ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (カテゴリー: Android

← 前のページ  total 12 pages  次のページ →  

【Ingress】Via Lux - Setouchi #4

   ↑  2016/10/24 (月)  カテゴリー: Android
161001005.jpg
Ingressエージェントのアノマリー遠征最大の楽しみ、それはナイトラーイフ!

161024001.jpg




(諸事情により中略)






161024002.jpg
高松最終日は栗林公園に寄ってきました。
雨に濡れ霧がかかった美しい庭園に、澄んだ心がよりいっそう洗われるようでした。

この記事に含まれるtag : イングレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2562.html

2016/10/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ingress】Via Lux - Setouchi #3

   ↑  2016/10/18 (火)  カテゴリー: Android
161001005.jpg
いよいよアノマリー開戦。その詳細は……、割愛!
ってのは、レジスタンスが岡山と離島にまったく人を割かずにボロ負けしたってのもあるが、それよりもなによりも同陣営の荒らし集団の妨害に直面して、やろうとしたことの5分の1もできなかったからだ。
もうあいつらは多摩川河川敷に生きたまま埋める奴らリストに入れる。
高松まで飛んでった旅費や時間など、オレが割いたリソースはタダじゃねえんだよ!
アフターパーティ? そんなもん行ってられるかバカヤロウ!
161018002.jpg
昨日瓦町で見つけた店で憂さでも晴らそうかと思ったが、翌日のこともあるのでおとなしくホテルに帰ることにする。
翌日とは? 瀬戸内海を渡った倉敷で行われるミッションデーだ。
その前に夕食は当然うどんだ。うどん、うどん、うどん、うどん、うどん、高松に来てからずっとこんな食生活だ。
確かに「オレが今まで東京で食ってたうどんはいったい何だったんだろ?」と思うくらいメチャクチャ美味しいのだが、こんな食生活を続けているとさすがに体が「ヤバイよ! 炭水化物ばっかりだよ! これはヤバイよ!」と悲鳴を上げてきてるような気がする。
161018004.jpg
ミッションデー当日。アノマリーの日とは打って変わった曇天。
瀬戸大橋をかっ飛ぶマリンライナーに乗って着いた倉敷は、昔ながらの建物と、そのプラモデルのような後付けの建物が同居する、なんともカオスな街だった。
商売っ気まるだしの土産物屋から、なんでこんなとこで?と目を疑いたくなるようなマニアショップまで、さらには星野仙一記念館だの、いがらしゆみこ美術館だのといったトリッキーな施設まで、それらが狭い軒を並べて乱立する景色は、否応なしに原宿を思い浮かべさせられた。
いまの原宿ともちょっと違う。あれだ、タレントショップなんかが乱立していた80年代末の原宿だ。
161018003.jpg
そんな景色にあきらかに溶け込んでないのは、青や緑を服にあしらったIngressエージェントたち。
広範囲に散っていたアノマリーのときと違って、狭い倉敷美観地区にみんなが集合しているわけだから、ちょっと歩くたびに知り合いに出会すのが笑える。
当該ミッションを一通り終えて、遅い昼食をとりに入ったのはマック。
なんで倉敷まで来てわざわざそんなとこでと言われそうだが、Ingressとのコラボキャンペーンでメニューに付いてくるカードが目当てという因業な理由である。
161018006.jpg
そのカードはひと目見ただけで後悔するくらいチャチなものだったが、それを補って余りあったのは、サイドメニューのサラダだ。
これがもううどん縛り炭水化物漬けの体に染み渡るようで、身体が求めている食べ物こそ、この世で一番美味いという真理を、しみじみと実感させてくれるような昼食であった。

 

この記事に含まれるtag : イングレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2559.html

2016/10/18 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Sony Tablet P】仕事のできる変態

   ↑  2016/10/09 (日)  カテゴリー: Android
考えてみればソニーのハードを買ったのはPSP以来かもしれない。
出先でちょこちょこテキストを打つのが大好きマンなオレは、長いことキングジムのポメラを愛用してきたのだが、最近それがちょっと調子が悪くなってしまった。
それの代替品をぼんやりと探していたときに、ハードオフでたまたま巡り合ったのが、オレにとっては10数年ぶりのソニーハードとなるSony Tablet Pだ。
161009001.jpg
ポメラはことテキスト入力に関しては、他に並ぶもののないマシンだが(まあそれに特化してるのだから、当然っちゃあ当然だが)、長いこと使っていると、自分の日常的な使い方に合わない部分などが次第に目立ってくる。
中途半端に大きいガラなどは、その最たる部分だ。
スーツの内ポケットにはなんとか収まるが、夏場やカジュアルなカッコをしているときなどは、仕方がなしにバッグやポーチにご登場願うことになる。
161009003.jpg
だけどやっぱり男の子だもん。余計な荷物なしに着の身着のままでフラッと出かけたいことだってある。
そんなときにズボンの尻ポケットにスッと入れられるサイズのキーボード一体型テキスト打ちマシンがあったら、そりゃ重宝しそうじゃない。
さらにネットに繋がって、ChromeやGmailやハングアウトやGoogleマップが使えるAndroidの最低限の機能が備わってたら言うことなじゃない。
って、え!? おい、目の前のショーウインドウに収まってるこの妙な形したタブレットが、もしかしてそれにピッタリ当てはまるのか!?
161009004.jpg
ってなわけで、思わず買ってきた中古のソニー製タブレット。この界隈では類を見ない折りたたみ式の超変態仕様だ。
折りたたんだときのサイズは小ぶりの長財布ほど。上下デュアルスクリーンで開いたときのルックスはニンテンドー3DSに瓜二つ。
給電口はUSBではなくPSPと同型のコネクタ。充電アダプターもやはりPSPと同規格。
PlayStation Mobileにも対応しており、Pというシンプルな名称からも伺えるように、Playstasion構想の傍流みたいなガジェットだ。
161009002.jpg
でもれっきとしたAndroidマシン。Google Playだってもちろん使える。
テキスト入力やゲームのときは、下半分の画面がキーボードやバーチャルコントローラを担うのだが、デフォルトのキーボードがよくできているので、半開きにしての仮ノートパソコン的な使い勝手がなかなか良好だ。
デジタルガジェットとしてはさすがに薹のたった2011年製。対応するOSも4.0.3だが、もとより機動力重視で使うつもり。
ポケットに軽々収まり、折りたたみ式だから多少ラフな持ち運びをしても問題なし。このメリットは旧式のハンデを補って余るものがある。
161009006.jpg
邪魔っけなソニー製アプリを片っ端から追放してGoogleやMSの定番ソフトを迎え入れれば、犬の散歩ついでに寄った公園のベンチに腰を下ろして、調べ物をしながらぽちぽちテキストを打てる、痒いところに手が届きまくりのめちゃくちゃ便利タブレットのいっちょう出来上がりだ。
ソニー内部でのタブレット路線転換の煽りを食らったのか、あるいはその変態性丸出しのコンセプトが祟ったのか、後継が出ないまま一代で絶えてしまったのが、なんとも惜しまれる、唯一無二の個性がキラリと光るタブレットだ。

 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2555.html

2016/10/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ingress】Via Lux - Setouchi #2

   ↑  2016/10/05 (水)  カテゴリー: Android
161001005.jpg
高松、そこはレンタサイクル天国。
市内主要地区の地下には巨大なサイクルポートが設置され、それぞれ数百台のレンタチャリが用意されている。
過去のIngressイベントでは毎回熾烈なレンタサイクルの争奪戦が発生し、のんきなレジスタンスはいつもこれに遅れを取っていたが、この高松に限ってはその心配はまったくなさそうだ。
161005006.jpg
唯一の心配はと言えば、オレ一人の手続き交付のために10分もの時間をかけ(後ろには順番待ちが5人ほど並んでいるのに)、「いやー今日は結構来るねえ、なんかあるのかな?」と屈託なく笑う、駐輪ポート職員のいかにもシルバー人材ちっくな手際だろうか。
明日の朝、レンタチャリを求めてエージェントが100人単位で押しかけたら、このお爺さんはWindowsMeみたいにブルースクリーンを吐いて停止するんじゃないかと思う。
161005005.jpg
ともあれ見知らぬ地での頼もしい足をゲット。
この水玉模様のイカしたママチャリでとりあえず向かうのは、高松市街探訪も兼ねたVia Lux連作ミッション。
高松はそれぞれに特徴を持った複数の商店街が格子状に展開するアーケード文化の街。
Via Lux Setouchi Memoryは、その中の一つ、南新町商店街を中心に回るミッションだ。
連作ミッションはいつも途中で面倒くさくなってしまうオレだが、チャリの力を借りれば、こんな計画性のないものぐさでも、商店街をひやかしながらでも30分ほどでさくっと全部を終えられるミッションだった。
最後の方では東京でもめったにお目にかかれなくなった、ド直球な名前のお店も発見。
高松、全方位で侮れない街だ。
161005002.jpg
日が暮れたあとは、フェリー乗り場がある中央ふ頭の方へ。
東京湾にも似た内海特有のちょっと淀んだ潮の香りと、高松市街の程よいイルミネーション、そして夜の海に映える赤灯台のコントラストがとてもステキだ。
ここも一応明日の下見のつもりで来たのだが、こうも夜景が美しいとスキャナに顔を落としながら歩くのが、いいかげん馬鹿らしくなってくる。
161005003.jpg
一心不乱に鍵を掘る人たちを脇目に長い桟橋をふらふらとお散歩。
もっとも真下から見上げた赤灯台の感想は、「なんか工事現場の警備員が振る棒みたいだなー」と、情緒のカケラもないものだったが。
骨付鶏が有名な一鶴オダを上げた後、いよいよ戦いは明日。
寝不足状態のアノマリーは東京でさんざん懲りた。ドMなバニーちゃんが気になってしょうがないが、とにかく今日はもう寝るぞ!

この記事に含まれるtag : イングレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2553.html

2016/10/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ingress】Via Lux - Setouchi #1

   ↑  2016/10/01 (土)  カテゴリー: Android
161001005.jpg
北は札幌から南は奄美大島まで、日本全国さまざまな場所を訪れた。
しかし四国だけはずっと未踏の地だった。
Ingressアノマリーの地に選ばれなかったら、パ・リーグのどこかの球団が本拠地移転でもしない限り、おそらくそのまま訪れる機会もなかったかもしれない。
161001004.jpg
遠州灘を飛び越えて、オレはその四国は香川県高松の土を踏みしめた。
目的はうどんだ。……もとい、岡山~高松を挟んで瀬戸内海で争われるIngressのアノマリー、Via Lux瀬戸内で頑張るためだ。
初参戦となった前回のAegis Nova東京で、ワケもわからないまま敗北の味を噛み締めたオレは、リベンジを果たすためにはるばるこの地にやって来たのだ。
今回のオレは「とりあえず行ってみよう」気分だった東京の時とはワケが違う。
その気概を証明するかのように、空港リムジンバスの停留所からホテルに向かうまでの間に飛び込んだのは、パッと目についたうどん屋であった。
161001001.jpg
美味い。思わず笑っちゃうくらい美味い。
想像以上に旨味のあるしこしこした麺はもちろんなこと、それといりこだしの効いたかけつゆの相性が抜群すぎする。
目にしたときにはちょっと引いてしまった、だし巻き卵の天ぷらも、これまたなんとも風変わりな美味だ。
適当に入った店ですでにこの美味さ。
我々が東京で食っていたうどん、あれは全部ニセモノだ。
オレ以外の人間もあちこちで試みているであろう現地遠征組の飯テロに対抗するかのように、お留守番組が負けじと地元のうどん画像をハングアウトやG+にアップするのを、「それ、うどんを自称しているだけの小麦粉のかたまりだよ」と鼻で嗤い、気分だけはもうすっかりいっぱしのうどん県民だ。
161001002.jpg
前日入りのこの日、ホテルで一休みした後、担当地域の下見と鍵掘りをする予定があるのだが、こうも美味いとそんなことやってる暇なんてありはしない。
はるばる高松まで何しに来たんですか? そりゃうどんでしょ!
勝手に逆ギレして担当区域と反対方向、美味しい店が多いと事前情報を手に入れた県庁周りに向かったオレだったが、ああ、なんということだろう。
高松のめぼしいうどん屋はまるで商売っ気がなく、どこも昼過ぎには売り切れじまいでことごとく店を閉めてしまっているのだった。
161001003.jpg
仕方がなしにオレが戻ったのは本来の任務であった。
漁港情緒あふれる担当区域を下見しながら、オレの頭の中は明日の行動よりも、「こんなことだったらさっきの店で二玉注文しておくべきだった……」という後悔でいっぱいになるのだった。

 

この記事に含まれるtag : イングレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2552.html

2016/10/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |