュール・ポワロにファイロ・ヴァンスなど、名探偵と呼ばれる者ほど、その傾向がだいぶ強くなってくる。
そういう一癖も二癖もある人物には、たいてい社会性があって人を立てることに慣れている、よくできた人物が、ワトソン役の名の下に傍らに付いているのが常だ。
そんな人たちの気配りもあってか、巷の名探偵たちは、いくら性格や人づきあいに問題があろうが、突拍子もない事件があったときのみに役立つ気の毒な人という扱いで、周囲から辛うじてその存在を認められているようなものだ。
14091602.jpg
逆に言えば、連中が事件に首を突っ込んで色々嗅ぎまわったり、鬱陶しい講釈を披露したり、挙げ句の果てには他人様をバカ扱いしたりするのは、性格の悪い奴の働く無礼という前提があるからこそ許されているようなもので、それを人当たりも悪くない苦労知らずな良家のぼんぼんがやると、かえってカドが立つことになる。そう、浅見光彦、お前のことだ。
プレイヤーの立場は歴史雑誌の取材でたまたま浅見光彦と一緒に仕事をするハメになったカメラマン。
ところが記事を書く担当のこのぼんぼんときたら、仕事とは全く無関係なエリートサラリーマン変死事件に、マッハの勢いで首を突っ込むのであった。
本音を言えば、相方の立場としては、「浅見さん。しょうもないことに関わってないで、とっととどうでもいい仕事を終わらせて、早いこと赤の他人の関係になりましょう」と諭したいところだが、ゲームはこちらの本音なんかお構いなしに、プレイヤーを巻き込んで勝手に事件解明に向けて突っ走りだすのであった。
これだからミステリってやつは! 警察が自殺だって言ってんだから、自殺で丸く納めときゃいいじゃねえか!
14091601.jpg
「名探偵の浅見光彦さんをご存知ないのですか? その活躍は内田康夫先生が小説として発表して広く世間に知れ渡っているのに!」などと、プレイヤーを強引に浅見光彦マンセーワールドに引きずり込もうとする登場人物のセリフに、こちらもつい「あなたはそんな高名な探偵なのですか!」などと、言いたくもないおべんちゃらを言わされるハメに。
これがホームズやポワロであったなら、「無知をこじらして死ぬ奴はいないから、まあいいよ」などと、嫌味ったらしく釘を差してきて、その傲慢な態度にこっちもネットで珍獣を見つけたときのように、今後のヲチの対象と割り切ることもできるが、このぼんぼんの場合は「いやいや、そんなことないですよ」と、(あくまでも表面上のみ)謙虚に否定するばかり。
苦労知らずのぼんぼんにそれやられたら、ポワロなんかとは比較にならないくらい腹立つんじゃ!
14091604.jpg
毎度のお約束で警察に任意で引っ張られ(巻き添え食ってこっちも!)、さんざん疑われた末に身元を調べられて、警察のお偉いさんの縁故と判明。慌てて下でに出る刑事たちというお馴染みのルーチンワークも、インタラクティブで体験するとよけいに腹が立ってくるもので、警察署の外で「いやあ、大変な目に遭いましたねえ」などと爽やかに語りかけてくる浅見光彦に、誰もが「ナチュラルに家族の威光を振りかざしてんじゃねえ、このクソぼんぼん!」と、その首を締めたくなってくることだろう。
「まあまあ、そのおかげにお互いに容疑が晴れたんだから、いいじゃないですか」 そもそもキサマが余計なことに首を突っ込まなきゃなあ!
14091603.jpg
人当たりがよく謙虚なその性格の向こうで、自然体でこちらの神経を逆なでしてくる。そんな世界一嫌味な名探偵の相方役は、西欧の嫌味名探偵のパートナー以上に、大人の対応を常に要求されるワトソン的ポジションを味わえる。
嫌味ったらしさこそが名探偵の条件であるとするならば、浅見光彦はポワロやヴァンスにまったくひけをとらない資質(だいたいこの人の場合は、無自覚であるからタチが悪い)であることを、プレイヤーはその理不尽な立場を通じて嫌というほど知ることができるだろう。
ちなみに内容的には西村京太郎や山村美紗サスペンスの流れを汲む、ニンテンドーDSミステリADVの文法に極めて忠実なゲーム。



この記事に含まれるtag : ミステリ D3パブリッシャー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2162.html

2014/09/16 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Wonder World Amusement Park】直輸入の縁日

   ↑  2014/08/14 (木)  カテゴリー: ニンテンドーDS
14081405.jpg
夜店で賑わう縁日は、夏休みの夜の中でもとびきり印象に残る光景だが、こういう子供の頃の思い出は洋の東西を問わない。きっとアメリカなどでは、それがカーニバルの体験になるのだろう。
オレは日本に居ながらにして、このカーニバル的な景色をちっちゃい頃に体験したことがある。
近所にある米軍基地では、夏の真っ盛りなこの季節に、友好祭と称して日本国市民を招き入れるイベントを昔から催していた。
今でも脈々と続き、近年ではとみに来場者が膨れ上がって、内容もそれなりに洗練されてきてはいるが、オレのガキの時分のそれは、とりあえず自分たちの知っているお祭りをやればいいんだろとばかりに、いかにも本国のカーニバル直輸入的な催しが今以上に目立っていたのだった。
風船ダーツ割り、バスケットゴール、蹄鉄投げ、ミルク瓶シュート。 そんな異文化のお祭り屋台をそのまま持ち込んできたようなアトラクションをはしごし、アメリカ版ゼリコみたいな得体の知れないお菓子を景品に貰って、合成着色料で口の周りをド派手に染めながら、オレたち馬鹿ガキどもは、一夜限りの"アメリカの子供"気分を満喫したのだった。
14081401.jpg
もっともゲームコーナーで、両替した25セント硬貨をテーブル筐体に放り込んでSNKの『与作』を遊んでいたときは、「なんでアメリカに来てまでわざわざ『与作』を? というか、なんでこのゲームコーナー、『与作』しか置いてねえんだ!?」と、さすがに疑問を感じたりしたが。
怪しげなマペット使い、即席のピエロ、なぜかボディビルを披露するマッチョな黒人。異文化の香りが直輸入されたそれらの光景は、日本の縁日とはまたひと味違った強烈な一夜限りの特別な夜であった。
今でも友好祭に足を運べば、その雰囲気の一端を味わえることができるが、しかしこういうものは、ガキの頃の目線と大人になってからとでは、また受け取り方や感じ方が変わってきてしまうのは、やはりお祭りの縁日と同様だ。
14081402.jpg
お祭りの縁日やカーニバルのアトラクションをテーマにしたミニゲーム集なんてのも、これまた洋の東西を問わずしつこくリリースされている定番だが、近年ではニンテンドーDSとWiiの周辺がそれらの草刈り場になってるのも、またまた日本もアメリカも同様だ。
山ほどリリースされているカーニバル風ミニゲーム集の中でも、合成着色料山盛りお菓子的なイメージがもっとも強いパッケージなのが、B級ゲーム御用達メーカーMajescoから出ている『Wonder World Amusement Park』。
案の定、DSとWiiにまたがっての発売で、Wii版は登場キャラクターにMiiアバターがアレンジされているようだが、DS版に登場するのは普通のオリジナルキャラクター。
14081404.jpg
おじいちゃんに連れられてやって来た不思議なカーニバル(ここの支配人はおじいちゃんが子供だった頃から年を取っていないらしい)で、モグラ叩きやバルーンダーツ、ハンマーゴングや輪投げなど、カーニバルアトラクションの数々をタッチペン操作で片っ端から遊び倒してゆく、まあベタと言ったらベタな内容。
スコアによって入手できるチケットを貯めて、新しいアトラクションを一つずつアンロックするシステムもひねりもなんにもない常道だけど、そもそもカーニバルや縁日というのは、ひねりが入ってよそと違うものだったらむしろ困ってしまうもんで、このソフトもベタと承知しながらも、夏休みの定番と割りきって受け止めるべきなのだろう。

<海外版>



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2143.html

2014/08/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【SuperLite2500 女子高生逃げる!心霊パズル学園】

   ↑  2014/03/02 (日)  カテゴリー: ニンテンドーDS
14030205.jpg
パケ裏の「決して一人では遊ばないでください」というサスペリアもろパクリのコピーに、DSを手に「これでどうやって二人で遊べって言うんじゃあ!」と、つい喧嘩腰になってしまうのは、思い切りパッケージ詐欺にやられたからです。実写ゲームじゃないのかよ、これ!
同じサクセスの『ソロエルパズル 童話王国』を、ガワだけ取り替えてしれっと市場に再び送り出した、この『SuperLite2500 女子高生逃げる!心霊パズル学園』。
14030203.jpg
ファンシーキャラによるほのぼのパズルゲームというオリジナルコンセプトに見向きもしなかったこちらを惹きつけたのは、タイトルとパッケージが醸し出す心霊ホラー系Vシネマテイストだったのですが、本編の冒頭を飾るパッケージの印象とはまったく合致しない二次元絵と、その一枚絵を貧乏くさく使い回したイントロダクションに、こちらは早くも一杯食わされたことを悟るのでした。
仲良しJk三人組が、取り壊しが予定されている旧校舎の探索に繰り出すというイントロも、ゲーム本編が始まってしまえば、ほぼ有名無実。
悪霊パネルを揃えて消して結界を張るなんて建て前のパズルですら、一体の幽霊につき十回のパズルクリアを要求されるイベント絵の節約っぷりには、オカルト心霊の類とはまったく違うベクトルの理不尽感しか生み出しません。
14030204.jpg
そしてそのパズルのクリア条件も、マス目を70%塗り替えろが、80%、90%と徐々につり上がってゆく、小出しを積み上げたちっとも心躍らないタイプ。
事実上まったく同条件なパズルの繰り返しに、再びオカルト的なそれとはまったく性質の異なる不条理感にとらわれることになるでしょう。
パズルの制限時間を、幽霊に憑依されるまでの距離に例えた設定は、この再生商品の数少ない評価できる部分。
無粋な時間表示やタイムバーの代わりにあるのは、、無表情で少しずつこちらににじり寄ってくる幽霊。
その幸薄そうな顔が限界ギリギリまでこちらに迫り、パズルの煮詰まりがそれに重なったときなどは、思わず「うわわ、やべえよ、やべえよ、ちょっとこっち来んなよ!」なんて悲鳴をあげそうにもなりますが、そのパターンがさすがに連続十回も続くと、最後の方はこっちも「憑依したければ勝手にすれば?」と、ゲームの成否に対していいかげん投げやりなモチベーションになってきます。
14030201.jpg
『女子高生逃げる!』というタイトルに反して、ちっとも逃げない女子高生。というかちっとも出てこない女子高生。
心底どうでもいいスレッドに、やたらと扇情的なスレタイを載っけたりり、ぬるいエロ動画にめちゃくちゃ過激なタイトルをつけるやり口を、そのまま頂いてきたかのような商法。
パッケージのお姉ちゃんが、「いやーーーーー!」と叫びながら、暗い校舎の中を逃げ惑う絵面を期待していたこっちこそいい面の皮だが、とにかくこの頃のSuperLite2500は、フランス産の良質パズルゲームに『SuperLite2500 BRICKDOWN ブロックくずしのフランス革命やぁ~!』(原題は『Nervous Brickdown』。もちろんナーバスブレイクダウンにかけたタイトルである)なんて意味不明なタイトルをかぶせたりするなど、モノを普通に売ることを忘れたプチ暴走を繰り返していたのでした。



この記事に含まれるtag : ホラー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2043.html

2014/03/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【TRICK DS版 ~隠し神の棲む館~】

   ↑  2014/01/21 (火)  カテゴリー: ニンテンドーDS
14012115.jpg
フィナーレを飾る劇場用映画、「TRICK劇場版 ラストステージ」も公開がスタートし、関連本なども登場するなど、最後の盛り上がりを見せているトリック界隈。
その唯一のゲーム化作品は、原作ドラマ付きの推理ADVが乱立したニンテンドーDSから。
2010年という、推理ゲームフィーバーも一段落し、DSの市場自体が大きく収縮しつつあった時期に発売されたために、ちょっぴり不遇を囲ってしまったが、やっつけのいい加減なゲームが目立つ原作付きADVの中では、フロムソフトウェアの金田一耕助シリーズと並んで、数少ない良質な作品だ。
14012110.jpg
開発は神宮寺三郎シリーズで推理ADVには定評のあるワークジャム。
ストーリーは完全オリジナルだが、過疎の村で持ち上がる呪われた館騒ぎ(人食いピアノに人食いカーテン)に、それをきっかけに起こるインチキ霊能者の連続殺人と、「TRICK」シリーズのツボはしっかりと押さえてある。
原作ドラマ出演者たちの実写や声の出演はないけれど、それぞれのキャラクターは、しっかりとイメージ通りに再現され、その掛け合いもお馴染みなドラマの「TRICK」そのままだ。
奈緖子と上田のテンポ抜群なやり取りも、プレイヤーの脳内で自然と仲間由紀恵と阿部寛の声に変換されることだろう。
14012111.jpg
通常のADVパートで証拠となる各種カードを収集し、推理モードでこれらを組み合わせてインチキの数々を暴く(カードの組み合わせ次第で、正解やとんちんかんな推理が浮かび上がる)、どことなく逆裁ライクなシステムも、「TRICK」の世界には、なかなか相性がいい。
プレイヤーの立場はもちろん奈緖子。一つまるっと真実をお見通しして、上田の顔をなんとか立ててやろうではないか。
ゲームとしての難はボリューム不足とインターフェイスが煩雑なところ(特に移動周り)。「TRICK」の版権モノとしての難は矢部の出番が少なすぎること。
逆に言えば、これしか粗が見当たらない、推理ADVとしても「TRICK」のゲーム化としても、非常に丁寧に作られた一作だ。



この記事に含まれるtag : ミステリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2016.html

2014/01/21 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |