ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (カテゴリー: Android

← 前のページ  total 13 pages  次のページ →  

【Shoooji】書道で心を豊かに

   ↑  2017/06/11 (日)  カテゴリー: Android
170611005.jpg
とにかく落ち着きのない子供だったオレの行く末を案じたのか、両親が無理やり通わせたのは、とある書道教室だった。
もっとも、そこの先生は自分の気になるテレビ番組があると、生徒たちに勝手に課題をやらせて自分はテレビに見入っているという、とんでもない爺さんだった。そのくせ生徒がちらっとテレビを盗み見すると怒るのだ。
そんな書道教室だからして、落ち着きなんてものが身につくはずは当然なく(だいたいサウスポーに毛筆習字をやらせようってのが、そもそもの間違いだ)、オレは字なんかそっちのけで、前の席に座るN君の絶壁頭が気になって気になってしょうがなかった。
170611003.jpg
「この見事な絶壁を叩いたらどんな音がするのだろう?」
そんな誘惑に負けたオレは、ある日ついに文鎮でN君の後頭部をコツンと叩いてしまった。
N君は当然大泣きし、オレは「いや、絶壁だったから……」とワケの分からない弁解に終始し、その一言でN君はさらに大泣きし、結局オレはその教室から退校処分となってしまった。
その後、保護者間で「文鎮で友だちの頭を思い切り殴打した」という誤った情報が流布し(誓って言うが、せいぜい仏壇の鐘を鳴らす程度の強さで叩いたのだ)、オレはしばらくの間、えらく肩身の狭い思いをしたのであった。
170611001.jpg
習字に関しては、もう一つ苦い思い出がある。
小学校での書道の授業。教師から「自分が思いついた好きな言葉を、のびのびと書いてみなさい」と指示を受けたオレは、墨痕も鮮やかにでかでかと"ち×こ"の文字を描いた。
これを見て激怒した教師は、もう今だったら大問題になってそうな勢いでオレのアタマを数発どついたあと、授業が終わるまで教室の隅で正座を命じた。
そんな習字にまつわる体験を思い出しているだけで、自分のインテリジェンスの欠如ぶりに頭痛がしてくる。
170611004.jpg
しかしそんな救いのかけらもないガキだったオレも、今やそれなりに分別のある大人だ。
書道が目の前にある絶壁頭を衝動の赴くまま文鎮で叩く行為ではなく、心の中のある様を筆に乗せて清然としたためるものだということは、いい加減ちゃんと理解している。
饐えた匂いのする習字道具は手元にないが、その代わりにAndroid端末と、わざわざ墨を擦る動作までをもフィーチャーした書道アプリ『Shoooji』がある。
心を落ち着かせながら右指をタッチパネルに擦って(墨を擦って)、さあ、豊かで平穏な心のあるがままの言葉を書くぞ!














170611002.jpg






(部屋の隅で正座中)

 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2651.html

2017/06/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ingress】ローソンビーコンを消せ!

   ↑  2017/05/18 (木)  カテゴリー: Android
170518007.jpg
16日の朝、全国のチェーン店舗の頭上に一斉に輝いた、その名もローソンビーコン。
これの点灯期間中は、当該ポータルのアイテム出力が2倍になる新たなタイアップイベントだ。
1箇所における1日あたりのハック上限数は630(ろー、そん)。この数字に達するとビーコンは消滅し出力数も通常に戻ってしまう。
つまり630は目標の数値。暇を持て余していることでは人後に落ちないIngressエージェントたちは、"ローソン討伐"の旗の下、全国各地で次々とこの数字にチャレンジを開始した。

だがポータルは一定のハック数でオーバーヒートし長い冷却時間を要する。たとえ累計と言えど630回のハックは簡単な数字ではない。
その高いハードルを乗り越えて、あちこちからローソンバーンアウト成功報告が次々と挙がってくるとあっては、やはり手をこまねいているわけにはいかないだろう。
とにかくやってみよう。やってみたらなんとなくできちゃうかもしれない!

そんな薄弱な動機にも、もちろん根拠となる遠謀深慮たる作戦があった。
【ローソン攻略作戦】
一、とにかく集められるだけ人数を集める。
ニ、ハック回数を増幅させるマルチハックModのベリーレアを限界まで突っ込んで、あとはキャンペーン対象商品の伊藤園のお茶を飲みながらひたすらハックハックハック。
三、そうしているうちに多分達成できるんじゃない?
これでとにかくやってみよう。やってみたらなんとなくできちゃうかもしれないじゃん!?

達成に必要な人数や時間の初歩的な計算すら怠るこの作戦が行き詰まるのは時間の問題であった。
このあたりのレジスタンスAGを集めるだけ集めてのチャレンジを阻んだのは、やはりポータルのハック制限。
これを解除するためには、一度ポータルが破壊された後にヒートシンクを入れて制限をリセットするという手段があるが、それをレジスタンスだけでやるのは、かなり困難な話だ。……ん? レジスタンスだけでやるのは?
……そう言えばこの近辺に、まだ招集のかかってないエージェントがゴロゴロいたではないか!

「ちょっとツラ貸せや、おう!」
こちらが飛ばしたメッセージに、近所で暇を持て余していたエンライテンドAGが食いついてきたのは、あっという間のことだった。
「オレのツラのレンタル代はツタヤの新作2泊3日より高いぞ、コラ!」
レジスタンスとエンライテンドと言えば、B.O.S.とエンクレイブ、あるいは清兵衛一家と丑寅、もしくはキャピュレット家とモンタギュー家なみに相容れない者同士。
なにせIngress関係のSNSでは陣営性を強調して両者の対立をことさら煽ることに自我を見出す連中がうじゃうじゃいるときている。
その両陣営が相対すれば、そりゃローソンの前はたちまち愛徳高校と城東工業の生徒同士が顔を突き合わせたような険悪な空気となるのであった。

「お前らの前でポータルを青くテカテカ光らせているのはスゲえ気分がいいぜ!」(ここ焼いていただけたらこちらがベリーレアModを入れ直すので、一緒に補給しつつ630達成目指しませんか?)
「いつものように残さず焼き払ってやるから、吐いたツバ呑み込むんじゃねえぞ!」(ラッキー! ちょうど弾が切れかかってたんですよ)
川島さんや須賀さんが思わず目を覆いそうな悪罵の応酬の後、攻撃を受けてたちまち白に戻るローソンポータル。
「なにいちびったことしてんねん、ボケエ!」(ありがとうございます! じゃあいったんリセットします)
「いちびってんのはおまえらのほうじゃ、カス!」(どういたしまして。じゃあ頑張って630ハックをめざしましょう!)

両陣営、城東のテルのようなメンチを切り合いつつ、それでもポチポチとスマホをいじる指だけは止まらないローソン前。
そして時刻は22時25分。XMゲージの減衰と共になんの前触れもなくフッと消えるローソンビーコン。
「お前らに呆れて高島店長がビーコンのスイッチ切っちゃったじゃねえか!」(おーーーーー!)
「対象製品のおにぎり全部買い占めてからエラそうなこと言え!」(やったー!)
ローソン脇の喫煙所に響き渡る歓声。……もとい、怒号。
レジスタンスとエンライテンドの犬も食わない対立の煽りを食って、ローソンバーンアウト見ごと達成。
これでこの地域の面目はなんとか立ちました。皆さんおつかれでしたー!
「この勢いで明日もやるぞ!」
「え!?」

 

この記事に含まれるtag : イングレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2640.html

2017/05/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ingress】オペレーション・ポータルリコン

   ↑  2017/04/14 (金)  カテゴリー: Android
170414001.jpg
茨城県の片田舎にある、平野の中にぽつんと建つ火の見櫓。オレの生活においてまったく縁などなかろう場所だ。
その鉄製の火の見櫓の調べられる限りあらゆるすべての情報を、オレは何故だかくまなくチェックしている。
ポータル、エキゾチックマターが湧き出すパワースポット。それは歴史的な由来がある場所や地域のシンボル、個性的な建物やモニュメント、人々が集う場所などに現れる。
そしてこの今まで見たこともない火の見櫓が、果たしてそのポータルに相応しい場所かどうかの判断が、今このオレに委ねられているのだから。
170414002.jpg
一昨日の朝、全国のレベル15~16エージェントのもとに一斉に送られてきたナイアンティックからのメール。
それはOperation Portal Reconへの招待状。
全国津々浦々から申請されたポータル候補。その妥当性を在野のエージェントに採点させる新たな試みだ。
もちろん誰もかれもが無責任に審査に加われるわけではない。
プロジェクトへの参加希望者が潜らなければいけないのは、ポータルリコンへの正しい知識があるかを判定するトレーニングテスト。
「この年になってテストですかあ!? うわー、カンベンしてくださいよお!」と頭を抱えたのは言うまでもない。

もっともこのテスト、知識というよりは、Googleアースやストリートビューなど、与えられた判断材料を細かくチェックする手間を惜しまないかを試されている感が強い。
写真をパッと見ただけで、「はい、これは○、これは×」と、アバウトに選別するような輩はお断りというわけだ。まぁそりゃそうだろう。
170414003.jpg
そして無事テストを通過したオレの下に送られてくる、申請されたポータル候補地の情報。
それらに加えて周辺の地勢や郷土史など、さらに調べられる限りのあらゆる情報を入念にチェックし、熟考の末に候補に採点をつける。
もっともこっちに判断のツケが回ってくるような場所ばかりだ。
フェンスの上にちょこっと盛られたオブジェ、近所の人間がいい加減に建てた鳥居、雑木林に埋もれてなんだか分かんないとこなど、「いや、ちょっとそれは……」な物件ばかりが、やたらと多いのは致し方ない。
きっとナイアンティックも、こんなのばっかチェックするのが面倒くさくなって、こっちに丸投げしてきたってのが、この企画のホントのところなのだろう。

トンネルの入り口に貼られた小さいレリーフ。「こんなもん申請してんじゃねえ!」と問答無用で刎ねたいところだが、周りを詳しく調べてみるとポータルがまったくない過疎地帯。
きっと申請した人も、なんとかポータルを生やしたいのだが、それに相応しい場所が見当たらずに無理くりこんなとこをひねり出したのだろう。
インテルマップを使って周辺一帯のIngress情勢をチェックし、このポータルがスカスカな地域にいるエージェントの普段の活動に、つい思いを巡らしたりする。
170414004.jpg
ここに一つ新しいポータルができるだけで、その人たちのイン活にどんな変化が訪れるだろうか。
それを考えると無下に弾くわけにもゆかず、「どうしようかなー……」とPCモニターの前で、またしばし悩むことになる。
ポータル条件の原則を四角四面に守るだけじゃなくて、こんなエージェントでしか理解や把握ができない事情なんかを反映させる目的もあるんじゃないかなあ、なんてことをぼんやり思ったりしながら、オレは群馬や静岡や大分の、まったく見知らぬ片田舎の土地について、あれこれアタマを楽しく悩ますのだった。

 

この記事に含まれるtag : イングレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2628.html

2017/04/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Pinball Arcade】No Good Gofers

   ↑  2017/02/26 (日)  カテゴリー: Android
170226001.jpg
2014年に逝去した「ゴーストバスターズ」の中心人物、ハロルド・ライミスの監督デビュー作「ボールズ・ボールズ」はゴルフがテーマ。
伝説の人ロドニー・デンジャーフィールドと当時人気絶頂だったチェビー・チェイス、新旧二人の大物コメディアンが看板となった作品だが、映画というフィールドにやや薄味となった彼らを差し置いて目立っているのは、まだ新進気鋭の存在だったビル・マーレイ。
呑気に進行するメインストーリーをよそにグリーンキーパー役の彼があの調子で立ち向かうのは、北米ゴルフ場の天敵、ホリネズミ(ゴファー)だ。
170226002.jpg
こいつはそこら中の柔らかい地面に穴をぶち掘って棲息する、ゴルフ関係者にとっては根絶やしにしても飽き足らない存在。
芝生で構成されたゴルフ場は連中にとっては格好の穴掘り場だ。もちろんグリーンやフェアウェイに所構わずホールを増やされたら、ゴルファーや整備員にとっては堪ったもんじゃない。
業を煮やしたマーレイは、人間様をおちょくりまくる気満々のホリネズミ殲滅のために、その手段をどんどんエスカレートしてゆくのだが……。
170226003.jpg
そんなゴルフ場限定の、人間とホリネズミの争いをテーマにしたピンボール台が、Williamsの1997年作『No Good Gofers』。
ボールを穴ぼこにぶち込むゴルフは、元々がピンボールに落とし込みやすい競技。
盤面に表現されたのは、カートのオブジェも可愛らしいゴルフ場。
その本来は整然と美しいフィールドのそこかしこから顔を覗かせるのは、このゴルフ場の問題児、二匹のホリネズミ。
170226004.jpg
イタズラな二匹の妨害をかわし、時には天誅を食らわせながら、ドライバー代わりのフリッパーを振り回しカップインを狙う。
小憎らしくも愛嬌たっぷりなホリネズミたちのデザインが印象深いこの佳作は、デジタル化されて『Pinball Arcade』ラインナップに収録済みだ。

 

この記事に含まれるtag : ピンボール 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2610.html

2017/02/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Miitomo】それでもMiiは生きている

   ↑  2016/11/23 (水)  カテゴリー: Android
161123001.jpg
一時の最大風速もどこへやら。『Pokemon Go』の影に追いやられてすっかり存在感を失っている『Miitomo』。
気づけばアクティブにログインしているフレンドも、すでに数えるばかり。
座していては死を待つばかりと、細かいアップデートや吉本芸人とのタイアップなど、あの手この手を打ち出してはいるが、少なくとも吉本の方は、ノンスタ井上が部屋に押し掛けてくるという出落ちをいきなり最初にかましてしまうギクシャクっぷり。
後に続く友近や森三中黒沢に質問にマジ答えされたって、別にあの人らと友だちでも知り合いでもないこちらからしたら、「あんたたちのパーソナリティにそこまでの興味はない」という感想しか出てこないのは仕方ない。
161123005.jpg
ならばと新たに訪れたのは、これが最後になるかもしれない大改革。
インターフェースのマイナーチェンジに加えて、メッセージ伝言機能に部屋のカスタマイズ、コーデのお披露目システムなど、『Miitomo』基本コンセプトの枠内でとりあえず付け足せそうなことを片っ端からぶちこんだ大型アップデートだ。
161123003.jpg
部屋に貼ってあるポスター、それは振り返りたくない事実だ。
横浜銀蠅、センチメンタルグラフティ、堀江しのぶ、ゴダールの映画、いかに部屋に壁から引剥して長い月日が経とうとも、それらを貼って悦に入り、訪れた人に無言で見せびらかしていた痛い記憶は決して剥がれることはない。
『Miitomo』の新機能、ポスターカスタマイズは、そんな痛い自己顕示を開き直りと共に復活させてくれる。
SNSとはまこと相性がいいシステムといえるだろう。
161123002.jpg
当面割り当てられているポスターのスペースは一枚分のみ。ここには公序良俗に違反しない内容に限り、任意の画像をペタンと貼り付けることができる。
それ以上のスペースが欲しければ一枚につき120円のリアルマネーの出番だ。数百円で自己顕示の足がかりが得られるのなら安いもんである。
161123004.jpg
かくして打ちっぱなしの壁&フローリングというただでさえアレなオレの部屋が、ちょっと痛いポスター展示空間へと早変わり。
「この前なにしてましたっけ?」だの、「先週どんなことしてましたっけ?」だのと、お前はオレの認知症を疑っているのかとツッコみたくなるようなクエスチョンの数々には、いい加減答えようがなくなってきているが、ポスターはとりあえずまだまだ饒舌だ。
161123006.jpg
オレのポスターを拝みに訪れるMiitomoたち。もっともそのうちの9割以上の人々は、実際ではもはや『Miitomo』なんかまったく起動せず、あるいはその存在すら忘れてしまっているかもしれないが、それでもその人のMiiは生きている。とりあえず活発に動いている。
起動し、ログインボーナスをもらい、代わり映えのない質問をスキップし、ポスターを貼り替える。
とりあえずそんな繰り返しで、ここまで来たら『Miitomo』が終了するその日まで付き合ってやる。たぶん。

 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2574.html

2016/11/23 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |