ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (カテゴリー: XBOX ONE

← 前のページ  total 27 pages  次のページ →  

【Homefront The Revolution】レジスタンスの浮かばれない抵抗

   ↑  2016/12/27 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
161227005.jpg
青いカラーを旗印とする我らはレジスタンス。
と言ってもIngressの話ではない。その目的はこの国に自由を取り戻すため。
そして憎き敵は我々の郷土を蹂躙する冷酷な北朝●軍と、それに魂を譲り渡した裏切り者たちだ。
「ビッグ・ウェンズデー」や「地獄の黙示録」で知られる映画脚本家のジョン・ミリアスがプロットを担当したことで前評判を集めたFPS大作『Homefront』。
161227002.jpg
やはりミリアスが監督脚本を手掛けた「若き勇者たち」でも顕著だった、「アメリカを覆っているこの現状がリセットされるならば、いっそいったん外国にでも占領されちまえばいい」というミリアスの歪な理想が、より親和性の高いゲームというフィールドでさらに悪趣味にハジケまくっていた2010年作だった。
もっともその一点を除いては、シュータとしてはそれほど観るべき特徴を持たなかったのも事実で、アクティbジョンの『CoD』やEA『BF』シリーズに対抗する、自社のFPS主幹ブランドを目論んだTHQの思惑は大きく外れることとなった。
161227006.jpg
そしてTHQの崩壊と共にいったんは埋もれたこのブランドとプロットを復活させたのは、THQタイトルの落ち穂拾いに余念がないDeep Silver。
Deep Silverの代表作と言えば、ゾンビサバイバルゲーム『Dead Island』。
プロットだけをざっくりと頂いてきては、それをさらに悪趣味に徹して仕上げる、まるでイタリア製ゾンビ映画のような山師丸出しの手口は印象深かったが、同社はそのやり口を復活ホームフロントでも、まんま踏襲してきた。
161227001.jpg
その類型っぷりにうんざりさせられる登場人物。泥縄式にだらだらと引き伸ばされるどうでもいいストーリー。目の前に放り捨てられるように雑然と提供されるミッション。
エリア間で分断させられているために、ちっともオープンワールド感が生じてこない舞台。カップラーメンができるどころか、コンビニまで買い物に行けそうなくらい待たされるローディング。
ゲーム全体の構成やシステムを含めて、何から何まで『Dead Island』生き写し。
2010年の『Homefront』がハリウッド映画(の傍流)ならば、この『Homefront The Revolution』はイタリア製のパチモノ続編にあたるような作品。
161227004.jpg
だけどいただけないのは、イタリア製パチモノならば本来さらにマシマシにすべきはずのバッドテイストが、逆にとことんトーンダウンしちゃっていることだ。
北朝●軍の残虐さ、ミリシアの刹那っぷり、敷き詰められた死体の中に潜り込んで身を隠す、白リン弾の悪夢など、オリジナルの『Homefront』は胸焼けするようなブルータル描写を嫌がらせのようにとことん盛り込んできたが(いかにも黒ミリアスの影響を感じさせる)、『Homefront The Revolution』はその辺がすっぽりと欠落してしまっている。
161227003.jpg
そうなると否が応でも目立ってしまうのが、この点では『Dead Island』よりも当社比200%増しになってしまった作り込みの甘さ。
ほぼ半完成のまま市場に揚げてしまったあとの、バグ続発とそれにガムテープを貼りまくって対応するかのような後始末は、いったんは埋もれたホームフロントというIPが、引き揚げと同時にロープが切れて再び沈んでいってしまったかのような顛末と相成り、ミリアスの歪んだ被征服の欲求も浮かばれないまま終わってしまうのであった。

*関連記事
【Dead Island】地獄にいちばん近い島

 

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2587.html

2016/12/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 3】Blizzard Mountain

   ↑  2016/12/15 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
161215006.jpg
本格的な冬の到来だ。
雪にはめったに縁のないこちらでも、休日のオートバックスはスタッドレス履き替え作業の順番待ちで慌ただしい。
しかしホライズンフェスティバル真っ最中のオーストラリアならば、そんな待ちぼうけは無用だ。
お調子者の専属エンジニアが、あっという間にスノータイヤを用意してくれるだろう。
そう、オーストラリアもいよいよ冬本番。
南半球のオーストラリアは、いまは夏真っ盛りだろって? いくら夏だって山の方に行けば雪も積もるし吹雪もおこるんだよ。実際そうなってんだからしょうがねえだろ!
161215001.jpg
「よう、ボス、ちょっと来てくんない?」
そんなカジュアルな一言と共にヘリコプターで拉致されてきたのは、オーストラリア有数の常時厳冬の地、ブリザードマウンテン。
前作『Forza Horizon 2』の拡張パック、ストームアイランドも地理的には相当謎の場所だったが、ここの存在のミステリアスさは遥かそれ以上だ。
161215004.jpg
太陽照りつける荒野から一転白銀の世界へ。
そして山の天気は変わりやすい。ちょっと前までは一面の雪が陽の光を明るく照り返していたのに、いまは猛吹雪。
見ているだけで凍えてきそうなシチュエーションで幅を利かすのは、荒野ではぶいぶい言わせていたコクピット剥き出しのバギーや、狭っ苦しいハイエンドスポーツカーなんかじゃない。
見るからにエアコンの効きそうな密閉性と、広い視界を兼ね備えた四駆だ。
161215003.jpg
シャリシャリと音をたてるアイスバーン、舗装道路を包む雪煙など、きめ細かい厳冬描写の一方で、ノーマルタイヤで繰り出してもなんとかなってしまうカジュアルな路面コンディションは、ちょいとばかり物足りない一点だが、それを補って余りあるのは、やはり好みのドライビングで自由気ままに臨めるオープンワールドの雪国道路の魅力だろう。
『Dirt』シリーズなど雪道が出てくるクルマゲームは数多いが、レーシングゲームというジャンルにどっかり根を下ろしてしまったそれらでは、こればっかりは代替できないオンリーワンのチャームポイントだ。
朝、昼、夜、晴れ、雪、吹雪、あらゆるシチュエーションを走っていると、レガシィを転がして休みのたびにスキーに行ってた遠い昔の記憶がついフィードバックしてくる。
スナップさせたメディアプレイヤーから、かの香織が流れてきたら、もう完璧だ。これだけで個人的には拡張コンテンツの代金2160円を払った価値がある。
161215005.jpg
荒れ狂う吹雪に雪がフロントガラスに叩きつけられる描写は、本編のとき以上に『Forza Horizon 3』のコクピット視点の秀逸さを再認識させてくれる。
夜だったらヘッドライトのわずか先ですら見えやしない。現実に直面したら泣きが入るしかない運転コンディションも、どこかウキウキしてくるのは、これがホライズンだからだ。
制御不能になって雪だまりに突っ込んでも、リワインドボタン一発ですぐに抜け出せる。
だけど雪道なんかお構いなしに対向車線をかっ飛んでくるドライバター車にスリルと恐怖を感じたいならば、やはりちょっとぐらいは慎重な運転を心がけたほうが楽しいのかもしれない。
しかし楽しみ方はドライバーそれぞれ。『Forza Horizon 3』最初の大型拡張パックは、そんな気の抜けない雪道への誘い。
乾いた荒野から一面の銀世界への移動コストは、拡張パック代金と、それなりののローディング時間だけだ。

 

この記事に含まれるtag : Forza レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2583.html

2016/12/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【The Wolf Among Us】現代的に正しいおとぎ話

   ↑  2016/12/11 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
161211007.jpg
おとぎ話の世界はしごく単純だ。そこでは道理も幸福も常に分かりやすく相対化される。
だけど世俗にまみれてしまっては、そうは単純にはいかない。
フェイブルタウンは現代社会の片隅にひっそりとある、おとぎ話の登場人物がその姿を変えてひっそりと住まう場所。
だけど現実での暮らしは、かつて呑気に過ごしていたおとぎ話の国と違って楽なもんではない。
人魚姫は売春宿に身を沈め、豪奢な暮らしが忘れられない美女と野獣は、連れ込み宿のフロント係の収入を家賃の足しにしている。
161211001.jpg
かつては英雄扱いされていた"赤ずきん"の猟師も、この世界ではすっかり酔っぱらいの穀潰しだ。
ではその猟師に煮え湯を飲まされた悪い狼は?
彼の名前はビグビー。今ではフェイブルタウンの"シェリフ"として、寓話の人々の秩序や掟を守るために、ドブに手を突っ込むような仕事に忙しい。
色んなおとぎ話にまたがって畏れられた悪い狼には相応しい稼業かもしれない。
だけど猟師や三匹の子豚に、いつまでも過去のことでグチグチ絡まれるのだけは、ホント勘弁してほしいところだ。オレがお前の家を壊して兄弟を食っちまったのは、はるか昔の話じゃねえか。
161211002.jpg
現実社会は世知辛い。そして寓話の世界と違って物事は常に複雑に入り組んでいる。
日々の生活とフェイブルタウンの掟に挟まれて鬱屈を溜めこんでいる住民たちを相手にするのは楽じゃない。
リュウ・アーチャーやアルバート・サムスンよりも、はるかにハードボイルドな毎日だ。
そこに舞い込んできた一大事件。事の起こりとなった売春婦の生首は、ご丁寧にもビグビーのアパートの前に転がされていた。
そしてそれをきっかけにビグビーは、フェイブルタウンの闇にうごめく歪んだ現実と否応なしに向き合ってゆくことになるのであった。
161211005.jpg
ビル・ウィリンガムの人気コミックと、前作『Walking Dead』でインタラクティブストーリーテリングの手法確立させたTelltale Gamesのコラボレーションは、ちょっぴり奇妙ながらも正統派のハードボイルドミステリ。
鋭い牙と光る眼、寓話の狼の本性を内に抑え込みながら(それが開放されるのは、主にQTEパートだ)、ビグビーが向き合うのは、社会の深淵とその汚濁。そしてそれに振り回され囚われ続ける人々の哀しみ。
この一見猟奇的な連続殺人事件がビグビーの下に転がり込んできたのは、決して偶然ではない。
おとぎ話でさんざん悪さを繰り返してきたビッグバッドウルフは、誰よりも人の心の痛みや呻きに敏感な男なのだから。

<国内ストア未発売>

 

この記事に含まれるtag : ミステリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2581.html

2016/12/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Tiny Troopers Joint Ops】ちまちま戦争賛歌

   ↑  2016/11/14 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
161114007.jpg
見下ろし型のオールドスクールなフィールド上で展開されるは、可愛いSDキャラたちのマチョイズム。
往年の名作『Cannon Fodder』リスペクトのチマチマ系全方位シューティング。
SD兵士たちを引き連れて臨むのは、半死半生の敵たちの可愛い断末魔が響き渡る非情な戦場。
このクルエルワールドにおいては、辺りをうろうろする民間人は単なる巻き添えの対象だ。まあ流れ弾でおっ死んでも、ペナルティスコアは微々たるもんだしな。
161114005.jpg
もっとも非情なのは自軍兵士も同等だ。
プレイヤーキャラとはいえしょせんは生身の兵士。地雷を踏んだり戦車砲の直撃を食えば、たちまちにキャノンフォッダー(砲弾の餌食)となりお陀仏だ。
ステージクリア後には蘇生のチャンスもあるが、それに必要なメダルに限りはあるし、それに一兵卒の代わりなんざいくらでもいる。
無事全ミッションをクリアして流れるスタッフロールの最後に踊るのは、無念の戦士を遂げた兵士たちの名前。
ありがとう。諸君の犠牲によってゲームのクリアはもたらされた。
161114001.jpg
手榴弾、バズーカ、空爆。Yボタンで要請できる各種物資は、手っ取り早いクリアを目指すなら不可欠な支援だ。
しかし時間が有り余っているのならそれらも必要はない。小銃でちまちまHPを削っていけば、戦車だろうがトーチカだろうが破壊できないことはない。
広めのマップにルート選択の戦略性……、は特にない。とにかく行き当たりばったり進んでいけば、なんとかなる。
一つのステージも短め。この極端なまでのテンポのよさは、いかにもモバイルゲーム畑の流儀。
161114002.jpg
盛り上がりが皆無の淡々とした流れは、オールドスクールって言葉で割り切るにはちょっとばかりツラいものがあるかもしれない。
それを補うかのように、Xbox One版のみに収録されているのは、押し寄せるゾンビの群れを撃退するホードモード。
もっともこれとて間延びした展開が思い切り足を引っ張って、作業感ばかりが先に立つ造りだが。
161114004.jpg
なにかとテーマやメッセージ性を付与しなければバツが悪い最近の戦争ゲーム風潮の真逆を行く、無邪気な無邪気な戦争讃歌。
突き進む兵士は消耗品。機数制限なんて野暮なSTG的縛りはない。後から後からいくらでも補充できる。
そしてオレがアバウトにコントローラースティックを倒している限り、兵士たちはどいつも勇敢で命知らずだ。
戦争ゲームが無邪気でいられた時代への郷愁混じりの回帰。それ以上でもなければそれ以下でもない。
ちまちま兵士たちのちまちまとした活躍に過度な期待は厳禁だ。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2572.html

2016/11/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Need for Speed: Rivals】オレたちレッドビュー群野良警察

   ↑  2016/11/10 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
161110009.jpg
『ニード・フォー・スピード ライバルズ』は走り屋と警察、二つの立場を自由に選択できるゲーム。
犯罪者。その立場は人生を棒に振る気があればいつでもなれる。ましてやちんけな道路交通法違反ならなおさらだ。
だけど権力のもとに正義を行使する立場には、なろうと思ってもそうそうなれるもんじゃない。
ならばデジタルの仮想現実世界でチョイスすべきは、もちろん後者の方だ。
というわけでレッドビュー群警察に志願します!
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」
161110006.jpg
レッドビューカウンティの公道は無法地帯だ。
そこは走り屋映画を真に受けたバカどもが、改造した高級スポーツカーで違法走行の限りを尽くしている。
この度を越したYou Tuberたちに、正しい公道の走り方と権力の怖さを徹底的に叩き込んでやるのが、ハイウェイパトロールであるオレの仕事だ。
道路の向こうに、対向車線に、周囲の危険など顧みず迷惑な暴走をするスティングレイやベルリネッタやフォードGTの姿を見るやいなや、オレはサイレンのボタンに手をかけ、堂々と権力の行使を宣言する。
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」
161110003.jpg
停まれと言って素直に停まるようだったら警察は要らない。
オレたちとの追いかけっこを待ち望んでいたかのように、エナジードリンクの飲み過ぎでアタマがイカれたバカどもは、アクセルをさらに踏み込んで限界までスピードを上げる。
レクサス、GT-R、カレラGT、我々にも高性能パトカーが配備されてはいるが、限界までチューンナップを施した連中のスーパーカーにスピードでは敵わない。
しかしこちらには公の使命を共にする心強い同僚たちがいる。
本部からの応援要請に続々と駆けつける仲間のパトカーたち。サイレンをけたたましく鳴らし、時には先回りして待ち構えながら、自己顕示欲に取り憑かれたスットコドッコイどもをじわじわと追い詰める。
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」
161110001.jpg
レッドビューカウンティはEAのサーバーにある街。
アクセスすれば、そこに散らばるのは世界各国から集まったパトカー警官と走り屋たちの姿。
だが好き勝手な走り屋と違って、秩序のために尽くす我らには、たとえ野良プレイヤーの集まりと言えどしっかりとした連帯感がある。
今日の獲物はあのふざけた走りを繰り返すマクラーレンP1だ。
バカッ速いクルマだが、オレたちにはしっかりとした連携と、警察だけに与えられる各種装備がある。
最後にべそをかいて「点数ヤバいんですよー」と泣き言を訴えるのは、マクラーレンのドライバーの方だ。
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」
161110004.jpg
同僚の進路の前に誤ってスパイクベルトを投下。道路封鎖バリケードにダマになって突っ込むのはパトカーの方。巻き添えを食う一般車両。しまいにはパトカー同士で正面衝突。ボイチャから響き渡る「ファーーーーック!」の怒声。
しょせんは野良の集まり、連鎖する大惨事。気づけばレッドビューカウンティ中に交通パニックを引き起こしているのは警察の方。
だからこそ苦労と惨事の末に暴走車両を逮捕に追い込んだときの爽快感は格別だ。
「こんなオレたちに捕まるとはとんだマヌケ野郎だな! さあ、免停どころじゃ済まねえぞ!」
オレたち、レッドビュー群警察交通課。秩序の維持のためなら交通事故件数が数十倍にハネ上がることも厭わない。
今日もアバウトな連携で、フザけた走り屋どもを地の底まで追い詰めるぜ。
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」

 

この記事に含まれるtag : レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2570.html

2016/11/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |